著作者

森のくまさん

正看護師

森のくまさん

( 看護師 )

眼科看護師の「悩み」を解決!勉強方法はどうする?

森のくまさん
正看護師 森のくまさん
眼科看護師の悩み

看護師の仕事の中で「眼科」は特殊な科であると位置づけられています。

また、「楽である」「清潔で綺麗な仕事が多い」などのメリットが強調されがちでもあります。

しかし、眼科には他の科の看護師にはない眼科ならではの悩みが存在するのも事実です。

特に、眼科看護師の勉強方法については、よく聞かれる悩みの1つです。

このページでは、そんな「眼科看護師」に、よくある悩みをピックアップしてみました。

眼科経験20年のベテラン看護師が、あなたの悩みをスッキリと解決しましょう。

1.「何を勉強したら良いのか分からない」という悩み

眼科の勉強に困っている看護師

眼科は他の科と比べて看護師本来の仕事とはかけ離れた仕事が多く、看護学生時代に詳しく学ぶ機会はほとんどありません。

そのため、眼科へ転職後、「何を勉強したらよいのか分からない」と途方に暮れるケースが多いのです。

 

【解決法】新人向けのわかりやすい参考書を手に入れる

眼科ケア 画像引用元:「MC メディカ出版」より

眼科の看護師が勉強法に悩んだら、まず行うべきことは、新人向けのわかりやすい参考書を手に入れることです。

私のオススメは、「メディカ出版」が毎月刊行している「眼科ケア」という雑誌です。

 

「眼科ケア」の新人向けの特集号や別冊がオススメ

可能であれば「眼科ケア」の新人向けの特集号や基本的な内容を取り扱った別冊を購入するとよいでしょう。

ここには、眼科で知っておくべきことの基本中の基本がわかりやすくまとめられていますので、「眼科看護」という未知の世界を歩くための地図の役割を果たしてくれます。

 

【解決法】「目の解剖」「代表的な疾患の知識」「基本的な検査の概要」を勉強する

眼科の解剖整理

眼科看護師として、最低限、知っておいて欲しい知識としては以下の項目が挙げられます。

(1)目の解剖 各部位の名前や機能について
(2)代表的な疾患の知識 白内障・緑内障・糖尿病網膜症・網膜剥離・加齢黄斑変性など
(3)基本的な検査の概要 視力検査、視野検査、眼圧検査など

とりあえずこういった内容を勉強しておき毎日仕事に励んでいれば、そのうち全容がわかってきて次に自分が何をすべきなのかが予測できるようになります。

指導された事はすぐに「自分のもの」にする

例えば「白内障」だと診断されれば、経過観察するのか、すぐに手術の予定をたてるのかによって対応が変わってくるでしょう。「眼底検査」の指示が出れば散瞳するための点眼を行わなければなりませんし、「鼻涙管閉塞」が疑われれば「涙嚢洗浄」の準備を行い、子供の場合は協力して動かないよう固定する必要も出てきます。

こういった事は、その都度、先輩や医師から指導を受けると思います。教えてもらった内容は後できちんと復習して知識や技術を自分のものにし、次からは一人で行えるように勉強しておくことも重要です。

 

【解決法】疑問に感じたことはすぐに調べるor先輩に確認する

相談する看護師

眼科の看護師が疑問に感じたことは、自分で調べるなり先輩に確認するなりして、勉強していくことも大切です。

例えば散瞳を行う際にAさんには使用して良いがBさんに使用してはいけない薬があるとすれば、ただ単にその事実だけを把握するのではなく理由を理解しておかねばなりません。

そうやって理解を深めることが「気づき」につながり、ミスや思い込みを防ぐことにもつながります。

 

注意点!

ポイント

眼科の仕事内容はパターン化していることが多いためか、先輩看護師の中には新人への説明を省略してしまう看護師が多い傾向にあります。

このような点からも、少しでも疑問に感じたことは確認が重要だと言えます。

 

2.「看護師としてスキルアップできないのでは」という悩み

スキルアップを考える眼科看護師

確かに眼科では、看護師らしい仕事は少ないと言えるでしょう。

注射や点滴の数も限られていますし、一般病棟で行うような排泄介助、体位変換、清拭などの一般的な看護業務もほぼありません。

ですから、一般的な看護師としてスキルアップができないのは明らかです。

では、その事実をどのように受け止めればよいのでしょうか。

ここで重要なのはあなた自身が将来どんな看護師になりたいかということです。

 

【解決法】眼科看護師としての道を極める決意をする

ガッツポーズする女性看護師

眼科で働き続ければ確かに一般的な看護師としてのスキルアップはできませんが、眼科看護師としての経験を積むことはできます。

眼科看護師としての道を極めるのだという決意をしてしまえば、「スキルアップできない」という悩みに惑わされず、今の仕事にまい進することができます。

 

【解決法】早めに他の科へ転職する

転職を考える看護師

一方で、「看護師らしい仕事がしたい」「看護師としてスキルアップしたい」という思いが強いのであれば、早めに他の科への転職を考えたほうが良いでしょう。

繰り返しになりますが、眼科で学ぶことができる「看護師の仕事」には限界があります。

方向転換をするのであれば、できるだけ若いうちに行った方が新しいことを吸収しやすいですし慣れるのも早いでしょう。

 

他の科を経験して再び眼科に戻る選択肢もある

他の科を経験して再び眼科に戻る、というのもスキルアップを考える看護師の選択肢の1です。

私の知り合いには、今後眼科看護師としての道を極めたいがゆえに一度、他の科の看護師の仕事を経験して再び眼科に戻ったという人もいます。

彼女曰く、結果的には、より広い視野から眼科疾患をとらえることができるようになったし、また自分にはやはり「眼科が一番合っている」という確信が持てて迷いがなくなったとのことでした。

 

3.「給料が少ない」という悩み

給料に不満のある眼科看護師

眼科の場合(特にクリニックだと)、「夜勤が無い」「残業が少ない」などの理由により、病院などで働く看護師よりも給料が低い傾向があります。

以下で、様々な眼科クリニックで勤務していた私の年収や給料の参考値をご紹介します。

地方での平均給料 18万円~25万円
都心での平均給料 ~35万円
平均年収 250万~550万

上記を見て分かるように、同じ「眼科」でも職場によって給料事情に大きな差があります。

 

【解決法】給料が良いクリニックの求人を根気強く探す

求人を探す看護師

眼科の中には待遇が手厚く給料が良いクリニックも存在しますので、根気強く探してみると良いかもしれません。

眼科の中で「給料が良い」とされるのは、大体「給料26万円以上」位が目安になるでしょう。

 

給料が良い求人の「裏事情」に注意!

ただし給料などの待遇が良い眼科の場合、「仕事がハード」「人間関係が悪く採用しても長続きしない」などの裏事情が存在するケースもあります。

そのため、平均よりも給料が良い求人については、「看護師転職サイトの担当者」や「インターネット上の口コミ」から、事前にその眼科の「評判」について情報収集しておくようにしましょう。
 

今の眼科での「恩恵」を考えてみよう

もしかすると現在の眼科は、給料は安いけれども、その分メリットがあるのかもしれません。

例えば「仕事が楽である」「残業がない」「ストレスが少ない」などの恩恵があるのではないでしょうか。

転職して後悔しないように、「今あるもの」にも目を向けつつ。十分検討した上で行動にうつすべきでしょう。

 

4.「眼科の検査器械の操作が苦手」という悩み

眼科の機械操作

眼科へ転職した看護師には「検査器械の操作が苦手」と悩む看護師もいます。

しかし、最初のうちは、むしろうまくできなくて当たり前です。

 

【解決法】多くの人に患者役になってもらい操作に慣れる

眼科

眼科の基本的な検査の理論や操作方法を学んだら、できるだけ多くの人に患者役になってもらい検査器械に沢山触れて操作に慣れるようにしましょう。

スマホ操作などになじんでいる若い看護師は比較的慣れるのが早いかもしれません。

 

どうしても操作が覚えられない場合は・・・・

操作が覚えられないようであれば、

  • ポケットに手順を記載したメモを忍ばせる
  • 病院側の許可を得て器械に操作方法を書いた紙を貼らせてもらう

ようにすれば、戸惑うことが少なくなります。

 

注意点!

ポイント

ただし、実際に患者に検査を行う場合には患者の負担を最優先に考えるべきです。うまく行えずに何度もやり直したり、無理な姿勢で続けたりするのは極力避けて、早めの段階で先輩に交代してもらうようにしましょう。

 

5.「手術の介助が苦手」という悩み

眼科の手術介助

手術介助が「悩み」である看護師は、

  • 何度もシミュレーションを繰り返し慣れること
  • 術野をよくみて先を見越し、あらかじめ準備をしておくこと

が、克服するコツだと言えます。

 

【解決法】集中し落ち着いてやるべきことをこなす

手術室看護師

眼科手術の介助に関しては、基本的なパターンは同じですので苦手な人でも回数こなせば、スムーズに行えるようになるはずです。

ですから、不慣れなうちは、集中し落ち着いて、確実にやるべきことをこなしていくしか他ありません。

ベテランからのアドバイス!

手術介助では繊細な器械類の取り扱いに注意すること、小さな針や糸を紛失しないよう気を配ること、眼内レンズを破損したり紛失したりしないよう注意することなどは基本中の基本だと言えるでしょう。

また、外回り看護師の仕事は、器械本体とチューブ類の接続をしっかり行うこと、患者さんの状態に常に注意を払うこと、眼内レンズを間違いなく提供することなどがポイントになります。

 

【解決法】医師に対しては、寛大に穏やかに対応する

眼科では器械だし看護師によってペースを乱されることを嫌う医師が多く、そういった医師に手術中に強く叱責され悩んでしまう看護師もいます。

このような医師に対しては、母親のような広い心ですべてを受け止めて寛大に穏やかに対応することが一番です。

そして、あまり医師が言ったことを真面目に受け取りすぎないことも大切です。

偉そうなことを言いながら未だに私自身この域に達することはできていません。(笑)まさに「言うは易し行うは難し」ですね。

 

6.「ORT(視能訓練士)との関り方が難しい」という悩み

視能訓練士
クリニックによってORT(視能訓練士)と看護師との関係性はさまざまです。

看護師の師長がすべてを牛耳っているケースもあれば、ORTのトップがその立場である場合もあります。

ORTがトップであるクリニックでは、仕事への取り組み方が違う場合もあるでしょう。

例えば、眼科検査を実施することに重きが置かれ、看護処置は補足的な仕事であると捕らえられるため、看護業務より検査業務を優先せねばならないなどといった具合にです。
 

【解決法】眼科検査の大先輩として、謙虚に学ぶ姿勢を見せる

学ぶ看護師
ORTとの関りなしで眼科業務をこなすことは困難です。

ですから看護師は眼科検査の大先輩として、ORTから注意や指導を受けた際には、謙虚に学ぶ姿勢をみせてください。

そうすることで、上手にORTとの関係性を築くことができるでしょう。

そして、ORTからの指摘は、自分自身を向上させる糧と前向きに捕らえるようにしましょう。

 

補足説明!

ポイント

看護師では行えない高度な検査や、子供の検査などにおいてORTに検査の交代を依頼する機会も少なくありません。ですから、普段から良好な関係を築いておくことが重要です。

 

7.「要求の多い患者に振り回される」という悩み

眼科の患者

眼科では、眼鏡作成やコンタクト処方などの際に、患者に振り回されることがあります。

  • 眼鏡をあわせても何度も合わせなおしを要求する患者
  • コンタクトレンズを片っ端から試そうとする患者
  • コンタクトレンズを怖くて目に入れることができない患者

など、眼科看護師を悩ませる患者は後を絶ちません。

 

【解決法】患者をうまく誘導する

眼科の看護師

もちろん、できる限り誠心誠意の対応をすることは必要です。

しかし、あまりにも度を越したケースならば、うまく誘導することも必要になるでしょう。

例えば上記に挙げた例であれば、以下のように誘導してみると良いでしょう。

(1)眼鏡がなかなか合わない場合 これ以上よく見えるようにするのは不可能である根拠を挙げて説明する
(2)コンタクトレンズを片っ端から試そうとしている場合 看護師側で選択を絞り込み、どちらかを選んでもらう
(3)コンタクトレンズをなかなか入れられない場合 医師の了承を得た上で改めて別の日に来院していただく

 

先輩の対応を見ながら適切な対処方法を学んでいく

余裕があるのなら一人の患者だけにじっくり関わることも可能ですが、通常、眼科には大勢の患者が来院するため、特定の患者に必要以上に時間を割くことはできません。

新人のうちは、こういった「誘導」も難しいかもしれませんが、先輩の対応を見ながら適切な対処方法を学んでいきましょう。

 

8.「患者が神経質すぎて正確な検査ができない」という悩み

視力検査をする患者

患者の自己申告によって結果が左右される眼科検査ならではの特徴です。

眼科の患者の中には几帳面で完璧主義の人もいます。

このようなタイプの人は視力検査において「必ず正解を答えなければならない」「はっきりと見えないなら答えない方が良い」などと解釈して、見えるのにわからないと返答してしまうため、正確な視力が把握できない場合があります。

 

【解決法】視力検査本来の意味を事前に説明しておく

眼科看護師と患者

これを解決するには、患者に対し視力検査本来の意味を事前に説明しておくことが有効になります。

視力検査とは「切れ目がはっきり見えなくても、切れていることが判断できるかどうかを問うもの」であるため、とりあえず「右かな」「左かな」と思うようなレベルでも答えてもらうことが大事だと説明しておきます。

 

患者の性格にも気を配ってあげる

このように、患者の性格にも気を配り、医師に信頼される検査結果を常に提供できる看護師を目指しましょう。

 

9.「子供が泣き出したり、飽きてしまったりする」という悩み

眼科

特に視力検査を行う場合、子供が泣き出したり飽きてしまったりすると検査が一向に進まず、看護師としては本当に頭を抱えてしまいます。

 

【解決法】母親と2人で協力しながら、子供に働きかける

眼科

子供が病院に対する恐怖心がある場合、まずは母親と親し気に会話をして子供を安心させ、警戒をとくよう働きかけましょう。

また、レフを測定する段階で嫌がって進まない場合は、母親と2人で声をかけながら実施し、無理なら手もち式のレフを利用するなどの工夫を試みます。

 

補足説明!

ポイント

視力検査は眼鏡枠にキャラクターのシールを張るなどして興味を持たせ手早く行います。

終わったらシールなどのご褒美をあげると次回の検査をやりやすくできる効果があります。

そして、少し大げさなくらい褒めたり励ましたりすることも良いでしょう。

 

【解決法】充血の訴えがある場合は抱っこしたまま診察室に入ってもらう

眼科の患者

充血などの訴えで来院した場合は泣いてしまうと目の本来の状態がわからないため、泣かせないのが鉄則です。

事前に母親に、自分の方に顔をむけて抱っこしたまま診察室に入ってもらうよう説明しておきましょう。

 

キャラクターのついた光るおもちゃなどを用意しておく

キャラクターのついた光るおもちゃなどを用意しておき、子供をあやしたり視線を誘導したりして医師がスムーズに診察できるよう介助することも重要です。

 

10.「待ち時間に関するクレームが多い」という悩み

眼科外来で待つ患者

患者数の多い眼科では、「待ち時間」に関するクレームが多いです。

特に、「診察の順番が前後」した場合に、クレームに発展しやすいです。

 

【解決法】患者に予め、順番が前後する可能性がある旨を伝える

クリニックの説明を受ける女性

眼科は他の科と比べて検査が多く、診察の順番が多少前後するのは仕方ないことです。

そのことをあらかじめ患者に説明しておくだけでも、大分クレームは減るはずです。

ただし、あまりにもクレーム数が多い場合にはクリニック全体でシステムについて考える必要があるかもしれません。

「気にかけている」というメッセージを送りましょう

以前受けた研修で、「自分が大事に扱われていない」と感じることが腹をたてるという行為につながるのだと、教えてもらったことがあります。

そのため「あなたのことを気にかけていますよ」というメッセージを送り続けることが重要なのだそうです。

少し不機嫌そうな表情の人がいたら、「あと〇人です、お待たせして申し訳ありません」などと一声かけるだけでも、ずいぶんと本人の気持ちが和らぐのだと説明してくれました。

せっかく素晴らしい医療や看護を提供しても、待ち時間の不満によって総合的な満足を得られないようになってしまうと残念ですよね。ぜひ、心がけて欲しいと思います。

 

まとめ

20年以上眼科を経験しても、どんなに勉強しても、私自身まだまだわからないこと、知らないことがたくさんあります。

しかし、1つ1つ「悩み」を解決していくことで、少しずつ眼科看護師として「スキルアップ」してきていることも、実感できています。

医師や患者に「さすが」と言われる眼科看護師をめざして日々さらに精進していきたいものですね。


看護師転職サイトの口コミ評価

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】



総合病院の手術室勤務を3年ほど経験した後、主に眼科クリニックで看護師としての経験を20年以上積んでまいりました。けっして順風満帆とはいえない失敗や挫折だらけの看護師人生でしたが、こんなダメな私だからこそ伝えられることがあるのではないかという思いで看護師ライターの仕事を続けています。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師

記事の内容に関しては、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用をお願いいたします。
カテゴリー:看護師の実情

(公開日:)(編集日::2018年07月12日)

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。