著作者

くるみん

現役看護師

くるみん

( 看護師 ケアマネージャー)

仕事ができない看護師の特徴と先輩看護師アドバイスの伝え方7つ

くるみん
現役看護師くるみん
仕事ができない 看護師

どこの職場にも仕事ができない看護師さんはいますよね。何度伝えても分かってもらえず、頭を抱えてしまうことがあると思います。そういった看護師さんって「私はできる。」と勘違いをしていたり、プライドばかり高く、「なんで注意されないといけないの。」と思っている人が多いのも特徴です。だからこそ治らないんです。

ですが、仕事をしっかりしてもらわないといけないので言わないといけないのですが、では、こういった人に対してどう伝えればいいのか。そこが難しいところだと思います。今日は、こういった仕事ができない看護師さんに響く7つの伝え方を教えたいと思います。

1.患者と話さず、業務を淡々とこなす看護師

患者と話さず、業務を淡々とこなす看護師

看護業務は毎日たくさんあるので、ゆっくり患者さんと話せる時間が取れないのもよくわかります。ですが、看護業務だけをやっていればいいのでしょうか。

 

人間を相手にしてる事を忘れている

私たちが相手をしているのは「人間」ですよね。やはり、話をしないと情報は取れないです。データだけ見て判断するのではなく、その人の顔色であったり、話し方であったり、「見て・聞いて・触って」を毎日行うことでちょっとした変化に気づくものです。

そういうことができないと、急変したときに、「いつごろから調子が悪かったのか。」という医者の問いに「わかりません。」と言っていたら「何を見ているんだ!」と怒られてしまっても仕方がないことです。

 

患者さんを相手にしない看護師へのアドバイス方法

そんな看護師さんにわかってもらうためにこんな風に言ってみましょう。「自分の大切な人に置き換えて。」家族や恋人が同じように具合が悪かったら、あなたはどうしますか。「大丈夫。」「どこが具合悪いの。」「今日は昨日より顔色が良くなったみたい。」こんな風に声をかけたり、状態を見たりしていませんか。

それが意識をして言っていることではありませんよね。自然にそういった形で表れていると思います。このことを患者さんに対してやってみましょう。

 

患者さんを大切な人と同じ目線で見る

あなたの大切な人と同じような目線で見ていくと必然的に見れるようになってきます。もちろん、全くの他人ですので、もっとその人のことを知らないといけませんから、調べるでしょう。その時に「この人は私の大切な人(患者)。

もっとあなたのことを知りたいわ。」という気持ちにちょっと置き換えてみてください。そうすることで苦労なく情報収集もできるのではないでしょうか。

 

患者さんに話に行こう

情報を取ったら少しでも話しに行きましょう。その時にも「私の大切な人(患者)と話したいわ。」と思ってみてください。するとどうでしょう。緊張もするかもしれませんが、そういう感情なく話に行くよりもっとあなたの気持ちが入っていくので患者さん自身も「この看護師さんはわかろうとしてくれてるな。」と思ってくれるかもしれません。

 

ポイント!

ポイント

患者さんと会話が少しでもできればカルテだけでない、生の情報を得ることができます。自分自身の気持ちを変化させることによって、業務だけをこなすロボット看護師から脱せることでしょう。

 

2.他の看護師の仕事を手伝わない看護師

他の看護師の仕事を手伝わない看護師

一人で10人近くの患者さんを受け持つのでひどい時だと分刻みで動いたりしないといけないですよね。自分の仕事が多くて、ほかの人の手伝いなんてとてもできない!と言ってる人います。もちろんその通りなのですが、あまりにも自分の仕事ばかりに目が行ってしまっているとチームの輪を乱してしまいます。

 

自分勝手な看護師さんへのアドバイス方法(1)

自分中心の看護師さんに対してはどういったらいいでしょうか。

「一人じゃできないこともあるよね。あなたも手伝ってもらってるのよ。」

自分の事しか見えない看護師ほど大変な時にほかの看護師さんから手伝ってもらっています。それを気づかないんです。実際に手伝ってもらっているときにいうのが効果的ですが、なかなかその場に遭遇できないことも多いので、「手伝ってなんかもらってない!」と反発する人もいるかもしれません。

 

自分勝手な看護師さんへのアドバイス方法(2)

そういう看護師にもう一つ効果的な行動として「何も手伝わない。(本人が声をかけてくるまで声をかけない)」のも一つかもしれません。

「ちょっと!手伝ってよ。」と言われたときに「今日は私も手伝いますので、次は私も助けてくださいね。」と一言言ってみましょう。そうしたら気づいてくれるかもしれませんね。看護師の仕事はチームプレーですのでみんなで協力して仕事をしていかなくてはいけないので、声をかけて個人プレーにならないようにしていきましょう。

 

3.勉強不足で患者の異常に気付けない看護師

勉強不足で患者の異常に気付けない看護師

新人の頃は毎日勉強をして知識を学んでいったと思います。しかし、5年も過ぎればある意味中堅職員として、知識も得てくると思います。そうなるとどうしても勉強をしなくても今までの経験から仕事はこなせるのでますます勉強から遠ざかってしまいます。

 

知識不足の看護師へのアドバイス方法

知識が豊富であればいいのですが、中途半端な人だと自分の知識が間違えじゃないと変な自信を持っている人もいます。そういう看護師さんに多いのが患者さんの観察ができない。すべて医者の指示任せでいるんです。

果たして本当にそれでいいのでしょうか。そんな看護師さんにはこういってみましょう。「私たちが早期発見できないと、この患者さんを助けることができない」医者はもちろん主治医になるのでその患者さんの指示は出してくれますが、私たちのように24時間の状態を見ているわけではありません。

 

ポイント!

ポイント

私たちの観察したことを報告し、それも参考に治療方針を決めていったり今後の方向性を考えていきます。私たちが異常に早期発見できないと、軽い治療で済んだことだったのに大変な治療をしなくてはいけなくなってしまう可能性もあります。しかし、早期発見するためには、病態についての知識をしっかり持っていないと観察はできません。

 

看護師は何年経っても勉強が必須の職業

看護師は何年たっても勉強をしていかないといけない職業です。なぜなら医療は年々変わっていくからです。10年前と今比べてどうですか。変わったことってたくさんありませんか。その時々に対応していかないといけませんから、常に新たな知識を得るように勉強は常にしていくようにしていきましょう。

できない看護師はしないことが多いです。むしろやらないからできないのです。少しでも知識を得てもらうために一気に詰め込んだり指摘するのではなく少しずついうのもよいかもしれません。その看護師さんに合った言い方をするとなおよいでしょう。

 

4.フリー業務担当だがすべき事がわからない看護師

フリー業務担当だがすべき事がわからない看護師

病院ですと、患者さんを持たせられないとフリーのナースになることがあります。本人はフリーナースということでリーダーにでもなったように感じるかもしれませんが、知識がなかったりミスがおおいので患者さんを持たせることができないのです。それを理解できないのも仕事ができないナースの特徴です。

 

勘違い看護師へのアドバイス方法

フリーだからと何もしないで、あたかも「私は管理しているのよ。」というスタンスでいると周りの看護師は「何を考えているのか。」「自分の置かれている状況を理解できないのか。」とストレスが溜まってきてしまいます。

こういう勘違い看護師にはどんな声掛けをしたらよいでしょう。「あなたは、患者さんを持たせられないの。」そうです。ここははっきり言いましょう。そして、なぜ患者さんを持てないのかを説明する必要があります。それについて理解し、納得してもらわないと逆に反発してくることになりますので注意が必要です。

 

患者さんを持つために何をすべきか考えさせる

患者さんを持つためには自分自身が何をすればいいのかを一緒に考えて期間を決めて評価してみましょう。それを繰り返してくと少しずつですが進歩はしてくると思います。また、フリー業務については各病棟で話しあって何をしてもらいたいのか。その人ならどのレベルの仕事を任せられるのか。を話し合って決めるのもよいでしょう。もちろん本人の意見も聞かないといけませんので、その看護師を含めて話してみましょう。

まずは、なぜ患者さんを持てないのか。そこをしっかり理解してもらうことから実施していきましょう。

 

5.周りの意見を聞かない看護師

周りの意見を聞かない看護師

自分の知っていることが正しい、間違いはないと自信をもっている看護師さんいますよね。だけどそういう看護師さんによって指摘するのがなかなか難しいことありますよね。先ほども話ししましが、医療は年々進歩して変化をしてきます。ですが、こういうことを考えている看護師は昔のやり方が正しいというのです。それは勉強していないんだなと自分からアピールしているようなものなんですけどね。気づきません。

 

周りの意見を聞かない看護師へのアドバイス方法

間違っていることを自信満々に言ってしまう看護師さんにはどういったらよいでしょう。「自分が調べてきたときにこう書いてあったのですが、確認してもらえませんか。」勉強したことに「ここまで調べてきたんだが、昔はこうだったようだが、今ではこう見たいです。どちらが正しいのでしょうか。」と逆質問で聞いてみましょう。それでも昔のことが正しいというのであれば思い切って医師に聞いてみましょう。

そうすると「○○先生に確認してみたら今はこうなったみたいですよ。」と自信もって言えるでしょう。むしろ勉強していないんだという目で見られるのでその人も勉強してくるでしょう。

 

ポイント!

ポイント

自分が勉強する姿を見せる→間違えて指導している部分を確認する→間違えに気づいてもらう。作戦で行くといいでしょう。そこで少し恥をかくと少しは周りの意見を聞く姿勢になってくれるかもしれません。

 

6.計画性がなく、仕事を溜めてしまう看護師

計画性がなく、仕事を溜めてしまう看護師

看護学生の時に病棟実習に行ったとき、行動計画書というものを書かされましたよね。就職して看護師の免許を持ったあなたは学生のように行動計画書を書くことはありません。

 

計画を立てられない看護師へのアドバイス方法

頭の中でどうも行動計画を把握できない人や、イレギュラーな業務が入ってきたときに対応ができなくなってしまう看護師もいますので、そういったときにはこういってあげるとよいでしょう。「今日の1日の出来事をタイムテーブルで書いてみては。」そうです。学生の時のように戻って書いてみるといいです。どうしても時間通りに仕事が終わらないと仕事は押せ押せになってしまうので溜まってきてしまいます。そして残業して記録を打つという状態になりますと身体も疲れてしまいます。

 

ポイント!

ポイント

どのように今日1日を終わらせるのか。そこをよく考えていきましょう。目に見える化にすることで確認がお互いできるので指導もしやすいと思います。ぜひ活用するように話してみましょう。

 

7.何度言っても理解できない看護師

何度言っても理解できない看護師

元々覚えが悪い人もいるだろし、少し忘れてしまって教えてほしいとお願いされるとそこからロスタイムが生じます。自分でメモを取るのはもちろんですが、それでもできない人もいますし、ひどいとそのメモをなくしてしまったり、どこに書いたか忘れてししまうこともあります。

 

忘れっぽい看護師へのアドバイス方法

忘れっぽい看護師さんにはどういうとよいでしょう。「どこを忘れてしまうのか一緒に確認しましょう。」あなたの仕事が増えてしまいますが、なぜ同じことを言っても理解してもらえないのか。言っている意味が分からないのか。そこを理解しないと解決には至らないです。理由がわかって来たらそこを1つ1つ実施していくのか、不可能なことなのか。そこを見極めていきます。

 

何を頑張るべきか本人と話し合う

もちろんあまりにもひどい状態なのであればあなたの管轄外であるかも知れません。しかし、私たちで言えることとしたら「この仕事は分かりにくい。」と聞いてみて「こうしたほうがいいよ。」とか「私はこういう風にしているよ。」話してみるといいかもしれません。役職者の場合です面談をし、今後の仕事内容を精査する必要性があります。

 

ポイント!

ポイント

病棟で働きたいのであれば何を頑張っていかなくてはならないのか。をもう一度本人と話していきましょう。

 

まとめ

いかがでしたか。仕事ができない看護師さんの例を挙げ、そういう時にどういえばいいのか。ということをお伝えしました。

仕事ができないのは、やる気がなかったり(勉強をしたくないなど)、自意識過剰であったりしますが、もしかして本人に何かあるのかもしれません。最近隠れADHDであったり隠れ自閉症だったりと大人になってから気づく発達障害もあります。

もし、そういう疑いがあるのであれば上司と相談するのもいいかもしれませんし、または、そういう人に合った仕事の振り方をする必要があると思います。そこは上司と相談したりして対応していってください。

仕事ができない人がいるとあなたもストレスがたまってくると思いますが、ぜひこの内容を参考にしてみてください。少し気持ちが楽になるかもしれませんよ。



看護師パンダ 看護師転職求人サイト口コミ評価ランキング


この記事を書いた人

みなさん、はじめまして。
元々体育の先生を目指して高校まで頑張っていたのですが、ボランティアを通して人を助ける仕事に就きたいと思い、看護師になりました。これまで病院では救命病棟から外来まで、そして今は特別養護老人ホームと障害者施設で働いている(シングル)ママさんナースです。
介護支援専門員の資格も持っています。いろいろなジャンルを見てきたのと、現在管理職として働いていること、そして子供がいても無理なく働けるノウハウをみなさんにも教えていけたらと思います。看護師という仕事はとても幅広く働けます。
自分にあった「看護師としての働きかた」を見つけられるようにアドバイスしていけたらと思っております。どうぞ、よろしくお願い致します。


カテゴリー:看護師の実情

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:くるみん
(公開日:)(編集日::2017年12月13日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。