著作者

すなふきん

元看護師

すなふきん

( 看護師 保健師 )

看護師が「産休」でのポイント4つ!産休期間から給与まで

すなふきん
元看護師 すなふきん
看護師が「産休」でのポイント4つ!産休期間から給与まで

様々な理由から、妊娠してもできる範囲で仕事をしたいと思う人はいるでしょう。実際に、世の中の共働き率も増えています。

そこでこのページでは、看護師の産休制度や産休中の過ごし方についてお話します。

1.産休期間はいつからいつまで取得できるの?

産休期間はいつからいつまで取得

「産休」とは、「産前産後休業」を省略した言い方です。これは労働基準法で定められた休業期間であり、出産に伴うお休みのため、女性のみが取得できます。

一般には「産前産後休暇」という表現を使用する場合も多いですが、法律上は「休業」とされています。

産前休業期間 出産予定日の6週間前から取得
多胎妊娠(双子など)の場合は14週間前から取得
産後休業期間 出産日の翌日から8週間
本人希望で産後6週間でも可能

ここでは、「産前休業」と「産後休業」に分けてお話をします。

 

産前休業:出産予定日の6週間前から取得できる

産前休業は、出産予定日の6週間前から取得できます。

なお、負担の大きい多胎妊娠(双子など)の場合は14週間前から取得することができます。あくまで出産予定日を基準にしますので、実際の出産日が遅れたとしても問題ありません。

 

産後休業:実際の出産日の翌日から取得できる

産後休業は、実際の出産日の翌日から取得できる休業です。

産後休暇は、本人の請求の有無を問わず、産後8週間は働かせることができないと定められています。

 

医師の許可が下りれば産後6週間で復帰が可能

ただし、本人から産後6週間を経過した時点で就労の希望があり、且つ医師が問題ないと判断した場合には、その時点で仕事に復帰することは可能です。

 

2.産休中の看護師の給料(手当)はどうなるの?

オッケーポーズの女性看護師

原則的に、産休中に給料は支給されません。その代わり次のような手当があります。(病院等の勤務先が雇用保険に加入していることが前提になります。)

出産育児一時金 赤ちゃん一人の出産につき42万円が支給
出産手当金 日給×2/3×産休で休んだ日数が支給

 

出産育児一時金:一人の出産につき42万円が支給

赤ちゃん一人の出産につき42万円が支給される制度です。

一般的に1回の出産に必要な費用は40万円~50万円と言われています。(医療機関や分娩の状況で異なります。)

出産育児一時金は、この費用の負担軽減に利用されることが多いです。勤務先の健康保険窓口に申請をします。

 

出産手当金:日給×2/3×産休で休んだ日数が支給

出産育児一時金と混同されやすいですが、給料が出ない代わりに健康保険組合や共済組合から支給される制度です。国民健康保険の加入者は利用できません。

出産手当金=日給×2/3×産休で休んだ日数が手当の金額です。

ここでの「日給」は標準報酬月額を30で割った金額を指しています。こちらも、勤務先の健康保険窓口に申請をします。

 

3.看護師が産休に入る時の挨拶について

ハートを持った女性看護師

産休に入る時期が年度途中か年度末か、産休に入った場合にすぐに人員が補てんされる組織かどうか、自分が管理職かどうかで周囲の人々に与える影響の内容は異なってきます。

しかし、特に看護師のようにシフトで勤務する場合は、自分の休暇が同僚に与える影響は大きいものです。

復帰をスムーズなものにするためにも、産休に入る前の挨拶はしっかり行いましょう。

 

挨拶する人を確認し、少し早めに挨拶しておく

退職当日に全員に挨拶をと思うと、シフト勤務のため会えない場合があります。同じ委員会や勉強会でお世話になった人には、3週間前など少し早めに挨拶しておくといいでしょう。

 

急きょ出勤できなくなってしまう可能性も考慮して

妊娠中は、後期に近づくほど何が起こるかわかりません。体調によっては急きょ出勤できなくなってしまう場合もあります。

特にリーダーや係の活動を引き継ぐ人が決まっている場合は、漏れのない引継ぎは当然のことですが、早めに引き継ぎを行いましょう。

 

妊娠中に配慮した勤務を組んでくれた上司に感謝を伝える

組織にもよりますが、直属の上司とは、出産予定日、産休中の連絡の頻度、休暇終了予定日、復帰後の勤務に関する希望などについてお互いにしっかり確認しましょう。

そのうえで、妊娠中の自分に配慮した勤務を組んでくれた上司に感謝を伝えましょう。

 

直接的な影響を受ける同僚への感謝も忘れずに

自分の産休によって直接的な影響を受けるのは一緒に勤務した同僚です。他部署の人々や上司に対してもそうですが、今まで一緒に仕事ができた事への感謝や、妊娠中の自分への気遣いへの感謝を伝えましょう。

 

4.看護師の産休中のおすすめの過ごし方

看護師の産休中のおすすめの過ごし方

これまで激務をこなしてきた看護師の皆さんにとっては、貴重な長期のお休みです。やりたいことをリストアップしてみましょう。いくつかのおすすめの過ごし方を書いてみます。

 

一人の時間を満喫しましょう

これまでアクティブに働いてきた看護師にとってのんびりする、ボーッとするというのは不思議な感じがするかもしれません。

ですが生まれたら赤ちゃん主体、赤ちゃんに合わせた生活が待っています。

すでにお腹が大きく遠方への外出はできないと思いますので、是非カフェや映画館、ウインドウショッピングなどでのんびり過ごしてみてください。

 

家族それぞれと過ごす時間を大切に

初めての出産の場合は、旦那様との二人の時間を楽しみましょう。赤ちゃんが動き出すようになると、静かな雰囲気のお店や焼肉屋での外食はハードルがあがります。大人だけのゆっくりとした時間を過ごすのもおすすめです。

 

上の子供にママを独占させてあげる

二人目以降の出産の場合は、上のお子さんとの時間を過ごすのもよいでしょう。ママやパパがどんなに頑張っても、産後は少なからず上のお子さんは生活の変化や我慢を経験します。

それ自体は上のお子さんにとって決して悪いものではないですが、「ママを独り占めできる」「上の子にたっぷりと関わることができる」時間は貴重なものになると思います。

 

まとめ

出産はとても喜ばしく、待ち遠しいものです。出産にまつわる様々な手当や制度は、勤務先の事務部が教えてくれることが多いと思いますが、制度を利用する側としてどんな制度があり、どこに申請するのか理解しておくことは大切なことです。

そして、職場の人たちにお世話になった感謝を伝えることは、出産後の復帰をスムーズなものにする秘訣の一つです。産休に入るまでに、しっかりと伝えましょう。

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

<最新情報をお届けします>

看護師歴10数年、総合病院の外科系病棟や外来処置室、化学療法室などでずっとがん患者さんの看護に携わってきました。大学院への進学や管理職も経験しましたが、現在は第3子の出産にむけて久しぶりに主婦業・母親業にひたっています。

看護師という仕事は大変な面もありますが、人との関わりの中で成長ができ、自分のライフスタイルに合わせてある程度働く場所を選択できる素敵な職業だと思います。ライターとしてはかけだしですが、これまでの看護経験や知識、ワークライフバランスに対する考えなどを皆さんと共有し、少しでもお役に立てられたらと思っています。よろしくお願いします。


カテゴリー:看護師コラム


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:すなふきん
(公開日:)(編集日::2017年07月27日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。