著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

日勤のみで働く看護師求人の注意点とメリット・デメリット

kameko
看護師スタッフkameko
日勤のみで働く看護師

日勤のみで働く看護師の注意点としては、やはり仕事内容をしっかり確認しておくことです。看護師と言うと、夜勤も含めたシフトを組んでいる病院をイメージする人が多いでしょうが、実際には日勤のみの看護師の求人は決して少なくはありません。

ただし、現在公開されている日勤のみの看護師求人は、福祉施設や訪問看護ステーションなど、病院以外の施設も多く、そこでも看護師の役割は大切なのですが、看護師としてのスキルアップを望むのであればあまり期待はできません。

とはいえ、実際には総合病院などでの日勤のみの募集は数が少なく、あっても非常勤というケースも多いので、スキルアップできる病院で日勤のみの正社員になろうとすると、なかなか勤務先が決まらないという人もいます。

1.日勤のみの条件で転職したのに、まさかの夜勤に注意

まさかの夜勤
中には日勤のみという条件で採用したにもかかわらず、働き始めてから「ちょっとだけ夜勤もしてもらえないか」などと交渉されることもあります。絶対に夜勤を避けたいのであれば、クリニックなど入院施設のない病院を選ぶか、福祉関連の施設を選んだ方がよいかもしれません。

また、日勤のみの場合、夜勤も行う看護師よりも待遇面で劣るケースも多いのですが、逆にその差が少ないと夜勤も行う看護師に嫌な印象を持たれることもあります。長く働くには円満な人間関係が不可欠ですから、そういった点も考慮しながら勤務先を探すことが大切です。条件だけで飛びつかずに、スタッフや看護師の雰囲気などもできるだけ情報収集してから入職を決めるようにしましょう。

2.日勤のみで働く看護師のメリット

日勤のみのメリット

  • 一番のメリットは何と言っても夜勤がない
  • 子供がいてもスムーズに働ける

 

など、上記のように当たり前ですが日勤のならではのメリットが存在します。

 

夜勤はなく、生活のバランスがとりやすい

日勤のみで働く看護師のメリットは、何といっても夜勤がないので規則的な生活がしやすいということでしょう。一般的には看護師は日勤を行いながら月に何度か夜勤をすることになるので、生活スタイルとしてはかなり不規則なものになりがちです。もちろんベテラン看護師にもなれば、その生活も慣れてはきますが、結婚してパートナーと暮らすようになったり、子供が生まれたりすると、どうしても夜勤を続けるのが難しくなります。

 

子供がいても仕事がスムーズ

日勤のみであれば、普通の企業に勤めるのと時間帯としては変わりないので、小さな子供がいても日中保育所に預けて働いたり、子供が学校に行っている間だけ仕事をするということも可能になるのです。

 

ポイント!

ポイント

最近は高齢化の進行で老人福祉施設や訪問看護ステーションでの日勤看護師の求人も増えており、日勤しかできないという人でも仕事に就きやすい環境になっています。パートやアルバイトなど非常勤での求人もあり、福利厚生面では正社員の看護師には劣りますが、それでも昼間だけの短時間の勤務しかできない人には人気です。正社員よりは待遇が劣るとはいえ、看護師という国家資格がありますから、普通にアルバイトをするよりははるかに高い時給が支払われますし、健康面で周囲の人に頼られることでやりがいも得られます。介護関係だけでなく、入院施設のない病院では確実に日勤のみになりますので、そういったところを探してみるのもいいでしょう。条件に合った求人を探したいのであれば、看護師求人サイトに登録して、担当コンサルタントに相談するというのもおすすめです。

 

3.日勤のみで働く看護師のデメリット

日勤のみのデメリット

  • 給与が低くなる可能性が高いこと
  • 仕事をしている拘束時間は長くなる

などの上記のようなデメリットが存在します。夜勤がつらい方にとっては問題ないとは思いますが、一通りチェックしましょう。

給与は低くなりがちに

日勤のみで働く看護師のデメリットは、やはり給与が低くなりがちだということです。看護師は比較的給料は高い仕事ではありますが、その中には夜勤手当が含まれていることも少なくありません。夜勤手当の額は病院によって異なりますが、1回あたりの平均が約1万円強。夜勤手当の金額の高い病院であれば、夜勤があるかないかで年収にして100万円もの差がつくこともあります。

 

勤務時間は長くなるケースが多い

勤務時間そのものは日勤のみのほうが長くなります。たとえば夜勤専従の場合、診療報酬の入院基本料算定用件によって、ひと月に勤務できる時間に制限があるため月10回前後の勤務が一般的であり、週に2~3回の勤務ということになります。一方、日勤のみの場合は普通の会社員が働く時間帯に仕事を行うということもあって、週5での出勤は当たり前なので、夜勤がないことで逆に毎日出勤する大変さを感じる人もいるようです。勤務時間が長くなって給料が下がることで、時間当たりの給料は低く感じてしまうため、人によってはモチベーションが上がらないというのもデメリットのひとつでしょう。

 

ポイント!

ポイント

確実に日勤のみの仕事をしようとすると、入院施設のないクリニックなどでの勤務がありますが、こうしたところでは夜勤がない代わりに残業があります。たとえば夜勤のいる交代制の病棟であれば、時間が来れば交代の看護師が来ますので仕事を引きついで退勤ということになるのですが、交代制でない場合はそうはいきません。その日の診察や片づけ、翌日の準備が終わるまで何時になっても仕事が終わらないケースもあるので、その点も注意しておきましょう。

 

最後までご確認いただきましてありがとうございました。

看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

<最新情報をお届けします>


カテゴリー:看護師の勤務形態別転職


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:kameko
(公開日:)(編集日::2017年03月25日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。