著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

看護師が職場を辞めたくなる理由と円満退職のポイント

kameko
看護師スタッフkameko

看護師全体の約75%が、1度は看護師を辞めたいと考えた経験があるといいます。

看護師の仕事は、人の命を預かるとても責任の重い仕事です。また、土日祝日休みの職場は少なく、人手不足も深刻で、休みが希望どうりに取れないといったこともあり、いろいろな悩みを抱え、常に職場を辞めたいと考えている看護師は多くなっています。

でも、職場を辞めることを考えても、辞められない看護師は多く、それぞれが辞められない理由があります。

ここでは、看護師が今の職場を辞めたくなる時、辞められないで働き続ける理由と、仕事を辞めようと考えている看護師に必要な基礎知識をご紹介します。今は転職を考えていない看護師も、ぜひ、読んでみてください。

1.看護師が仕事を辞めたくなるときとその原因

泣いている女性看護師

患者の闘病生活などをサポートするやりがいある看護師の仕事。そんな看護師の仕事を辞めたくなるのは、どんな時でしょうか。ここでは、まず看護師が「辞めたい…」と思わず不満をこぼしてしまう理由についてまとめてみました。

  • 人出不足でオーバーワークが続いている
  • 仕事に対して給与が安すぎる
  • 休みが取れない
  • 夜間勤務が精神的にも体力的にも辛い
  • 医療事故が不安で仕方ない
  • 人間関係で悩んでいる
  • 仕事に達成感を感じられない
  • 患者や患者の家族からきついクレームを浴びた

上記の不満が起こってしまう原因とはどのようなことがあるのでしょうか。原因を説明していきます。

 

看護の現場は常に人不足

看護師の現場は常に人手不足で、ただでさえ体力勝負である仕事なのにも関わらず、常にみんながオーバーワーク気味で、残業が続いたり、自分の休暇希望が通らなかったり、不満がつのって離職してしまいます。誰かが辞めることで、さらに現場は人出不足となり、悪循環になっているのです。

 

日々の業務だけで精一杯な状態

ひたすら時間に追われる日々を過ごすと、自分の身体から何か大切なものが抜け落ちていく感覚になります。

本来ならば看護は流れ作業ではありませんが、毎日の雑多な業務の中では自ら考えることが面倒になってしまい、日々の業務が流れ作業的になり、面白みを感じなくなると急に辞めてしまいたくなるのです。

 

プライベートの楽しみがない

趣味の時間はリフレッシュをするのにとても大切ですが、看護師の仕事の中では、なかなか次の予定が立てられない時期があり、心が乾いてしまうかのような感覚になります。心が乾いてくると仕事もつまらなくなり、辞めたくなってしまうという悪循環に嵌ります。

 

連休がないときに辞めたくなる

看護師の場合、どこかへ遊びに行きたいのに希望どうりに休みが取れないときが多々あり、強いストレスとなります。

他のスタッフと休みが被らないように気を使ったり、夏休みやお正月などの長期休暇の時期は子供がいる看護師が優先的に休んだりするためなるべく外したり、と休みを取る時期を考えなければいけないのは看護師としての宿命です。

 

看護師は極度の緊張の中で仕事をしている

看護師の仕事は、体力も必要な仕事ですが、責任感が問われ、精神的にも緊張感を保って働かなければいけません。医療事故が起きたらどうしよう。人数の少ない夜勤の間に、急患が入ったらどうしようと、責任の大きさから、心配が膨らんでしまう看護師もいます。

 

悩みを1人で抱え込んでしまう看護師も

人間関係などで悩んでいる看護師の場合、周りの誰にも相談できずに苦しんでいる看護師もいます。

気が休まらず、休暇もあまり取れないといった現状が重なると辞めたいと考える看護師はさらに多くなります。

 

同僚の急な退職話に不安になり、つい自分も辞めたくなる

いままで退職する素振りも全く見せず、その日が近づいたときに「実は」と同僚に打ち明けられると驚きのあまりけっこう動揺するものです。仲が良かった場合や、頼りになると思っていた看護師ならなおさらその不安や衝撃は大きくなります。ついつい自分も辞めたいなと思ってしまうことがあります。

 

2.辞めたい時にとりあえずやってみること

肩を抑える看護師

転職というのは、人生においてとても大きな判断になるため、仕事を辞めたいけど、勢いで辞めて後悔はしたくない。と考える看護師も多いです。ここでは、そんな看護師のために職場を辞めたい時に、とりあえずやってみて欲しいことをご紹介します。

 

仕事の中で楽しみを見つけて気分転換する

仕事がつまらないと感じたときには、仕事を始める前に自分で小さな目標を立てましょう。

例えば「今日は患者全員に声をかける」や「今日は絶対に時間内で仕事を終わらせて残業しない」など、勤務が終わるまでに達成できるか否かの本当に小さな目標です。

また、時間に余裕があるときはナースセンターの大掃除をしたりします。不要なものを捨てることで気分もすっきりします。

 

ポイント!

ポイント

大掛かりな掃除ができないならば、机の上を整理整頓するだけでもリフレッシュできます。

 

ネットを活用して旅行に行ったつもりになる

日々のストレス解消のために理想的なのは、すぐにでも趣味に時間を割けることですが、なかなかそうはいかない時のほうが多いものです。

次の旅行が決まっていない時やまとまった休暇が取れない時、または金銭的に余裕がない時などは、まずネットでいろいろ検索をして「次はどの海に行こうか」とバーチャル上でプランを立てます。

どの時間の飛行機に乗ろうか、どこのホテルに泊まろうか、どんなプランで潜ろうか、どのあたりを観光しようか、何を食べようか、などひたすら検索して気分を盛り上げます。

 

ポイント!

ポイント

趣味に関しては人それぞれですが、意外とネットを活用した方法でモチベーションを上げている看護師はたくさんいます。

 

月またぎでこっそり連休を取る

長い連休が取得できないときはバーチャルな旅行でも十分、気分転換にはなるのですがリアルな旅行に比べたら満足度は下がります。

夜勤をしている看護師が良く使う手段ですが、月末に3日、翌月初めに3日の休みを取り、さらにその前後を夜勤にしておくと合計で1週間くらい休めることになります。月またぎの休暇は周囲にも気づかれにくく、こっそりと連休を取ることができます。

こうして予定ができると、そこまでは頑張ろうと思えるので、目標や目的は本当に大事です。

 

3.看護師の仕事が辞められない理由

悩む女性

看護師が他の職業と比べて、比較的給与が高く、専門的な知識を必要とする特殊な職業であるため、看護師の仕事が毎日辛くて辞めたい、そう思っていても、辞められない看護師は多くいます。
 

理由(1) 給与面がネックになって辞められない

看護師の仕事は、女性全体の平均年収よりも100万円以上高いと言われます。もし看護師を辞めて転職したら、今よりも大幅に少ない額の年収になってしまうかもしれないのです。

そのため、今まで看護師の仕事しかしてきたことがない看護師の場合、新たな仕事を始めるのがネックになっている看護師は多くなっています。

 

理由(2) 一般的な仕事に対する抵抗感がある

看護師の仕事をしていると、例えば一般事務のようなパソコンをよく使う仕事などに抵抗感を感じてしまいます。高校や大学も、看護専門の学校へ通った看護師が多いので、一般的な仕事に就くことはハードルが高いのです。

 

理由(3) 「もしも」の可能性に期待してしまう

今の職場が改善するのではないかと、期待していて、なかなか離職できないという看護師は多いです。来年になったら給与が上がるかも、来年もし人事異動があれば、人間関係のトラブルはなくなるかもと、どうしても今の職場に期待をしてしまいます。

しかし、実際は、そのような淡い期待は見事に打ち砕かられることが多いのです。こうして、「辞めたいほど辛いのに、今の職場で働き続ける」といった状況が生まれてしまいます。

 

4.看護師が転職・退職するベストタイミングとは

丸の札を上げている女性看護師

転職理由は看護師それぞれでも、職場にとってある程度仕事ができる看護師が抜けてしまうのは非常に痛手でもあります。退職をする際には、現在の職場に迷惑を掛けず、円満に退社したいものです。

また、自分の今後を考え、転職活動をしやすい時期を見極めることも大切になってきます。以下の点を参考に、自分のベストタイミングを探ってみましょう。

 

円満退社をしたいなら絶対に避けるべき転職時期

円満退社をしたいと考えるのであれば、職場で人手の足りない時期は絶対に避けましょう。

例えば、看護師の多くが集中的に休みを取るGWやお盆の時期、年末年始などは、人手不足に成りがちなのです。

特にGWの時期は、4月に入った新人の研修などで、ただでさえ人出不足で、中途採用の多い病院でも、まだまだ不慣れな看護師が多いので、GWの時期はできるだけ、病院に慣れた看護師に頼りたい病院が多く、ここで退職するのは危険です

 

転職活動を考えるなら1月〜3月の間に辞めるのがオススメ

転職活動のしやすさを考えるなら、病院や企業が採用活動をする1〜3月の間がいいでしょう。

日本の場合、各種学校の卒業時期では3月に集中しています。そのため、1〜3月に採用活動をする企業が多く、求人募集の数も、もっとも多くなる時期です。

 

ポイント!

ポイント

1〜3月に次いで求人広告が増えるのは、10月入社を想定した7〜9月の採用活動です。どうしても1〜3月に間に合わない場合は、夏の時期に転職活動をするのもいいでしょう。

 

ボーナスをもらうなら支給日までは在籍しよう

ボーナスの時期を考慮すると、病院や施設にもよりますが、夏なら6〜7月頃、冬なら12月〜1月頃に受け取るケースが多いのではないでしょうか。ボーナスは、支給日に在籍していれば、通常は受け取ることができますので、その時期までは在籍するようにしましょう。

冬のボーナスをしっかりもらって年度の切り替えと同時に転職をする、という看護師はたくさんいます。転職するにも限が良く、もらえるものはしっかりもらって退職するというパターンです。この場合、上司に退職の意向を伝え新たな働き口を探し始めるのは早い看護師で秋あたりからです。

本人は金銭に関することには消極的になりがちですが、その後の生活を考えて、ボーナスについても真剣に受ける方向で計画を立てましょう。

 

ボーナスをもらって辞めることに罪悪感を持つ必要はない

「ボーナスを貰ってから辞めるなんて、ちょっとがめついと思われないかな。」そんな心配をしている看護師もいるかもしれません。でも、ボーナスは、今まで働いてきた業績に対する、対価という捉え方もできます。貰わない理由はないのです。

また、転職活動をいざ始めると、スムーズに行かないこともあります。なかなか次の職場が決まらないと、経済的にも苦しくなりますよね。生活のことを考えたら、背に腹は代えられません。できるだけボーナスを受け取り、経済的にも安心して転職活動することをおすすめします。

 

有給休暇を消化して辞めたいなら5月は避けて!

有給休暇が残っている場合は、有給消化をしてから転職する看護師も多いです。円満に退社をするためにも、5月前後の転職は避けるべきといって間違いありません。

 

5.辞めたいけど辞められないときの対処法

指をさす女性看護師

辞めたいのに辞められないという理由として、病院の「引き止め」があります。看護師がいざ転職となったら、まず上司に転職の意志を告げることになりますが、病院によっては、転職を引き止める病院もあるでしょう。でも、もし引き止められても、その説得に負けてはいけません。

 

一度辞めると決めたなら甘い言葉に流されないで!

引き止められる時によくあるのが、「給与をアップさせるから」「昇進させるから」「休みをあげるから」と言った甘い言葉を条件に出されることです。でも、多くの場合、その場しのぎの言葉であることも多く、確約は取れません。

もし、引き止めにあったら、上司でも伝える相手を変えてみたり、何度もハッキリと意志を表明したり、とにかく強気で退職の意志を告げることです。頑なな態度を見せれば、相手もきっと応じてくれるでしょう。

 

「嘘も方便」だということを忘れずに

退職時には、建前の退職理由を作ることも有効です。「引っ越しをする」「結婚をする」「家庭の事情で辞めざるを得ない」など、相手が引き止めにくい理由を作りましょう。嘘をつくのは気が引けるかもしれませんが、上司を諦めさせるいい理由になります。

 

ポイント!

ポイント

法律でも退職の自由は認められています。就業規則にのっとって退職意志を告げれば、労働者側に過失はありません。しかし、円満退社のために法律を持ち出すのはあまりおすすめできませんので、転職するための最終手段として、取っておきましょう。

 

まとめ

短い期間の内に転職を繰り返してしまうと社会的な信頼性を失ってしまいます。そのため、転職する際には慎重になることが重要です。まずは、身近でできる気分転換を行いましょう。

しかし、ものすごいストレスで身体と心が悲鳴をあげているにも関わらず、無理してその場に居続けるのも賢い選択だとは言えません。

「いつか辞めよう辞めよう」と思いつつ、なかなか言い出せない看護師も多くいるものです。今現在そのような状況にいる看護師の方は、「人生は一度きり」ということを改めて思い出し、思い切って次のステップへ足を踏み出しましょう

 

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

<最新情報をお届けします>


カテゴリー:看護師転職のノウハウ


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:kameko
(公開日:)(編集日::2017年07月27日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。