著作者

アンネ

現役看護師

アンネ

( 看護師 保健師 )

看護師が仕事に行きたくない場合に考える6つのこと

アンネ
現役看護師 アンネ

看護師として働く忙しい毎日の中で、ふと仕事に行きたくないと感じる日もあるでしょう。

なんとなく仕事に行きたくないと感じた日は、自分が今置かれている環境と先を見つめ直してみることをお勧めします。

ここでは、看護師が仕事に行きたくない場合に考えることとして、モチベーションをあげられるような考えを紹介していきます。

1.平穏な日々に感謝する

平穏な日々に感謝する女性

毎日仕事に通えることは、何よりも自分の意思で自由に仕事を選び、平和な社会で生活を送っている証です。

平穏な日々に感謝することについて以下で見ていきましょう。

 

仕事がない環境下にいる人がいることを忘れない

世界には、不安定な社会の影響で衣食住がままならず、仕事もない環境下にいる人がいるということを忘れずに、平穏な日々に感謝することで会社に行きたくないという気持ちも静まるでしょう。

 

補足説明!

ポイント

看護師として働く中で、日々不満に感じることもあると思いますが、自分の自由意思で生きていける社会に所属し、毎日を過ごせることは何よりも幸せなことだと感謝してみることをおすすめします。

 

2.そこで勤務している意義を思い出す

勤務している意義を思い出す女性

看護師が仕事に行きたくない場合は、そこで勤務している意義を思い出すことをお勧めします。

以下で詳しく説明していきます。

 

目標を再確認する

1年単位の短期・数年単位の長期目標を立てている人は、その目標を再確認すると良いでしょう。

1年は、ぼーっとしていると時間だけが過ぎてすぐ次の年になってしまうため、目標達成のために月・週単位のスケジュールを立て1日1日を無駄にせず、できることを始めてみてください。

 

人助けという貴重な仕事という意識

看護の仕事は、ただ職場に行って業務をこなすだけでも直接的・間接的関わらず人の健康維持に役立っています

そのため、人助けができる貴重な仕事という意識を持つことが大事です。

 

自分の仕事が患者に影響を与えている

自分の知識を背景に口から紡がれる言葉と全身で示される態度は、患者に大きく影響を与えるということを意識することが大切です。

 

補足説明!

ポイント

患者の最終的な健康状態の結果は、日々の自分の看護も影響しているということも自覚しましょう。

 

3.どの職場でも多少の嫌なことはつきまとう

嫌なことが付きまとう女性

仕事に対して嫌だと感じることもあると思いますが、それは今の職場だけではなくどこで仕事をしていても感じることでしょう。

以下で詳しく見ていきます。

 

転職先の環境が悪い場合も考える

転職を考える看護師は、今の職場がベストではないと思うかもしれませんが、転職したらより環境が悪かったという場合もあるため、リスクは常に伴うことを心に留めておいた方が良いでしょう。

 

4.賃金を受け取っていることを思い出す

賃金を受け取っている事を思い出す女性

看護師は、看護という仕事を通して賃金をもらって生活し、賃金の大部分は看護のプロとして労働力を提供することで貰える対価です。

以下で仕事に行きたくない看護師は、賃金を受け取っていると考えることについて紹介していきます。

 

プロの仕事をすることが大切

看護師は、患者に不利益を与えず業務をこなすことにプラスして、医師・薬剤師・看護助手・介護士にはできない、プロとしての仕事をすることが大切です。

 

補足説明!

ポイント

対価を貰っている限り、プロフェッショナルとして仕事に携わる義務があることを忘れないでください。

 

5.仕事に行かずに何をしたいか考えてみる

仕事に行かずに何をしたいか考える女性

看護師が仕事に行きたくない場合は、仕事に行かずに何をしたいか考えてみることをおすすめします。

それでは、以下で詳しく説明していきます。

 

今日仕事に行かなかったらどうなるか

なんとなく仕事に行きたくない日は、「もし今日仕事を休んだらどうなるか」を考えてみてもいいでしょう。

考えた結果、「やっぱり行かないといけないな」となるかもしれませんし「仮病を使って休む」という結果になるかもしれません。

 

補足説明!

ポイント

1番大切なのは、仕事ではなく看護師自身であるため、真面目に通勤し続けている場合は時折休んでみても良いでしょう。

 

今の仕事を辞めたら何をしたいか

「看護師を辞めて違う仕事をやってみたい」「いっそのこと仕事をせずに暮らしてみたい」等、今の仕事を辞めたら何をしたいか考えてみるのも良いでしょう。

 

具体的な計画を立ててみる

今の職場が自分の方向性と違うと感じたら、具体的に次の計画を立てると共に、長期的な人生計画も立ててみて下さい。

 

補足説明!

ポイント

転職や仕事の中断が、その後の仕事人生にどう影響を与える可能性があるかを慎重に検討してから行動に移すことをお勧めします。

 

6.職歴が長いほど他分野への転職は難しくなる

職歴が長く他分野への転職を考える看護師

仕事に行きたくない看護師の場合、他分野への転職を考える際には考慮した方がいいことがあります。

それでは、以下で確認していきましょう。

 

どの分野にも長年携わってきた人がいる

たいていの場合、どの分野にも長年携わってきた人がいるため、仕事歴が長く年齢が高いほど医療と関係のない仕事への転職は不利になってきます。

 

ポイント!

ポイント

携わってきた時間の分だけ経験知もあり、新米には成し得ない仕事をするため、そういった方々と対等に仕事ができるようになるまでには、かなりの努力をすることが必要です。

 

専門性が高く経験が通用しない事も多い

看護を含めた医療の分野は専門性が高い分、他の分野へ同時に精通することは難しいです。

医療分野の風土はユニークで、他の分野に通用しないことも多々あり、苦労することが多いでしょう。

 

7.まとめ

看護師が仕事に行きたくない場合に考えることについて紹介してきましたが、いかがでしたか?

大人の幸せに影響する要因は、「衣食住が満たされる程度の資金」「周りとの温かい人間関係」「生きる目的を持つ」という3つが主に影響するという説があります。

この3つを満たすのは難しいことですが、自分自身がより幸せになるために立ち止まって考え、バランスをとってみてもいいのかもしれません。

仕事に行きたくないと思う時がある看護師は、是非参考にしてみて下さい。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
3位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

がん専門病院で勤務後、がん・緩和ケア分野リーダーシップコース修士課程を海外で修了。その後、年300件以上の在宅看取り件数のある在宅緩和ケアクリニックで勤務。施設訪問も経験あり。現在は臨床研究をメインに活動中。少子高齢化に伴う経済状況の悪化、医療崩壊を懸念中。
看護師になった後も、どう仕事をしていくか選択肢は幅広くあります。道の作り方は自分次第だと思っています。嫌なことも、迷うこともたくさんあると思うので、皆さんに少しでも役立つような情報を発信できればと思います。


カテゴリー:看護師の実情

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:アンネ
(公開日:)(編集日::2017年09月28日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。