著作者

らいす

看護師ライター

らいす

( 看護師 )

訪問入浴における派遣看護師やアルバイト看護師の仕事内容と注意点について

らいす
看護師ライターらいす
訪問入浴派遣看護師アルバイト仕事内容注意点

訪問入浴での常勤看護師は事業所に1人いるかいないかという現状です。ほとんどは、派遣かアルバイトで行われています。私もパートの看護師として病院に勤めながら訪問入浴を行っていたので体験談をお話しします。

1.派遣看護師とアルバイト看護師の違いについて

派遣看護師アルバイト看護師違い

同じ看護師でも派遣とアルバイトは違いますので簡単にお話しいたします。

 

派遣看護師の雇用主は派遣会社

派遣社員として働く看護師は、派遣会社を通しての仕事になります。お互いに、問題があれば派遣会社を通してやり取とりすることができます。給料は派遣会社からの支給となります。働きたい日・働きたい事業所を自分で選択することができます。

 

アルバイト看護師は事業所と直接契約を結ぶ

アルバイト看護師は事業所との契約になります。もちろん、自分が働きたい日を希望することができますが訪問入浴の事業所は、派遣・アルバイトの看護師がいないと出動できないので「いつまでに来ることが可能ですか」と電話がかかってくることもしばしばあります。

 

ポイント!

ポイント

派遣と比べるとアルバイトで働く看護師の時給は安いですが日給はその日に貰えるところもあります。

 

事業者からアルバイトとしての誘いが来たら注意

事業所にしてみると派遣よりアルバイトの方が助かります。同じ事業所で長期間派遣に出向くと、事業所より「派遣会社通さないでアルバイトに来てくれないか」と言われることがありますが、時給に差が出るようであれば断りましょう

 
 

2.派遣・アルバイト看護師の訪問入浴の仕事内容

派遣アルバイト看護師訪問入浴仕事

最初にアルバイト・パート看護師のある事業所での訪問入浴における1日の仕事の流れをお話しします。

【時間】 【出勤から退勤までの流れ】
8:15 出勤(早い時には7:45集合という時もある)
8:30 更衣を済ませてヘルパーより申し送りをする
8:45 出発
18:00 事務所に戻り訪問記録のチェックをする
18:30 勤務終了

更衣について、ユニフォームは上着のみ貸出がありズボンは色の指定がある職場は持参することが決まりです。1日5~9件の訪問で昼食は、ほとんどコンビニの駐車場で車中食を取ることが多いです。

ヘルパー2人(一人はオペレーターと言います)と看護師1人の必ず3人組になって訪問をします。

 

訪問入浴の看護師の仕事内容について

準備から退室までの時間は約1時間であり、フル活動ですのでとても忙しいです。詳細な仕事内容を紹介します。

  • バイタル測定:バイタルが良ければ入浴の許可をヘルパーに出す(発熱・血圧が高い時には入浴NGを出し清拭に切り替える)
  • 脱衣:全身の皮膚の観察のため脱衣は看護師が行う
  • 入浴介助:基本は利用者の右側での介助に入る
  • 着衣:軟膏等処置がある場合は、決められた処置を行う
  • バイタル測定:浴前・浴後の変化を必ずチェックする
  • 記録:利用者宅にファイルやノートが必ず置いてあるためバイタルや状態などの記載をする

以上が入浴訪問中の看護師の仕事内容です。入浴介助実際に浴槽に入っている時間は10分前後です。その間看護師は利用者の顔色などの観察を行います。

 

ポイント!

ポイント

訪問する範囲が広いので、件数によっては終了時間が19時近くになることもありますし、事業所に出勤ではなく、駅や集合場所を指定されるところもあるようです。

 

訪問入浴で働く派遣看護師の平均時給

事業所によっては、季節によって時給が変わります。夏の入浴介助は非常に暑く辛いためやりたがる看護師が少ないのでしょう。時給の平均は2000円前後ですが、夏は2400円に上がるところがあります。1日2万円近く貰えると思うと暑くても頑張ることが出来ます。

 
 

3.派遣・アルバイト看護師が訪問入浴でできないこと

派遣アルバイト看護師訪問入浴でできないこと

派遣やアルバイト看護師が訪問入浴の仕事を行う上で気を付けなければいけないことがあるのでいくつかお伝えいたします。

 

爪が伸びていると入浴介助はできない

どんなに爪が伸びていても爪切りはできません。万が一出血させてしまったときに「責任が持てない」「継続して観察できない」からだそうです。気になる時にはヤスリのみ。但し、時間がかかるので十分にはできません。入浴介助ができないため訪問看護か入浴は家族にお任せになります。

 

褥瘡を発見しても処置はできない

利用者の身体に褥瘡を見つけても処置を行うことはできません。フィルム材のみの処置は可能です。明らかに皮膚状態が良くなっていても、指示されている同じ処置をして帰室します。家族からの指示があれば処置は可能となります。

 

ポイント!

ポイント

吸引は指示書がなければ行ってはいけませんので家族に行ってもらうことになります。

 

派遣・アルバイト看護師はできない仕事が多くある

看護師の資格があるからといえ、派遣・アルバイトの看護師は手を出したくても出せない場合が多くあります。知識があっても余計なアドバイスもできません。派遣・アルバイトはヘルパーからしてみるとよそ者なのです。長期間係わっているヘルパーからしてみると「利用者や家族の何を知っているのか」くらいに思われることもあるので、必要なことのみ話すと良いと思います。

看護師としてのプライドは捨てて働きましょう。

 

4.訪問入浴の仕事が向いている看護師とは

訪問入浴仕事向いている看護師

派遣やアルバイト看護師として訪問入浴にどんな看護師が向いているかというと、出勤時間や退勤時間が一定ではないため、小さい子どもがいる看護師以外と言えます。保育園のお迎えには、間に合わないことが多くなります。決められた訪問件数を、こちらの都合で拒否することができないのです。

 

重い責任を感じずに仕事をしたい看護師が向いている

同じ在宅の仕事であっても、派遣・アルバイトの訪問入浴の看護師と訪問看護師との仕事の責任の差は歴然としています。看護師としてバリバリやりたい方には向いていないと思います。

 

吸引ができなくても仕事に差し支えはない

バイタルさえ測定できれば病棟での経験がなくてもできます。吸引ができなければ事前に申し出てお苦ことで吸引処置のない訪問先をまわしてくれます。

 

体力がある看護師は訪問入浴の仕事に向いている

浴槽はヘルパーが運びますが、ホースなどを運ぶ手伝いもします。団地のようなエレベーターのないところも行くので、体力は必要となります。

 

女性看護師は向いている

訪問入浴で働くヘルパーは男性の方が多くいます。男性ヘルパー2人と組むこともあります。女性の利用者宅の場合男性ヘルパーに洗身されるのを拒む方もいるので、男性看護師よりも女性看護師の方が良いかもしれません。

 

まとめ

派遣・アルバイトという看護師の立場上、ヘルパーからも利用者からも嫌な態度をとられることがあります。数回訪問しただけでは利用者からは顔を覚えてもらえません。しかし、そんなことばかりではありません。

訪問入浴って、こんな風に入浴介助するのか、こんなに狭い部屋でもお風呂に入ることが出来るのか、人はお風呂に入る時にこんなに良い顔をするのかなど、入浴を楽しみにしている方の多さを知ると楽しくなります。たくさんのことを割り切ることが出来れば、楽しい仕事だと思います。

 

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
3位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

<最新情報をお届けします>

アウトドアが趣味です。お仕事も大好き。とにかく体を動かすことが大好きです。失敗は、成長のための過程だと言い聞かせながら、17年間看護師として働いてきています。子育てしながらの体験談を、お役に立てる情報として発信していきます。


カテゴリー:派遣看護師訪問入浴


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:らいす
(公開日:)(編集日::2017年10月13日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

1件の返信

  1. […] 訪問入浴に関しては「訪問入浴における派遣看護師やアルバイト看護師の仕事内容と注意点について」を確認してください。 […]

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。