著作者

さくら

現役看護師

さくら

( 看護師 )

看護師が辛いと感じる瞬間と転職時期の見極めについて

さくら
現役看護師さくら
看護師が辛いと感じる瞬間と転職時期の見極めについて

看護師は激務であるため、辛いと感じている看護師も多いでしょう。特に、子どもがいる看護師・先輩看護師と後輩看護師の間に挟まれている中堅看護師・仕事をどんどん増やされる若手看護師は自分の理想の働き方ができずに悩むことも多いです。

このページでは、看護師が辛いと感じる瞬間と、転職時期の見極めについて紹介します。

1.上司が子育てに対して理解がない時

熱を出した子ども

子育てと仕事の両立はただでさえ大変であり、近くに子どもを預かってくれる人がいない看護師は、子育てをしながらフル勤務をするのはさらに難しいでしょう。夜勤なんて不可能です。

結婚して家庭も持てば、家庭の事情やこども状況などで夜勤もできなくなったり、仕事もなかなか復帰できなかったりするなど沢山の出来事が起こります。

しかし、まだまだシステムが古い病院では子どもがいる看護師に対する理解が得られないところも多いです。

 

子どもが体調不良の時に休めない

子どもの急な体調悪化や熱は仕方ないことなのにも関わらず、子育てに理解のない職場では「出勤するように」と強要されることもあります。

どんなに子どもの体調管理に気をつけていても、風邪はもらうし感染症もうつります。わが子が病気で苦しんでいる時に看病してあげられない、という状況に子どもを持つ看護師は辛いと感じます。

 

夜勤を強いられる時もある

病棟や職場の雰囲気が良ければ問題ないかもしれませんが、子育てに対して理解のない上司だと「夜勤に入って」などと言われることもあります。

子育てをしながら夜勤をするのは体力的・精神的にも辛いです。

 

補足説明!

ポイント

家庭の事情をきちんと話すことで夜勤の回数を減らしてもらえる可能性もありますが、夜勤の人員が足りない場合、「人数的な都合で」と夜勤にはいることを強いられることもあります。

 

2.サービス残業が多すぎるとき

疲れて寝る女性

最近はどこの病院も残業に対して厳しくなってきていますが、残業代をもらえる看護師ともらえない看護師が存在します。

なぜかと言うと、ここ近年で、時間内で仕事を終わらせるようにという風潮があり、残業代をもらうこと自体を師長に許可をもらわないと残業できないためです。残業の許可をもらえない看護師は、定時で帰るのではなく、「サービス残業」をすることになります。

看護師の仕事は人に対しての仕事なので時間通りに終わることは難しく、夜勤へ引き継ぐ忙しい時間に緊急入院がきた、なども頻繁に起こります。そんな状況でも師長の許可が降りないと残業代がでないため、正直、残業代は1/3程度しか貰えません

 

特に若手看護師はサービス残業が多い

若手看護師は基本的な仕事ができるようになってくると仕事ぶりが認められ、次は様々なことを急に頼まれるようになります。仕事を認められるのは嬉しいが、それ以上に無理をさせられるのは辛いです。

 

夜勤ばかりの週があることも辛い

若手看護師は夜勤ができない子どものいる看護師の夜勤のフォローをすることが多く、夜勤ばかりの週があることも頻繁にあります

生活が仕事中心になりプライベートがおろそかになるためストレスが発散されず、本当に仕事が辛いと感じてしまいます。

 

3.シフトの希望が通らないとき

シフト表

人数が少ない・師長のシフト管理が下手・研修などの日程の都合など、環境によって看護師はシフトの希望が通りづらいことがあります。

特に遭遇しやすい環境は、看護師不足の職場です。看護師という肉体的・精神的にすり減るものが多い仕事柄、入職者よりも退職者の方が多い病院が多々あるからです。

職場が看護師不足であると、イベント時などはシフトの休み希望が重なることも多く、誰かしらシフト希望を調整しなければなりません。

 

特に休みがとりづらいのは中堅看護師

中堅看護師は先輩看護師と後輩看護師に挟まれ、どっちにも気を配らなければならず、シフト希望を調整することになる機会が多いです。

先輩看護師からは後輩看護師の教育について指摘され、後輩看護師からは先輩看護師についての相談を聞き、なおかつ先輩看護師に配慮した対応をしなければならないなども求められます。

そのため、必要以上に気を遣ってしまい、ストレスが増えて辛くなります。

 

4.その他の辛いと感じる瞬間

看護師仕事辛い瞬間

患者さんのために一生懸命動いている看護師にとって、この患者さんから直接言われる言葉というのはダイレクトに響いてしまいます。こちらも辛いです。

また、看護師の経験を重ねると、辛さの内容も変わってくることもありますが、もちろん楽な仕事ではないものの、辛さと同じくらい仕事へのやりがいを感じられる唯一の職種だといっても言い過ぎではありません。

その他、看護師が辛いと感じることは以下の通りです。

夜勤による肉体的・精神的負担が辛い

実際には看護師の方が何が一番辛いと感じているのかというと、夜勤がついて回ってくるため、精神的にも肉体的にも辛くなってしまうという点です。

生活のリズムが乱れてしまうので、体調を崩しやすいというのも、看護師の仕事が辛いと感じる瞬間だといえます。

 

患者と医者の板挟みが辛い

経験年数を積むほどに責任のある仕事を任されたりすることもありますし、患者と医師をつなぐ存在でもあるわけですから、場合によっては患者さんと医師やほかの医療従事者の間に挟まれてしまって、それが辛くなってしまうというケースもあります。

入院をしていたり病気やケガを治すために通院されている患者さんの中には、心もとないことを言う人がいないわけではありません。

 

5.看護師の仕事を一番「辛い」と感じているのは誰?

看護師仕事辛い新人
看護職というのは、経験を積めば積むほど、辛い部分はもちろんありますが、特に仕事に対して辛さを感じているのが新人看護師のほうです。学校で習ってきたことや実習をしてきたはずなのに、いざ実際の医療現場に立ってみると思っていたようにいかず、辛くなってしまう時期を大なり小なり必ず通るともいわれています。

 

最初はみんな辛いんです

まず最初に辛いと感じるようになるのが働き始めて2ヶ月ほどたったときが多い傾向にあります。もちろん、辛い状況というのは長引いてしまうことも少なくありません。

 

後から振り返ればいい思い出になる

ですが、どのくらいとは言えませんが、必ず「あの時辛かったな」「あの時大変だったな」と自分を振り返ることができる日が来ます。今は、あれができない、これができない、また怒られてしまったと反省の点ばかりが目立ってしまうかもしれません。

 

時にはプラス思考も必要

もちろん、反省をして同じことを繰り返さないということは大切ですが、少し考えを変えて「今日はこれができた」「今日はこんなところが良かった」とプラスに考えてあげれば、辛くてどうしようもない時期を早く脱出することができるのではないでしょうか。

 

「辛いものは辛い」と認めても大丈夫

人それぞれ辛いと思う時期だったり期間がどのくらい続くかは、個人差があるので何とも言えません。

ですが、辛いことがあってそれを乗り越えることができると人として、看護師として何倍も成長することができるはずです。辛いときは辛いんだと認めてあげること、そこから自分が何をすることができたのかよかった点も見つけてあげられると尚良しです。

 

6.あなたはいくつ当てはまる?転職チェックリスト

チェックリスト

現在病院で働いている看護師が以下のチェックリストで当てはまる項目が5つ以上ある場合、転職をお勧めします

  • 現在の科で学んでいることは一通りできるようになった
  • 基本的なフィジカルアセスメントはできるようになった
  • 今の職場で3年以上働いている
  • 自分の優先すべきものがある(仕事/家庭/資格など)
  • 今の職場(または過去の職場)でリーダー業務をした経験がある
  • 今の看護部長と考え方が合わない
  • 職場の雰囲気が合わない
  • 尊敬する先輩(モデル)がいない
  • 新しい職場の条件の詳細は確認した
  • 自分のやりたいことが見つかった
  • 子どもの預け先が確定している(子どもがいる場合)

5つ以上当てはまり、転職する理由と新しい職場へのイメージができている看護師は今が絶好の転職時期です。

悩みは看護師としての成長にもつながりますが、辞める準備が整っているのであれば転職する勇気も必要です。

 

7.辛くて転職する場合の注意点とは!

看護師転職辛い状況打破
転職チェック項目が5つ以上当てはまっていても、自分のキャリアプランを明確にできない看護師は転職を一度保留にし、ゆっくりと自分と向き合う時間を作りましょう。

転職する際には未来の自分像をしっかりとイメージして「自分は次にどのような職場にいきたいのか」を明確にすることが大切です。

自分の意思がはっきりとしていないのにも関わらず、「転職したい」という気持ちだけで転職してしまうと、転職してから「こんな筈じゃなかったのに」「思っていたのと違う」などのように職場のギャップに悩んでしまうかもしれません。

今の問題点と譲れない条件を書き出し、それに合う職場・科を明確にしましょう。そうすることで、それ以外の病棟・病院で迷うこともなく、よりよい職場を見つける為にどのようにすればいいかという考えに繋がります。

 

看護師転職で辛い状況を打破しよう!

辛い辛いと思って働くことほど、心身ともに負担になることは違いありません。辛くてしんどいのに仕事に毎日いかなくてはいけない、これが繰り返されれば必然的に心身のバランスを崩し、精神的にやられてしまうことも実際にはたくさんあります。

辛いことを乗り越えてこそ人間は成長するともいわれていますが、辛いことを我慢してまでその職場にとどまる意味というのはあるのでしょうか。そんなにすがるほど素晴らしい職場であるのなら、辛いと思うことがあったとしてもそれ以上に得るものがあるはずですから、仕事に対しての意欲が高まってくるのが普通です。

 

今の職場にいるメリット、感じられていますか?

しかしながら、辛いということが全面的に出てしまっているようなときは、もうその職場にとどまってもいいと思えるメリットが見つけられない状態であるのも確かです。

せっかく看護師という素晴らしい仕事に就くことができたのですから、自分の希望や条件に沿った形で働いたほうが何倍も糧になるのではないでしょうか。

 

人生は一度きりであることを忘れずに

一昔前までは、辛くても頑張って一つの職場で長く働くことがステータスのようなところもありました。しかしながら現在は、辛いと感じることを長い間我慢してまで同じ職場で働くことに意味はないという考えを持つ人も増えてきています。

人生は一度きりです。自分がなぜ看護師になったのか振り返ってみてください。

過ぎてしまった時間は戻っては来ないわけですから、条件や希望に沿った職場を探して、看護師の仕事をするのが楽しいと思えたほうが何倍も何十倍も豊かな人生を送ることができるはずです。

 

8.まとめ

今の職場が働きづらいと感じており、チェックリストにも当てはまった場合、転職をお勧めします。

その際は自分が重きをおいている基準についての状況を確認し、自分の理想としていたものと基準が同じか許せる範囲かそうでないかなどをきちんと確認しておくことです。必要なときには確認したことをメモをして、しっかりと後悔のない転職活動をしていきましょう。

また、面談の際には自分の現状をきちんと伝え、自分の現状も理解してもらったうえで採用してもらうことが希望を通すポイントになります。

転職自体が体力のいる仕事になってしまうので「辛いけど転職しなくていいや…」と思うこともあるかもしれませんが、「今の状況より確実に良くする!」と前向きにとらえたうえで、是非自分により良い病院への転職で仕事に前向きになれるようにしましょう。

 

記事の内容に関しては、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用をお願いいたします。


高等看護専攻科出身。看護科卒業後、二次救急病院(法人)で3年、大学病院で1年、ほか病院で1年、現在は地域医療病院にて5年目として勤務中。
(現在看護師10年目)これらの勤務の途中や息抜きとして看護師バイトを経験する(健診、デイサービス、訪問入浴、施設夜勤、看護ライターなど)これらの経験を生かし現在のライター記事にも生かしていければと考えています。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師・准看護師
年齢 ・東京都/30歳
職務経験 ・法人病院 ・大学病院 ・警察病院 ・地域病院 ・健診 ・デイサービス ・訪問入浴

看護師転職サイトの口コミ評価

【Pick up!注目の記事】

カテゴリー:看護師の退職

(公開日:)(編集日::2018年03月24日)

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。