著作者

Ivy

看護師ライター

Ivy

( 看護師 )

看護師が病棟勤務で辛いと思うポイント11個

公開:、更新:2017年03月25日
看護師病棟勤務辛い11個

病棟での仕事は看護師とてして、とてもやりがいのある仕事ですが、それと同時に過酷な仕事でもあります。新人看護師として働いた頃は毎日が勉強であり、どんなに辛いことがあっても、自分の技術や知識が足りないのかもと、その都度反省したり、落ち込んだりしながらも必死に勉強したと思います。それがだんだん仕事にも慣れてくると、毎日起こる辛いことや苦しい出来事が、時に理不尽ではないかとか、なぜこんな辛い思いをしなくてはいけないのかと、疑問や不満に思ってしまう時があります。

看護師の仕事は心と体が折れる仕事でもあるのです。最初は自分がその仕事についてよく分かっていないので、大変でもなんとかついていかなくてはと必死になるのですが、少し仕事にも慣れて、周りに目がいくようになると色々と考えてしまう時期があります。

病棟看護師のこんなところが辛いよ!ポイント11個一挙公開!

看護師辛い11個

ここからは自分の経験からは、病棟勤務の辛いところについて具体的に紹介していきます。

 

1.夜勤が体力的に辛い

20代の頃は夜勤でほとんど休憩が取れなくても、次の日遊びに行けるくらいの体力があります。しかし、30代になってくると徐々に体力がついていかなくなってきます。夜勤明けはベッドに倒れこんでそのまま夜まで動けなくなってくることもあります。

 

体調にもダメージが…

夜勤のおかげで、肌には吹き出物がでてきたり、不規則な生活で便秘になったりと体調にも変化が出てきます。体調が崩れることによって、せっかくの休日もリフレッシュすることなく、休養して終わってしまうこともあります。

 

2.土日、祝日が休めない

病棟勤務はシフト制なので、月に2回とかお休み希望は出せますが、それ以外は決められたシフトにより勤務します。特に若いうちは土日や祝日の勤務をつけられることが多いです。それは病棟にもよりますが、結婚してご家庭のある看護師がお休みになることが多いからかもしれません。

 

平日休暇は利点もあるけど…

平日のお休みは買い物をするのに空いているなどの利点もありますが、平日でお休みの合う友達はなかなかいないので、おひとり様のことが多くなります。

 

ポイント!

ポイント

また、ゴールデンウイークや年末など、世間一般の方々がお休みムードに沸いている時に仕事に行くのは、正直憂鬱になります。

 

3.病棟の雰囲気が重い

病棟の内容にもよりますが、基本的に生死を扱う場所なので、長期療養で苦痛を強いられている患者さんが対象のことが多いです。中には癌の末期の方などもいるので、病棟の雰囲気は明るいとは言えないと思います。

生死に関わる重要な仕事に携わることを胸にこの仕事に就いたのですが、長く続けるうちに少し重く感じてしまう時があります。

 

4.患者さんとの関わりが密である

患者さんは入院しており、その方々の24時間に関わっているので、必然的に関わりは密になっていきます。患者さんの方も環境に慣れ、看護師とも親しく会話できるようになっていきます。

 

患者のストレスの矛先がスタッフ・看護師に向かうことも

ただ、中には長期入院のストレスや不満を誰かにぶつけないと気がすまない。または、そうしないと自分を保っていられないような方もいます。不満をぶつける対象になるのは、いつもそばで関わっているスタッフ、そして看護師が対象になることが多いです。こちらも人間なので、言われたことや行動に傷つくこともあります。

 

ポイント!

ポイント

そういった出来事が、連続勤務や部屋の担当になると日々続いていくため、心が折れてしまうことがあります。その気持ちをどう切り替えて仕事を続けていくかが難しい時があります。

 

5.残業が多い

日勤でも夜勤でも、急な入院や検査、急変など、いつ何が起こるか分からないのが病棟勤務です。例えば、日勤終了の間際に臨時入院が来るなどということはよくあります。

 

夜勤体制の人数は少ない

夜勤体制の人数は少ないですし、夜勤が始まる時間帯は忙しい時でもあるので、日勤者が入院のアナムネや必要な処置にあたります。夜勤明けも同じように、朝方に緊急オペや入院などがあると、処置や記録に追われ、仕事を終わって帰れるのがお昼なんてこともあります。

 

ポイント!

ポイント

病棟勤務では定時で終業できることは少なく残業の多い仕事と言えます。

 

6.委員会や看護研究がある

病院の規模によって内容は違いますが、委員会の担当になると検討事項を問題提起したり、決まった事項から病棟で実施するための手順を考えたりしなくてはなりません。

 

看護研究

看護研究では、自分たちでテーマや症例を決め、一定の期間データをとって研究結果をまとめたりします。いずれも通常の勤務に加えて、時間外で活動しなくてはならないことも多く、とても大きな負担になります。

 

7.病棟集会は基本的に全員参加

月に1度、病棟集会というのが行われます。普段シフト制で稼働しているため、スタッフが全員集まれることはなかなかありません。病棟集会では日々の業務の検討事項などについて全員で話し合います。

 

病棟集会を欠席する場合

基本的に全員参加なので、夜勤明けでも出席しなくてはならないことが多いので体力的にもしんどいところです。どうしても欠席するには委任状を出させる病棟もあります。

 

8.意外と給料が安い

病棟看護師の月のお給料は大体30~35万くらいが平均だと思います。ボーナスがきちんと出る病院は年収にすると大体450万くらいにはなりますが、中にはボーナスが少ない病院もたくさんあります。

 

月収がクリニック勤務と同じところも多い

看護師の転職サイトを見ると、クリニック勤務でも月収は病棟と同じくらいもらえるところも多くあります。仕事量と比較すると、病棟勤務はもう少しお給料が高くてもいいのではないかと思ってしまい、気持ちが揺らいでしまいます。

 

9.責任が重い

人の生死に関わる仕事なので当然のことなのですが、看護業務の1つ1つが人体に影響するとても責任の重い仕事だと言えます。

 

緊張の連続です

注射薬や手順を間違えたりすると検査や処置ができなくなったり、患者さんの状態に影響したりと、病棟看護師の医療行為は重要なことばかりです。気が緩んでうっかりミスなどということは許されない緊張の現場であります。

 

10.恐い先輩看護師がいる

自分がミスをした時に厳重に注意を受けるのは仕方ないのですが、中には人間性を否定するような言葉で注意してくる先輩がいたり、いじめも実際に存在しています。これは生死に関わる責任の重い仕事だからこそかもしれませんが、注意や指導にもやり方や限度があるのではと思うこともあります。

 

病棟勤務はチームナーシング!

病棟勤務はチームナーシングで行われており、みんなで協力しないと業務が円滑に行われないため、スタッフ同士の接する機会は多くなります。さらに、夜勤では少ない人数でスタッフが密に協力していかなくてはならないため、苦手な先輩と一緒の夜勤が組まれているとシフトが決まった時から気持ちが落ち込んでしまいます。

 

11.シフトがきつい

シフトは病棟師長や主任が、スタッフの休み希望や、夜勤を組ませる相手、なるべく委員会のある時に担当者を日勤にするなど、様々な条件を考慮して決められています。中には、5連続日勤や準夜日勤、夜勤が多い月などもあり、体力的に辛い勤務となることもあります。

 

連続勤務で大変なところ

連続勤務になると、例えば患者さんの対応で、コミュニケーションの取りにくい方や手のかかる処置がある場合、勤務が続くことで精神的な負担も強くなってきます。

 

まとめ

看護師病棟で辛いことまとめ

本当に心身ともに消耗する病棟勤務ですが、あまり無理をしすぎると本当に病んでしまうこともあります。仕事が原因で鬱病になってしまう看護師も多くいます。

そうなる前に一度病棟を離れてみるのも手だと思います。少しお休みして、旅行や趣味に時間を使ってみるのもいいと思います。また、クリニックで働いてみて、病棟と比べてみるのもいいと思います。幸い、看護師の仕事はいつも多くの求人があります。転職が多すぎるのも問題ですが、自分にとってどういう働き方が合うか探してみるのもいいと思います。ある程度技術が身についたら、仕事中心の生活になるのではなく、プライベートな時間もしっかりと楽しんで自分を充実させることのできる生活をしていきたいですね。

趣味は海外旅行や美味しいものを食べてお酒を飲むこと。現在は旦那さんと2人暮らしをしています。看護師歴20数年になり、総合病院や専門病院などの病棟を15年ほど経験し、その後はクリニックでのパートや、今までの経験を生かして美容クリニックや検診などのスポットアルバイトをして今に至ります。
現場でずっと働いていたので、他の仕事に興味があり記事を書いていますので応援よろしくお願いします。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師
出身/年齢 ・東京都
職務経験 ・総合病院 ・個人病院 ・クリニック
診療科経験 ・消化器内科 ・耳鼻科 ・甲状腺内科 ・一般外科
・一般内科・検診 ・皮膚科 ・美容皮膚科 ・産婦人科


看護師転職サイトの口コミ評価

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】


関連記事

1件の返信

  1. 匿名 より:

    私に「仕事と言うものは、辛くて怖くて苦しいもの」と言う固定観念を作った理由が全部詰まっている。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。