著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

眼科の看護師転職|注意点とメリット・デメリットまとめ

kameko
看護師スタッフkameko
眼科の看護師転職

眼科へ看護師転職する際の注意点は下記の通りです。

  • クリニックの場合は忙しいところが多いので注意
  • 転職には臨床経験があった方が良い
  • ライフスタイルに合わせた働き方ができる
  • 患者に感謝される喜びも高い
  • 残業が多いため手当が出る病院を選ぶ
  • クリニックでは手術介助を行うこともある
  • 眼科はシンプルな仕事なので慣れれば楽

眼科は楽な仕事のため、看護師に非常に人気がありますが、繁盛に混む病院の場合は、残業も多いことが特徴です。

1.眼科で働く看護師に必要なスキル

眼科のスキル

眼科で働く看護師に必要なのは、まず基本的な看護スキルがしっかりできることです。いわゆる採血や注射、患者さんへの声掛けなど、眼下に限らず必要とされる看護スキルは最低限身に着けておく必要があります。眼科といっても街のクリニックと大学病院ではかなり働き方も違いますが、眼科の場合は検査や治療に特殊な機械を使うことも少なくありません。

 

眼科経験がなくても、臨床経験を求める

外来の場合は特に毎日忙しい眼科が多いですから、眼科が初めてだという看護師はもちろん専用の機械の使い方などは教えてもらえますが、それ以外の基本的な看護スキルについては教えている余裕がない、というケースもよくあります。そのため、眼科経験がなくても、とにかく臨床経験を求める眼科は多いのです。

 

コミュニケーションスキルも必須

眼科で働く看護師には、コミュニケーション能力も必要です。目はデリケートな部分ですから、総合病院の眼科で手術などをするとなると、患者自身はもちろん家族もナイーブになっていたりします。

また、手術後はめに包帯などをして見えないようにしていることも多く、そのことで不安になる患者もいるようです。そんな時でも患者に寄り添ってサポートをするのが看護師の役割。少しでも不安が解消されるように、暖かい接し方が大切になります。

 

クリニックの場合は忙しい場合が多い

一方、クリニックでの勤務の場合は、手術や夜勤などはありませんが、その分毎日非常に忙しい病院がほとんどです。長時間待たされてイライラしている患者さんを誘導して、スムーズに治療が行われるように対応するのも、看護師の重要な役割なのです。

 

眼科病院の場合は手術件数が多い

眼科病院の場合は病院によっては、かなり手術件数が多い可能性があります。そのため、看護師は時間を守った作業が求められます。また、目の病気になるので患者の状態が分かりにくく、看護師としては注意をはらう必要があります。

 

2.眼科に転職する看護師のメリット

眼科メリット
眼科で働く看護師は、業務量こそ多いですが、命に関わるプレッシャーはありません。また、眼科の患者は治療後すぐに回復を感じられることが多く、非常に感謝されやすい職場であるの嬉しいポイントです。

 

命を預かる精神的プレッシャーがない

眼科で働く看護師のメリットは、忙しいものの命に関わるような病気の患者さんがほとんどいないので、命を預かるといった精神的なプレッシャーが少ないことです。

どの病棟でも看護師が行う処置は医師の指示によって行うものですので救急やICUのようにその場で判断して行動しないと命の危険があるようなケースは少ないのですが、眼科の場合は特にそれが顕著です。

 

患者とコミュニケーションが取りやすい

目以外は健康な人がほとんどですからコミュニケーションを取るのに苦労がないというのも、働きやすさのポイントです。そのため、結婚や出産を機に退職していた看護師が復職する場合に眼科を選ぶことも少なくありません。

 

眼科は夜勤がない場合が多い

眼科勤務の場合は、クリニックか外来勤務になるため、基本的に夜勤がありません。

ライフスタイルに合わせた働き方ができるので、家庭や子育てと両立しながら頑張る看護師が多いのも事実でしょう。眼科は専門の機械を扱うことも多いので、眼科経験があると別の眼科への転職がやりやすくなるという特徴があります。眼科から眼科への転職をすることで、専門的なスキルアップを目指すのもいいかもしれません。

 

感謝されるやりがいもある

さらに眼科の場合は患者さんの感謝されることにやりがいを感じるという人も多いです。目の痛みというのは耐え難いものがありますし、見えづらかった目が見えるようになって、視界が開けた時の感動は眼科ならではの感覚。

そういった経験をした患者さんが、お世話になった看護師さんに感謝するケースが多く、それが看護師へのやりがいにつながっているのです。

 

3.眼科に転職する看護師のデメリット

眼科のデメリット
眼科は看護師の中でも人気が高めであり、また正社員の募集が少ないというデメリットがあります。さらに、長年眼科で勤務する場合には、「看護スキルが低下するリスク」も抱えることになります。

小規模だと、給与が安くなる

眼科に転職する看護師のデメリットは、クリニックなどの小規模病院の場合だと、どうしても給料が低くなりがちだということです。入院施設のない小さなクリニックは夜勤がないので、夜勤手当が得られる給料が低くなるのは確かですが、そもそも正社員で看護師を採用していない眼科もたくさんあります

パートやアルバイトでの勤務は時間に融通は利きますが、やはり給料の面ではかなり安くなってしまうのです。総合病院での眼科勤務であれば、それほど安くはありませんが、その代り夜勤はありますし、楽なイメージのある眼科は希望者が多いので、希望を出しても配属されるとは限りません。

 

看護スキルは低下する可能性が高い

眼科で仕事は専門性が高く、特殊な機械の操作を覚える必要がある一方で、通常の看護処置についてはあまり行われないケースが多くなります。そのため、看護スキルが低下する可能性は十分ありますので、その点も注意が必要でしょう。

普段から技術が低下しないように練習を行うことや研修を受けるなどの努力を続けていないと、眼科勤務の後に一般病棟などに配属されたときに困ることがあるかもしれません。

 

忙しすぎる場合残業も多い

眼科のクリニックなどは非常に患者が多く、どうしても患者を長時間待たせてしまうことも少なくありません。看護師は少しでもスムーズに診察を進めるためにさまざまなフォローをする必要がありますし、待たされてイライラしている患者さんにもコミュニケーションを取らなければなりません。

あまり人数が多いと残業になることもありますし、忙しすぎてしんどいという眼科の看護師も多いのは事実です。

 

ポイント

ポイント

デメリットを回避するためには、なるべく正雇用で採用してくれる病院、クリニックを選ぶことです。また、残業手当がでない病院だと最悪なので、しっかりとチェックすることをお勧めします。

 

4.眼科の看護師求人を探すときの注意点

眼科の求人探す

  • 残業手当がしっかりつく病院
  • 正雇用で雇ってくれる病院

上記のデメリットでも説明はしましたが、眼科の求人を探す場合の注意点はこの2点です。後はなるべく多くの眼科求人を比較しながら自分に良い求人を選びましょう。

なるべく看護師求人サイトを利用して、人間関係も担当コンサルタントが院内を熟知しているのである程度安心して探せるでしょう。

 

業務内容を把握しておこう!

眼科クリニックで働く看護師と、総合病院の眼科外来で働く看護師とでは役割が違います。また、眼科クリニックの中にも、コンタクトレンズの作成をメインにしているところもあればレーシック治療を専門に行っているところもあり、クリニックによっては手術介助をするところもあります。

そのため、それぞれの業務内容も確認しながら選択していくようにしましょう。

 

まとめ

眼科系の勤務は「楽」だと思われがちですが、場所によってはかなり忙しいところもあります。

また、クリニックの種類によって業務内容も変わりますので、転職する際には自分が望むライフスタイルを明確にし、また情報収集をしっかり行った上で、選択していくようにしましょう。

最後までご確認いただきましてありがとうございました。

看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

<最新情報をお届けします>


カテゴリー:看護師に人気の科


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:kameko
(公開日:)(編集日::2017年07月26日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

5 コメント・感想

  1. […] 眼科 […]

  2. […] 眼科 […]

  3. […] →眼科の看護師転職|注意点とメリット・デメリットまとめ […]

  4. […] そして実際に求人を探す際は給料だけでなく、休日や手当、勤務時間についても確認することが大切です。また眼科への転職を考えている方は、「眼科の看護師転職|注意点とメリット・デメリットまとめ」も確認してみてください。 […]

  5. […] 。医療行為に自信がなかったり、接客業のような仕事が好きな方は向いているかもしれません。 「眼科の看護師転職|注意点とメリット・デメリットまとめ」を合わせてご覧ください。 […]

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。