著作者

こけこっこ

こけこっこ

( 看護師 )

外科と内科の看護師どっちが向いている?特徴とメリット・デメリット

こけこっこ
看護師 外科・内科 特徴

外科と内科、それぞれに向いている看護師の特徴は以下の通りです。

外科に向いている看護師の特徴 ・テキパキと仕事をこなせる
・周手術期の看護が好きである
・お看取りが苦手である
・総合的な看護スキルを身に付けたい新人
・サバサバしている
内科に向いている看護師の特徴   ・患者とゆっくり関わりを持ちたい
 ・幅広く患者と関わっていきたい
  ・退院支援や家族指導などに興味がある
  ・マイペースである
  ・おっとりしている

外科と内科のメリット・デメリットについても比較していきながら、自分に向いている方がどちらなのかを検討していきましょう。

1.外科と内科で働くメリットを比較

OKサインをする女性看護師

まず外科で働くメリットと、内科で働くメリットを比較していきます。

 

(1)外科:総合的な看護力が身につく

基本的に外科は手術をして、回復してから退院します(疾患によっては再度治療をしに通院される場合もあります)。

術前は不安を抱える患者の思いに寄り添い、術後は、傷やバイタルサインなどの全身の観察はもちろん、退院後の不安な思いにも寄り添っていきます。

こうした一連の流れを見ることで周手術期の看護が自然と身についていきます

 

観察力やアセスメント力も培われる

術後合併症が起きていないか毎日全身状態を観察するため、観察力やアセスメント力も同時に培われていきます。

全身状態をアセスメントするためには、まず内臓の働きを知り正しいフィジカルアセスメントを用いることが大切です。

 

ポイント!

ポイント

ドレーンからの性状や傷の状態の観察なども一度身に付けてしまえば、どこの科に行っても通用すると考えられるため、外科勤務をするメリットのひとつです。

 

(2)外科:優先順位をつけて行動できるようになる

回診から始まり、手術の送り迎えや術後の患者の検温など、とにかく多忙であるため、短い時間で処置や観察をする必要があります

回診、手術出しなど予め時間が決まっていることも多いため、

  • 空いた時間に何をするのか
  • 急変しても良いように検温を短くしても良い人は短くする

など、経験を積むことで自然と優先順位を考えて出来るようになってきます。

 

大事なポイントを押さえる素早さが身に付く

術後せん妄や疼痛コントロールなど、予期せぬ時に起こる処置も出てくるため、ケアや検温を素早く大事なポイントを押さえて出来るようになります。

 

(3)内科:数々の処置を経験できる

患者の特徴として、

  • 複数の疾患を持ち回復までに時間を要する患者
  • 入退院を繰り返す患者

などが多く、入院期間は長めの傾向にあるため、患者と関わりを多く持つことで信頼関係を築くことができ、看護に活かすことができます。

 

患者の気持ちを考えて行動するスキルが身に付く

患者の高齢化により、

  • 認知機能の低下をきたしている患者
  • 不穏になる患者

など、自分で自分の身の回りのことができず、症状を上手く訴えることが出来ない患者も多くいます

一日に何度も患者と関わることで、何を訴えようとしているのか考えて行動することができるようになります。

 

ポイント!

ポイント

日によって病状が変化することも多く、原因解明の為に検査や処置を緊急で行う場面があるため、多くの看護技術を経験することができるでしょう。

 

(4)内科:退院支援に関われる

退院支援とは、最近重要視されてきている分野です。

基本的に外科は手術をして退院なので、退院調整はそこまでありません。しかし内科は入院することで日常生活動作が低下することが多いため、退院先の調整をすることがあります。

 

退院後も患者の力になることができる

患者が在宅に帰るにあたって、

  • どんな支援があるのか
  • 施設にはどんな種類があるのか

などを勉強しなくてなりませんが、退院して終わりではなく、退院後も患者の生活の質を保持するために関わることができます。

例えば末期患者が在宅に戻る場合、家族に点滴の交換方法や清拭の方法などを指導することもあります

何度経験しても難しいと感じることもありますが、家族や患者に感謝されるとやりがいを感じます。

 

2.外科と内科で働くデメリットを比較

困っている女性看護師

次に、外科で働くデメリットと内科で働くデメリットを比較します。

 

(1)外科:患者の入れ替わりが激しく毎日忙しい

一日に何件も手術があるため、準備からお迎えまで忙しいです。その間に術後患者の全身状態をみたり、入院患者の対応をしたりしなければならない時もあります。

 

早期の退院を目指すため患者とゆっくり関わりを持てない

クリティカルパスが導入されているため、患者とゆっくりとした関わりは持てないことが多いです。業務も忙しさゆえに流れで行なってしまっていることもありました。

 

(2)外科:術後の作業があるため残業が多い

例えば手術の終わる時間が日勤帯の終わり頃だとすると、

  • 迎えに行く
  • 術後の検温や処置をする
  • 医師への指示確認をする

という作業は日勤者が行います。その間記録はできないため、ある程度終わってから開始しても量が多く残業に繋がってしまいます。

 

ポイント!

ポイント

医師は何件もの手術を終えてから病棟に来ることが多いので、指示確認をする時間が夕方頃になってしまうこともあるので、こちらも残業に繋がってしまいます。

 

(3)内科:外科よりも急変する患者が多い

内科は患者の入れ替えはそこまで激しくありません。しかし、急変することや症状が変化し処置が追加になることもあります。

1日の中で何件か急変するような日も多いため対応が終わってから記録にとりかかることもあります。

 

せん妄や認知症患者の対応に手間取る

患者の対応で自分の思っていた通りに仕事ができないことがあるにもかかわらず、仕事量は増えていくため残業に繋がることが多くあります。

 

(4)内科:患者の介護度が高い

外科と大きく違うのは、内科は自分で自分のことが出来ない患者が多い為、介護度が高いことです。そのため、日勤のほとんどが清拭や排泄介助といった身の回りの世話で埋まってしまうことも多くあります。

 

ポイント!

ポイント

私は内科に配属になってすぐに、排泄介助の多さに驚きました。今は慣れてきたものの、やはり始めは臭いや見ることに抵抗があったのも事実です。

なかには臭いに慣れず転科した看護師もいます。

 

 

まとめ

私は看護学校卒業後、外科病棟に勤務しました。診療科の希望は特になく、漠然と手術後の患者を見たいから、テレビで見た外科看護がかっこよかったからという理由です。めまぐるしく毎日が過ぎていったのを覚えています。

今度は勉強したいと思い、内科を希望しました。日々の業務内容はもちろん違い、患者層も違います。日々を過ごしていく中で、わたしには内科が合っていると感じるようになり、仕事も楽しくなりました。

外科と内科、どちらで働こうか悩んでいる人は、まずはどのような仕事内容に興味があるのか、どのような患者をみたいかを考えてみてください。

この記事を通して、それぞれの科で働く看護師をイメージして転職活動の参考にしてみてください。

記事の内容に関しては、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用をお願いいたします。


総合病院で消化器外科を1年半勤務、その後結婚を機に都内の総合病院に転職し内科病棟で勤務しています。現在は育休中ですが、少しでも看護師として働きたいな、困っている人の力になりたいなと思い、ライターデビューしました。
転職する際わたしも不安や悩みがありました。同じように転職に悩んでいる人の参考になれるよう活動していきたいです。

保有資格 ・正看護師
出身/年齢 ・東京都 /27歳
職務経験 ・総合病院
診療科経験 ・消化器外科 ・消化器内科

看護師転職サイトの口コミ評価

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】

カテゴリー:看護師仕事内容の転職

(公開日:)(編集日::2018年03月19日)

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。