著作者

佐藤ゆうき

正看護師

佐藤ゆうき

( 看護師 )

看護師の2交代制勤務の特徴とメリットを解説!

公開:、更新:2018年03月19日
看護師の2交替制勤務の特徴とメリットを解説!

ご存知のように夜勤看護師の勤務体制には主に2交代勤務と3交代勤務があります。

勤務体制は看護師の仕事をする上でとても重要です。

なぜなら、転職した病院が2交代勤務なのか3交代勤務なのかによって働き方や日々の過ごし方が大きく変わってくるからです。

看護師として転職先を選ぶ際、2交代制勤務、3交代制勤務のどちらで働けば良いのか悩んだという方もいると思います。

また、夜勤経験がない看護師にとっては想像がつきにくく、分かりにくいという事があり、現在3交代制勤務で働いている看護師の中には2交代制勤務とはどのような勤務体制なのか知りたいと思っている方もいると思います。

今回は病院の2交代制勤務で働く看護師のメリットを紹介しながら、私の経験をもとに詳しく説明していますので看護師転職の参考にしてください。

2交代制勤務と3交代制勤務の違いについて

2交代制勤務と3交代制勤務の違い

まず2交代制勤務と3交代制勤務の大きな違いは「勤務時間」です。現在は2交代制勤務を採用している病院が多い傾向にあります。

それぞれ時間例を記載しておきますので、まずは確認してください。

 

2交代制勤務の場合(例)

1日の勤務が日勤と夜勤の2つに分かれています。(勤務開始時間・終了時間は病院によって異なります。)

日勤 朝から夕方までの8時間勤務(8:30~17:00)
夜勤 夕方から朝までの16時間勤務(16:30~9:00)

 

3交代制勤務の場合(例)

1日の勤務が日勤、準夜勤、深夜勤の3つに分かれています。(勤務開始時間・終了時間は病院によって異なります。)

日勤 朝から夕方までの8時間(8:30~17:00)
準夜勤 夕方から深夜までの8時間(16:30~00:30)
深夜勤 深夜から朝までの8時間(00:00~9:00)

3交代勤務は夜勤時間が短いため働きやすいですが、それに伴い勤務回数が多くなるため注意が必要です。

 

2交代制勤務のシフト例

2交代制勤務のシフト例

私は約500床の総合病院の内科・外科混合病棟で勤務していました。

病棟の病床数は約40床で、看護師の人数は25人程度です。(夜勤の看護師は3名体制でした)

私の病院は2交代勤務で勤務時間は「日勤:8:30~17:00」「夜勤:16:30~9:00」でした。

 

実際に私が働いた時の2交代制勤務の1ヶ月シフトを紹介

1日(月):日勤 17(水):夜勤(入り)
1日(火):日勤 18日(木):夜勤(明け)
1日(水):日勤 19日(金):休み
4日(木):夜勤(入り) 20日(土):日勤
5日(金):夜勤(明け) 21日(日):休み
6日(土):休み 22日(月):日勤
7日(日):休み 23日(火):夜勤(入り)
8日(月):日勤 24日(水):夜勤(明け)
9日(火):日勤 25日(木):休み
10日(水):夜勤(入り) 26日(金):休み
11日(木):夜勤(明け) 27日(土):日勤
12日(金):休み 28日(日):日勤
13日(土):休み 29日(月):夜勤(入り)
14日(日):休み 30日(火):夜勤(明け)
15日(月):日勤 31日(水):休み
16日(火):日勤

2交代制勤務の夜勤回数は1か月に4~6回でした。

夜勤回数が多ければ日勤回数が減るため、シフトを作成する師長がスタッフの希望(日勤回数を多くしたいのか、夜勤回数を多くしたいのか)に沿って夜勤回数を決めていました。

補足説明!

ポイント

夜勤明けの翌日は休日が多かったですが、まれに日勤という事もありました。(スタッフが急に休んでしまい勤務変更が必要になった時など)

 

2交代制勤務の看護師仮眠時間

2交代制勤務の看護師仮眠時間

夜勤の休憩時間は病院の規則では2時間でした。手が空いた看護師から順番に休憩に入っていきます。忙しくなる時間帯があらかじめ分かっている場合は、その時間は誰も休憩に入らず看護師が3名いるようにし、調整をしながら休憩に入ります。

休憩の順番や、いつ入るかはリーダー看護師が決める事が多かったです。

 

補足説明!

ポイント

私の病棟では2時間の休憩時間を食事休憩30分(19時頃から)と仮眠休憩1時間30分(0時頃から)に分けていました。勤務時間が長いため食事を2回に分けないとお腹がすいてしまいますし、集中力が切れてしまうからです。

 

2交代制勤務で働く看護師のメリット

2交代制勤務で働く看護師のメリット

2交代勤務で働く看護師のメリットと私が感じている良い点をご紹介していきます。

 

(1)勤務回数が減るため、休日が増える

2交代制勤務での夜勤は勤務時間が長いですが、夜勤回数は1か月4~6回と少なくて済むため、その分休日が増えます。

丸一日休みが取れるため、日帰りで旅行に出かける事もでき、プライベートを充実させる事ができます。

休日の多さが2交代制勤務の一番のメリットだと思います。

 

(2)患者に対して一貫した看護ができる

患者に対して一貫した看護ができる

2交代制勤務の看護師は勤務時間が長いことから一貫して患者と関わることができます。

3交代制勤務も交代時に申し送りをして患者の情報を伝達しますが、看護師が変わってしまうため細かな情報は伝わりづらい事があります。

2交代制勤務のように夕方から翌日の朝まで一貫して同じ看護師が担当することで継続的な看護を提供できるようになります。患者の些細な変化にも気づきやすいというメリットもあります。

さらに、患者にとっても同じ看護師にずっと担当してもらうのは心強い事だと思います。

 

3交代勤務の場合寝ている患者しか見ることが出来ない

3交代制勤務は真夜中の勤務交代になるため、深夜勤の看護師は寝ている患者しか見ることができず状態を把握しづらいです。

2交代制勤務は夕方からの勤務のため、起きている患者の状態を把握してから就寝となりスムーズに夜勤ができます。

例えば、患者はトイレに行く時に介助が必要なのか、ナースコールをしっかり押すことができるのかなどは就寝してからだと分かりづらい事が多いです。患者の状態は日に日に変化しているため最新の情報を得るためにも日中の様子を観察できるのはメリットだと思います。

 

(3)2交代制勤務で働けて私が良かったと思うこと【所感】

2交代制勤務で働けて私が良かったと思うこと【所感】

2交代制勤務の場合、夜勤は朝の9時までなので、夜勤終了後から自由に時間を使う事ができます。2交代制勤務では朝に仕事が終わるため、その後の時間を有効に使うことができる事が良い点だと思います。

 

2交代制勤務は慣れると楽です。

16時間勤務と聞くと、勤務時間が長いため大変ではないかと思われがちですが、慣れるととても楽に感じます。

まず夜勤は看護師が行う仕事がある程度決まっている場合が多く、日勤に比べて座っている時間が長い事が多いです。

 

2交代制勤務は達成感があります。

長い勤務時間のため、何事もなく無事に朝を迎えることができた時の達成感は大きかったです。

「頑張った!」という気持ちと、休みの日は何しようかなというワクワク感がありました。

 

電車などの通勤に困らないです。

2交代制勤務は開始時間・終了時間共に通勤時間帯であるため、通勤で困ることはほとんどありません。

3交代制勤務は深夜勤が0時から始まる事が多いです。そのため、夜中に病院に行かなければなりません。また、準夜勤の終了時刻は0時30分なので電車通勤をしている場合は終電が終わっていることもあります。

 

2交代制勤務で働く看護師の「きつい」こと

2交代制勤務で働く看護師の「きつい」こと

2交代制で勤務していた時に、看護師として「きつい」を感じたことを説明していきます。

 

(1)体力的にきついこと

2交代勤務の場合、長時間勤務になるため体力的にとても辛いです。

特に働き始めで慣れていない看護師や新人看護師は緊張していることもあり、さらに辛いと感じるかもしれません。

 

看護師1人当たりの仕事量も多くなる傾向にある

また、夜勤は看護師の勤務人数が少ない事から、忙しい時は看護師1人当たりの仕事量が多くなります。

なかなか仕事が終わらず、やっと終わった時は昼過ぎだったということもあります。

 

(2)眠気がきついこと

2交代勤務は勤務中とにかく眠くなります。

ナースステーションで座りながら記録をしている時に眠くなったり、明け方患者と話をしている間に眠くなったりと様々で、常に眠気との戦いとなります。

眠気があると集中できなくなり、判断力が低下します。重大な事故にもつながりかねないため注意が必要でした。

 

朝の採血も集中力は低下してしまう

私の勤務していた病院では、朝の採血は7時ごろに行うことが多かったですが、朝は一番眠く、集中力が低下する時間帯なので注意が必要でした。

採血は患者に苦痛を伴う行為であり、針刺しなどの事故を起こす恐れがあるため、切り替えて仕事を行う必要がありました。

 

2交代制の勤務体制が向いている看護師とは

2交代制の勤務体制が向いている看護師とは

2交代制勤務と3交代制勤務で私自身働いてみて、2交代制の勤務が向いている看護師の特徴をご紹介していきます。

 

(1)体力に自信がある看護師は向いている

体力に自信がある看護師が2交代制勤務には向いていると思います。私の中では、体力に自信がない場合は3交代制をお勧めします。

2交代制勤務は、

  • 日によってはずっと立ちっぱなしである
  • 次から次へと仕事がある
  • 休憩が取れない

ことが挙げられ、夜勤では様々な事が起こります。

そのため、まずは16時間の勤務をしっかりとこなせる体力がある看護師が向いていると思います。

 

(2)短時間でもしっかり休みを取ることができる看護師

夜勤の中でも仕事と休憩のオンとオフとしっかり分ける事ができる看護師が向いていると思います。

休憩時間に休むことができず、ずっと働き続けるのはとても大変です。

休憩時間に仮眠が取れないと疲れが取れず、仕事でミスや事故を起こしてしまう可能性もあり、短い時間でもしっかりと体を休めることができる看護師にオススメです。

 

メリハリをつけて仕事ができることも重要!

夜勤中ずっと集中し続けて働くことは難しいです。

特に2交代制の場合は16時間勤務になるため、その間ずっと神経を研ぎ澄ませながら集中し続けることはできません。

そのため長時間勤務の中でもしっかりとメリハリをつけ「今は仕事に集中する時間」「今は休憩する時間」とオンとオフを切り替えることができる看護師が向いていると思います。

 

まとめ

2交代制勤務は一見すると、休日が多く取れるからいいなと思いますが、その分長時間勤務となるためデメリットもあります。

まずは2交代制勤務、3交代制勤務のメリット・デメリットを把握し、自分に合った夜勤はどちらなのかを知るところからはじめると良いと思います。

また、病院によって夜勤体制や夜勤の仕事内容は様々なので、病院について詳しく調べてから自分にあった病院を選ぶようにしながら、無理をして働き続けて体調を崩してしまわないようにしましょう。

自転車旅行が大好きで、しまなみ海道を縦断してきた30代の看護師です。

都内の総合病院で約6年、その後クリニックで約2年勤務しました。現在は1児の母として子育て奮闘中ですが機会があればまた働きたいなと思っています。

病院で働いている時は人間関係に悩みましたが、なんとか6年間頑張ることができました。

自分が今までに経験したことをどんどん発信して、少しでも皆様のお役に立てればと思います。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師
出身/年齢 ・千葉県/31歳
職務経験 ・総合病院・クリニック
診療科経験 ・呼吸器外科、呼吸器内科・消火器外科、消化器内科
・循環器内科・心臓血管外科・婦人科・小児科・眼科


看護師転職サイトの口コミ評価

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】


関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。