看護師資格!キャリアアップに取得したい資格

看護師の資格

看護師資格を取得した後、「キャリアアップのために資格を取得したい!」と思う看護師も非常に多いです。自分のスキルアップや知識向上のために取得することは良いことです。看護師の資格を取得した後に、取得する人気の資格をまとめています。

看護師の資格関連記事は「カテゴリー:看護師の資格」にまとめてありますので、そちらも確認してください。

 

認定看護師と専門看護師はどっちが良い?

認定看護師と専門看護師はどっちがいいのとのことですが、優劣をつけるのはナンセンスです。ある総合病院の看護部長は「認定看護師と専門看護師は活躍する分野が違うけれど、専門看護師の方が必要になる」と口にしました。まず、

認定看護師と専門看護師の違いについて、確認しましょう。

認定看護師について:高い看護技術を生かす

認定看護師とは、特定の看護分野において水準の高い看護技術を活かす看護師のことです。そのため、専門分野が21分野と細かく分けられています。臨床現場におけるエキスパートとなる看護師なのです。認定看護師になるためには、実務経験が通算5年以上であり、そのうち3年以上は認定看護分野の実務経験を積まなければなりません。
さらに、認定看護師教育機関で6カ月615時間以上の研修を積み、認定審査試験にパスをすると、認定看護師として認められます。また、5年ごとに更新があり、その際には看護実践、自己研鑽の実績についての書類の提出を求められます。
また、現在特定看護師(特定看護師制度)になるためには認定看護師の資格が必要となります。

専門看護師について:看護ケアのスペシャリスト

専門看護師は、患者だけではなく、その家族の人たちを含めたケアをおこない、人間関係のサポートも行います。つまり、看護ケアのスペシャリストが専門看護師で、専門分野は11分野です。専門看護師になるためには、看護系大学大学院修士課程を修了し、実務経験が5年以上、そのうち3年以上は専門看護分野の実務経験を積まなければなりません。そして、認定審査をパスして登録となります。専門看護師も5年ごとに更新があり、その際、看護実践の実績、研修実績、研究業績などの書類審査があります。

2014年現在、専門看護師は全国に1400人いますが、専門看護師となるためには大学院を卒業しなければなりませんので、専門看護師の方が、なるためには時間も労力も能力も必要となります。

認定看護師との違いは、看護者への教育活動、専門分野の研究活動、様々な機関や人々とのコミュニケーションをとる調整作業があります。

 

【認定と専門どっちが良いのか?】

支払われる給与の額については、認定看護師も専門看護師も、普通の看護師よりは多くの額をもらっていますが、認定看護師と専門看護師を比べると、給与面ではそこまで待遇に差があるというわけではありません

患者個人のケアを自身のスキルを使っておこなうなら認定看護師となり、医療チームの調整や専門的な知識や技術で患者やその家族のケアをしたいのならば、専門看護師となります。どちらにせよ、認定も専門も取得するには時間も労力も必要になるので、転職に有利な資格であることは間違いありません。

認定看護師(Certified Nurse)

認定看護師はある特定分野において熟練した看護技術と知識を有する資格になります。看護師に対する指導などを行える資格です。別名CNとも略します。

専門分野は全部で21分野があります。(2014年現在)

認定看護師資格の取得条件

  • 日本の看護師免許があること
  • 実務研修5年以上あること
  • 3年以上専門分野の実務研修があること

日本看護協会が資格の発行をしています。認定看護師の看護師が実際に体験したノウハウは「ママ看護師が認定看護師資格を取得するメリットと取得・更新の方法」を確認してみてください。

 

認定看護師の資格分野

認定看護師分野 英語表記
救急看護 Emergency Nursing
皮膚・排泄ケア Wound,Ostomy and Continence Nursing
集中ケア Intensive Care
緩和ケア Palliative Care
がん性疼痛看護 Cancer Chemotherapy Nursing
訪問看護 Cancer Pain Management Nursing
訪問看護 Visiting Nursing
感染管理 Infection Control
糖尿病看護 Diabetes Nursing
不妊症看護 Infertility Nursing
新生児集中ケア Neonatal Intensive Care
透析看護 Dialysis Nursing
手術看護 Perioperative Nursing
乳がん看護 Breast Cancer Nursing
摂食・嚥下障害看護 Dysphagia Nursing
小児救急看護 Pediatric Emergency Nursing
認知症看護 Dementia Nursing
脳卒中リハビリテーション看護 Stroke Rehabilitation Nursing
がん放射線療法看護 Radiation Therapy Nursing
慢性呼吸器疾患看護 Chronic Respiratory Nursing
慢性心不全看護 Chronic Heart Failure Nursing

 

 

認定看護管理者(Certified Nurse Administrator)

認定看護責任者とは、臨床を行う看護の現場で看護師の管理育成のリーダースペシャリストです。看護管理の責任者の資格ともいえます。

別名CNAとも略します。師長以上の役職を持っている看護師には人気の資格といえるでしょう。

認定看護管理者の条件を得る

  • 日本の看護師免許があること
  • 実務研修5年以上あること
  • 下記いずれかの要件を満たすこと
    ・認定看護管理者教育課程サードレベルを修了している
    ・看護管理を専攻し修士号を取得しており実務経験が3年以上
    ・師長以上の役職で管理経験が3年以上かつ、
    ・看護管理を専攻し修士号を取得していること
    または、管理に関連する学問領域の修士号を取得こと

日本看護協会が資格の発行を行っています。

 

専門看護師(Certified Nurse Specialist)

専門看護師とは、困難で複雑な健康問題を抱えた家族・地域・患者に対して質の高い看護を行える資格です。10分野ある専門分野において卓越した看護実践能力を有する看護師資格です。

英語を略してCNSともいいます。

 

専門看護師資格取得の条件

  • 日本の看護師免許があること
  • 看護の大学院修士課程修了者であること
  • 専門看護師教育課程基準の所定の単位を取得していること
    (総計26単位または38単位)
  • 実務研修が5年以上あること
  • 専門分野の実務研修が3年以上であること

 

上記が専門看護師に必要な取得条件になります。資格の発行は看護協会で行っています。

 

専門看護師の専門分野

専門看護師の専門分野は10分野存在します。(2014年現在)

専門看護師の資格一覧 英語表記
がん看護 Cancer Nursing
精神看護 Psychiatric Mental Health Nursing
地域看護 Community Health Nursing
老人看護 Gerontological Nursing
小児看護 Child Health Nursing
母性看護 Women’s Health Nursing
慢性疾患看護 Chronic Care Nursing
急性・重症患者看護 Critical Care Nursing
感染症看護 Infection Control Nursing
家族支援 Family Health Nursing
在宅看護 Home Care Nursing

 

特定看護師とは

ご存じの通り特定看護師という資格は、正式には存在しません。厚生労働省では、特定行為に係る看護師の研修制度を終えた者(特定行為研修を修了した看護師を略して特定看護師)としています。(平成27年10月1日に施行された特定行為に係る看護師の研修制度

この特定行為研修ですが、認定看護師の資格取得後5年以上の実務経験を経る必要があります。現在のところは正式な資格ではないのですが、将来的には資格にしようと働きかけられています。

看護師が実際に執筆した内容の「特定看護師になるには?研修制度や研修後の給与について」も合わせて確認してください。

 

特定看護師は通常の看護師と違い何が行えるのか

特定看護師は、保険師助産師看護師法において、診療の補助に含まれないものと、一般的に理解されていた特定の医療行為を、特定看護師は医師の指導の下で診療の補助をおこなうことが出来ます。

現在、実際にこの特定看護師として働いている現場の看護師でも、どこまでできるのかイメージするのが難しいのですが、認定看護師の職務に医師の包括的指示の範囲内で看護師が自身で実践できることが増え、医療チームをまとめ、コーディネートする役割と責任が付加される場所が増えています。

そもそも、病院での入院期間を短くするという国の方針により、医師の仕事量が急性期に関して莫大な量となってしまったので、ある程度のことは看護師をはじめとするスタッフで肩代わりしようとして始まったのが、この特定看護師制度なのです。つまり、看護師の出来ることが増えたという考えです。

なので、認定看護師は、特定看護師ではないので医療チームをまとめ、コーディネートしてはいけないと誤解される方もいます。これは逆で、出来る仕事は積極的に分担して、医師やその他医療スタッフの負担を減らしていきましょうということです。

特定看護師は看護師転職に有利?

特定看護師は認定看護師という日本看護協会が定めた資格を持っていることが前提になり、その上で、認定看護師として5年以上の実務経験がなければ、特定行為研修を受けることができません。病院側としては、1から育てるという手間がかかりませんので、転職の際は有利になることは間違いありません。

ただし、これは特定看護師の資格の力というよりは、認定看護師であるうえ、5年以上実務経験を積んでいるという点の方が評価されています。

つまり、特定行為研修を修了したということは、あくまで認定看護師のプラスアルファです。まだ新しい制度なので、特定研修を終了していることを前面に押し出しての転職活動をしても、今現在ではまだ有効な一打というわけでもありません。

もちろん、研修を受けた経験を評価するところもありますので、研修にのみ固執してもいけません。

 

認定看護管理者(Certified Nurse Administrator)

認定看護管理者は「日本看護協会」行っている認定資格の1つです。

制度の目的について
認定看護管理者制度は、多様なヘルスケアニーズを持つ個人、家族及び地域住民に対して、質の高い組織的看護サービスを提供することを目指し、看護管理者の資質と看護の水準の維持及び向上に寄与することにより、保健医療福祉に貢献します。

認定看護管理者になるためには、日本国の看護師免許を取得したのち5年以上の看護師の実務経験が必要となります。かつ、以下のいずれかの要件を満たしている必要があります。

  • 専門の教育課程でサードレベルを修了している
  • 修士号を取得し、その後の実務経験が3年以上ある
  • 師長クラス以上の管理経験が3年以上あり、看護管理の修士号を取得している
  • 師長クラス以上の管理経験が3年以上あり、管理に関連する領域の士号を取得している

 

要件を満たした看護師のみ、書類審査及び筆記試験を受けることができ、認定看護管理者認定証の交付となります。また、5年ごとに実践の実績と自己研鑽の実績で評価を行い更新が必要となります。詳しくは「認定看護管理者の資格取得条件と求められる役割について」を確認してみてください。

助産師(Midwife)

妊娠や出産にかかわり、助産行為を行うこと出来る資格です。看護師や保健師などとは違い、資格は女性のみの限定資格であることが特徴的です。アメリカ、イギリス、オーストラリアでは男性の看護師もいます。

助産師資格取得の条件

  • 文部科学大臣の指定した学校を卒業・見込みであること
  • 1年以上助産に関する学科を習得すること

助産師になるためには一般的に看護師国家試験受験資格取得後に、助産師の学校に1年以上勤める必要があります。こちらは国家資格なので厚生労働省のホームページで確認することができます。

助産師が実際に執筆した内容の記事は「助産師ブログ」で確認してみてください。

移植コーディネーター(transplant coordinator)

移植コーディネーター資格とは、臓器移植を提供する提供者と、移植者の調整をする専門職であり、専門資格になります。臓器移植は主に、臓器移植・組織移植・骨髄移植などがあります。

ドナーコーディネーターやレシピエントコーディネーター、組織移植コーディネーターや骨髄移植コーディネーターをまとめて移植コーディネーターといいます。

移植コーディネーター資格の取得条件

  • 療系の国家資格を保有していること
    (医師、薬剤師、看護師、臨床検査技師、臨床工学士)
  • 看護系の4年大学を卒業していること

 

資格を取得するためには、日本組織移植学会が運営している試験に合格する必要があります。

 

移植コーディネーター資格申請条件

  • 申請時において日本組織移植学会の会員であること
  • 日本組織移植学会の実施するコーディネーターセミナーを規定回数以上受講し、
  • 筆記・実技試験に合格していること
  • 通算1年以上の組織移植における実務経験を有し、
    必要な経験と学識技術とを修得していると認められること

移植コーディネーターとして働く場合は24時間対応・全国への出張や転勤が可能なことが条件になるため、強い志が必要になります。

 

栄養サポートチーム専門療法士(NST看護師)

栄養サポートチーム専門療法士とは、患者の状況や症例に併せて栄養管理を行うための資格になります。もちろん資格がなくても栄養管理の仕事をしている場合がありますが、あればなお良い資格になります。米国から広まった資格ではありますが、日本ではまだメジャーな資格とは言えません。看護師の場合、英語の略語を取ってNST看護師ともいいます。

NST看護師資格の取得条件

  • 日本での下記国家資格を保有していること
    ・歯科医師
    ・管理栄養士
    ・看護師
    ・薬剤師
    ・臨床検査技師
    ・言語聴覚士
    ・理学療法士
    ・作業療法士
    ・歯科衛生士
  • 5年以上医療・福祉施設に勤務し栄養サポートをした経験があること
  • 定める学術集会に参加し30単位以上保有すること
    (1回10単位)
  • 認定教育施設での研修を40時間以上すること

少し厳しめの条件が課せられています。日本静脈経腸栄養学会のホームページより、資格の取得支援を行っていますので、興味がある方は確認をしてみてください。

 

栄養情報担当者(nutritional representative)

栄養情報担当者とは、健康食品などに関する知識や情報を的確に把握し、利用する人に適切な情報提供を行うことができる人材を育成するための資格です。

類似資格では、日本サプリメントアドバイザー認定機構(日本臨床栄養協会)が認定するサプリメントアドバイザー、健康食品管理士認定協会が認定する健康食品管理士などがあります。

 


転職理由
人気ランキング
看護師転職サイトの選択

看護師の転職について色々調べよう

転職は年収アップ 逃げの転職 良い看護師求人

4 コメント・感想

  1. […] 看護師の資格 […]

  2. […] 看護師の資格 […]

  3. […] ‣看護師で出世したい|最短で出世するための7つの秘策 ‣看護師のキャリアアップ資格 […]

  4. […] も800人程度しかいません。これから増えていくことが見込まれますので、今挑戦しておくことで優位性が発揮できます。(看護師の資格については「看護師の資格」にまとめています。) […]

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。