著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

整形外科の看護師転職|募集求人を探す前に知りたい事

kameko
看護師スタッフkameko
整形外科の看護師転職|募集求人を探す前に知りたい事

このページでは、看護師の中でも人気が高い診療科の1つである整形外科について紹介していきます。

これから整形外科に転職しようと考えている看護師は、以下の記事を読んで、他の診療科との違いをおさえておくようにしましょう。

1.整形病棟の看護師一日のスケジュール

NKままさん(元整形外科病棟の看護師)

看護師NKまま

整形外科病棟はどんな印象がありますか。私は骨折や骨、関節の疾病の患者さんがいる、手術が多いという印象がありました。

以下に、私の経験した整形病棟の一日を紹介していきます。

8:30~ 申し送り
9:00~ 医師の回診や処置の介助、清拭など
10:00~ 患者さんの検温、退院の患者さんへの書類の説明、入院患者さんの受け入れなど
11:00~ リーダー看護師への報告、患者さんの内服、インスリンや注入の準備
11:45~ 昼食の配膳、食事介助
12:30~ 昼食休憩
13:30~ OPE出し、OPE出し後の病室準備
14:00~ 記録など
15:30~ OPE室からの帰室、バイタル測定
16:30~ 夜勤者への申し送り
17:00 帰宅

上記のスケジュールをこなしながら、ナースコールの対応や点滴の管理をしていかないといけません。

また、急性期の整形外科では1日に5~6件の手術が行われることが珍しくなく入退院も激しいため常にバタバタしているのが特徴です。

 

患者に明るく対応しながら沢山の仕事をこなしている

患者の多くは、怪我などで痛みはあるものの、それ以外の面では元気ですので、そんな患者に明るく対応しながらたくさんの仕事をこなすことが求められるのです。

 

2.整形外科で働く看護師の仕事内容について

整形外科で働く看護師の仕事内容

整形外科では、点滴や採血、検査、医師の補助、食事介助などの一般的な看護業務の他に、以下のような仕事が多いのも整形外科ならではの特徴です。

 

(1)整形外科ならではの技術をマスターする必要がある

看護師が行う業務は、一般的な注射や採血、投薬などのほか、テーピングや包帯、ギプスなどの装着を行うことが多いのが特徴です。また、コルセットや創外固定器具、外転枕など、他の科では絶対に使用しない医療器具についてもマスターする必要があります。

 

(2)患者の移乗や排泄の介助が多い

整形外科の患者は自身で身の回りのことができない方も多いので、患者の移乗や排泄介助なども一般の診療科に比べると、回数が多くなるのも特徴です。

 

看護師には介護力が求められる

総合病院の整形外科は8割が75歳以上の高齢者です。そのため、急性期を過ぎた多くの患者は治療云々よりも「介護」が必要になってきます。日によっては、ひたすらトイレ介助と移乗とだけで一日が終わる感覚があることもあります。

 

(3)褥瘡予防のための体位交換を行うことが多い

術前・術後の患者のリハビリは作業療法士や理学療法士の方が中心となって行いますが、下肢の骨折の場合は術前はベット上での安静の患者が多く、褥瘡予防のため体位交換を看護師が行う必要があります。

 

ポイント!

ポイント

大腿部頸部骨折の場合は介達牽引や直接牽引をしていることがあるので、体位交換はもちろんのこと動かせない牽引している下肢の踵など褥瘡ができやすいのでポジショニングを整えるのも看護師の仕事となります。

 

3.整形外科で働く看護師のメリット

整形外科で働く看護師のメリット

若い看護師から人気の高い診療科である整形外科は、看護師の定着率も高く、他の診療科よりも長く勤務している看護師が多いことが特徴です。

その整形外科で働く看護師のメリットをご紹介していきます。

 

(1)明るい雰囲気の中で働ける

整形外科の患者は内科の患者と比較すると、精神面では元気であり、若い患者も多いです。

そのため、整形外科全体で見ると明るい雰囲気の職場で看護師が働けることがメリットといえます。

 

補足説明!

ポイント

他の診療科と比較すると、命に関わるような深刻な疾患を抱えている患者は圧倒的に少ないため、ナースステーションも比較的、和気あいあいとしている病院が多くあります。

 

(2)自然と術前術後の看護スキルを身に付けることができる

整形外科に入院する患者は一部の疾患を除き、ほとんどが手術をしなければ完治はできない状態であるため、この科では毎日、何件もの手術が行われています。(病院の場合)

そのため、整形外科で働く看護師は自然と術前術後の看護スキルを身に付けることができるのがメリットといえます。

 

(3)老人保健施設でも応用できる介護力が身に付く

自由に動けない患者を相手にする整形外科では、看護力だけではなく介護力も身に付けることができることがメリットといえます。

ここで得た介護力は、病院のみならず特別養護老人ホームなどのような老人保健施設に転職をした際にも、応用することができます。

 

ポイント!

ポイント

老人保健施設では、整形外科系の疾患を抱えている利用者が多いため、整形外科出身の看護師はとても重宝される傾向にあるようです。

 

4.整形外科に転職する看護師のデメリット

整形外科に転職する看護師のデメリット

整形外科に転職を考える看護師のデメリットについて説明していきます。

 

(1)整形外科の看護師はとにかく忙しい

整形外科に転職する看護師のデメリットのひとつは、非常に忙しいことがデメリットの1つです。

もちろん看護師はどの科で働いても忙しい職種なのですが、その中でも急性期病院の整形外科は特に忙しいことで知られています。

 

(2)就寝前や起床時は特にナースコール対応が大変

整形外科では、日勤帯もナースコールが多いですが、就寝前や起床時は特にナースコールが多く、トイレ移動の介助が多いです。

少ない人数で、ナースコールの対応をしているため患者を待たせてしまうこともあり、それがクレームに繋がってしまうこともあります。

ナースコールが大変なこともデメリットといえるでしょう。

 

(3)体力面での看護師の負担が大きい

整形外科では患者の移乗やトイレ介助などを行うことが多く、看護師によっては体力的な負担が大きくデメリットといます。

中には常に腰痛に悩まされているような看護師も少なくありません。

 

5.整形外科の看護師求人を探す注意点について

整形外科の看護師求人を探す注意点

整形外科の看護師求人を探す上で避けるべき求人にはいくつか特徴があります。

 

(1)患者にじっくり看護をしたい場合は立地条件に注意する

他の診療科と違い整形外科は手軽に患者が利用します。足を捻挫した、膝を打った等々、日常生活で起こりうる軽微な疾患であっても患者が病院を頼ってくることが多くなるのです。

駅から近い、繁華街にある場合は自分たちも通勤しやすい分、患者も訪れやすいですので、混んでて忙しいところで働くよりも、1人1人と丁寧にかかわりじっくりと看護をやりたいという場合には、駅前は避けると良いでしょう。

 

補足説明!

ポイント

外来を検討している、クリニックを検討しているという方は病院の立地にも着目すると良いでしょう。

 

(2)おすすめできる整形外科病院の求人の特徴

おすすめできる求人の特徴は病院の場合、病棟が単科かどうかです。

整形外科は患者数は多いものの命に関わるほどの重症例というものは少ないため、単科ではなく診療科が混合している病棟ですと整形外科の患者よりも、他の診療科の患者を受け持たざるを得なくなることの方が多いです。

整形外科を極めたい、学びたいということであれば整形外科単科の病棟を選ぶことがお勧めです。

 

(3)おすすめできる整形外科クリニック求人の特徴

整形外科クリニックの場合は、「自分の希望に合った働き方ができるかどうか」という所がポイントです。

整形外科は、老若男女問わず誰でも手軽に受診できる診療科であるため、クリニックでは患者の駆け込み受診が多く受付時間を過ぎているのに受付しようとする患者や受付時間ぎりぎりに流れ込んでくる患者が驚くほど多くいます。

そうなると閉院時間は遅くなり、残業の時間も長くなります。

 

ポイント!

ポイント

定時で帰れる整形外科クリニックを探す場合には、予約制かどうかという所がカギとなり、そのようなクリニックへの転職を検討しているならば、予約制のクリニックを選ぶことをお勧めします。

 

(4)整形外科求人を見つける際に着目するポイント

整形外科の求人を見つける際に着目しておきたいポイントは、その整形外科は何を得意としているかです。

整形外科と一言で言っても医師が得意としているものが違うため、それによって患者層も異なります。

 

補足説明!

ポイント

自分が学びたい分野の患者は受診してこないなんていう可能性もあり、気になる方は病院のホームページや転職エージェントを利用して情報収集をしましょう。手術や治療の実績を確認しておくと良いでしょう。

 

整形外科の医師に得意と不得意があるので注意する

スポーツ系のケガを扱うのが得意としている場合では、比較的若い年代の患者が多くなります。老人特有の疾患を得意としている場合は、高齢者が患者層として多くなります。

また、得意の逆に医師が苦手としている分野もあります。腰椎など腰の疾患を苦手としている、頸椎など首の疾患を苦手としているといった場合にはその分野の患者が来ないこともあります。

 

(5)整形外科の面接する際に確認するポイントとは

面接時に確認しておきたいポイントは、働く看護師の年齢層です。

整形外科は、

  • 病棟だと若い看護師が多く
  • クリニックだと年齢を重ねた看護師が多い

というのが特徴です。

 

職場の人間関係を確認する上で重要となる

転職した整形外科に同世代のスタッフがいれば、安心して一緒に働くことができるのではないでしょうか。

どんな世代の人が働いているのかというのは、面接でしか聞くことのできないポイントとなりますので、確認しましょう。

また、世代だけでなく主婦である、子育て中である、独身であるといった自分とライフスタイルが似ているかどうかも重要なポイントです。

 

まとめ

整形外科の看護師転職はなるべく多くの求人を比較しながら、確認していくことが重要になります。

整形外科は怪我の治療やリハビリのイメージが強いのですが、手術を行うような病院では特に、一般的な病棟看護師としての業務も必要になります。

そのため、覚えたり勉強したりるする事柄が非常に多く、思ったより大変、という看護師も多くいます。

よく検討した上で、自分に合った職場を見つけていくようにしましょう。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。


カテゴリー:看護師に人気の科

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:kameko
(公開日:)(編集日::2017年07月29日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

4 コメント・感想

  1. […] 整形外科 […]

  2. […] 整形外科 […]

  3. […] →整形外科の看護師転職|募集求人を探す前に知りたい事 […]

  4. […] 整形外科に転職を考える看護師の方は「整形外科の看護師転職|募集求人を探す前に知りたい事」も合わせて確認してください。 […]

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。