著作者

くるみん

現役看護師

くるみん

( 看護師 ケアマネージャー)

年上の後輩看護師との接し方・指導方法とは

くるみん
現役看護師くるみん
仕事を教える看護師

病院や施設で働いていると、自分より年上の看護師が就職してくる場合があります。

最近では、

  • 子育てが落ち着いてきた30~40代の人が看護師免許を取って働く
  • 子育ての休職から復職する看護師
  • 全く別の仕事から看護師免許を取って働く

等様々なケースがあります。

このような人たちは、ある程度歳を重ねているため現場の看護師が指導しますが、相手は年上なのでやりにくいと感じてしまう場合もあるでしょう。

今回は、年上の後輩看護師へ接する際に気を付けるポイントを紹介します。

1.年上の後輩看護師への話し方

会話する女性看護師

年上の後輩看護師は、看護師経験としては少ないですが人生経験は豊富に経験をしています。

後輩看護師ではあっても、自分より年上であるため必ず敬語で話しましょう。

 

今どきの言葉を使わない

年齢が上である後輩看護師は、若い年代が使用する「今どき言葉」や「流行り言葉」は伝わりません。

例えば、「あの人の対応神ってますよね。」や、真面目に話している年上の後輩看護師に対し「それな!」などの言葉を使っても、「は?何それ。」と思われてしまいます。

このような言葉を使うと上手くコミュニケーションが取れなくなるのでやめましょう。

 

けなすような言葉は使わない

年上の後輩看護師が仕事をなかなか覚えられない場合や失敗した時に声を荒げて

  • 「なんでそんなのもできないの?」
  • 「何回言えばわかるんですか?教えるの大変なんですけど。」

など相手をけなすような言葉を使うことはやめましょう。

年上の後輩看護師は、「自分より年下の看護師にひどいことを言われた。」とプライドが傷つき、若い看護師の指導に耳を傾けるのをやめ敵対心を持つこともあります。

お互いに仕事がやりにくく、やる気もなくなり辞めてしまうこともあります。

 

ポイント!

ポイント

なぜ失敗してしまったのか、繰り返さないためにどうしたらいいのかを声を荒げず淡々と話すように心がけましょう。

 

2.年上の後輩看護師への接し方・態度

yubiwosasujoseikangosi

年上の後輩看護師が、上手くできた内容や判断が正しかったことなど仕事で上手くできたことに対しては、褒め方に注意が必要です。

「よくやった。」「やればできる。」といった褒め方では、相手を下に見ているような言い方になってしまいます。

そのため、「いい方向に向かって良かったですね。」「さすがですね。」など、相手を少し上に見るような言い方をしましょう。

 

年上の後輩看護師への接し方

年上の後輩看護師が少しでも別の病院や施設で経験がある場合は、その経験を尊重することが大切です。

具体的には、看護技術の面や患者に対する対応、早期発見・早期対応など、年上の後輩看護師が経験ある部分については「参考になります。」と声掛けを行うとそれだけで自信が付き、嬉しい気持ちになるでしょう。

年上の後輩看護師が嬉しい気持ちになることで、若い看護師に対する態度も良くなるでしょう。

職場が変わることは、今までの経験が全て生かされるわけではありませんが、経験が生かされている部分については評価して接するようにしましょう。

 

年上の後輩看護師への態度

若い看護師に看護師歴があったとしても、年上の後輩看護師は人生の先輩であるため冷たい態度や上からものを言う等、偉そうな態度は取らないようにしましょう。

年上の後輩看護師への接し方としては、年上の人と話している意識を持ち話すようにして、話しかけるときも「今、話しても大丈夫ですか?」と確認を取ると相手もしっかり話を聞いてくれます。

たった一言声掛けをすることで、相手に与える印象が変わるため積極的に実行しましょう。

 

3.年上の後輩看護師への効果的な指導方法

書き込む女性看護師

年上の後輩看護師は、20代の若い看護師と比べて覚えるスピードも年々衰えていくため1度教えてもなかなか覚えられない場合があります。

その場合には、根気よく何度も指導することが必要で言葉だけでは理解できないようであれば、メモを取ってもらうことや手順書を一緒に確認しながら実施します。

 

できる看護技術は口出ししない

年上の後輩看護師が看護技術を1度見学して特に問題なく出来ている場合は、口出しすることをやめましょう。

年上の後輩看護師にもできる箇所とできない箇所があるため、全てにおいて「できていますか?」「わかりますか?」と声をかけすぎるのもよくありません。

出来ていなくて指導したいものを聞いてもらうためにも、ある程度自立できるところは自立させることが必要です。

特に、少しでも別の病院や施設で経験のある年上の後輩看護師については、見守り程度で良い場合もあるため、しつこく言わないようにを気を付けましょう。

 

ポイント!

ポイント

年上の後輩看護師が仕事に「行き詰ったら声をかけてもらう」くらいの距離間でも良いでしょう。

 

能力を見極めてから指導する

年上の後輩看護師に、病棟や施設内のことを全て覚えてもらい実施できればベストですが、それが難しい後輩看護師には、できる範囲のことを指導しましょう。

基本的に、1日の業務をこなすことができれば、細かい事務作業など誰にでもできるような内容まで覚えてもらわなくても支障ありません。

年上の後輩看護師の能力を見極めて、どこまで指導すればいいのか考えていくことが大切です。

 

出来ていない箇所を可視化する

年上の後輩看護師に対する効果的な評価方法・伸ばし方として、チェックポイントシート等を使って可視化する方法があります。

指導するにあたって、入職時に何ができて何ができないのかを3か月後・半年後・9か月後・1年後、と定期的に自己評価し、どこまで出来ているのかを確認すると良いでしょう。

年上の後輩看護師は、プライドが高い人が多いため自らのレベルを自分で見つめなおすことで「覚えなくてはいけない。」と自覚することが期待できます。

年上の後輩看護師ができない部分を、指導者である若い看護師も一緒に覚えることによって、指導者側も自信にもつながるため指導するうえで適していると言えるでしょう。

 

ポイント!

ポイント

新人看護師とは違い、ある程度できることが多い看護師もいればブランクがあってできないことが多い看護師もいます。

 

4.まとめ

年上の後輩看護師は、若い看護師より年上であるため大変やりにくいですが、年上との話し方や態度・接し方を身につけることが出来れば問題ありません。

なぜなら、相手もあなたの事を年下だけど先輩看護師だという意識で接するからです。

指導については、その看護師の個別性を考えていくことでお互いに無理なく仕事をすることができます。

現在、年上の後輩看護師指導をしている看護師やこれから指導をする予定の看護師がうまく関係を築けるようになれば幸いです。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

元々体育の先生を目指して高校まで頑張っていたのですが、ボランティアを通して人を助ける仕事に就きたいと思い、看護師になりました。これまで病院では救命病棟から外来まで、そして今は特別養護老人ホームと障害者施設で働いている(シングル)ママさんナースです。
介護支援専門員の資格も持っています。いろいろなジャンルを見てきたのと、現在管理職として働いていること、そして子供がいても無理なく働けるノウハウをみなさんにも教えていけたらと思います。看護師という仕事はとても幅広く働けます。
自分にあった「看護師としての働きかた」を見つけられるようにアドバイスしていけたらと思っております。どうぞ、よろしくお願い致します。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師 ・介護支援専門員 ・たんの吸引研修指導看護師
出身/年齢 ・東京都/30代後半
職務経験 ・総合病院(病棟・外来勤務) ・クリニック ・特別養護老人ホーム ・障害者福祉施設
診療科経験 ・外科 ・形成外科 ・泌尿器科 ・小児科 ・内科 ・皮膚科 ・脳外科


カテゴリー:看護師の人間関係

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


(公開日:)(編集日::2017年06月10日)
当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。