助産師に向いている看護師・向いていない看護師とは

助産師に向いている看護師と向いていない看護師

皆さんが助産師に興味をもったきっかけはどんなことだったでしょうか。「看護師として働く中で助産師という仕事に出逢った」「自分の出産を通して助産師の仕事に興味をもった」「小さい頃から看護師にも助産師にも関心があった」など何かきっかけがあるはずです。

人は興味をもったら、次は自分には向いているのかいないのかと悩みます。今回は、助産師資格を取得しようか悩んでいる看護師の参考になることを目標にまとめてみました。お役に立てれば嬉しいです。

助産師と看護師の違い

助産師は分娩介助可能

看護師として産婦人科で働いたことがある方は助産師の仕事をよく理解されていると思いますが、そうでなければ漠然とした理解なのではないでしょうか。

助産師と看護師の1番の違いは「免許の違い」です。助産師になるには助産師免許が必要です。看護師免許を取得している人のみ助産師の国家試験を受験できるため、助産師免許取得には、看護師免許が必須です。

 

助産師は分娩介助ができるが看護師はできない

日本で分娩介助ができるのは、医師か助産師のみと決められています。助産師は、正常な経過をたどる妊娠・分娩に関して、保健指導や分娩介助・出産後の育児相談まで医師の指示なしに行うことができます。

それに比べて看護師は、診療の補助と療養上の世話が看護業務として定められています。ですので、助産師免許を持たない看護師は、医師や助産師の分娩介助の補助を行います。

 

ポイント!

ポイント

助産師免許を持っていても、正常経過から逸脱する妊娠・分娩の場合は医師が関わることになっています。 看護師は、正常な経過をたどる妊娠・分娩で医師の指示があっても、分娩介助は行えません。

 

2.助産師に向いている看護師とは

助産師に向いている看護師

助産師に向いている看護師とは、ズバリ「赤ちゃんが好きな看護師」です。これは間違いありません。逆に赤ちゃんが苦手だと思う看護師は助産師になるべきではないと言い切れます

生理的に赤ちゃんの泣き声を聞くのが苦手だという看護師もいます。ミルクをあげたり、オムツを替えたりすることも赤ちゃんが苦手であれば辛い仕事になってしまいますが、好きな看護師には最高の仕事です。

他にも、助産師に向いている看護師を以下にご紹介します。

 

体力がある看護師

お産はいつ始まるか分からず、いつ終わるか分かりません。真夜中に出産が2件終わりヘトヘトであっても、陣痛が始まったという電話が鳴れば休む暇なく対応しなければなりません。

忙しさをコントロールすることができないのが産科の最大の特徴です。加えて、正常が異常になることも予測不可能な部分もあります。こんな勤務を続けていける体力が助産師には必要です。

 

心が広い看護師

お産は病気ではありませんが、妊産婦さんは多くの不安や疑問を抱えています。今は特にネット検索や雑誌などで、正確ではない情報に振り回されてしまう時代です。

助産師が指導しても何度も同じ質問をする方、納得できない家族などにも出会います。些細な不安や疑問にも答えられる、広い心が助産師には必要です。

 

人前で話すことが好きな看護師

助産師には分娩介助と同じ位、保健指導や教室運営などの仕事も大きな比重を占めます。1人の人とのコミュニケーション能力は勿論ですが、大きな病院になると10人以上の妊婦さんや家族に向け教室を開催することもあります。

人前で話をすることが得意だという人は、助産師に向いているといえます。

 

いつも冷静な看護師

分娩はいつ何が起こるか分からない、救急と似たところがある仕事です。おめでとうと言えるのは、赤ちゃんと母体が元気に分娩を終えることができてこそです。

分娩中には母体の血圧が急に上昇したり、出血が止まらなくなったりと急変が起こります。赤ちゃんも生まれてすぐ泣かない場合もあります。どんな時にも慌てず冷静に、今できるベストを尽くそうとする気持ちが助産師には必要です。

 

3.助産師に向いていない看護師とは

助産師に向いていない看護師を紹介する看護師

助産師に向いていない看護師は、「責任を取るのが嫌だと思う看護師」です。なぜなら、正常な分娩は助産師に任されるからです。

自分に責任が降りかかるかを基準に物事を判断する考えを持っていると臨機応変な対応ができないため、仕事に支障をきたしてしまいます。医師への必要な報告は勿論するべきですが、自分を守ることに必死になってしまう看護師は続きません。

他にも、助産師に向いていない看護師の特徴をご紹介します。

 

悲しいことをひきずってしまう看護師

妊娠・出産は嬉しいことばかりではありません。時には、死産になったり、妊娠途中で赤ちゃんが育っていないことが分かったりと悲しい現実も起こります。

そんなとき、妊婦さんや家族と一緒に悲しみを共有することは大切ですが、気持ちの切り替えができることが重要です。常に目の前のことに全力投球し、切り替えができないと精神的に追い詰められてしまいます。

 

完璧を目指してしまう看護師

問題なく進んでいたお産が、急に異常になることも珍しいことではありません。そんなとき、自分がもっとよく観察しておけばもっと早く対応できたのにと考えてしまう看護師がいます。

起きたことに対し振り返ることは技術向上のためにも必要ですが、もっとこうしておけばよかったと不足を探し、完璧を目指していては仕事になりません。

 

何でも1人で抱えてしまう看護師

病院での勤務だと、時間が来ると分娩経過中でも担当助産師は変わります。そんな中、1人で抱えて仕事をしているといつまでも交代できません。交代する勤務者もどう動いてよいか分かりません。自分1人でやってしまおうとする看護師は追い込まれてしまいます。

 

ポイント!

ポイント

全てはスムーズに分娩が終了できることが目標です。何がまだできていないのか、何を手伝ってほしいのかなど仕事を振り分けることも必要です。

 

短気な看護師

分娩は時に明確な理由なくてもうまく進まないこともあります。育児指導も何度も説明してもなかなかスムーズにできない褥婦さんもいます。赤ちゃんも特別な理由がなくても泣きたいときには泣きます。

そんなとき、何でちゃんと進まないのだろう、何でちゃんとできないのだろう、何で泣き続けるんだろうと考えてイライラする人は疲れてしまいます。

 

4.助産師になって良かったと思うこと

助産師になってよかったことを紹介する助産師

助産師になって良かったと思うことは、「おめでとうございます」と言う言葉をたくさん言うことができることです。

他の診療科でも退院するときには「おめでとうございます」と言いますが、病院の中では助産師が断トツに「おめでとうございます」と言っているはずです。単純なことですが、前向きな言葉が言えることで毎日明るく仕事に向き合えます。

他にも助産師ならではの良かったことをご紹介します。

 

感謝の言葉をたくさんもらえる

どんなに真夜中で長時間分娩に関わって疲れても、助産師は自分の与えられた仕事をしているということになります。普通仕事をして「ありがとうございます」と言ってもらえることは当たり前ではありません。

感謝の言葉をたくさんもらえることは、嬉しい気持ちに何度もなれる仕事だということです。

 

1つの家族に長く関わっている感覚がある

1つの病院で3年位いると、必ず2人目、3人目と出産されに来る妊婦と出会えます。自分の中では、何人もいる妊婦さんの1人だったとしても、妊婦は介助についた助産師を覚えてくれています。

はっきりした記憶でなくても、話をする中で記憶はよみがえります。そんなとき、その家族の歴史の1つに自分も少し参加できたのだと思うと、単純に嬉しいなと思うことができます。

 

5.まとめ

自分のことを考えても、助産師に向いているところも、向いていないところもあります。大切なのは、いろいろ知った上でも「助産師になりたい」と思う気持ちがあるかということではないでしょうか。大抵のことは、続けることで進歩します。できないこともできるようになります。

助産師になれば、周産期総合センターのようなハイリスクな症例を対象としている病院、クリニックなどで少ない分娩にじっくり関われる病院、保健センターなどの育児指導などをメインとする施設など自分に合う職場を探すこともできます。

こんな魅力ある助産師資格、目指してみてはどうでしょうか。頑張って下さい。

監修者

亀岡さくみ看護師

この記事は「」さんが執筆しました。

運営会社 ・記事等に関する問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。