看護師の確定申告って?副業・派遣・単発・バイトで必要なの?

看護師の確定申告って

看護師として確定申告を行う時期に近づいてきました。

看護師のダブルワークや副業、派遣や単発バイトで確定申告が必要になるケースがあり、初めて確定申告を行う方に向けて、看護師が知りたい確定申告の内容を掲載しておきました。

是非確認してください。

※以下は一般的な税務内容を国税庁の内容から抜粋しており、個別具体的な税金の回答は税法上行うことが出来ません。金額が大きい場合などは、税理士に相談しましょう。また、詳しい確定申告の方法などは国税庁のホームページで確認しましょう。

【特集】看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

看護師の3人に1人は転職に不満足で<p>失敗!?成功するために! 転職を検討している看護師の方必見です。転職を成功するためには何が必要でしょうか。「転職が失敗した」「転職後にすぐに退職してしまった」「転職が不満足に終わった」などの回答をいただいた看護師に、失敗のポイントとは?

看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

1.そもそも確定申告って?看護師なら知っておこう

そもそも確定申告って

確定申告とは、1年間の売上にかかる所得税の申告を国(税務署)に行うことをいいます。

  • 1年間の売上:1月1日から12月31日までの売上
  • 申告時期:翌年の2月16日~3月15日までに国(税務署)に申告

さらに確定申告に詳しくは、国税庁の平成28年の確定申告特集「初めて確定申告される方へ」を確認してください。

 

病院や施設などの勤務は所得税は給与天引き

病院や施設などに勤務している看護師の場合は、毎月の給与から所得税が引かれています

また、病院側が年末に所得税の調整(年末調整)を行い、払いすぎた分の所得税が少し返ってくるケースもあります。

そのため、確定申告とはあまり縁がない看護師が多いのではないでしょうか。

 

2.年末調整があれば看護師の確定申告はいらない?

年末調整があれば看護師の確定申告はいらない

「年末調整」を病院側が行う場合は、看護師の手元に源泉徴収票が発行されます。

そのため確定申告は不要になります。

つまり、源泉徴収票があれば、確定申告は必要ありません。

ただ、以下の場合は税金が安くなるため、確定申告を行う方もいます。

  • 医療費がたくさんある看護師

などは年末調整時に提出することが出来ないので、自分で行う必要があります。

その他、確定申告が必要な看護師は以下の通りです。

 

3.看護師で確定申告が必要な人ってどんな人

看護師で確定申告が必要な人
フリーランスの看護師●年間で得た収入-必要経費=所得38万円以上の場合
確定申告が必要になる
公的年金を貰ってる看護師●公的年金受給額-控除額=マイナスにならない場合
確定申告が必要になる
勤務先以外にも収入がある看護師
(副業など)
●年末調整がなく年間20万円を超える副収入がある場合
確定申告が必要になる
2か所から給与を貰っている看護師
掛け持ち(ダブルワーク)
●2か所以上の勤務先から源泉徴収票が2枚ある場合
確定申告が必要になる
株などや不動産収入がある看護師●これは看護師に関係なく確定申告が必要です
年収2,000万円以上の看護師●実際にいるのでしょうか・・・?
訪問看護ステーション経営ぐらいでしょうか。

上記のような場合には、確定申告が必要になります。

以下で「フリーランスの看護師」「副業を行っている看護師」「ダブルワークをしている看護師」等について詳しく説明します。

 

(1)フリーランスの看護師は確定申告が必要

フリーランスで働いている看護師とは、どこにも雇われていない看護師です。派遣看護師はフリーランスの看護師に該当しません。

つまり、病院や施設から直接銀行振込などで外注を受けている場合です。

 

確定申告が必要な例

  • 月30万円病院側から振り込みを貰っている
  • 交通費やナース服などの諸経費は月5万円
  • 扶養者なし

上記の場合には、

  • 年間:360万円の売り上げ
  • 経費:60万円
  • 控除:基礎控除38万円

となります。

控除に関しては、以下で詳しく説明します。

そのため、

360万円-60万円―38万円=所得162万円

となり、所得38万円以上となるため、確定申告が必要です。

知り合いなどの元で、フリーランス看護師として働いている場合は、少し働くと確定申告が必要になるので注意しましょう。

年間の売上は請求書や銀行口座などから、自分で計算をする必要があるので、注意しましょう。

 

(2)副業をしている看護師は確定申告が必要

副業をしている場合はとは、病院に勤務していますが、看護師ライターとして副業をしている場合などです。

 

副業をしていて確定申告が必要な例

  • 病院勤務で年収500万円ある
  • 看護師ライターとして月2万円の収入がある

上記のような場合、

看護師ライターの年収は、年間24万円となり、年間の売上金額が20万円以上を超えるため確定申告が必要になります。

 

副業を行っている会社によっては、明細が出ない場合と、「支払調書」という年間の売上を書いた書類を出してくれる2パターンありますので確認しましょう。

明細が出ない場合は、請求書や銀行などで年間の売上を計算する必要があります。

 

業務連絡!

ポイント

※当サイトの看護師ライターの方は「支払調書」を2月初旬に発送いたします。ご安心ください。

 

(3)掛け持ち(ダブルワーク)をしている看護師は確定申告が必要

掛け持ち(バイト・ダブルワーク)をしている場合や派遣会社を2つ以上利用している場合は確定申告が必要になります。

2社から受け取る源泉徴収票を合わせて申告する必要があるためです。

 

掛け持ち(バイト・ダブルワーク)をしていて確定申告が必要な例

  • A病院または施設、B病院または施設で勤務しているケース

上記が掛け持ち(バイト・ダブルワーク)となります。

 

(4)看護師単発バイトをしていて確定申告が必要な場合

看護師の単発バイトをしている場合は「掛け持ち」なのか「単発バイト」のみなのかで、少し違います。

基本的に源泉徴収票が出るかどうかが「単発バイト」で申告が必要かどうかが決まります。

単発バイトのみで
源泉徴収票が出る場合
確定申告不要
単発バイトのみで
源泉徴収票が出ない場合
フリーランス看護師と同様
掛け持ちの単発バイトで
源泉徴収票が出る場合
確定申告必要
掛け持ちの単発バイトで
源泉徴収票が出ない場合
年間20万円以上であれば確定申告必要

以上となります。

「単発バイト」の形態がアルバイトかフリーランス看護師かによって変わるので注意しましょう。

 

(5)看護師派遣(単発・短期・中期以上)をしていて確定申告が必要な場合

単発や短期の場合は、従業員扱いにならないケースがあり、副業と同じになる可能性があります。

 

看護師派遣で単発・短期の場合

源泉徴収票が派遣会社から発行される場合確定申告不要
源泉徴収票が派遣会社から発行され、
他の病院でも働いている場合
確定申告必要
派遣から源泉徴収票が出ない場合
(外注扱い)
年間38万円を超える場合
確定申告必要
派遣から源泉徴収票が出ない場合でかつ
他の病院で働いている場合
派遣からの金額が年間20万円以上の場合
確定申告必要
派遣会社を2か所以上使っており
源泉徴収票が出る場合
確定申告必要
派遣会社を2か所以上使っており
源泉徴収票が1社のみ出る場合
もう1つの派遣会社の金額が
年間20万円以上の場合は確定申告必要
複数の派遣会社ともに
源泉徴収票が出ない場合
年間38万円を超える場合
確定申告必要

少しややこしいですが、上記のパターンだと思われます。

派遣会社は通常、源泉徴収票を出しますが、「派遣」だと看護師の方が思っているだけで外注(フリーランスの看護師)の場合もあるので注意が必要です。

源泉徴収票が出るか、出ないのかで判断しましょう。

 

中期以上の看護師派遣の場合

中期以上の看護師派遣の場合は、派遣会社と契約を交わしていれば源泉徴収票が出るはずです。

そのため、常勤で病院に勤務しているのと変わりません

派遣会社をA派遣会社、B派遣会社ともに利用し勤務しているケースなどは、上記の表を確認してください。

派遣会社が1社の場合などは確定申告は不要になりますが、源泉徴収票が出るかどうか、確認することをお勧めします。

 

4.看護師が利用できそうな控除(こうじょ)について

看護師が利用できそうな控除
控除(こうじょ)とは、この場合「所得控除」のことを指します。所得から一定の金額から差し引くことを言います。

また、売上から経費を引いた状態の所得です。

給与明細を貰っている場合(年末調整済みの場合)は、すでに給与所得者控除(サラリーマンの一定額の経費みたいなもの)というものがあり、引かれています。

看護師が使えそうな控除を以下表でお伝えします。

年間10万円分以上医療費を使ったら・医療費控除
生命保険に入っていたら・生命保険料控除
・地震保険料控除
ユニセフなどに寄付をしたら・寄付金控除
母子家庭(シングルマザー)なら・寡婦控除
シングルマザーで子供がいたら・扶養控除
・勤労学生控除
夫(妻)が働いてない、
または年間103万以下のバイトならば
・配偶者控除
・配偶者特別控除
障害者手帳があれば、
または障害者手帳がある人が扶養ならば
・障害者控除
国民健康保険を自分で払っているなら・社会保険料控除
頑張って家を買ったなら・住宅取得控除
看護師なら(人なら)誰でもついている・基礎控除

などの控除を利用することが可能です。

控除額は各所得控除によって違います。詳しくは国税庁のホームページ:所得金額から差し引かれる金額(所得控除)を確認してください。

 

まとめ

看護師の働き方も多様化し、夜勤のバイトや派遣、ダブルワークや副業など看護師資格を活かしながら働く場所はたくさんあります。

税金を納めるのは国民の義務ですね。

そのため、年間の所得税を収める確定申告は理解し、行いましょう。

看護師の口コミでランキング

看護師転職サイト口コミランキング

1位  ‣看護のお仕事
【全国対応】【求人12万件以上】
2位  ‣ナースではたらこ
【全国対応】【担当質高・求人数高】
3位  ‣マイナビ看護師
【全国対応】【担当者質高】
4位  ‣ナース人材バンク
【全国対応】【求人数高】
5位  ‣ナースフル
【全国対応】【コンサル高】

 

はたらきナース

監修者

亀岡さくみ看護師
監修 亀岡さくみ看護師
  • 2011年3月:日本赤十字看護学校卒業
  • 2011年3月:看護師免許取得
  • 2011年4月:日本赤十字医療センター入社(3年間勤務)
  • 2015年3月:株式会社peko勤務
  • 2015年4月:はたらきナース監修

現在は、今までの経験を活かし「はたらきナース」を執筆・監修を行っています。

この記事は「」さんが執筆しました。

運営会社 ・記事等に関する問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。