著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

看護師の働き方は多様!今の自分に合っているのは?

kameko
看護師スタッフkameko
看護師の働き方は多様

現在看護師が働くことのできる場所は、病院やクリニックだけでなく、様々な分野があります。

そのため、多くの看護師が自分にとってもっといい働き方があるのではないかと悩んだ経験があるのではないでしょうか。

そこでこのページではそれぞれの状況に合わせた、看護師におすすめの働き方と職場をご紹介していきます。

1.子持ちの看護師の働き方

子どもと女性看護師

子持ちの看護師が働く場合、以下の条件が重要視されるのではないでしょうか。

  • 定時で上がれる
  • 子供との時間がしっかり取れる
  • 子熱の急な休みにも対応してもらえる

こちらを踏まえ、子持ちの看護師には以下の働き方を推奨します。

 

(1)総合病院の病棟で短時間正職員として働く

子持ちの看護師が病棟で短時間正職員として働けば

  • 短い時間しか働けなくても看護スキルは落ちない
  • 保育園のお迎えの時間を考慮して働く時間帯を選択できる
  • 残業は「してはいけない」ため、必然的に免れる
  • 一番人が多い日勤帯で働くため、子熱などの急な休みでも嫌な顔をされない

という、メリットが得られます。

また「正職員」という立場ですので、もちろんボーナスももらえます。もし今勤務している病院で短時間正職員制度が導入されているようでしたら、転職などせずにこの制度を利用できないか師長に相談してみてください。

詳しくは「短時間正職員制度を看護師が利用するメリット・デメリット」の記事もチェックしてみてください。

 

短時間正職員の看護師は、臨機応変に動けるタイプではないと、病棟でフルタイムで働いている他の看護師から疎まれる可能性もあります。

そのため、ある程度臨床経験のあるオールマイティな看護師が重宝されることを念頭に置いておきましょう。

 

(2)総合病院の外来看護師として働く

総合病院の外来パート求人は、子持ちの看護師にとても人気が高い職場です。

その要因としては

  • 夜勤がない
  • カレンダー通りの勤務ができる
  • 残業が比較的少ない

といった点にあるでしょう。

ただ、外来看護師は少ない人数でまわしているため、突発的な休みに対してはあまり寛容ではなく、まだ子供が乳児のうちは、避けた方が無難かもしれません。

 

外来の看護師求人は少ない(特に地方)

注意しなければならないのは、外来だけで働ける看護師求人は非常に少ないという点です。

特に地方の場合は尚更のことです。

そのため、もし地方で外来の看護師求人を見つけたいのであれば、いち早く1~2社の看護師転職サイトに登録し、腰を据えて情報収集していくようにしましょう。

 

(3)介護施設でパートとして日勤のみ働く

昨今、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、デイケア・デイサービスなどの介護施設における看護師求人は無数にあります。

そのため、ある意味「選びたい放題」ではあるのですが、子持ちの看護師であればパートとして日勤のみ働くのがベストでしょう。

なぜなら介護施設は看護師の人数が少ないため、正職員で働くと責任が重くなってしまい、必然的に残業も増えてしまうからです。

 

ブランクがあっても安心して働ける

ママ看護師の中には、出産を機に「ブランク」が出来てしまった人もいるでしょう。

そういった場合でも、医療行為が少ない介護施設であれば安心して働くことができます。

臨床現場に戻ることを躊躇するママ看護師の、社会復帰の第一歩としても非常に適した働き方だと言えます。

 

2.シングルマザーの看護師の働き方

シングルマザー看護師と子ども

シングルマザーの看護師の場合「一家の大黒柱としてしっかり稼げて、子供と一緒にいれる時間を沢山持てる働き方がしたい!」というのが本音ではないでしょうか。

この願いを叶えてくれるのが以下のような働き方です。

 

(1)母子寮(託児所付き)のある病院でフルタイムで働く

大手のグループ病院には、母子寮(24時間体制の託児所付き)を併設しているところがあります。

この母子寮に住みながら働けばどんなに子供が小さくても、夜勤ありのフルタイムで働くことができ安定した収入を得ることができます。

 

家賃が浮いた分「貯蓄」にまわせる!

母子寮に住めば一般のアパートに住むよりは家賃もかなり浮かせられるため、その分貯蓄もしっかりできるのではないでしょうか。

詳しくは「看護師が母子寮のある病院へ転職する際のポイント4つ」の記事も確認ください。

 

(2)夜勤専従看護師で常勤として働く

夜勤専従看護師の常勤であれば、病院でフルタイムで働くよりも更に多くの給料が期待できます(中には、年収600万円を超えている看護師もいます)。

また夜勤専従として働ければ、「明け」の日が増えるため、子供との時間も十分にとることができます。

 

夜勤専従看護師の場合、急な休みに対応してもらうのは不可能に近いです。

そのため、の働き方は自分の両親などが万全にサポートをしてくれるなどの状況でなければ、なかなか厳しいでしょう。

 

3.妊娠中の看護師の働き方

妊婦

妊娠中の看護師の場合、あまり身体に負担はかけられませんから、一緒に働く人達にある程度気を使ってもらわなければなりません。

また、妊娠初期の頃は特に、出来るだけ心身共にストレスがかからないよう気を付けていく必要があります。

 

妊娠前と同じ職場で働き続ける

上記の事を踏まえると、妊娠中の看護師の働き方として一番いいのは、妊娠前と同じ職場で働き続けることです。

なぜなら、自分のことをよく知っている人達の中で慣れた業務をこなし続けることで、心身のトレスを極力減らせるからです。

そしてもちろん他の看護師達は、自然とあなたのことを気遣ってくれるはずですし、あなた自身もよく知っている人達であれば「頼りやすい」でしょう。
 

忙しすぎる職場の場合は師長に相談してみよう

妊娠前の職場あまりにも忙しく残業も多いようでしたら、一度師長に相談してみましょう。

師長としてはスタッフを守る義務がありますので、夜勤を減らしてくれたり業務負担を軽減してくれたりなど、何かと配慮してくれるはずです。

 

注意点!

ポイント

「妊娠したら楽な職場へ転職しよう」と安易に考えている看護師が多いですが、転職活動自体も転職後に新たな環境で働くのも、十分ストレスになりえることを忘れないでください。

 

4.不妊治療中の看護師の働き方

妊活中の女性看護師

 

不妊治療と仕事を両立させるのは意外と難しく、不妊治療を機に退職する看護師も大勢います。

もし経済的な事情などで、不妊治療中も働き続けなければならないのであれば、以下のような環境で働くようにしましょう。

 

(1)不妊治療に理解のある上司の元で働く

不妊治療中は体調が安定しませんし、場合によっては頻回に通院しなければならないため、不妊治療に理解のある上司でなければ仕事と両立することは困難です。

もし、あなたの今の職場の上司が不妊治療にあまり理解がないようであれば、ここはいっそのこと転職してしまった方がいいでしょう。

 

看護師転職サイトに相談してみよう

ただ、自力で不妊治療に理解のある上司を見つけるのは困難ですよね。

そのため、ここは看護師転職サイトの担当者に相談するのが一番の近道だと言えます。

 

(2)体外受精の場合は時間に融通が効かせられる職場で働く

特に体外受精の場合、不妊治療クリニックからいつ呼び出しがかかるか分かりません。

そのため今後、体外受精も視野に入れているのであれば、時間に融通が効かせられる職場で働くことは必須です。

もし今の職場が、ある程度時間の融通が効かせられるのであれば、下手に転職などしないでください。

どうしても転職しなければならない場合は、先ほども述べた通り、転職サイトに相談して職場を見つけてもらうようにしましょう。

 

5.転勤族の夫を持つ看護師の働き方

男性

転勤族の夫を持つ看護師の場合は、派遣の仕事や在宅で出来る仕事で働くと良いでしょう。

 

(1)単発アルバイトを掛け持ちして働く

デイサービス・デイケアや検診センターや訪問入浴など、派遣看護師の単発アルバイトは常に求人が沢山あります。

また派遣の単発アルバイトは、比較的給料も良く時給が2000円以上もらえるものもあります。

スケジュール調性は大変になりますが、こうした単発アルバイトを掛け持ちすれば、常勤として働かなくてもある程度まとまった収入を得ることができます。

 

扶養内で働く看護師にもオススメの働き方

少し話は脱線しますが、単発アルバイトの掛け持ちは、夫の扶養内で働かなければならない看護師にもオススメです。

なぜなら職場の人に気を遣わず、自分で自由に「103万を超えないように」仕事を調整できるからです。

 

単発アルバイトは原則、キャンセルできません(この点については派遣会社の方からも口を酸っぱくして言われます)。

そのため、子熱などで突発的に休むリスクがある場合には、オススメできない働き方です。

 

(2)在宅で看護師ライターとして働く

最近は、看護師向けの情報サイトで看護師ライターを募集しているところが増えてきました。

また、メディカルコピーライターとして、医療情報を提供する看護師ライターもいます(詳しくは「メディカルコピーライターとは?看護師でもできる求人を見つける方法」を参照ください)。

ある程度の臨床経験がなければこなせない仕事ですが、「書くことが好き!」であれば、挑戦してみると良いでしょう。

 

6.40代の看護師の働き方

40代の女性

40代の看護師はこのままずっと同じ病院で働き続けるか、それとも新しい分野へ飛び込んで働くのか、決断できる最後のチャンスではないでしょうか。

 

(1)今の病院で定年を迎えられるように働く

退職金などを考慮し今の病院で定年を迎えたいと考えていのならば、その病院で必要とされる看護師であり続けられるように努力しましょう。

そのためには、若い看護師のように勉強し続けるのはもちろんのこと、上層部に対しては可能な限り従順でいる必要があります。

そうすれば陰で「お局看護師」などと言われることなく、気持ちよく定年まで働き続けることができます。

 

(2)新しい分野に挑戦して働く

40代の看護師であれば、新しい分野に挑戦してもまだ何とかなります。

実際、40代になってから初めて訪問看護ステーションや産業保健師として働き始める看護師も大勢います。

もちろん、最初は苦戦するはずですが、これまで真面目に経験を積んでいれば、新しい分野でも比較的早い段階で即戦力になれます。

 

7.給料を稼ぎたい看護師の働き方

お金を持っている女性看護師

「とにかくを稼ぎたい!」と思っている看護師は、時間と体力が許す限りダブルワークをして稼ぐと良いでしょう。

また、絶対的に高給料が期待できる「美容クリニック」で働くこともオススメします。

 

(1)本業+夜勤バイトのダブルワークをする

給料を稼ぎたい看護師の中で一番人気の働き方は「本業+夜勤バイト」です。

夜勤バイトは多いところで1回30000円~35000円程度もらえます。

シフトの調整は大変ですが、本業の合間に夜勤バイトをこなせば、手取り40万円を超えてくる看護師も多いのではないでしょうか。

 

中には1ヶ月の間に1日も休まず働き、月に50万円以上稼ぐ看護師もいます。

ただ、体力的に相当ハードであることは言う間ではありません。

自身の体調のことも考え、どんなにお金が欲しくても月に3~4回は休息日を入れましょう。

 

(2)歩合制の美容クリニックで働く

美容系に苦手意識がないのであれば、歩合制の美容クリニックで働くこともオススメです。

こういった美容クリニックでは、看護師1人1人に営業ノルマがかせられていることが多く、そのノルマを達成できれば病院側から給料とは別に報酬をもらうことができます。

美容クリニックはただでさえ、基本給が高めに設定されていますから、そこから更に「歩合」が足されるとなると、相当な給料が期待できるのではないでしょうか。

 

8.海外で活躍したい看護師の働き方

空港にいる女性看護師

看護師が海外で活躍するには、以下の2つの働き方があります。

 

(1)国際支援団体所属して発展途上国で働く

日本には

  • 青年海外協力隊(JICA)
  • 国境なき医師団

など、発展途上国へ看護師を派遣している団体がいくつかあります。

こうした団体に所属することで、発展途上国で看護師として働ける道が開けます。

ただし、そこに行くまでの道のりには様々なハードルを乗り越えていかなければなりません。詳しくは、以下の記事を参考にしてみてください。

 

(2)海外の看護師免許を取得しその国で働く

日本人看護師の中には、海外の看護師免許を取得し、その国で働いている看護師も大勢います。

ただしビザの問題などがあるため、たとえその国の看護師免許を取得しても、すぐに働けるとは限らずこちらもなかなかハードルが高いようです。

アメリカで看護師として働くためには?資格取得方法とポイント5つ」の記事を読むと、より具体的にイメージがつくと思いますので、参考にしてみてください。

 

まとめ

ご紹介してきたように、看護師にはそれぞれのライフスタイルに合った、様々な働き方があります。

今回の記事を読んで自分の働き方に合った職場を見つけてもらえるきっかけになれば嬉しいです。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。


カテゴリー:看護師求人の探し方

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:kameko
(公開日:)(編集日::2017年11月21日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。