著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

整形外科の看護師転職|募集求人を探す前に知りたい事

kameko
看護師スタッフkameko
整形外科の看護師転職

このページでは、看護師の中でも人気が高い診療科の1つである整形外科について紹介していきます。これから整形外科に転職しようと考えている看護師は、以下の記事を読んで、他の診療科との違いをおさえておくようにしましょう。


★そろそろ転職しよっかなぁっと思ったら★

現看護師の口コミ

口コミランキング

1.整形病棟の看護師一日のスケジュール

NKままさん(元整形外科病棟の看護師)

看護師NKまま

整形外科病棟はどんな印象がありますか。私は骨折や骨、関節の疾病の患者さんがいる、手術が多いという印象がありました。しかし実際働いてみると、いろいろと驚いたことがありました。以下に、私の経験した整形病棟の一日を紹介していきます。

時間 内容
8:30~ 申し送り
9:00 医師の回診や処置の介助、清拭など
10:00 患者さんの検温、退院の患者さんへの書類の説明、入院患者さんの受け入れなど
11:00 リーダー看護師への報告、患者さんの内服、インスリンや注入の準備
11:45 昼食の配膳、食事介助
12:30 昼食休憩
13:30 OPE出し、OPE出し後の病室準備
14:00 記録など
15:30 OPE室からの帰室、バイタル測定
16:30 夜勤者への申し送り
17:00 帰宅

上記のスケジュールをこなしながら、ナースコールの対応や点滴の管理をしていかないといけません。

また、急性期の整形外科では1日に5~6件の手術が行われることが珍しくなく入退院も激しいため常にバタバタしているのが特徴です。

 

患者に明るく対応しながら沢山の仕事をこなしている

患者の多くは、怪我などで痛みはあるものの、それ以外の面では元気ですので、そんな患者に明るく対応しながらたくさんの仕事をこなすことが求められるのです。

 

2.整形外科で働く看護師の仕事内容について

整形外科で働く看護師の仕事
整形外科では、点滴や採血、検査、医師の補助、食事介助などの一般的な看護業務の他に、以下のような仕事が多いのも整形外科ならではの特徴です。
 

整形外科ならではの技術をマスターする必要がある

看護師が行う業務は、一般的な注射や採血、投薬などのほか、テーピングや包帯、ギプスなどの装着を行うことが多いのが特徴です。また、コルセットや創外固定器具、外転枕など、他の科では絶対に使用しない医療器具についてもマスターする必要があります。

 

患者の移乗や排泄の介助が多い

整形外科の患者は自身で身の回りのことができない方も多いので、患者の移乗や排泄介助なども一般の診療科に比べると、回数が多くなるのも特徴です。
 

看護師には介護力が求められる

総合病院の整形外科は8割が75歳以上の高齢者です。そのため、急性期を過ぎた多くの患者は治療云々よりも「介護」が必要になってきます。日によっては、ひたすらトイレ介助と移乗とだけで一日が終わる感覚があることもあります。
 

褥瘡予防のための体位交換を行うことが多い

術前・術後の患者のリハビリは作業療法士や理学療法士の方が中心となって行いますが、下肢の骨折の場合は術前はベット上での安静の患者が多く、褥瘡予防のため体位交換を看護師が行う必要があります。
 

ポイント!

ポイント

大腿部頸部骨折の場合は介達牽引や直接牽引をしていることがあるので、体位交換はもちろんのこと動かせない牽引している下肢の踵など褥瘡ができやすいのでポジショニングを整えるのも看護師の仕事となります。

 

3.整形外科で働く看護師のメリット

整形外科のメリット

若い看護師から人気の高い診療科である整形外科は看護師の定着率も高く、他の診療科よりも長く勤務している看護師が多いです。整形外科で働く看護師のメリットをご紹介していきます。
 

明るい雰囲気の中で働ける

整形外科の患者は内科の患者と比較すると精神面では元気なことが多く、また若い患者も多いため、整形外科全体で見ると明るい雰囲気にあるのが特徴です。

また、他の科と比較すると、命に関わるような深刻な疾患を抱えている患者は圧倒的に少ないためナースステーションも比較的、和気あいあいとしていることが多いようです。
 

自然と術前術後の看護スキルを身に付けることができる

整形外科に入院する患者は一部の疾患を除き、ほとんどが手術をしなければ完治はできない状態であるため、この科では毎日、何件もの手術が行われています。そのため、整形外科で働く看護師は自然と術前術後の看護スキルを身に付けることができるのです。

 

老人保健施設でも応用できる介護力が身に付く

自由に動けない患者を相手にする整形外科では看護力だけではなく介護力も身に付けることができます。ここで得た介護力は、病院のみならず特別養護老人ホームなどのような老人保健施設に転職をした際にも、応用することができます。

 

ポイント!

ポイント

老人保健施設では、整形外科系の疾患を抱えている利用者が多いため、整形外科出身の看護師はとても重宝される傾向にあるようです。

 

4.整形外科に転職する看護師のデメリット

整形外科

 

整形外科はとにかく忙しい!

整形外科に転職する看護師のデメリットのひとつは、非常に忙しいということです。もちろん看護師はどの科で働いても忙しい職種なのですが、その中でも急性期病院の整形外科は特に忙しいことで知られています。他にも、以下のようなデメリットがあるようです。
 

就寝前や起床時は特にナースコール対応が大変

整形外科では、日勤帯もナースコールが多いのですが、就寝前や起床時は特にナースコールが多くトイレ移動の介助が多いです。少ない人数でナースコールの対応をしているため患者さんを待たせてしまうこともあり、それがクレームに繋がってしまうこともあります。
 

体力面で負担が大きい

先にも述べた通り、整形外科では患者の移乗やトイレ介助などを行うことが多く、看護師によっては体力的な負担が大きいと感じるようです。中には常に腰痛に悩まされているような看護師も少なくありません。

 

まとめ:整形外科求人を探す場合

整形外科求人
整形外科の看護師求人を探す場合の注意点は以下です。

  • 人気の看護師求人サイトを利用する
  • 忙しい職場もあるので比較を忘れない
  • 複数社登録して条件面をチェックする
  • 総合病院とクリニック、一般病院を比べる

など、上記のような内容を探すときには注意してください。整形外科の看護師転職はなるべく多くの求人を比較しながら、確認していくことが重要になります。

整形外科は怪我の治療やリハビリのイメージが強いのですが、手術を行うような病院では特に、一般的な病棟看護師としての業務も必要になります。そのため、覚えたり勉強したりるする事柄が非常に多く、思ったより大変、という人も多くいます。

よく検討した上で、自分に合った職場を見つけていくようにしましょう。

看護師求人サイト口コミ

  ‣ナースではたらこ →「口コミ」をチェック
  ‣看護のお仕事 →「口コミ」をチェック
  ‣マイナビ看護師 →「口コミ」をチェック
口コミランキング

全国で50社以上ある看護師求人サイトをリアルな看護師の口コミで比較、ランキングしています。完全に無料で転職もサポートしてくれるのでお勧めばかりです。口コミには個人差がありますので、自身の目で比較することで、転職成功への近道となります。


都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

カテゴリー:看護師に人気の科


この記事がお役に立てれば「フォロー」お願いします。
最新情報をお届けします。



応援メッセージを書く


転職理由
人気ランキング
看護師転職サイトの選択

病院・診療科別の看護師メリット・デメリット

病院・施設の看護師転職メリット・デメリット一覧 診療科別の看護師転職メリット・デメリット一覧

関連記事

【インタビュー】看護師転職サイト

ナースではたらこインタビュー 看護のお仕事インタビュー
看護のお仕事インタビュー ナースJJインタビュー
MCナースネットインタビュー 看護プロ インタビュー

看護師の転職について色々調べよう

転職は年収アップ 逃げの転職 良い看護師求人

この記事は「kameko」さんの執筆でに公開しています。 最終更新日:2017年06月06日(運営元:看護師転職ジョブ

当サイトに掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。著作者情報記載の記事に関しては現役看護師、看護師資格を保有している看護師ライター及び現役看護師の方に記事を独自の文章で執筆いただいております。
看護師ライター一覧ページ」はこちらへ。


2 コメント・感想

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。