看護師管理職の辞めたい理由と対処法

kameoka
看護師管理職が辞めたい理由と対処法

管理職の看護師は、仕事もベテランにこなせて、給与も高いのが一般的です。そのため、若い世代の憧れの的である存在のはずなのですが、実際は、さまざまな理由で、看護師の管理職を辞めたいと悩んでいる人はたくさんいるようです。

ここでは、管理職の看護師が辞めたいと思う理由や、今後の看護師人生のために考えたい対処法をご紹介していきます。

 

1.管理職の看護師が辞めたい理由①現場で働けないジレンマ

看護師現場で働けないジレンマ

看護師として、患者さんに日々接することが好きな方は、管理職につくことでその時間が削られてしまいます。主任看護師の場合は、病棟などにでて働くことも多いですが、看護師長や看護部長ともなると、患者さんに接する機会は極端に減ります。

もし、看護師としての仕事のやりがいを、毎日患者さんに接することで見出してきたならば、現場で働けないことがストレスになり、辞めたいと思ってしまっているのかもしれません。

 

対処法:上司に相談してみる

管理職についたことで、仕事への意欲がなくなってしまったのなら、一度上司に相談してみるのもおすすめです。別の診療科に異動するなどして、管理職から降ろしてもらうことも可能かもしれません。管理職の仕事内容の一部に問題があるのなら、変更をしてもらうこともできるかもしれません。管理職に抜擢されるほど、活躍してきたナースだと思いますので、病院側も無碍にはしないでしょう。

 

2.管理職の看護師が辞めたい理由②現場を仕切る責任の重さ

看護師現場を仕切る責任

看護師の管理職とは、主任や看護師長、看護部長などです。役職のない看護師にしてみれば、管理職をもらえるなんて羨ましいと思うかもしれません。でも、やはり現場を仕切ることへの重荷に、苦しんでいる管理職は少なくありません。

 

1人で悩みを抱え込んでしまう場合も・・・

患者さんや働くナースたち、すべてのトラブルの対処は、管理職がどうにかしなければいけません。主任看護師の場合は、日常業務も他の看護師同様にこなさなければいけませんし、スタッフの教育業務、病院内の環境の改善など、その他の業務に圧迫されます。精神的にも孤独を抱え込みやすく、肉体的にも辛いため、管理職を退きたいと考えてしまう看護師が少なくないようです。

 

対処法:着任後すぐは辛くても仕方がないと覚悟する

管理職になりたての頃は仕事に慣れず、辛くなるのはある程度しかたないと言えるでしょう。どの管理職の人でも、新人看護師の頃は仕事に慣れず、先輩に怒られることも多かったと思います。でも、だんだんと経験を積んで、ベテランナースと呼ばれるまでになったのではないでしょうか。

管理職も同じで、最初のうちは上手くいかないこともあるのは当然のことだと心得ておきましょう。経験を積むことで、だんだんと仕事をこなしていけるようになるのは新人もベテランも同じです。

 

ポイント!

ポイント

もし、着任後2〜3年が経過しており、「管理職として働くには、この病院は合わない」と考えるのなら、これまでのスキルを活かして、他の職場に転職することも可能です。冷静に考えてみて、どんな状況で働くのがベストなのか、想像してみましょう。

 

3.管理職の看護師が辞めたい理由③師長や部長とソリが合わない

看護師上司とソリが合わない

管理職の世界に一歩踏み込むと、今まで非管理職で働いてきた時とは違う世界に身を投じる事になります。管理職につけば、他のナースステーションや他の診療科の管理職とも連携を取ることがあり、その中での序列関係に悩まされる人も多いのです。

特に、直属の上司である看護師長や看護部長の影響は大きく、その人とソリが合わないと、無用なストレスを抱えこむことになります。

対処法:コミュニケーションで改善を

管理職として働き慣れていないナースと、管理職歴が長いナースでは、そもそも仕事に対する考え方が違うことがあります。お互いにお互いが敬遠してしまうと、それ以上仲良くなることはできません。

できれば、コミュニケーションを重ねるようにして、まずは自分のことを相手に知ってもらうのも大切です。段々とお互いが分かるようになれば、ソリの合わない状況を打開できるかもしれません。

 

4.看護師の管理職が辞めたい理由④名ばかりの管理職にうんざり!

これは特に主任看護師が感じることが多いです。「主任」という管理職の名前は付いていながらも、日常業務に加えて仕事が増えただけで、大した給与額のアップもない…。となると、管理職になっただけ損ではないかと感じてしまうのです。

管理職となったことで、現場を改善したり、功績を残せればいいのですが、結局は看護師長の判断が必要であったり、運営が自由になるわけではありません。名前ばかりの管理職では、やりがいも見いだせず、うんざりして辞めたくなってしまうのです。

 

対処法:「もっと任せてほしい!」とアピールしてみる

「やりがいのある仕事を与えてくれない」と思っている主任看護師が多いかもしれませんが、もしそう思っているのなら、自分から上司に直談判して、仕事をやらせてもらえるように打診してみましょう。

 

ポイント!

ポイント

一念発起して転職することもいいですが、雑用ばかりの主任看護師の経験では、他の病院ではあまり役に立たないこともあります。スキルアップを目指していることを訴えて、まずは今の現場で、経験を増やすことを考えてみてください。

 

5.管理職の看護師が辞めたい理由⑤管理職手当が割に合わない

看護師手当がわりに合わない

とにかく、管理職になれば色んな仕事が増えます。その仕事の多さの割に、管理職手当が少ないと感じるナースもいることでしょう。もちろん、主任看護師になって数ヶ月では、給与はアップしないかもしれません。しかし、何年も勤めているのに昇給がないようでは、絶望的です。

 

対処法:給与額のいい職場に転職することが近道

なかなか昇給しない病院は、今後も昇給は期待できません。転職をきっかけに、給与アップを狙ったほうがいいでしょう。

まとめ

管理職に昇給したということは、職場内の中でスタッフからその実力を認められ信頼されている証です。そこに誇らしさを感じるのと同時に、「私なんかが務まるのだろか・・・」という不安を抱えるのは当然のことでしょう。

そしていざ勤めてみると、やりがいだけではなく上司と部下の板挟みなどによるストレスもあり戸惑うことばかりだと思います。ただし、どんな経験だとしてもそれが自分の人生の糧になるのは確実なこと。あまり重く捉えすぎず、また1人で全てを抱えこみすぎることなく、与えらえた役割をあなたらしくまずは全うしてみましょう。

また、中間管理職のナースの方はこちらの記事中堅看護師の役割と転職する際の注意点ベテラン看護師の役割と転職する際の注意点もご参照ください。

 

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング


カテゴリー:看護師キャリアアップ


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:kameoka
(公開日:)(編集日::2017年07月26日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。