著作者

森のくまさん

執筆:看護師

森のくまさん

( 看護師 )

看護師が「ホワイト」な病院・施設の転職先で働くために必要な知識

公開:、更新:2018年10月01日
看護師がホワイトな転職先で働くには

看護師の転職先には残念ながら「ブラック」と呼ばれる劣悪な環境の職場もあります。

このような「ブラック」な転職先を除外して「ホワイト」な転職先で働くためには、できるだけ多くの情報を収集し、実際に職場を見て観察したり感じたりしたことから総合的に判断する必要があります。

また、あなた自身の「ホワイト」の定義を明確にすることは、さらに重要だと言えるでしょう。

ここでは、これまで様々な職場を経験してきた私の経験を元に、看護師にとって「ホワイト」な職場で働くために、必要な知識をまとめています。

1.看護師が働くホワイトな職場・病院とは

ホワイトな職場で働く看護師

看護師みんなが働きたいと思う職場、働く人が幸せになれる職場が「ホワイトな職場や病院」だと私は考えます。

まずは、一般的に考えて看護師が「ホワイトな職場、病院」だと思う基本的な条件を説明していきます。

※ホワイト企業やホワイト病院に明確な定義は有りませんが、入職後の離職率が低いこと、福利厚生などが整っていることなどを一般的には言います。

 

働く看護師の待遇が良いこと

働く看護師の待遇が良いこと

  • 給料が良い
  • 福利厚生が充実している
  • 有給が消化しやすい
  • 賞与が手厚い
  • 昼休みがきちんと確保できる
  • 残業がほとんどなく残業手当がしっかりと支給される
  • 社員食堂や各種手当などのメリットが多い
  • 介護や子育てなどに協力的である

 

働くことでストレスがたまりにくいこと

働くことでストレスがたまりにくいこと

  • 人間関係が良い
  • パワハラやセクハラなどのハラスメントがない
  • 仕事にやりがいが感じられる
  • 体力的、精神的限界をこえないレベルの仕事
  • 重圧すぎる責任を感じない

 

職場自体に魅力があること

職場自体に魅力があること

  • 患者(顧客)が多く活気や信用がある
  • 職場のトップが社員を大切にしている
  • 倒産などの危機感がない
  • 施設が清潔で整理整頓が行き届いている

 

看護師のホワイトな職場や病院は許容範囲が広い

看護師のホワイトな職場や病院は許容範囲が広い

看護師という職業自体の過酷さや慢性的な人手不足事態が、そもそも「ブラック」な要因であるからです。このため、看護師は職場や病院に対して、多くを求めない傾向があります。

そのため、「ホワイトな職場や病院」だと評価する基準は、看護師はやや甘めであり、一般企業に勤める社会人に比べると許容範囲が広いと言えそうです。

 

「グレーな職場」であっても納得する人が多い

看護師として働いている中で、

  • 「忙しい」
  • 「責任が重い」
  • 「体力的にきつい」

などの条件は、むしろ当たり前であると感じる看護師が多く、そのような条件を回避すれば必然的に給料が下がるなどのリスクを伴うと理解しています。

そのため看護師の場合、「ややブラック寄りホワイト」とでもいうべき「グレーな職場」であっても、満足できるとまではいかなくても「まあ、仕方ないか」と納得する人が多い傾向があります。

 

補足説明!

ポイント

逆にブラック病院に関しては、こちらの「看護師のブラック病院診断!転職前の見分け方20つとリアルな口コミ」で定義しています。合わせて確認してみてください。

 

2.看護師が「ホワイト」な転職先を探す際の注意点

ホワイトな職場を探す看護師

看護師が「ホワイト」な転職先を探すために最も注意してほしいのは、あなた自身の「ホワイト」の基準を明確にしておくことです。

例えば、

  • 仕事がある程度忙しいことを不満に思う
  • 逆にやりがいがあると前向きにとらえられる

などのことです。

もちろん基本的な情報や他人の意見なども参考にはなりますが、最終的な判断と決定基準は自分自身であると心得ておくべきです。

この他、以下の点にも注意するようにしてください。

 

(1)物事を一面からだけ捉えず他覚的に分析すること

看護師が入職前に詳細を把握するのは非常に困難ですが、物事を一面だけからとらえるのではなく他覚的に分析するよう心がけましょう。

例えば、「世間の評判がよい」病院だと聞くと「ホワイト」な転職先を想像する人が多いかもしれません。

 

「評判の良い」原因に目を向けてみて

例えば評判のよい原因が、

  • 「スタッフの対応がよい」
  • 「待ち時間が少ない」
  • 「院内が清潔で掃除が行き届いている」

などだった場合、背景に、

  • 「スタッフの人数が少ない」
  • 「トップの人間が威圧的」

などの条件があるのだとすれば、その病院は「良くない(ブラック病院)」である可能性があります。

「人員を最小限にして掃除などの雑用を強要されている」「トップの威圧的な態度におびえてスタッフが常に緊張している」などの裏事情が考えられるからです。

 

ポイント!

ポイント

看護師間の口コミ看護師転職サイトの担当者から得られる情報などの生の声が役に立つ可能性が高いでしょう。

 

(2)「ホワイトな職場」は看護師求人は競争率が高いこと

「ホワイトな職場」は条件が良いため、多くの看護師が転職を希望します。

また、大抵の場合、採用枠も少ないため、すぐに採用者が決定してしまう可能性が高いと言えます。

 

すぐに行動に移せるよう準備しておく

看護師が「ホワイトな職場」で働きたいなら、常にアンテナを張り、求人が出たらすぐにキャッチして行動に移せるよう準備しておくことがライバルに差をつけるポイントになるでしょう。

面接対策や履歴書の準備などを早めに行っておくのは、もちろんですが、面接が決まったらすぐに行けるようにスーツや身だしなみの準備などもできていると完璧です。

 

(3) 精神的な余裕をもって転職活動すること

先ほど伝えた、「すぐに行動するべき」という内容と矛盾するように感じますが、看護師が「ホワイト」な職場へ転職するには、精神的な余裕を持つ必要があります。

例えば、看護師が経済的に追い込まれており、すぐにでも次の職を見つけねばならないような状況で転職先を探せば、職場の本質を見誤る可能性が高いと言えます。

冷静な判断ができずに「ブラックな職場」の甘い言葉にだまされるなどというリスクを負いかねないでしょう。

ですから、余裕をもって活動できる環境を整えて転職活動を行うべきです。

 

3.看護師が「ホワイト」な転職先を見つけるには

ホワイトな職場を見つける看護師

それでは最後に、看護師が「ホワイト」な転職先を見つけるためのポイントを解説していきます。

(1)「準公務員」として働ける職場を探す

看護師が「待遇が良い」「職場自体に魅力がある」などの条件を満たした「ホワイトな職場」で働きたいなら、準公務員看護師を目指すのがベストです。

国公立の病院などで準公務員として採用されれば、勤務条件や給与の安定、福利厚生の充実などが得られます。

世間の信用もありますし倒産の危険も少ないと言えるでしょう。

 

看護師が準公務員としてはたける職場例

看護師が準公務員として働ける職場は以下です。

・国立病院
・公立病院
・公立診療所
・保健所
・公立の看護学校
・地域包括支援センター
・公立の保育園
・国立ハンセン病療養所
・厚生労働省の内部部局
(「公務員看護師へ転職する前の5つの注意点!」から引用)

特に国立病院の場合は国家公務員並みの扱いになりますので、非常に好条件であることが知られています。

 

(2)「ブラック」な要素のある転職先を排除する

ブラックな転職先を排除する看護師
先に、公務員看護師として働ける職場について紹介しましたが、看護師が「ホワイト」な職場で働くためには、「ストレスがたまりにくい」などの項目に関しては、条件だけでは測れないため確約はできません。

実際、公務員であっても仕事にストレスを感じている看護師はいるでしょうし、民間のクリニックであっても割と条件が良い上、ストレスも少ないため満足しているという人もいるはずです。

そのため、看護師が「ホワイト」な転職先を見つけるには、「ブラック」な転職先を排除する対策が有効です。

厚生労働省が出しているブラック病院の定義は以下の通りです。

  • 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課すこと
  • 賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低いこと
  • 上記のような状況下で労働者に対し過度の選別を行うこと
    (引用厚生労働省/たしかめよう労働条件より)

看護師にとって悪い転職先(ブラック病院)を見分けるためのチェックポイントをあげてみましょう。

 

私が思う看護師の悪い転職先の特徴(病院・施設など)

  1. 求人票に記載されている内容が最低限であり質問してもあいまいな返答をする。
  2. 賞与に関して「業績次第」などと明言を避けている。
  3. 有給消化しない、サービス残業などを「職員の自発的な行動」だと位置付けている。
  4. 契約内容が書面でなく口約束。
  5. 看護師スタッフがギスギスしている、疲れ切っている。
  6. 施設の入所者や来院している患者に覇気がない。
  7. 整理整頓ができておらず不潔な印象。
  8. 看護師求人が頻繁に出されている。
  9. 看護師求人票の内容が極端に変わる(アピールが激しくなったり、給料がアップしたりする)
  10. 仕事内容のわりに極端に給与額が高い。
  11. 面接で試験らしい対応をせず「いつから出勤できるか」などと出勤をせかす。
  12. 看護師スタッフがバタバタしていて余裕がなさそうな雰囲気。
  13. 約束の時間に行っても、かなり待たされる。

これらのチェックポイントを出来るだけ多くクリアする転職先であれば看護師にとって「ホワイト」な転職先である可能性が高いと言えます。

実際に、看護師求人を探す際の参考にしてみてください。

 

(3)「ホワイトな職場」が見つかったら必ず見学に行く

「ホワイトな職場」を見つけたら、必ず実際に見学に行って、自分との相性を確かめてください。

もちろん、転職先の看護師も見学者に対しては取り繕ったよそ行きの顔をみせるものですが、それでも感じ取れるものは必ずあるはずです。

「うまく表現できないが、なんとなく嫌な感じがした」などという勘のようなものが、案外的を射ていることも少なくありません。

そういった意味でも、ぜひ見学をしてみるべきです。見学するポイントとしては「看護師転職時の病院見学 | 必要な7つの見極めポイント」を確認してください。

 

4.まとめ

看護師にとって「ホワイト」な職場を見つけるのは、大変な作業ではありますが、この作業がうまくいけば、その後の看護師人生が「バラ色」のものになります。

ぜひ「ブラック」を排除して、「ホワイト」や「バラ色」で、これからのあなたの看護師人生を染め上げて下さい。


(編集・構成・管理者:亀岡さくみ

総合病院の手術室勤務を3年ほど経験した後、主に眼科クリニックで看護師としての経験を20年以上積んでまいりました。けっして順風満帆とはいえない失敗や挫折だらけの看護師人生でしたが、こんなダメな私だからこそ伝えられることがあるのではないかという思いで看護師ライターの仕事を続けています。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師

【看護師による】転職求人サイト口コミ評価おすすめランキング

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。