著作者

Omura

正看護師

Omura

( 看護師 )

泌尿器科へ転職する看護師が知りたいこと!女性看護師は働きづらいって本当?

Omura
正看護師 Omura
泌尿器科へ転職する看護師が知りたいこと

泌尿器科というと、下の世話や、感染症といったイメージもあるかもしれません。

しかし、排泄は人間の基本的欲求に関わる部分であり、患者自身も口に出すのも恥ずかしいと思って来院してくる患者もいます。

また、前立腺肥大などは、高齢男性の誰もが起こりうる疾患であり、前立腺癌は男性の罹患する癌としては、胃癌、肺癌に次ぐ数になります。

女性看護師だからこそ必要とされている科でもあり、女性看護師ならではの細やかな気配りとコミュニケーションが、患者が安心して治療を行えると思います。

私が東京都内の都立系総合病院で4年勤務していた際に、体験した泌尿器科での看護師の仕事内容や身に付くスキル、これから転職を考えている看護師の方へのQ&Aなどをまとめています。

是非看護師転職や部署異動の際に役立ててください。

1.私(看護師)から見た泌尿器科の「特徴」とは

私(看護師)から見た泌尿器科の「特徴」

私から見た、泌尿器科の特徴をご紹介します。

泌尿器科は皆さま(看護師)のイメージ通り、他の診療科より少し特殊な特徴があります。

 

特徴(1)患者は男性がやはり多い

泌尿器科では、排尿に関わる領域と、生殖器に関わる領域を扱います。

生殖器といっても女性生殖器は婦人科で診るため、必然的に患者は男性が多くなります。

 

高齢の男性患者も多く術後せん妄も起こる

泌尿器科は高齢の男性患者が多く、術後せん妄(手術をきっかけにしておこる精神障害)が起こる確率も高いです。

泌尿器科病棟で看護師として働いていた時に、夜中に手がつけられない状態になり、医師に指示を仰ぐこともありました。

 

特徴(2)泌尿器科で扱う領域、疾患は多岐に渡る

泌尿器科では主に腎臓、尿管、膀胱、尿道、陰嚢、精巣、前立腺に関わる疾患を扱います。

代表的な疾患は、

  • 膀胱癌
  • 前立腺癌
  • 副腎癌
  • 精巣癌
  • 前立腺肥大症
  • 腎盂腎炎
  • 尿路結石
  • 水腎症
  • 包茎

などですが、私が泌尿器科に勤務していた時は、尿管への異物混入といったものもたまにありました。

 

泌尿器科の看護師は外科系看護が多い

男性が年齢を重ねると、前立腺肥大症になる患者が多く、排尿困難になると、前立腺切除術を受けます。(前立腺癌、膀胱癌も非常に多い疾患です。)

前立腺肥大症、前立腺癌、膀胱癌の手術療法はどこの病院でも扱う件数の多い治療法です。

前立腺肥大症、前立腺癌、膀胱癌の手術は、経尿道的に行われることも多く、手術侵襲が低く、入院から退院までのサイクルが早いのも特徴です。

 

腎臓内科と連携した、腎移植や透析看護

私が勤務していた病院では、腎移植患者や慢性腎不全での透析療法を受ける患者も泌尿器科で診ることもありました。

 

特徴(3)一般的には男性看護師が多い、医師も男性医師が多い

泌尿器科は男性の患者が多く、男性器などのデリケートな部分も扱うため、男性看護師の配置が多いとされています。

しかし、私が勤務していた病棟では男性看護師は1人でしたが、患者が同性スタッフとの相談を希望することもあり、男性看護師の存在はとても助かるものでした。

そのため、泌尿器科は男性看護師が多く、医師も男性が多い傾向にあります。

 

患者が羞恥心を感じやすい

泌尿器科は排泄、生殖器に関わる疾患であり、入院してくる患者も、女性の看護師に、症状について話すことや、診られること、疾患に罹患したこと自体に羞恥心を感じる患者もいます。

看護師による、羞恥心に配慮した気配りや、コミュニケーションが、患者が安心して治療を受けられることにつながります。

 

2.泌尿器科で働く看護師の仕事内容とスケジュール

泌尿器科で働く看護師の仕事内容とスケジュール

私が泌尿器科病棟で勤務したときの1日のスケジュールと看護師の仕事内容について説明していきます。

8:30~ 【病棟全体申し送り】
(重症、要注意患者、術後患者について)
・一般状態に加え、尿量や尿性状の変化についても申し送り
8:45~ 【チームごとのウオーキングカンファレンス】
・患者のベッドを回り、日勤へ担当交代の挨拶
・チーム全員で術創部、ドレーン、ウロストミー、膀胱留置カテーテル、点滴の確認
8:50~ 【医師回診】
・手術患者の包帯交換介助、膀胱留置カテーテル抜去、離床などの指示受け
9:00~ 【受け持ち患者ラウンド】
・検温、点滴交換、術後の清拭、陰洗、初回歩行実施
・その日の手術準備、ルート確保、手術着更衣、弾性ストッキング着用
・検査出し等
10:00~ ・抗がん剤準備、投与
10:30~ ・オペ出し
・手術室入室申し送り、手術後ベッド準備
10:45~ ・予定入院患者入院受け
・入院オリエンテーション、手術オリエンテーション実施
・術前検査出し・手術準備
・手術着、腹帯、弾性ストッキング準備
・患者への悌毛実施
11:30~ ・看護師が交代で昼食休憩
・昼食前準備、血糖値測定、インスリン投与、食前薬投与
12:00~ ・昼食介助、内服薬投与
12:30~ 【ラウンド】
・尿量確認、点滴、化学療法スケジュール確認
13:00~ ・手術迎え、術後処置。術後バイタルサイン測定。創確認
・指示時間ごとのInOutバランス確認
13:30~ 【ショートカンファレンス】
・病棟全体で重症要注意患者の情報共有
・退院支援、看護問題カンファレンス実施
14:00~ 【緊急患者入院受け入れ】
・癌治療通院している患者の体調悪化
・尿管ステントを挿入している患者の血尿
・結石による急激な腹痛
・異物混入による緊急手術
などにより緊急入院してくる患者の受け入れを行う
15:00~ ・カルテ記載を行いながら、手術迎え
・術後バイタルサイン測定
・術後の観察。点滴交換等実施
16:00~ ラウンド
16:45~ 夜勤者への申し送り
17:15~ 勤務終了

以上が泌尿器科で働いた時の看護師の日勤での1日です。

夜勤は以下を確認してください。

▼泌尿器科の看護師夜勤の1日スケジュール
16:30 情報収集
16:45 日勤者からの申し送り
16:50 ウオーキングカンファレンス
17:00 夕食休憩
17:30 【医師夕方回診】
・包帯交換介助、指示受け
18:00 夕食前準備、血糖測定、インスリン投与、食前薬投与
18:30 夕食介助
19:15 【ラウンド】
・検温、点滴交換、手術後経過観察
・初回離床
20:30 ・翌日手術、検査準備
・患者への下剤、前投与薬投与
21:00 消灯
21:15 ・カルテ記載
・翌日点滴準備、翌日手術患者カルテ、検査項目確認
23:00 【看護師が交代で休憩】
・ナースコール対応
・緊急入院対応
24:00 ・InOutバランス確認
・畜尿確認
・点滴交換
・ナースコール対応、緊急入院対応
5:00 ・交代で朝食休憩
6:00 【ラウンド】
・検温、採血、検尿、点滴
・手術前準備、浣腸、ルート確保、前投薬投与
7:30 朝食前準備、血糖測定、インスリン投与、食前薬投与
8:00 朝食介助
8:30 日勤者への申し送り
8:45 カルテ記載
9:15 勤務終了

それでは、主な泌尿器科看護師の仕事内容について説明していきます。

 

(1)患者の手術前後の看護

泌尿器科では前立腺肥大症、前立腺生検、前立腺癌、膀胱癌の手術件数は多く、疾患・術方式に合わせた周手術期の看護は、看護師の大きな役割であり仕事内容です。

術方式は、疾患により開腹、鏡視下、経尿道的手術で行われ、麻酔も全身麻酔、腰椎麻酔などに合わせて術後看護を行います。

 

尿路ストマ

膀胱腫瘍などにより、尿路変更術を行い、人工膀胱を造設する患者おり、尿路ストマの管理や指導も行います。

人工肛門に比べると、泌尿器科以外でみることが無い場合もあり、よい経験になります。

 

IN OUTバランス計測

術後、疾患や状態によっては1時間ごとのIN OUTバランスを計測する場合もあり、かつ、膀胱灌流を行うこともあるため、IN OUTバランスの計測も看護の役割になります。

 

 疼痛コントロール

前立腺癌、膀胱癌は骨転移も多く、疼痛コントロールのために入院してくることも多々あります。

麻薬の使用についても主治医やペインコントロールの専門医と相談しながら導入、量調整を行っていくことも多いです。

 

(2)化学療法の看護

患者の手術後、化学療法に移行したり、放射線療法とともに選択される治療法です。

看護師が入院化学療法が行われる際に、抗がん剤スケジュールに合わせて投与し、副作用出現時の看護介入を行います。

 

看取りの仕事も多い

癌治療を行ってきたが、在宅ではなく、最期まで病院で治療を行うことを選択し、亡くなる患者を看取ることも泌尿器科の看護師として多くあります。

 

3.働いて感じた泌尿器科で身に付く看護師のスキル

働いて感じた泌尿器科で身に付く看護師のスキル

泌尿器科に入院している患者は、疾患の部位上、羞恥心を感じやすく、女性看護師に言いたいこと、聞きたいことを聞けないということもあり、女性看護師が処置する際に、意図せず興奮させてしまうこともあります。

また、異物挿入などの場面に遭遇することもあります。

そのため、泌尿器科で働く看護師は冷静でありながら、羞恥心に配慮したコミュニケーションをとることが、できるようになってきます。

私が泌尿器科の看護師として働いた経験を元に、身に付く看護スキルについてご説明します。

 

(1)導尿、尿管カテーテルの挿入

泌尿器科で働く看護師は、導尿を行うことや、尿管カテーテルの挿入を行う機会が必然的に多くなります。

そのため、導尿、尿管カテーテルの挿入のスキルは向上します。

 

補足説明!

ポイント

一方で、前立腺肥大や、前立腺癌、膀胱癌があると、尿管損傷や、出血のリスクが高く、私が働いていた病院では、そのような患者に対しては、医師が挿入していました。

 

(2)尿路ストマの管理指導

泌尿器科で働く看護師は尿路変更術を行った患者が在宅へ帰る際に、自己管理できるよう指導を行う必要があります。

膀胱、尿管、腎臓によって種類も異なり、他科では経験できない看護師としての知識が身に付きます。

 

(3)看護師として外科看護の経験が増える

泌尿器科で働く看護師は開腹、鏡視下などは他の外科でも経験しますが、経尿道的手術は泌尿器科、婦人科での経験になりスキルが身に付きます。

同時に、灌流液による持続膀胱洗浄や、In Outバランス計算にも強くなります。

 

(4)透析療法、腎移植、抗がん剤治療

病院によっては透析と連携していたり、腎臓内科と連携しているところもあります。

私が勤務していた病院でも、腎臓内科病棟が満床になると、慢性腎不全患者、透析導入患者が泌尿器科に入院してくることはよくありました。

また、腎移植に泌尿器科医師もチーム介入しているため、腎移植ドナーや、レシピエントの受け入れも行っていたため、非常に大きな知識経験になりました。

さらに、泌尿器科疾患の抗がん剤内容、スケジュール、経過のたどり方、副作用出現時の看護の勉強になります。

 

4.女性看護師が気になる泌尿器科でのQ&A

女性看護師が気になる泌尿器科でのQ&A

泌尿器科に配属になった、泌尿器科に転職を考えている看護師の方の気になる部分をQ&A方式で説明していきます。

是非転職の参考にしてみてください。

 

Q:女性看護師は泌尿器科だと働きづらいものなのでしょうか?

「私自身は、泌尿器科が看護師にとって他の科より働き辛いと思ったことはありません。」

 

昔は、泌尿器科というと、感染症のイメージが強かったこともあります。

しかし現在は泌尿器科疾患は多岐に渡っており、前立腺癌などはロボット支援手術など最先端の治療も主流になってきており、非常にやりがいの大きい科だと思います。

しかしながら、患者は男性患者が多く、婦人科病棟とは全く異なる雰囲気であることは確かです。

また、どうしてもデリケートな部分は男性医師に相談しなければ解決できないこともあり、女性看護師であることの無力感を感じることもあるかもしれません。

 

補足説明!

ポイント

新人で入ったり、婦人科、整形外科といったところから異動すると、違和感を覚えることはあるかもしれませんが、慣れると、人間の基本的欲求である排泄に関わる看護は、おもしろいものです。

 

Q:女性看護師だからこそ「気まずい」思いをすることは多いのでしょうか?

「気まずい思いをすることはありますが、慣れるとコミュニケーションと手技が身に付くので安心してください。」

 

例えば包茎の手術で入院してきた若い患者からは、「こんなに若い看護師が担当するとは思わなかった。男性か、せめておばちゃん看護師に担当をしてほしい。」と言われたことは何度もありました。

そのときは、それが病院の取るべき配慮というものなのかと、申し訳なく思うこともありました。

また、慣れないうちは、陰部洗浄や、処置するだけで、男性器が意図せず反応してしまうことがあり、気まずい思いをすることはありますが、慣れると次第にきを紛らせるコミュニケーションや、手技が身に付いていきました。

 

Q:泌尿器科で女性看護師がセクハラに遭うという噂は本当ですか?

「泌尿器科の看護師だから特別セクハラに遭うと感じたことはありません。」

 

整形外科にいても、内科にいても、患者からセクハラのようなことを言われたり、若い女性看護師をからかう患者はおり、他科と変わらないように思います。

病院の外の世界では、泌尿器科で働いていると言うと、何を言っても大丈夫なのではという偏見はあるかもしれません。

 

まとめ

他の診療科に比べ泌尿器科は患者に取ってとても需要が高いといえます。

泌尿器科特有の仕事内容を十分理解した上で看護師としての転職を決めることをオススメします。

この記事を読んでいただいて少しでも泌尿器科で働く看護師のイメージをつかんでいただけたら嬉しいです。

記事の内容に関しては、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用をお願いいたします。


看護師になる前は別の分野の仕事についていましたが、体力的に、年齢を経たら難しいと考え、看護の道を選びました。

東京都内の都立系総合病院で4年勤務した後、美容クリニックや住居付き有料老人ホームなどで働き、また派遣看護師としても様々なジャンルを経験しました。

現在は長野県の病院で病棟勤務を行いながら、看護師ライターとして活動中です。転職をされる方のお役に立てる情報を発信できるように頑張ります。

看護師としての経歴

保有資格 ・看護師
年齢 ・長野県/37歳
職務経験 ・総合病院・美容クリニック・住居付き有料老人ホーム・介護老人保健施設
・特別養護老人ホーム・イベントナース・訪問入浴サービス
診療科経験 ・消化器外科・泌尿器科・整形外科・婦人科・デイサービス

看護師転職サイトの口コミ評価

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】

カテゴリー:看護師に人気の科

(公開日:)(編集日::2018年03月05日)

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。