著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

病棟未経験の看護師が病棟へ転職する時のポイント4つ

kameko
看護師スタッフkameko
病棟未経験の看護師が病棟へ転職する時のポイント4つ

看護師とはいえ、全ての人が等しく病棟経験を持っているわけではありません。ICUやクリニックでの勤務をする看護師もいますし、健診センターなどで働く看護師もいます。同じ看護師ではありますが、業務内容は著しく違い、働き方も全く違います。ここでは、病棟経験がない人が病棟で勤務する際の注意点をご紹介したいと思います。

1.一般病棟の特徴とは

一般病棟の特徴

一般病棟では24時間の身の回りの世話を看護師が行うことになるので、食事や排泄などの世話も行い、検査や手術の手配に至るまで、幅広い業務が看護師の仕事となります。身の回りを清潔に保つ、病床の環境を改善することも看護師の重要な仕事です。これまで、病棟勤務をしてこなかった看護師の方にとっては、こんなことまで看護師がするの?と思うような業務も発生するでしょう。

 

病棟の魅力は、患者さんと深い関係性を築けること

病棟看護の魅力は、一人の患者さんとの人間関係をしっかり構築できるところと言ってもよいでしょう。時には話をしながら体調を伺ったり、手術前の緊張を解くような配慮も必要です。
 

外来と比較すると責任が重い

大変な点は、24時間の世話を任されることになるので、責任も重くなる点です。外来の診療科では、その日だけ訪れる患者さんも多くいて、コミュニケーションよりも多くの患者さんをスムーズに診察室へ通すこと、的確に処置を行うことが重要ですが、入院患者のいる一般病棟では、患者家族の対応までもが看護師の仕事になります。

 

ポイント!

ポイント

任される仕事の幅が広く、手術などが必要な重篤な患者も入院していることがあるので、緊張感を常に持って、たくさんの仕事をこなす必要があります。

 

2.病棟看護未経験でも病棟へ転職できる?

看護師病棟へ転職

実際、病棟看護が未経験だと、転職できないケースもあります。それは、看護師業界は慢性的に人手不足に悩まされており、即戦力として働いてくれる経験者を求めている病院が多いからです。

しかし、研修体制が整っている病院であれば、病棟看護が未経験の看護師でも、採用してくれる可能性は充分にあります。
 

新卒と一緒に病棟看護の研修を受けるケースも

病棟看護師としての勤務が初めての人でも、研修を丁寧に行ってくれる病院は少なくありません。ただし、研修の際には、新卒の看護師たちと一緒に研修を受けなければいけないケースもあるようです。

最近では、30代や40代になって、病棟看護師として働きたいと志願する人も少なくありません。しかし、新卒の看護師だと、10代や20代前半の若い世代の看護師たちと一緒に研修を受けることになります。

 

ポイント!

ポイント

もし、年齢の差が気になるようであれば、どのような形で研修を受けることになるのか、転職先の採用担当者などに尋ねてみるといいでしょう。

 

3.病棟未経験者が病棟へ転職する時の注意点

看護師病棟転職注意点

病棟看護師として働くことが未経験の場合、どんなアピールポイントが採用担当者の心に響くのでしょうか。まずは、アピールポイントを見つける前に、病棟看護師として働きたい理由をいくつか挙げてみましょう。

 

転職の理由は前向きに伝える

例えば、現在の職場に不満があり、なんとなく病棟看護師として転職したい場合は、もっと具体的に転職したい理由を見つける必要があります。現在の職場の不満を理由に転職する人は、採用担当者から見ても心もとなく、「また、なんとなくの理由で離職してしまうのでは?」と思われかねないからです。

 

具体的で前向きな志望理由を伝えること

具体的に、密なコミュニケーションを重ねて看護をしてみたい。また、家庭の理由などで病棟看護の現場では働けなかったが、ライフスタイルが変化したので挑戦してみたくなったなど、具体的に相手が納得する志望理由を考えましょう。

 

夜勤ありきのライフスタイルをイメージしておくこと

採用側も、これまで日勤だけしか経験のないナースには、「夜勤はどれくらい入れるのか?」といった質問をしてくるはずです。これから採用面接を受ける看護師の方は、どのようなライフスタイルでの勤務を望んでいるのか、詳しく説明できるようにしておくと、双方にとって安心でしょう。

転職をしてから、「意外と夜勤はつらい」ということにならないためにも、自分が日勤と夜勤をこなせるかどうか、シミュレーションしてみてもいいかもしれません。

 

4.自分にピッタリの病棟を見つけよう

看護師転職エージェント

病棟看護師として働きたい場合は、転職エージェントを介して転職活動をすることをおすすめします。日本では、求人票に年齢制限や性別を記載することは、特別な理由がない限り法律で禁止されています。しかし、実際は、20代までの人を採用したい、ベテランのナースを採用したいなど、病院の本音があることがほとんどです。

 

採用のミスマッチを防ぐ!

病院側の本音と、転職希望者の本音を知っている転職コンサルタントが仲介に入れば、採用のミスマッチを防ぐことができます。転職希望者にとっても、無駄に面接を受けることがなくなりますので、効率よく、転職活動をすることができるでしょう。

また、病棟看護の経験がない場合であっても、働ける病院を探すのはとても骨の折れる作業です。その点でも、転職エージェントに頼れば、的確に未経験OKの求人を見つけ出してきてくれるでしょう。
 

転職エージェントは、不利なことを伝えるプロ?

病棟看護師としての経験がないということは、病棟看護師の経験者と比べると、不利になります。自分で転職活動を行っている人は、面接時などに未経験であることを告げなければいけませんし、不利な条件を先方に伝えることは、とてもバツの悪いことでもあります。

しかし、転職エージェントを介して転職活動をすれば、それらの不利な条件も、上手に先方に伝えてくれます。面接前に未経験であることを先方に伝えてくれますので、わざわざ自分から申告する手間もかかりません。

 

まとめ

ほとんどの看護師は、看護学校を卒業した後に一般病院の病棟に就職をします。しかし、中には新卒の頃から救急などユニット系の病棟に配属される人もいれば、クリニックに就職する人もいます。いくら看護の知識や技術が培われていたとしても、病棟には病棟独特のやり方があります。だからこそ、一般病棟に転職をする際には、1人で抱え込まずに転職エージェントを上手く活用していった方が、失敗の少ない転職とすることができるのです。

 


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。


カテゴリー:看護師の勤務形態別転職

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:kameko
(公開日:)(編集日::2017年07月26日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。