ナースキャップが廃止された理由と看護師の白衣(ナースウェア)の変化

ナースキャップが廃止された理由と看護師の白衣の変化

看護師といえば、「白衣の天使」「ナースキャップ」というイメージがあります。例えば、看護師をイラストにした場合は、未だにナースキャップが描かれています。

しかし、実際の医療現場では、看護師のナースキャップも白衣も見かけることが少なくなりました。

国民のイメージである「ナースキャップ・ワンピース型の白衣」は、どのようにしてイメージとして定着し、変化していったのかを詳しくご説明します。

【特集】看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

看護師の3人に1人は転職に不満足で<p>失敗!?成功するために! 転職を検討している看護師の方必見です。転職を成功するためには何が必要でしょうか。「転職が失敗した」「転職後にすぐに退職してしまった」「転職が不満足に終わった」などの回答をいただいた看護師に、失敗のポイントとは?

看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

1.ナースキャップが廃止された理由とは

ナースキャップが廃止された理由

ナースキャップ(看護帽)の起源は諸説あり有力な話として、19世紀後半のヨーロッパは病院が教会に付属しており、看護を担当していたシスターが被るベールが、ナースキャップの原型だと言われています。

ナースキャップは看護師の象徴でありながらも、その形を作るまでに手間がかかり、クリーニングに出す頻度は制服に比べ、頻度が低く不衛生であることが指摘され始めました。

実際、ナースキャップに付着した細菌などを培養した結果、緑膿菌などが検出されたこともあったようです。

廃止になった理由は諸説あるのですが、まとめると、

  • 院内感染が指摘されたこと
  • 男性看護師が増えたこと
  • アメリカでは早くから廃止されていた
    (看護師の地位向上のため)

などの理由で、廃止する病院が増えたことが廃止の理由です。日本で初めに廃止したのは大学病院だと言われています。

【体験談】ナースキャップ世代の看護師でした

私はナースキャップ世代の看護師でもあります。ナースキャップは気持ちの切り替えにはとても役立ちましたが、点滴ラインにぶつかったり、患者さんを移送する際に邪魔になったりすることもしばしばありました。

もちろん、交換頻度も白衣よりはかなり少なく汚れが目立てば交換するといった感じだったように記憶しています。廃止になった時は、わずらわしさから解放された感覚もありました。

 

最近では看護学校でも戴帽式を行わなくなった?

ナースキャップが当たり前の1900年代以前は、戴帽式は当たり前のように行なわれていきました。

看護師の戴帽式
(出典:Wikipedia

もちろん、私も「戴帽式+ナイチンゲール誓詞」を体験した世代であり、両親も「見てみたい」と式に参加していました。

当時は、戴帽式」は看護学生にとって大切なセレモニーであり、ナースキャップをつけて実習に行けることを楽しみにしていました。

ですが、病院の大半がナースキャップを廃止するとともに、看護大学・看護専門学校でも戴帽式(キャッピング)を行うことはなくなってきました

ただ、キャンドルをともしてナイチンゲール誓詞を行うセレモニーに憧れる学生や、ご両親の要望が根強くあることや、実習に行く前の節目として、「戴帽式」ではなく「ナーシングセレモニー」や「宣誓式」などと名前を変えて、キャッピングなしのセレモニーは行っている看護大学・看護専門学校はあります。

 

現在でもナースキャップがある病院はあるの?

ナースキャップをしない病院が大部分を占める中、まだまだナースキャプを守り続ける病院はあります。

例えば、独協医科大学病院などが挙げられます。

本院は、ナースキャップを廃止していますが、分院である埼玉医療センターや、日光医療センターは、ナースキャプを採用しています。

埼玉医療センターや、日光医療センターは、ナースキャプを採用

また、京都に拠点を置く洛和会系列の病院も、ナースキャップを継続していますし、三重県や奈良県に多いハードランドホスピタル系の病院も、ナースキャップを採用しています。

個人病院やクリニックなどでも、ナースキャップを継続している病院はあります。

 

補足説明!

ポイント

ただ、存続する意味が院長や看護部長の指示である場合があるので、院長や看護部長が変わった時に、ナースキャップが廃止される可能性はあります。

 

2.看護師の白衣(ナースウェア)の変化

白衣(ナースウェア)の起源は、キリスト系修道院のシスターの制服が原型と言われています。

かの有名なナイチンゲールが着用していた白衣(ナースウェア)も、丈の長い長そでワンピースに袖なしの白いエプロンと帽子姿でした。

ナイチンゲールが着用していた白衣(ナースウェア)
(上画像:ナイチンゲール)

日本では、1885年に看護婦養成教育が始まり、常着は筒袖の上着に袴のような長いスカートに草履、式服は詰襟(つめえり)、パットを入れた袖肩に八枚はぎの袖の長いスカートの2種類が採用されました。

日本で最初の看護服
(出典:制服としての看護服の変遷と現代における看護服より)

男性の職業服に合わせるように、洋装の白衣(ナースウェア)が採用されました。

第二次世界大戦が起こり、日本赤十字社が戦場に従軍看護師を送り出すために採用された白衣(ナースウェア)が、ワンピーススタイルでした。

日本赤十字社が戦場に従軍看護師を送り出すために採用された白衣
(出典:日本赤十字看護大学のあゆみより)

そして、戦争が終結し、「保健衛生法」「環境衛生法」が制定され、環境衛生関連職種は「清潔な白衣を着用する」ことが義務づけられました。

ワンピース型の白衣(ナースウェア)
(上画像:ワンピース型の白衣)

その結果、看護師のユニフォームは、「ワンピース型の白衣(ナースウェア)」が定着することになったのです。

 

なぜ白衣(ナースウェア)はズボンスタイルが主流になったのか

1980年代までの白衣(ナースウェア)は、ワンピース型が主流でした。

しかし、女性がパンツファッションを好むようになった1990年頃からはワンピース型よりもパンツスタイルを採用する病院が増加します。

パンツスタイルの白衣(ナースウェア)

実際に、ワンピースよりもパンツスタイルの方が、患者さんの移送をする際には便利ですし、感染管理の面からも、足を守る意味でズボンタイプが現在の主流になってきました。

ですが、あまり可動性を求められないクリニックなどでは今も、ワンピースの白衣(ナースウェア)が採用されています。

 

現代の白衣(ナースウェア)はスクラブが主流になりつつある

1990年以降、アメリカの医療機関がで、ニフォーム(ナースウェア)にスクラブ型を採用。

スクラブのナースウェア

自由度や機能性が高かったことから、看護師・医師などがスクラブスタイルのユニフォームを採用し始めました。私が在職していた病院でも、TVの医療ドラマでスクラブスタイルが使用されたことがきっかけで、ユニフォームがスクラブスタイルに変更になりました。

しかし、スクラブスタイルは、患者さんにとっては職種が判借りにくいといった不満があり、色も一色だけででは、威圧感を持ってしまうようです。

そのため、カラフルな色や柄のスクラブスタイルを採用する病院や部門も増えています。

 

これからの白衣(ナースウェア)はどうなる?

日本の白衣(ナースウェア)は、アメリカのナースウェアの後を追うように、今の形に変わってきました。

海外のドラマでは、白衣を着た看護師を見かけることはありません。

そして、海外TVのERドラマで見慣れた光景が、今の日本の医療現場も同じユニフォームの中に見ることができるようになりました。

更に海外では、もっとスクラブ型ユニフォームの柄がカラフルになっているようです。

カラフルなスクラブ(ナースウェア)
(出典:NURSERY様ナースリースクラブより)

「白衣恐怖症」の患者さんにとっては、白衣を着た医療者は緊張の対象になります。

また、スクラブも、短調な色だけでは、職種が判らないだけでなく、威圧感さえ生じます。

そのため、絵柄の入ったスクラブや、優しい色合いのスクラブなど、患者さんが親しみやすい色柄物が、今後は日本でも多く採用されているだろうと予想されます。

 

3.まとめ

白衣(ナースウェア)もナースキャップも、起源はヨーロッパの修道女の制服です。そのため、裾の長いワンピースに白いエプロン姿でナイチンゲールも看護を行いました。

看護師の象徴であったナースキャップは、不衛生であることや機能性が低いことから、今や多くの病院で廃止されています。

また、1990年以前は定番だったワンピース型の白衣も、機能性とファッション性を取り入れた結果、スクラブでパンツスタイルのナースウエアが主流になっています。

看護師は何をもって、一目で患者さんに「ナース」であることを伝えていくのでしょうか。

今後、看護師としての魅力は皆さまの患者さんへの対応で築き上げていきましょう。

看護師の口コミでランキング

看護師転職サイト口コミランキング

1位  ‣看護のお仕事
【全国対応】【求人12万件以上】
2位  ‣ナースではたらこ
【全国対応】【担当質高・求人数高】
3位  ‣マイナビ看護師
【全国対応】【担当者質高】
4位  ‣ナース人材バンク
【全国対応】【求人数高】
5位  ‣ナースフル
【全国対応】【コンサル高】

 

はたらきナース

監修者

亀岡さくみ看護師
監修 亀岡さくみ看護師
  • 2011年3月:日本赤十字看護学校卒業
  • 2011年3月:看護師免許取得
  • 2011年4月:日本赤十字医療センター入社(3年間勤務)
  • 2015年3月:株式会社peko勤務
  • 2015年4月:はたらきナース監修

現在は、今までの経験を活かし「はたらきナース」を執筆・監修を行っています。

この記事は「」さんが執筆しました。

運営会社 ・記事等に関する問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。