看護師が手術室の志望動機を書く際のポイントと例文

看護師が手術室の志望動機を書く際のポイントと例文

転職活動の際、履歴書の書き方に悩むのは志望動機と自己アピールではないでしょうか。

志望動機では、志望する部署や病院などの施設に対して、そこを選んだ動機や働きたいと思う理由や自分を採用してもらった場合どのように貢献できるのか、などを書くことが必要です。

ここでは、手術室を志望する場合の志望動機のポイントと例文をご紹介します。

1.手術室は志望動機に力を入れる必要がある

手術室の志望動機を書く看護師

手術室への転職を考えている看護師は、志望動機に力を入れることが必要です。

それでは、以下で詳しく説明していきます。

 

求人数が少なく競争率が高い

手術室は、一般病棟や施設での求人に比べて求人数が少なく競争率が高いため、採用して貰うには印象的な志望動機にまとめることが必要です。

手術室看護師は、専門的な看護技術が必要であるため「仕事を覚えるのが難しそうだ」と敬遠されやすいような気がしますが意外に人気が高い部署であるため、志望動機に力を入れましょう。

 

2.総合病院の手術室へ転職したい場合の志望動機のポイント

総合病院の手術室へ志望動機を書く女性看護師

総合病院は、手術室へ求人を出している訳ではなく看護師側がアピールしなければならないため、熱意が伝わるようにすることが必要です。

そのため、以下で手術室への配属を希望している場合の志望動機を考えてみましょう。

 

なぜその総合病院を希望するのか

手術室を希望する看護師は、「なぜその総合病院を選んだのか」という理由が必要であるため、

  • 自宅が近距離
  • 教育体制がしっかりしている
  • 定職率が高い
  • 子育て中の看護師が多い
  • 自分や家族が患者として治療を受けたときの印象

等、正直な気持ちを言葉にしましょう。

 

補足説明!

ポイント

これまで大学病院など大きな組織で働いていた場合、「なぜ大きな病院ではなく地域の総合病院を選ぶのか」と人事担当者は思うため、面接時はその質問に答えられるようにしておきましょう。

 

なぜその総合病院の手術室を希望しているのか

看護師が手術室の志望動機を書く場合は「なぜ病棟ではなく手術室を希望するのか」という理由が大切です。

手術室看護の経験者と未経験者の場合については、以下の通りです。

手術室看護の経験者 「キャリアアップやこれまでの経験を活かしたい」ということを書く。
手術室看護の未経験者 ・病棟では得ることができなかったこと
・手術室看護のどこに興味があるのか
・総合病院の手術室がどのように魅力的なのか
等を考えてまとめる。

総合病院は、様々な診療科の手術が実施され、年間手術件数も多いです。

手術室では覚えなければならないことも多く特殊で、オンコールや当直などの特別な勤務形態もあります

 

ポイント!

ポイント

病棟とは違って患者との関わりも少ないため、「どこにやりがいを見出せばよいのか」と病棟に戻る人も多いですが、それでも「病棟よりも手術室で働きたい」という気持ちが強いことが分かる内容になっていると人事担当者にも響くでしょう。

 

自分が勤めることで何を貢献できるのか

転職者で中途採用となると即戦力を求める場合がほとんどであるため、未経験者を教育して育てる時間をかけてもそれ以上にメリットがある、と判断して貰わなければ採用して貰えません。

そのため、「自分を採用して貰えればこのように貢献できます」と自信を持ってアピールすることが大切です。

 

補足説明!

ポイント

採用側は、応募者の希望ばかりを聞いてくれる訳ではないため「自分がもしその総合病院の手術室で働くことができたら、どのように成長して経験をその後に活かしていけるのか」をイメージしてみましょう。

 

志望動機の例文

私は、5年間大学病院外科病棟で勤務してきました。

術後看護が流れ作業のように繰り返され、個別性をもっと重視した看護がしたいと考えるようになりました。

以前貴院に家族が入院した際、看護師がベッドサイドで時間をかけて接している様子を見て、患者一人一人の不安を受け止めてくれる病院だと感じました。

私は、今後外科系看護でのキャリアアップをしていくためにも、まず周手術期の術前術後看護を一から学びたく、貴院での手術室看護を希望します。

貴院の多様な手術における手術室看護を専門的に学び、経験を積むことで、術後看護がより患者に寄り添えると思うからです。

また、これまでの患者コミュニケーション経験は手術室でこそ必要であり活かせるものと考えています。

 

3.手術室の看護師求人へ応募する場合の志望動機のポイント

手術室の看護師求人へ応募する女性

手術室の看護師求人へ応募する際、人事担当者は、「今回手術室看護をなぜ希望するのか」という点は確認したいところであるため、理由は明確にしておくことが大切です。

志望動機のポイントについて見ていきましょう。

 

手術室看護を目指そうと思ったきっかけ

手術室看護師をやってみたいと思ったきっかけがあるはずであるため、応募するに至った理由について自分の言葉で表現しましょう。

 

ポイント!

ポイント

手術室は、特殊な看護で「憧れだけでは現実を目の当たりにしたときに理想とのギャップを感じるのでは」と懸念されてしまうため「現実的な厳しさも理解した上で志している」ということが伝わると良いでしょう。

 

これまでの経験をどのように活かしていくか

これまでの経験の中で「自分が患者や家族とどう接してきたか」「医師やコメディカルとの関わり」「看護技術・知識などがどう活かせるか」と考えるより「どう活かしていきたいか」と考えてみることが大切です。

 

志望動機の例文

私は、患者にとって手術が人生を左右する一大事でありながら、患者から手術室での時間をほとんど覚えていないと聞くことが多く、その恐怖や不安を取り除きたいと思い手術室看護に興味を持ちました。

手術室看護は未経験ですが、これまで患者・家族はもちろん医師や他スタッフに対しても自分から笑顔で挨拶して声をかけるという心がけで培ったコミュニケーション力を、手術室でのチーム医療に活かしたいと考えています。

そして新しい分野だからこそ積極的に勉強をして急性期看護へ繋ぐためのスキルアップを目指したいため志望します。

 

4.まとめ

看護師が手術室の志望登記を書く際のポイントと例文について紹介してきましたが、いかがでしたか?

どのような場合でも志望動機には、「そこで働きたいという明確な理由と熱意が伝わるか」が採用されるかどうかの分かれ目となるでしょう。

手術室看護は、一般病棟とは異なる特殊な看護を提供する場であるため、一般に病院に応募するのとは違った相応の理由が問われます。

手術室に転職を考えている看護師は、是非参考にしてみて下さい。

その他、看護師の履歴書志望動機に関しては「看護師の志望動機 | 転職時の書き方と例文をすべて網羅!」を確認してください。

あおいロワイヤル

【神奈川県/40歳・資格:看護師、ACLSプロバイダー】

看護専門学校卒業後、大学病院の集中治療室(ICU・CCU)で8年間勤務。出産・育児休暇を経て復職しましたが、夫の転勤のため退職。その後、興味のあった在宅看護に携わりたいと考え転職し、現在は看護師が立ち上げた小規模訪問看護ステーションに在籍する現役訪問看護師2年目です。

転職に迷っている方、病院選びや就きたい仕事選びでリアルな現場の実状を知りたい方への情報を分かりやすくお伝えし、お役に立てればと思います。

運営会社 ・記事等に関する問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。