著作者

Jun

現役助産師

Jun

( 看護師 助産師 )

産科クリニックの看護師転職 | 未経験でも可能?

Jun
現役助産師 Jun
産科クリニックの看護師転職

産婦人科が気になっている産科未経験の看護師の皆さんが、産科クリニックに転職しようか悩んだときの参考になるような情報をまとめてみました。産科クリニックで勤務することに漠然とした憧れをもったり、ご自身のご経験から、私も一度は仕事としてお産に関わったりしてみたいと考える方もおられるしょう。

しかし、自分に産科が勤まるのか、ハードな職場だと聞くがやっていけるのかなど、いろんな不安や疑問が湧いてくると思います。今回の情報が、そんな皆さんの参考になれば嬉しいです。

1.産科クリニック看護師の違いについて

そもそも産科クリニックの看護師とは

産科未経験で、産科クリニックに転職しようと思いたつ方の多くは、ご自身の妊娠・出産・育児がきっかけだという、人生経験豊富な看護師の皆さんではないでしょうか。また、神秘的な命の誕生に関わりたいという、希望に満ち溢れた若い看護師の皆さんもおられることと思います。

 

産科クリニックの助産師と看護師の違い

助産師と産科クリニックの看護師の違いをよく聞かれますので、まず、助産師と看護師の違いを説明していきます。助産師と看護師の違いを簡単に言えばお産の直接的な介助ができるかどうかということです。言い換えれば、お産の介助以外のことは、助産師であっても看護師であっても大きくは変わらないということになります。

助産師 正常な経過の妊娠、分娩に関しての助産行為を医師の指示なしに行える。正常経過でない場合は、医師が関わることになっている。
看護師 例え正常な経過の妊娠、分娩に関して医師の指示があっても、助産行為は行えない。あくまでも、助産師や医師の助産行為の補助を行う。

 

産科クリニックで求められる看護師業務は、今まで他の診療科で勤務経験のある看護師の方なら、何なくできることばかりです。

 

産科クリニックと他の診察科との違い

産科クリニックと他の診察科との違いとしては、他の診療科では病気であることが前提であった対象者が、産科クリニックでは、基本病気でない方が対象者であるという大きな違いがあります

 

産科クリニックは人手不足であるところが多い

正直なところ、産科クリニックでは、常時人手不足であるところが多いと思われます。私が転職した新規オープンの真新しいクリニックでさえ、常時看護師の募集をかけていました

 

産科クリニックはおめでとうと言える唯一の診療科

産科クリニックと他の診察科との違いとしては、新生児と呼ばれる赤ちゃんがいることや、おめでとうと言える唯一の診療科であることです。はじめは戸惑いもあるかもしれません。しかし、慣れてしまえば業務も限られていますし、今までの人生経験も十分生かせる職場です。

実際、私の働いている産科クリニックでも、子育てが少し落ち着いた37歳で初めて産科で働く看護師さんや、7年ブランクのある産科未経験看護師さんが入職されました。お二人とも3カ月くらい経つと、他の人と変わらない様子で仕事をされていました。

 

ポイント!

ポイント

今までとは違う新しい看護業務を覚える努力さえできれば、産科未経験の看護師で産科クリニックに転職しても十分活躍でき、需要もあるということです。

 

2.産科クリニック看護師の仕事・業務内容

産科クリニックでの具体的な看護師業務

クリニックの規模にもよりますが、産科クリニック(私が勤務していたのは16床)では、基本的には看護師も直接的な分娩介助を除くと、助産師と業務内容は同じです。

 

産科クリニックの看護師業務はそれほど難しくない

私が勤めていた産科クリニックで行っていた主な看護師業務は以下の4つになります。

外来業務 ・妊婦健診時の介助(内診台を操作したり、エコーの介助)
・採血
・予防接種
・ホルモン注射
・つわりの人の点滴
・中絶手術の準備や介助
分娩時の看護 ・バイタルサイン測定
・点滴の実施や交換
・モニター装着
・お産の進み具合に合わせた声かけや観察
・産まれた新生児のバイタルサイン測定や観察
帝王切開時の看護 ・手術の準備
・医師の手術介助
・手術前後のバイタルサイン測定
・点滴の実施や交換
・出血量や尿量などの観察
・痛み止め実施などの術後看護
産後の看護 ・新生児の授乳や授乳介助
・沐浴やオムツ交換などの育児指導
・バイタルサイン測定
・産後の出血量などの観察
・産後の診察介助

4つの業務いずれの内容をみても、それほど難しいことがないのが分かります。新生児の授乳や帝王切開時の介助などは慣れるまでは大変ですが、何度も同じ業務にあたる機会があります。その都度経験を踏んで振り返りやっていくことで、半年も経たないうちにスムーズに動けるようになります。

 

ポイント!

ポイント

入職直後は、基本的な採血や点滴実施などの技術ができれば、まず問題ないといえます。

 

産科クリニックの看護師のスケジュール

産科クリニックで働く看護師は、産後の母親への母乳指導や、退院後の生活指導など助産師と同様に関わっています。

産科クリニックで働く看護師の、外来・病棟の日勤・病棟の夜勤それぞれのスケジュールと詳しい仕事内容について見ていきましょう。

 

外来の看護師のスケジュール

8:00~8:30 機械準備
8:30~9:00 外来来院患者の確認、外来スタッフでのミーティング
9:00~12:00 妊婦健診など診療介助、採血など医療処置
12:00~13:30 休憩
13:30~16:30 妊婦健診など診療介助、採血など医療処置
美容外来患者の脱毛処置
16:30~17:00 機械片付け、翌日のカルテチェック
17:00~17:30 病棟スタッフへの申し送り

 

日勤病棟の看護師のスケジュール

8:00~8:30 情報収集
8:30~9:00 夜勤スタッフからの申し送り
9:00~10:00 沐浴
10:00~12:00 沐浴指導、退院指導
12:00~13:30 休憩
13:30~14:00 検温
14:00~15:00 授乳指導
15:00~16:30 看護記録整理
16:30~17:00 夜勤スタッフへの申し送り
17:00~17:30 外来スタッフからの申し送り

 

夜勤病棟の看護師のスケジュール

16:30~17:00 日勤スタッフからの申し送り
17:00~17:30 外来スタッフからの申し送り
17:30~18:00 翌日点滴準備
18:00~ ナースコール対応、個別授乳指導
20:00~21:00 休憩
21:00~ ナースコール対応、個別授乳指導、授乳、オムツ交換、点滴ボトル管理
5:30~6:30 仮眠
6:30~7:30 検温
7:30~8:30 看護記録整理
8:30~9:00 日勤スタッフへの申し送り

分娩進行者がいれば、分娩進行者への関わりが優先となります。

 

3.産科看護師のやりがい・大変なこと・不向きについて

産科看護師 やりがい 大変なこと

産科に限ったことではありませんが、やはり、どんな仕事でもやりがいがあれば大変なこともあります。そんな中でも産科は、命の誕生に関わり、「おめでとうございます。」といえる唯一の診療科であることが特徴でありやりがいです。

 

産科看護師のやりがいと大変なこと

私が産科看護師を経験して感じたやりがいと大変なことをご紹介します。

産科看護師のやりがい 新しい命の誕生(出産)に関われること
新しい命(新生児)に触れられること
急変に対応できた時の充実感
大変なこと 入院や出産が重なると忙しい
勤務時間外の呼び出し(緊急手術の時)
緊急自体が発生することが多い
一般的な看護技術が低下しやすい
おめでとうといえないこともある(中絶、死産)

当たり前ですが、出産はある程度の予測はできても、その時にならないといつ始まるのか、いつ終わるのか具体的には分かりません。その分、業務の忙しさにも大きな差があり、急にバタバタと忙しくなることもよくあります。

そのため、常にゆったりした環境で赤ちゃんや妊産婦さんと関わりたいと思って入職すると、想像と違ったということにもなりかねません。

 

産科看護師に向いている人向いていない人

上記でご紹介したやりがいと、大変なことから考える、産科看護師に向いている方は、メンタル面が強く忙しい時はテキパキと、時間がある時はゆったりコミュニケーションがとれるなど、状況に合わせて臨機応変に働き方を変えていける人だといえます。

逆に、メンタルが弱く辛いことや悲しいことをひきずりやすい人や、コミュニケーションがあまり得意でない人は、産科看護師は向かないといえます。

 

4.産科クリニックの看護師のメリット・デメリット

産科クリニックの看護師のメリット・デメリット

看護師が産科クリニックで働く最大のメリットは、分娩に立ち会えることです。

「生命誕生の場」で感動をともに味わえることや新生児との関わりは、とても癒され仕事の疲れも和らぎます。

 

産科クリニックで働く看護師のメリット

産科クリニックで働くことは、女性として共感できる部分も多く自分自身の身体について学びを深めるきっかけにもなるといったメリットがあります。

また、看護師だけでなく助産師が共に働く環境でもあるため、看護学校だけでは習得出来なかった専門的知識が習得できます

 

産科クリニックで働く看護師のデメリット

産科クリニックは、お産を迎える20代~30代の既往歴がない患者が多いため、多種多様な疾患を勉強出来るとは限らないといったことがデメリットとしてあります。

また、外来ではナーバスな患者も多く、待ち時間や処置時の対応に関しクレームを訴えてくる患者も少なくないので、精神的な疲労が強いとも言えます。

 

ポイント!

ポイント

産科クリニックは、様々な疾患を学びたい看護師には不向きと言えるでしょう。

 

5.産科未経験OKの看護師求人を探す5つのポイント

産科 クリニック 看護師 探し方

産科クリニックの看護師求人にも、さまざまな条件があります。想定外なことが重なり、せっかくの未経験分野への挑戦が失敗に終わらないためにも、以下の6つのポイントを確認することを忘れないで下さい。

(1)分娩数を確認すること

分娩数はどれくらいあるのか。病床数にもよりますが、1日どのくらい分娩があるか考えることで日々の忙しさがある程度わかります。分娩件数が増えれば、入院している赤ちゃんも増え、外来患者さんも多くなります。

また、業務外の呼び出しも増えることなどが考えられます。しかし、単純に分娩数が多いか少ないかどちらが良いということではなく、自分がどんなふうに働きたいかを考える目安にできます

 

ポイント!

ポイント

具体的には、1日1件あるかないかくらいの分娩数だと、ゆったり働ける日が多いと予測できます。1日3件以上ある分娩数だと、勤務者の数にも左右されますが、一般的に忙しいと予測できます。

 

(2)分娩の取り扱い、無痛分娩の確認

分娩の取り扱いはあるのか(最近は妊婦検診だけ行い、分娩は分娩できる施設へ紹介するクリニックも増えている)、無痛分娩などの特殊なことはしているのか、不妊治療などはしているのかなどを具体的に確認する必要があります。

特殊なことをしている場合は未経験だと受かりにくく、受かったとしても大変になります。

ポイント!

ポイント

クリニックの中には、自費診療として美容に力をいれているところもあり、ホルモン注射や中絶介助ばかりが主な仕事ということも考えられます。

 

(3)クリニックの方針、雰囲気を確認

自然分娩に力をいれているところや、母乳育児を全面に推進している、立会い分娩ができる、薬である程度のコントロールしながらの分娩を推奨しているなど、それぞれのクリニックで分娩への方針は変わってきます。

クリニックの方針や雰囲気は、ホームページをみることでもある程度のことはわかるはずです。

 

ポイント!

ポイント

良い悪いではなく、自分の考えに合うのか合わないのかという視点で考えるようにして下さい。

 

(4)勤務条件は比較すること

休みの数や勤務時間、夜勤回数、給料などの基本的なことをしっかり確認して下さい。加えて、緊急時の呼び出しはあるのか、オンコール待機はあるのか、それぞれの手当ての金額なども忘れず確認します。クリニックによって、かなりの違いがあります。

 

(5)産科未経験看護師の採用の有無

産科未経験看護師の採用状況を確認することで、入職してからの教育体制があるのか、どんなふうに仕事を習得し、いつから夜勤に入るのかなど具体的に自分に置き換えて考えることができます。

 

ポイント!

ポイント

事前にしっかりリサーチすることで、こんなはずじゃなかったとならないように転職サイトを上手く活用し、コンサルタントの方に自分の心配や希望を伝えてみて下さい。

 

(6)看護師専用の転職会社で求人をピックアップしてもらう

産科未経験看護師の場合、自分で探すのはかなり大変になります。そのため転職斡旋会社から紹介を貰うことが一番早く、比較もできます。

ポイント!

ポイント

登録すると、それぞれ担当者から連絡が入るので希望条件を伝えながら求人を比較してみましょう。2つから3つ比較して利用しましょう。

 

まとめ:自分に合っているか見極めて転職しよう

まとめ:自分に合っているか見極めて転職

今までの情報からも分かるように、産科未経験看護師の皆さんの産科クリニックでの需要は間違いなくあります。ご自分が産科に適応できるかどうか、あれこれ悩む前に転職サイトに登録し、ご自身の希望に合うクリニックがあるのかリサーチすることからはじめてみてはどうでしょうか。産科クリニックで働くことができれば、看護師であっても夜勤に入りバリバリ稼ぐことも可能になります。

 

補足)産科未経験看護師が総合病院の産婦人科で働くには

総合病院の場合、入職時点で看護師と助産師採用枠が違います。そのため、看護師として産婦人科を希望しても、希望通りの配属にならないことはよくある話です。

しかし、一方で産科未経験看護師が産婦人科希望するという場合、助産師を目指しているというケースがよくあります。その場合、しばらく看護師として産婦人科で勤務してもらい、仕事に慣れてきた時点で奨学金などを利用して、助産師学校への進学を応援する制度などを設けている病院もあります。

病院としてはお金がかかりますが、奨学金をだしているので卒業後確実に勤務できる助産師を確保できるメリットがあります。私が、勤務していた総合病院でも、助産師学校支援制度がありました。その病院に三年以上勤めた看護師の進学希望者の中から、選考して毎年1人送り出していました。

 

産科未経験の看護師が総合病院で働くのはハードルが高い

もしあなたが助産師学校進学希望の意思をお持ちなら、総合病院の産婦人科への転職も視野に入れて考えるべきです。そうでなければ、総合病院の産婦人科で産科未経験看護師として働くことは、今の時点ではハードルが高いといえます。

 


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

私は、助産師として働きだし15年以上になりました。勤務場所は、総合病院、クリニックです。また、夜勤バイトでも、個人病院や産科クリニックなど、複数の職場でダブルワークを経験してきました。
40代が目の前に迫ってきた今、私の経験が誰かの役に立つのかもと思い立ち、ライターをはじめてみようと思いました。記事を書くのは初心者ですが、読んだ方が、「また明日も頑張ろう」と気持ちを後押しできるような記事が書けるよう、頑張ります。


カテゴリー:クリニック

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:Jun
(公開日:)(編集日::2017年06月16日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。