著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

看護師が大変なことって何ですか?アンケート調査

kameko
看護師スタッフkameko
看護師が大変なこと

「看護師はどの仕事でも、大変だ!」というお声を耳にしますが、何が一番大変なことは何でしょうか。

夜勤でしょうか、医療ミスをしないことでしょうか、それとも患者の対応でしょうか。

働く看護師たちがどのように感じているか「看護師が大変なことって何ですか?」というアンケート調査を行いました。


パンダ君

看護師ってやっぱり大変なことが多いよね。


myicon

そうね、、私も大変だったわ・・・。今回は仕事にスポットを当てて、看護師に大変なことを調査したのよ。


パンダ君

やっぱりみんな大変なことは同じなのかな?さっそく見てみよう!

 

1.夜勤が大変なこと

夜勤が大変なこと

「看護師が大変なこと」で一番多かった看護師の回答は「夜勤」にまつわるものでした。

 

(1)夜勤が体力的にも精神的にも大変

看護師
しゃくやく「寝れない仕事は大変さが違う」
夜勤は患者の状態によって非常に大変です。

患者の状態が急変する時間帯は不思議なことに夜中・明け方が多いのです。

仮眠どころではなく、夜通し対応に追われることもあり付きっきりで監視を余儀なくされることもありました…寝れない仕事は、辛いです。

 

看護師
はるぽん「緊張感を休める暇がない」
深夜勤務でも休憩の取れないことは多々あり患者さんの急変に当たると、ずっと動きっぱなし、立ちっ放し、緊張感を休める間もありませんでした。

 

看護師
匿名「精神的にも肉体的にも大変」
私は二交代の病院で働いていますが、二交代での夜勤はとにかく長いです。次の日が明けで9時頃に帰れるとはいえ、約16時間病院にいるのは精神的にも肉体的にも大変でした。

 

看護師
匿名「体がきつい」
私は夜勤が一番大変だと感じました。

特に私は夜勤が体に合わず、夜中に起きておくだけでも体がきつかったです。

 

 

(2)夜勤は生活が不規則になるため大変

看護師
taka「不眠、便秘、肌あれ、月経不順、過食・・・」
私には夜勤が大変でした。三交代だったので、日勤をしてから数時間後にまた仕事に出てくるのはほぼ徹夜なので、体のリズムはかなり崩れていました。

不眠、便秘、肌あれ、月経不順、過食などありましたが、夜勤を辞めてからはほぼなくなりました。

 

看護師
匿名「とても不規則な生活になる」
夜勤は、とにかく生活が不規則になり一番大変です。

夜勤をする前も、後も、その日の夜勤のために、いろいろなことを調整しなくてはなりません。夜勤1回するのに、2日もその夜勤のために時間を調整する必要があります。

時間だけでなく、食事のタイミングやプライベートの時間も調整するので、とても不規則な生活になります。

 

看護師
匿名「夜勤が体に合わず不整脈になった」
夜勤のしずぎで最後は、不整脈がでてしまい、夜勤は体に合わないため辞めました。

私にとって夜勤は本当に大変でした。

 

看護師
いんちょん「生活習慣やホルモンバランスが乱れた」
生活習慣やホルモンバランスが乱れたせいもあって、日中は常に眠く、生理は乱れ、精神状態も不安定になりました。

 

看護師
匿名「年齢とともに、夜に起きる辛さは計り知れない」
やっぱり、夜勤がある不規則な生活は大変です。年齢とともに、夜に起きる辛さは、大きくなります。さらに、起きるだけでも辛い中、働かなくてはいけません。

 

看護師
ジュプン「万年睡眠不足」
出産後に病棟復帰した後も夜勤をしていたので、仮眠を取るともできないまま出勤し、明けて帰宅しても休むこともできなかったので本当に万年睡眠不足で辛かったです。

 

看護師
匿名「夜勤明けは気持ち悪い」
夜勤の長時間労働がつらいでし、大変です。

私は休憩時間に眠れないタイプなのでずっと起きてることが多く、明け方などは頭がぼーっとしてしまい気持ち悪くなります。

仕事が終わってそのまま寝てしまうと夜に起きてしまい昼夜逆転になってしまうため生活リズムを整えるのが大変になります。

 

(3)夜勤での看護師の仕事が大変

看護師
clover「少ないスタッフでの夜勤は大変」
私が病棟勤務で大変だと思うことは、夜勤です。夜勤中、少ないスタッフと同じ時間を過ごすことが時に大変さを招きます。

毎夜、何事も無く無事に終わるように重いながら仕事をしていました。

 

看護師
縄文縄子「誤薬事故や患者の転倒事故が起こりやすい」
看護師で一番大変なのは夜勤です。

なぜなら夜勤中は誤薬事故や患者の転倒事故が起こりやすいからです。

もちろん、自分からは事故がないように細心の注意をしていますが、あとは患者さん次第なところが多もので、本当に大変です。

 

看護師
匿名「緊急を要する患者が多い」
夜中に来院される方は、緊急を要する患者さんが多いです。

頭がスッキリしないまま、緊急に対応するストレスは相当なものです。

 

看護師
匿名「仕事の長さにぐったり」
結婚してから勤務した病院は2交代。

夜勤は夕方から朝までなので、その長さにぐったり。

 

2.職場の人間関係が大変なこと

職場の人間関係が大変なこと

女性が中心の看護師は人間関係の大変さがどうしてもつきまといます。

 

看護師
ER看護師はるちっち「合う合わないが大変」
先輩に嫌われてしまうと同じチームになった時など仕事にも支障がでることもあります。

また先輩のほうかま病棟内で人間関係ができているため、先輩のいうことのほうが信じられます。

そのため、さらに自分の立場が悪くなってしまうのです。そういった意味で、人間関係はとても大切です。

 

看護師
こむぎ「どこへ行っても人間関係は気を遣う」
なんといってもまだまだ女の世界である看護の職場…女性が20人以上も集まれば中には一癖二癖ある人は必ずいます。

それが上司ならなおのこと憂鬱…

看護師の仕事をしていて何が一番大変かと言われるとどこの病院に行っても人間関係には気を使います。

 

看護師
匿名「男性看護師は孤独で大変」
職場で男性看護師は私だけなので、噂話の標的にされたり強く当たられたりすることが多く心が折れそうになることがあります。

そのため孤独を感じることがあり、自分には病棟内で起こっている情報が届かなかったり、責任を押し付けられたりすることもあります。

 

看護師
mako「一度人間関係に壁ができると大変」
人間関係さえ良ければずっと働きたいと思える環境だったのですが、同僚が結婚した時に「裏切者」という言葉を聞いてしまい、「もう無理だ」と思ってしまいました…

 

看護師
あみーも「病院勤務で大変なのは、人間関係」
いろんな職種が一緒に働いてるので、それぞれの専門性を尊重しつつ、自分の意見も通さないと気が済まない看護師もいて、そういう看護師の対応だけで疲れてしまいます。

例えば、看護師の私が看護助手の方に仕事をお願いしても、「それは私の仕事じゃない」と言われ、お互いにギクシャクしてしまう時もあります。

 

看護師
たなごころ「人間関係が一番気を遣う」
日頃からコミュニケーションを円滑にしようとしていましたが、中には馬が合わない人同士が一緒の勤務になると、その仲を取り持つことが大変でした。

仕事がスムーズに捗るよう、当たり障りないように人間関係を保ったりその場の雰囲気を和ませるように気を遣って大変でした。

 

 

3.医療ミスをしないことが大変なこと

医療ミスをしないことが大変なこと

看護師は命を預かる仕事で神経を使います。

ベテラン看護師でも医療ミスしないことは大変なことです。

 

看護師
くるみん「ミスは絶対許されません」
ICUで勤めており、細かいinoutバランスを付けたり、バイタルサインもこまめに取ったり急変するのではないかという気持ちもあり気が休まることがありませんでした。

看護師の仕事は基本的にミスは許されませんが、私の業務はミスをしたら取り返しがつかないようなポジションでもあったのでとても大変でした。

 

看護師
匿名「一番大事なのは、とにかくミスをしないこと」
当たり前のようだけど、これがなかなか難しく大変。

命を預かる看護師という仕事のため、簡単なミスでも一歩間違えれば大変なことになりかねない。

 

看護師
匿名「観察を見落としたことで生命が危険にさらされる」
看護師の仕事は、患者の生命に直接関わる業務も多くあります。

常にミスをしないようにと考えて、気を張っていないといけないことが精神的に辛く大変です。

 

看護師
メイサ「ミスせず仕事することは大変」
ミスを起こすと、上司との面談やチームでのカンファレンスがあり業務量が増え、疲労が増しリスクがさらに上がります。

精神的に追い詰められる中でミスせず仕事することが、病棟看護師として仕事する上で大変です。

 

看護師
匿名「ベテラン看護師でも怖い」
特に病院勤務だと、日々何人もの患者を受け持ちながら、いくつもの業務をこなさねばならない。

忙しい中で、ミスをしないように気をつけることはなかなかベテランでも難しい。

 

4.委員会の仕事が大変なこと

委員会の仕事が大変なこと

看護師として働いていて委員会の仕事は避けられない大変なことです。

 

看護師
あおいロワイヤル「勉強会などの準備時間はサービス残業」
病棟会やチーム会、委員会、勉強会、必修研修、研究など、実務以外の時間外労働が本当に多くて、休みの日なのに病院に行かなければならないのが休み返上という気がして大変でした。

会議系は残業手当がつきましたが、勉強会などの準備時間はサービス残業ですし、それもモチベーションが上がりにくい原因だと思います。

無駄な会議を検証してもっと簡易的にしたり参加義務を謳わず議事録参照でOKなどにしていくべきだと思います。

 

看護師
りりぃ「残業代を申請することもできない」
私の病院では必ず委員会の仕事が割り振られますが、日々の業務が多忙なため業務時間内に委員会の仕事をすることは難しく、業務時間外にするしかありません。

全ての病院がこのようか状況ではないかもしれませんが、同じような環境の方も多いと思います。

 

看護師
匿名「書類や活動が増え、残業も・・・」
委員会に在籍すると日々の看護業務外でやらなければならない書類や活動が増え、残業も増えます。

所属する委員会と、その中での役職にも忙しさもマチマチですが大変でした。

 

看護師
ゆりか「モチベーションが維持できない」
委員会の仕事に関心を持って取り組めたり、得意なことを活かすことができれば良いのですが、私が働いていた病院は、上司からの指示によって担当する委員会が決定することが殆どでした。

私は、不得意な分野の担当に決まった時には、モチベーションの維持に苦労し、残業も加わってしまいました。

 

 

5.新人看護師の指導が大変なこと

新人看護師の指導が大変なこと

ゆとり世代、さとり世代、毎年様々な新人看護師が入職し、教育する看護師も大変なことです。

 

看護師
Anna「自分では考えられないような考えを持っているから大変」
ダイエットと称して16時間以上の勤務でも飲み物も食べ物も取らない子が、脱水で倒れた時に、上司から「なぜご飯を食べる様に指導しなかったのか」と怒られたり、白衣を洗濯に出すときにボタンをしめて欲しいと洗濯部から連絡があれば「ボタンをしめる様に毎回チェックしないのはなぜか」と副師長に怒られるなど、看護以外の新人指導が大変です。

 

看護師
クンクン「新人に対して求めすぎることがある」
新人教育は新人に仕事を教えるだけでなく、勉強の仕方や接遇、精神面のフォローなど多くの内容にパンクしそうになります。

現在の状況を説明し目標設定をして周りのスタッフの調和を考えるのが大変です。

 

看護師
ZERO「指導には責任をがあるため大変」
なにより大変なのが指導した新人がミスをした時先輩に指導についてダメ出しをされるのが辛いです。

それだけ指導するのは責任があります。

 

 

6.お局看護師の対応が大変なこと

お局看護師の対応が大変なこと

どの病院に行っても必ず看護師に立ちはだかるのがお局看護師です。

人間関係を以外で「お局看護師の対応が大変なこと」だと回答した看護師も多かったです。

 

看護師
nnn「お局に対してその日の関わり方を変えなければならない」
機嫌が良いときは雑談をしながら、悪いときは無駄口を叩かない、といった具合です。おかげさまで、患者の状態を判断するアセスメント能力は鍛えられたと思います。

 

看護師
匿名「自分の縄張りを作りたがるお局看護師は大変」
必ず病棟内で自分のお気に入りの若い看護師を見つけて可愛がり自分のグループを作りたがります。

そして何も文句が言えない弱い立場の若い看護師に向かって病棟内で気に入らない人の文句を言い自分のお気に入りの看護師がその人と仲良くしないように圧力をかけることもあります。お

局看護師同士も表面上の付き合いをしていることが多くドロドロしている関係性で面倒です。

 

看護師
匿名「お局看護師の対応は大変です」
お局看護師に嫌われてしまうと、日々の仕事にも支障が出てしまい、最悪退職に繋がってしまうケースもあります。

 

7.医師への対応が大変なこと

医師への対応が大変なこと

医師への対応は看護師が一番気を遣う大変なことではないでしょうか。

 

看護師
azuki「ものすごく気を遣う」
すべての医師がそうとは言えませんが、自分の気分で物や看護師に当たってきます。

他にもやることがたくさんあるのに、そんなことで気を使わないといけないところが大変です。

 

看護師
匿名「医師に依頼しづらく大変」
医師への対応が1番気を遣って気が重いです。

医師の機嫌が悪い時に当たられることもあり、依頼しづらい事があります。

特に、他科の先生とのやりとりの間に介入しなければならない時はすぐにやり取りができない事もあるし、お互いの言い分を言ってうまく話がまとまらない事もあって、それに巻き込まれ大変でした。

 

 

8.患者への対応が大変なこと

患者への対応が大変なこと

患者への対応を上げた看護師は少なかったですが、大変なことよりは悲しみや絶望感、無力感が近いのではないでしょうか。

 

看護師
スノーマン「やり場のない悲しみは辛い」
性格の問題なのでしょうが、私は感情移入しやすいため、終末期病棟勤務の際には、やり場のない絶望感や悲しみ、恐怖が常につきまとってしまい苦しかったです。

死を前にした患者を前に、自分に何が出来るか考えても答えが出ずに、いつも模索していました。

体験した事のない気持ちを共感する事は時には薄っぺらい言葉になってしまって、そのような時には特に看護師の大変さを痛感しました。

 

 

9.看護師が大変なことアンケート結果

看護師の大変なことをアンケート調査した結果は以下の通りでした。

看護師が大変なことアンケート結果

夜勤(不規則な生活) 37.8%
職場の人間関係 18.9%
医療ミスをしないこと 10.8%
委員会の仕事 10.8%
新人看護師の指導 8.1%
医師への対応 6.2%
お局看護師の対応 5.2%
患者への対応 2.2%

看護師として働いていてほとんど共感することができる大変なことでした。

看護師に限らず仕事は大変です。

ただ、看護師は命をあずかり、夜勤もあってその他の仕事より大変さが増すように感じます。

それでも看護師を辞めずにいるのは、看護師の仕事が皆さん好きだからではないでしょうか。体を壊さずに、一生看護師として働けたらいいですね。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。


カテゴリー:看護師辞めたい

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:kameko
(公開日:)(編集日::2017年11月23日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。