著作者

こまめ

現役看護師

こまめ

( 看護師 )

看護系大学の助手になる方法と仕事内容について

看護系大学の助手になる方法 仕事内容 メリット デメリット

ここ最近は、看護系大学の数が増えてきているため、大学を卒業した看護師の数も多く、学士の学位を持っている看護師も多いのではないでしょうか。

学位を持ってる看護師には特に、看護系大学の助手としての働き方がおすすめです。もちろん、学位を持っていなくても、看護系大学の助手は看護師によってとても働きやすい環境のため、おすすめできます。

当ページでは、看護系大学で学ぶ学生を指導する看護師について、どのような仕事なのか、どのようになるのかなど紹介します。

ナースではたらこ口コミへ

1.看護系大学の助手になる方法について

看護系大学の助手になる看護師

看護系大学の助手になるには条件は2つありますが、そのうちの1つとして、学士や修士、博士などの学位が必要です。つまり、4年制大学もしくは大学院を卒業していることが条件となります。

学位習得の条件について最初に説明します。

学位の種類 習得条件
学士 4年制大学を卒業すると授与
修士 大学院修士課程※1を修了すると授与
博士 大学院博士課程(博士後期課程)を修了すると授与

(※1:大学によっては博士前期課程と称しています)
 

大学卒業は絶対条件ではない場合もある

通常は4年生の大学や大学院の卒業が条件ですが、3年制の看護専門学校を卒業し、一定の要件を満たして大学院修士課程を修了した看護師もいます。

その場合、大学院修士課程在学中は助手にはなれませんが、修了すれば助手として採用される資格を有することができます。

 

専門分野での臨床経験は3年以上必要になる

看護系大学の助手として採用されるもう一つの条件は、専門分野での3年の臨床経験があることです。多くの大学では、下記のようにのように専門分野の分類がされており、自分の臨床経験に応じた専門分野に応募することになります。

  • 成人看護学(急性期・慢性期)
  • 小児看護学
  • 母性看護学
  • 老年看護学
  • 精神看護学
  • 地域保健看護学
  • 在宅看護論

自分が働いている病院の診療科が、どの専門分野にあたるのか、確認してみるとよいです。

 

2.看護系大学の助手の仕事内容

看護系大学の助手の仕事

看護系大学の助手の主な仕事は病院や公共施設での臨地自習指導です。大学の助手は、教授・准教授・講師・助教・助手といった職位があり、職位によって指導できる内容が変わってきます。指導内容は以下です。

  • アセスメントの方法
  • 看護計画の立案

大学で助手になると職位は助手または助教から開始するため、最初は講義や学生の担当はありません

 

看護学生の後方支援が看護系大学の助手の仕事

病棟に勤務する看護師が指導者として配置されるため、看護系大学の助手は指導者から看護の方針を確認し、看護方針を学生にかみ砕いてわかりやすく解説することもメインの仕事の1つです。

実際に看護を行うのは学生ですので、看護系大学の助手は後方支援をします。

 

臨床で勤務しているのと変わりはない

看護専門学校や看護系短期大学など、よほどの助手経験がない限りは、助手や助教として採用され仕事を任されます。1年間のうち、20週間くらいを病院で過ごしています。勤務時間という意味では、臨床で勤務しているのと変わりはありません。

※看護系大学の助手は日勤のみで夜勤はありません。

 

病院の実習指導以外の大学での仕事内容

病院に実習指導に行っていない期間の大学での仕事内容は主に、実習施設とのやり取りや書類作成作業、講義(授業)の補助です。具体的な補助の仕事の内容を紹介します。

  • 講義の出欠を取る
  • プリントを講義までに準備する
  • 講義前にプリントを配付する

専門領域には必ず職位が上の助手がいます。(教授・准教授・講師など)それらの助手が主に講義を行いますので、助手の仕事は主に補助的な内容になります。

 

研究業務も仕事のひとつ

看護系大学の助手の仕事には研究が業務として課せられています。大学に所属しているからには、教育の他に研究に携わる必要があるのです。研究と言っても、最初は職位が上の助手の研究を補助することになります。

 

研究は自由にできる

研究方法は自然と身についてきますし、自分の研究したいテーマもその中で見つけることができるようになります。もちろん、自分の研究テーマを最初から持っていても問題ありません。自由に研究を出来るところが、大学助手という立場です。

 

3.看護系大学の助手として働くメリットについて

看護系大学の助手 メリットを感じている

看護系大学の助手がサポートする学生の実習は日勤帯に行われるため、夜勤はありません。学生が病棟の看護師より長く残ることはないため、助手も学生の実習終了時刻と同様の時間に退勤となります。

 

残業がほとんどない

実習先病院で勤務している間、実習時間はカリキュラムによって厳密に定められているため、残業がありません。大学内で勤務している間も、その日の報告を簡単に済ませるため30分ほど退勤が遅れますが、基本的には残業はありません。

 

自分の時間をコーディネートして働けるため残業を無くせる

書類作成や講義用プリントの印刷など、期限内に終わらせなくてはならない仕事も期限さえ守られていればよいので、自分で時間をうまくコーディネートして働くことができます。

 

ポイント!

ポイント

看護系大学の助手も病院勤務と同様に各種委員会がありますが、大学によっては委員会がないところもあります。

 

自然とスキルアップができる

看護系大学の助手が研究活動をするにあたり、文献で学習をしたり、研修や勉強会に参加したり、学生の教育に関わるため最新の技術や情報を取りいれる必要があります。

そのため、業務をこなしていくと同時に自分自身の知識量が増えることはもちろん、研修や勉強会に参加することでスキルアップを狙うことも可能です。

 

自分に必要な学会に出張扱いで出ることが可能

看護系大学の助手は年に2~3回、出張(つまり業務時間)として学会に参加し、研究発表をしたり、他の研究者と意見交換を行う機会があります。学会参加も業務の一環ですので、自分に必要な学会に出張扱いで出ることが可能です。

 

4.看護系大学の助手として働くデメリットとは

看護系大学の助手 デメリットを考える

看護系大学の助手は、看護師としての経験を活かせる職場ではありますが、最初は全く違う業務に戸惑うこともあります。普段は看護師として患者の看護に携わりますが、助手は看護学生の指導に携わることがメインになります。

ただし、失敗を活かし、経験を積んでいくことで出来るようになることが多いです。

 

看護学生の看護観形成に対して責任が生じる

看護学生を指導するということには責任が生じます。間違った情報を教えてはいけないというプレッシャーが、デメリットに感じる場面は多いです。

 

しかし指導に対しては以下の要因もあるので、間違った情報を教えるということはないとも言えます。

  • 指導内容はカリキュラムで定められていること
  • 教授や准教授によって指導内容のマニュアルが用意されている

マニュアルなどに頼りすぎてもよくありませんが、余計なプレッシャーで判断を誤ることもあるので、肩の力を抜いて指導を行いましょう。

 

ポイント!

ポイント

時間に追われる病院勤務と異なり、上司や同僚とゆっくり話す時間がありますので、悩んでいることやわからないことを相談すると良いでしょう。

 

実習施設の病院や病棟と学生との調整役が難しい

実習施設では、当然ですが、通常の看護業務を行いながら看護学生の指導にあたってくれます。看護は患者が優先ですので、看護学生の指導が手薄になってしまうこともあります。そこをうまく取り計らって、調整をするのが助手の役割ですが、うまくいかないこともあります。

初めは助手の経験がないため仕方ありません。繰り返し経験を積めば必ずできるようになります。

 

5.看護系大学の助手として働いて良かったこと・辛かったこと

看護系大学の助手 良かったこと 辛かったこと

看護系大学の助手として働くメリットでも記載しましたが、残業や夜勤がないことで自分の時間を持つことができ、家庭を優先できる点はとても良いと感じる点です。

また大学という環境のため図書館が必ずあり、文献を探したり文献を取り寄せたりすることが簡単にできます。つまり、最新の情報を簡単に手に入れることが可能なのです。

仕事をする中でも文献をじっくり読んだり、研修や勉強会、学会に参加したりすることで、確実に自分自身の看護師としてのスキルアップにつながることも看護師のメリットとして大きなものです。

 

看護系大学の助手として働いて辛かったこと

看護学生が看護の本質に自分で気づけるような指導方法を考えることに苦労する場面もあります。看護技術の基本は教えてもらうことで取得できますが、看護の本質は自分で考えて、気づくものです。

最初から看護学生へ看護観を伝えたり、答えを与えたりすることは簡単です。しかしそれでは本当の意味での理解につながりません。伝えきれない内容がある時に歯がゆさを感じることもあります。

 

まとめ

自分がまだ学生の時に指導にあたってくれた看護系大学の助手の助言が、今の看護師としての価値観として影響を受けているという看護師は多いでしょう。看護学生にとって、看護系大学の助手の存在は大きなものです。

すでに病院で勤務している看護師で数年の経験年数があれば、病棟の業務を行いながら学生指導をした経験がある人は多いはずです。その時の経験を活かせば良い指導が行えます。

看護系大学の助手は、看護師を育成することが仕事の一環ではありますが、看護師という魅力ある仕事を看護学生に伝えていくことも助手の仕事です。

ぜひ、当ページによって看護系大学の助手という仕事に興味を持っていただければと感じます。


学院を卒業後、看護師として精神科病棟で働いていました。その後は看護系大学での学生の実習指導を経験し、様々な病院でそれぞれの施設での看護の特徴を知りました。
またアルバイトで、産婦人科クリニック、外来透析、高齢者デイサービスで働いていました。その時の経験が誰かの役に立てればいいな、と思っています!
大学院在学中に結婚し、アラサーの今は2児のママをしています。趣味は旅行とスノーボードです。旅行は特に好きで、看護師勤務、子育て、旅行のバランスをいかにして取っていくか、が今の課題です。

看護師求人サイト口コミ
ナースではたらこ
看護のお仕事
マイナビ看護師
4位 医療ワーカー
5位 ナースフル

全国で50社以上ある看護師求人サイトをリアルな看護師の口コミで比較、ランキングしています。完全に無料で転職もサポートしてくれるのでお勧めばかりです。口コミには個人差がありますので、自身の目で比較することで、転職成功への近道となります。

口コミランキング



この記事へコメントする


転職理由
人気ランキング
看護師転職サイトの選択

関連記事

【インタビュー】看護師転職サイト

ナースではたらこインタビュー 看護のお仕事インタビュー
看護のお仕事インタビュー ナースJJインタビュー
MCナースネットインタビュー 看護プロ インタビュー

SNSで最新情報が簡単に確認できます。

看護師転職ジョブFacebook 看護師転職ジョブTwitter

看護師の転職について色々調べよう

転職は年収アップ 逃げの転職 良い看護師求人

この記事は「こまめ」さんの執筆でに公開しています。 最終更新日:2017年04月26日(運営元:看護師転職ジョブ

当サイトに掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。著作者情報記載の記事に関しては現役看護師、看護師資格を保有している看護師ライター及び現役看護師の方に記事を独自の文章で執筆いただいております。
看護師ライター一覧ページ」はこちらへ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。