著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

看護教員になるには?看護教員になる方法・転職、メリット・デメリット

kameko
看護師スタッフkameko
看護教員になるには?看護教員への転職のメリット・デメリット

看護教員とは、看護師を養成する学校で生徒の指導を行う教員のことです。病院看護師などと比較すると夜勤や残業も少なく働きやすい環境が整っているため、看護師の中でも人気が高い職種の1つです。

しかし看護教員と一概に言っても、働き方や職場は様々であり、必要な条件も異なります。そこでここでは、看護教員になるための方法について詳しく解説し、また実際の役割から気になる給与事情までご紹介していきます。

1.看護教員になるための方法・転職を考える注意点

看護教員になるための方法・転職を考える注意点
まず、看護教員として働くには、以下の3種類のルートがあります。

  • 大学・短大の看護教員を目指す方法
  • 看護専門学校の専任教員を目指す方法
  • 高校(看護科)の看護教員を目指す方法

どのルートを選ぶのかによって、求められる役割も就職方法・転職方法も異なります。詳しく見ていきましょう。ただし、どこの教育機関で勤めるにしても最低5年以上の臨床経験は必要です。

 

(1):大学・短大の看護教員を目指す方法

大学・短大の看護教員になるために必要な資格(看護師資格以外)は特にありませんが、求められる条件・学歴は大学や短大によって異なります。また、大学の場合は「博士の学位をもっていること」を条件としていることも多いようです。

なお、大学の看護教員の職階は「助手<助教<講師<准教授<大学教授」となっており、通常は「助手」からスタートすることになります。

 

大学・短大看護教員求人の探し方について

大学・短大看護教員の求人は、教授や研究室とのコネクションがなければ以下の媒体を駆使して自力で探していく必要があります

  • JREC-IN Portal/研究者人材データベース
  • 看護師転職サイト(看護師専用の転職斡旋会社)
  • ハローワーク当の公的機関

いずれにしても非常に人気の高い求人であるため、上記3つの探し方を駆使する方が良いでしょう。また、随時チェックすることを怠らないようにしておきましょう。

 

(2):看護専門学校の専任教員を目指す方法

看護専門学校の専任教員になるためには「看護師養成所専任教員資格」を取得する必要があります。この資格は、看護教員養成コースを持つ通信制大学で取得できるため、働きながらであっても取得が可能です。

(厚生労働省の「<参考>看護師学校養成所における看護教員に関する規定PDF 」も確認してください。)

 

看護専門学校専任教員求人の探し方について

看護専門学校の場合、学校側から卒業生などに直接声をかけることが多いようです。そのため、まずは自身の人脈を辿って求人を見つけるのが一番です。また数は限られていますが、ハローワークや自治体のホームページでも求人情報が掲載されていますので併せて確認するようにしましょう。

 

(3):高校(看護科)の看護教員を目指す方法

高校(看護科)の看護教員になるには、高等学校教諭(看護)の免許が必要です。この免許は、通信制で取得することはできないため通学生の大学に通う必要があります。さらに、免許取得後は、各自治体の教員採用試験に合格する必要があります。

高等学校教諭(看護)の免許が取得できる大学については「文部科学省のホームページ」を参照してみてください。

 

高校(看護科)の看護教員の求人の探し方について

高校(看護科)の看護教員の求人は、各自治体のホームページの他、ハローワークや日本看護協会が運営するナースセンターで見つけることができます

2.看護教員で働く看護師の役割や仕事内容について

看護師の役割や仕事内容について
看護師を育成する教育機関で働く看護教員の仕事内容は、看護師としての知識や経験がゼロの学生に対して、医療現場で実践力となる人材を育成するための教育をするのが主な職務となります。

また、大学で働く場合は、仕事内容に「研究」も加わることがあります。

 

看護技術と知識を分かりやすく伝える

看護教員として働くことは、看護学生たちにとっては教師という立場となるため、教壇に立つ専門分野について十分な知識を持っていることは必要不可欠ですが、学生たちに分かりやすく教えるための能力や話術なども求められることになります。

看護教員としての資格や素質は十分でも、教壇に立った時に分かりやすく授業を進めることができなければ、生徒たちの心を掴むことはできません。

 

看護教員は医療現場で即戦力となれる看護師を育てる

医療業界においては、看護業務も年々変化していて、看護教員が現職の看護師だった頃とは看護技術や方法が変わっていることが多いものです。看護教員の仕事内容には、時代の流れや変化をしっかりと把握して、最新の情報を生徒たちに伝えるという役割もあります。

医療現場で即戦力となれる看護師を育てるために、あらゆる方向からアプローチすることが必要です。

 

看護教員が求められる資質も必要

教壇に立って学生に指導する場合には、看護師としての実力や資質の他に、指導力やコミュニケーション能力、学生が理解できるようにかみ砕いて教える話し方など、教員として求められる資質もなければいけません。

 

大学で勤務する場合は「研究」を行う

通常、大学で勤務する場合は、授業などの他に「研究」も行うことになります。その場合、自身が中心となって研究を行うこともあれば、教授の研究をサポートする役割にまわることもあります。

3.平均年収・平均月収・ボーナスについて

平均年収・平均月収・ボーナス
国公立の看護学校の場合には看護教員の給料は教師の給料規定に従うことになるため、平均年収はそれほど高くないようです。平均月収は公務員と変わらない18万円~20万円程度となり、平均年収はこれにボーナスが加わった280万円~320万円程度となります。

ただし、公務員は勤続年数に従って昇給していくため、看護教員のお給料も勤続年数が長くなればアップしていくことになります。(2015年11月厚生労働省調べ)

 

高収入を狙うなら私立の教育機関

看護教員としてできるだけ高収入で働きたい場合には、国公立の教育機関よりも私立を狙ったほうが良いでしょう。私立の大学病院付属の看護学校や看護大学などでは、資金力が豊富なので看護教員のお給料も公務員よりは高めに設定されていることが多いようです。

平均月収では、初任給でも20万円~25万円と公務員よりも数万円高いですし、実力や実績によっては初任給が30万円台で求人募集が出されることもあります。

 

夜勤や残業がほとんどない

看護教員のお仕事は、残業がほとんどなく、夜勤なども一切ないので、お給料は基本給に住宅手当や通勤手当など職場で規定されている基本的な手当てが上乗せされた額となります。

看護師のように夜勤手当や残業手当がつくことはありませんから、給料計算ではそうした点も注意しましょう。職場によってつく手当や金額が異なるので、転職の際にはそうした部分も比較しておくと良いですね。

4.看護教員として働くメリットは人を育てる喜びが一番

看護教員として働く看護師のデメリット
看護教員として働く看護師のメリットは、「人を育てる」という看護師にはないやりがいを感じられることです。看護師を夢見て真摯に勉強する生徒もいれば、安定した職に就くために看護師を目指す生徒、よくわからないけどとりあえず親に言われて入学した生徒など、個性豊かな生徒を教えるのは大変ですが、とてもやりがいのある仕事です。

また、毎日同じ勤務時間で働けるので、病院勤務と比べると体調面で大きなメリットがあります。

 

看護師でありながら違った仕事をする楽しさ

生徒の実習に同行するので、医療の現場から完全に離れてしまうわけでもなく、看護師でありながら違った仕事をする楽しさもあります。また、生徒に教えながら自分が成長していくのも実感できるはず。

毎年教えた生徒が国家試験に合格して看護師として巣立っていくのも、新しい生徒が入学してくるのも看護教員としての喜びでしょう。

 

夜勤もなく、規則正しい生活を送ることができる

病院勤務をしている看護師は、夜勤を定期的にこなすために体調を崩しやすく、生活のリズムがつかめずに日常生活や仕事にも影響が出てしまうことが少なくありません。

しかし看護教員の場合には、夜勤がなく残業も忙しい時を除けばほとんどありませんから、規則正しい生活をおくることができます。

 

長期休みはもちろん取れる!

学校なので休日はカレンダー通りですし、夏休みや春休みなどの長期休暇には教員も長期の休みを取りやすいというメリットもあります。土日祝日が休みで夜勤もないので家庭がある看護師に人気が高いのも納得でしょう。

病棟勤務の看護師は、土日でも出勤であることが多いですし、外来でも土曜日は出勤であるところがほとんどなので、完全に土日が休みというのは嬉しいポイントです。

 

キャリアアップにつながる

看護教員は看護学生を育成するための教育機関で働く職員です。経験を積むことでキャリアアップすることもできますし、実力と専門性を極めれば、看護師育成のための教育機関から、認定看護師や専門看護師を育成するための高等教育機関への転職も十分視野に入れることができます

医療現場で看護を行うわけではありませんが、教壇に立って看護師を育成するスペシャリストとしてのキャリアを伸ばすことができるというメリットが期待できます。

 

ポイント!

ポイント

給料の面でも、夜勤がないぶん病棟勤務の看護師には劣りますが、日勤のみの看護師よりは高い金額が支給されることが多く、勤務時間を考えると決して低い金額ではありません。福利厚生は学校によって違うので、その点は良く調べてから決めたほうがよいでしょう。

 

5.看護教員として働く看護師のデメリットとは

看護教員として働く看護師のデメリット
看護師の仕事のやりがいだけでなく、厳しさも教えるのが教員の難しい教育になります。しかも、最近は厳しくし過ぎると保護者から苦情が来るケースもあるなど、昔とは学校の様相も変わってきており、教員としても教え方の難しさを感じずにはいられません。

他にも、以下のように看護教員ならではのデメリットが存在します。

 

看護師としての技術を磨くのが難しい

看護教員として働く看護師は、看護師を育成するための教育機関で働いているため、病院で患者さんに対して医療行為を行うというわけではありません。

そのため、臨床経験がある程度ある看護教員でも、現場を離れることによって看護師としての技術力を磨くことができず、看護との自分の向き合い方によってはデメリットになりえる看護師が多いといえます。

 

ポイント!

ポイント

看護師として実力をつけて医療現場で活躍したいと考えている人なら、看護教員へ転職することは、キャリアアップという点ではもしかしたら自分が考えている方向からずれてしまうかもしれません

 

平日は休むことが出来ない

土日が基本的に休みになる反面、平日は休みづらくなるのも確かです。クラスを受け持っている場合、授業は毎日行われますから小学生の子供の参観日や懇談などがあっても休めないことも少なくありません。

これも、学校によっては休んでも大丈夫なようにバックアップ体制が整っているところもありますが、そうでない場合は、仕事優先にならざるを得ないケースも多いのです。

 

自分の子供の保育施設を見つけるのが難しい?!

看護教員の場合には職場が教育機関なので、24時間運営している保育施設が併設されていることはありません

小さな子供がいる看護師は、自分自身で自宅や職場のそばで保育園を探さなければいけませんし、子供が体調を崩した場合などには、仕事を早退するとか配偶者に協力してもらうなどの対応が必要となります。そうした面では、育児と両立が難しいというデメリットが考えられます。

 

夜勤をこなす病院看護師ほどは稼げない

給料については、看護師として働いた場合と比べて、日勤のみの勤務よりは高い給料がもらえますが、夜勤を行った場合の病棟勤務に比べるとどうしても金額は下がってしまいます。夜勤が可能なのであれば、やはり一番稼げるのは病棟勤務です

 

まとめ

看護教員は看護師とは全く違う仕事ですので、看護師として優秀だから優秀な教員になれるとは限りません。学生のやる気を引き出し、看護の世界に高い意識で送り出すことが大切ですから、決して簡単な仕事ではないのです。

特に最近は長い不景気の影響もあり、看護の仕事に関心が高いというよりは、安定した仕事として看護師を目指す人も増えており、看護に対する意識が低い生徒が増えているのが現状ですから、そこで教育を行う看護教員の役割は重要です。

最後までご確認いただきましてありがとうございました。

看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

<最新情報をお届けします>


カテゴリー:企業看護師


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:kameko
(公開日:)(編集日::2017年05月23日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。