著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

看護師が知っておきたい看護助手の役割と仕事内容とは

kameko
看護師スタッフkameko
看護師看護助手役割仕事内容

看護助手のお仕事は、病院ではメッセンジャーと呼ばれるタイプの職務を行うお仕事で、直接患者さんに医療行為を行うことはありません。看護師や准看護師として働く場合には、資格が必要となりますが、看護助手として働く場合にはこうした医療系の資格がなければ働くことができないというわけではなく、誰でも求人募集を見て応募することができます。

看護師のように資格を有しているわけではないため、患者さんに対して医療行為を行うことはできませんが、看護師のアシスタント的な役割として、患者さんに清拭を行ったり、カルテなどの書類の伝達を行うなど、身の回り一般のお世話や介助をするのが主な仕事内容となります。では看護助手について詳しくみていきましょう。看護師が看護助手と協力し合いながら働くためには、その仕事内容や役割を把握しておくことが大切です。

 

 

1.看護助手の仕事

看護師看護助手仕事

看護助手のお仕事は、患者さんに医療行為を行うことはできないため、看護師のアシスタント的な役割をこなすことになります。例えば、患者さんの着替えを解除したり、歯磨きや洗面において介助を行ったり、何日も入浴できない人なら清拭作業を行うこともあります。食事で介護が必要な患者さんの場合には、食事のお手伝いをすることもあります。

 

排泄介助や着脱介助

排泄介助も看護助手のお仕事となります。ベッドの上で排泄を行う患者さんに対しては、おむつを交換したり便器の片づけをしますし、衣類の着脱が1人でできない患者さんの場合には、着脱介助も合わせて行うことになります。

 

車いすやストレッチャーでの患者さんの移動補助

車いすやストレッチャーで患者さんが移動する際にも、その介助を行うのは看護助手の仕事となります。家族が付き添っている場合には、家族が介助を行うこともありますし、場合によっては看護師が行うこともあるため、フレキシブルに患者さんのニーズに合わせて必要な介助を提供するのが、看護助手の役割りです。

 

看護師のアシスタント的な役割も仕事

看護助手のお仕事には、患者さんのお世話だけではなく、看護師のアシスタント的な役割をすることもあります。看護師からのメッセージを他の診療科目や外来の医師・看護師へ伝えたり、検査室に検体を届けるお仕事を行うこともあり、看護師でなくてもOKな仕事を看護師の手足となって行うことが主な役割になります。

 

ポイント!

ポイント

病院内をあちこち走り回って体力的にタフなお仕事ですが、患者さんの身の回りの世話をすることによって大きなやりがいや充実感を得ることができるお仕事と言えるでしょう。

 

2.看護助手の平均年収・平均給与

看護助手の平均年収・平均給与

看護助手のお仕事は、看護師のように資格が必要というわけではなく、患者さんに対して医療行為を行うわけではありません。そのため、看護師と比べると平均年収や平均給与は低くなっています

 

毎月の給料にすると約21万円程度

2016年3月現在における看護助手の全国平均年収は290万円程度となっていて、毎月のお給料にすると約21万円程度となっています。一般事務のお仕事をするOLと比べると、給料の手取りはそれほど少ないというわけではありませんが、職務内容はかなり体力的にタフな仕事が多いため、このお給料を少ないと感じる看護助手が圧倒的に多くなっています

 

時給は全国平均で見ると約1200円~1300円程度

看護助手のお仕事は、アルバイトやパートなど非常勤雇用としても求人募集が出されています。地域によって時給は異なりますが、全国平均で見ると約1200円~1300円程度(2016年3月現在)が一般的となっています。東京や大阪などの都市部では時給が高くなることが多いのですが、必ずしも地方に行くと時給が低いというわけではなく、看護師を高待遇で雇用している医療機関が多いエリアでは、看護師のアシスタント的な役割をする看護助手も高待遇で採用している所もあるようです。

 

3.看護助手に求められるスキル・未経験でもなれる?

看護助手求められるスキル

看護助手は看護師のアシスタント的な職務をこなすお仕事で、看護師のように国家資格がなければ働けないという制限はありません

 

看護助手の資格は難しくない

「看護助手」という資格は存在しますが、国家試験のように難易度が高いわけではなく、受験に合格しなければ取得できないというタイプのものでもありません。通信講座などで勉強すれば誰でも取得することができるので、これから看護助手として働いてみたいなという人なら、忙しい時間の合間を利用してマスターしやすい資格の一つと言えます。

 

無資格で働くことができる

看護助手として働くためには、資格がなければいけないというわけではありません。無資格で働くことができますし、未経験でも毎日の業務の中で仕事を覚えることができるため、年齢に関係なく働きやすいお仕事です

 

採用されるためには経験がある人の方が有利

たくさんの求人の中から少しでも条件が良い求人を選び、たくさんいる求職者の中から自分が採用されるためには、まったくの未経験というよりは経験がある人の方が有利なことは言うまでもありませんし、未経験でも民間の資格を取得している人の方が採用されやすくなります

 

ポイント!

ポイント

これから初めて看護助手として働くという人は、できるだけ採用されやすいように通信教育などを利用して資格取得を目指すと良いでしょう

 

やる気というスキル

看護助手にもとめられるスキルは、看護師の手足となってテキパキと仕事をこなせる体力やコミュニケーション能力、そして患者さんのお世話をしたいというやる気です。医療行為を行うわけではありませんから専門的な医学の知識は必要ありません。

 

4.看護助手のキャリアアップ

看護助手キャリアアップ

看護助手のお仕事は、看護師のアシスタント的な職務をこなすことが主な仕事内容となり、具体的には患者さんの排泄介助や衣類の着脱介助、そして食事介助などがあげられます。こうしたお仕事は医療現場だけではなく介護現場でも求められるスキルで、看護助手として働くことによって医療現場でも介護現場でもキャリアアップの可能性が広がるお仕事と言えます。

 

ホームヘルパー2級の資格

介護分野で働く際に持っていると有利な資格の一つにホームヘルパー2級の資格がありますが、この資格は講習を受けることと規定時間以上の実務経験があれば取得出来る資格で、試験を受けて合格しなければいけないというものではありません。そのため、キャリアアップしたい看護助手にとっては、働きながら資格取得を目指すことができるというメリットがあります。

 

5.看護助手として働くメリット

看護師看護助手メリット

看護助手として働くメリットには、資格がなくても働ける点があげられます。看護助手の主な職場となる医療機関では、看護師や医師など様々なスタッフが働いていますが、国家資格を持っていなければ従事できない職種がとても多くなっています。しかし、看護助手なら資格がなくても働けますし、経験がなくても日常の業務の中で仕事を覚えることができますから、働きやすいという特徴があります。

 

資格をたなくても病院で働ける

このお仕事は看護師のアシスタント的な仕事をこなすことになり、患者さんの身の回りのお世話をしたり、看護師さんのメッセンジャーとして他の診療科や薬局に足を運んで雑務をこなすなど、難易度としてはそれほど難しい仕事ではありません。資格を持っていないけれど病院で働いてみたいという人なら、看護助手がオススメです。

 

職務の中で身につけたスキルをあらゆる場で生せる

看護助手は、職務の中で身につけることができるスキルをあらゆるところで生かすことができるというメリットもあります。例えば、患者さんの食事介護や衣類の着脱介護などを行うことによって、今後確実に増え続ける福祉業界への転職がしやすくなりますし、ホームヘルパーなどの資格取得にも結び付きやすくなります。

 

働きながらキャリアアップできる資格を取得できる

看護助手の仕事をしながらキャリアアップできる資格を取得したいという人にとっては、この仕事はおすすめです。資格の中には、働きながらの両立が難しい種類のものがありますが、看護助手として働く場合には、働きながら仕事を生かして資格取得に役立つ資格が複数あるという点で大きなメリットがあると言えます。

 

6.看護助手として働くデメリット

看護師看護助手デメリット

看護助手のお仕事は、他の医療系スタッフと比べると資格がなくても働くことができるため、未経験者でも採用されやすいという特徴があります。しかし、従事するために必要な資格がないということはお給料にも反映されてしまい、看護師と比べるとお給料はどうしても低くなってしまいます。この点は、看護助手として働くデメリットと言えるでしょう。

 

医療機関によっては夜勤を伴うシフト勤務になる

医療機関によっては看護助手も看護師と同じようなシフト勤務になったり夜勤を伴う不規則な勤務時間になることが多いようです。不規則な勤務時間出働くことによって、体調を壊しやすくなりますし、家庭や育児と両立しづらくなってしまう点は、看護助手のデメリットと考えることができます。

 

誰でも気軽に働けるお仕事ではない

看護師のアシスタント的な立場で患者さんの身の回りのお世話をするのがメインの仕事内容となる看護助手ですが、体力的にタフでなければ勤まらないお仕事なので、体調管理はとても大切ですし、体力に自信がない人にとっては、看護助手として働くことはキツいと感じるかもしれません。誰でも気軽に働けるお仕事ではない点も、この仕事のデメリットです。

 

コミュニケーション能力がないと難しい仕事

看護助手は看護師のアシスタント的な仕事や雑務をこなすため、コミュニケーション能力は必要不可欠なスキルとなります。他人とコミュニケーションをとることが苦手な人や、知らない人と会話をすることで緊張するという人にとっては、看護助手のお仕事はデメリットが大きな仕事になってしまうかもしれません。

 

まとめ

看護師は全国的に不足しているため、少ない看護師で忙しい病棟管理を行うためには、この看護助手の役割りがとても大きくなります。全国的にニーズが高いお仕事となっていて、求人募集もたくさん見つけることができます。このお仕事は、病棟で働く求人もあれば外来のみで働く求人もあり、どちらで働くかによって忙しさや勤務時間などが大きく異なります。

忙しい病院で、看護師と看護助手が協力し合いながら働くことは必須です。お互いの立場を理解し合いながら、仕事を円滑に進めていくようにしましょう。

 

記事の内容に関しては、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用をお願いいたします。


都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師 ・保健師 ・養護教諭第二種
出身/年齢 ・東京都/28歳
職務経験 ・総合病院 ・大学保健室 ・保育園 ・デイサービス ・イベントナース ・ツアーナース
診療科経験 ・整形外科 ・小児科

看護師転職サイトの口コミ評価

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】

カテゴリー:看護師の実情

(公開日:)(編集日::2018年03月16日)

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。