著作者

ラビウサ

専門看護師

ラビウサ

( 看護師 専門看護師)

緩和ケア外来で働く看護師の仕事内容と必要スキル

ラビウサ
専門看護師ラビウサ

最近は、緩和ケア外来がある病院も増えてきました。緩和ケア病棟がなくても、緩和ケア外来を開設している病院もあれば、ほぼ緩和ケア病棟に入院する目的で外来を開いている場合もあります。

今回は、緩和ケア外来で働く看護師に知って欲しい仕事内容と必要スキルについてご紹介したいと思います。

1.緩和ケア外来で働く看護師の仕事内容について

緩和ケア外来で働く看護師の仕事内容について
緩和ケア外来は、専門外来のため、決まった曜日の予約患者に対応することになります。基本は、医師が診察をして、必要に応じて看護師がケアや意思決定支援を行います。

緩和ケア外来枠は、新患は1時間枠が多く、患者の人数をこなすという感覚ではないため、ゆっくりとかかわることができます。

 

医師診察の際に同席を行う

緩和ケア外来は、医師への紹介状をもって患者が来院します。病院内の紹介の場合もありますし、病院外の患者の場合もあります。また、家族面談という形で、緩和ケア外来に来院することもあります。

緩和ケア外来は、チームで対応する診療科のため、緩和ケア外来担当の看護師は必ず同席することになります。他に、ソーシャルワーカーなども相談内容によっては同席し、医師だけで患者・家族の話を聞くことが少ないのが、緩和ケア外来の特徴です。

そのため、医師の診察に同席する、IC(インフォームドコンセント)を一緒に聞くことが、緩和ケア外来の看護師の仕事の一つです。

 

患者の意思決定支援を行う

緩和ケア外来を受診したからと言って、患者と患者家族の気持ちが決まっているわけではありません。そのため、医師の診察を受けたうえで、患者や患者家族が今後の見通しをどう考えているのか、治療をどうするのか、どこで過ごしたいのかを看護師が確認していきます。

緩和ケアは、医師だけが患者の方向性を決めてしまうと、患者の本当の想いが零れ落ちることもあります。看護師は、看護師の視点をもって、患者や患者家族の思いに寄り添い、時には医師との間になって患者が納得できる今後を決める意思決定支援を行います。

 

緊急連絡の対応

緩和ケアに通院している患者の緊急対応は、緩和ケア外来の看護師が窓口になります。痛みが強い、吐き気が止まらない、呼吸が苦しいなどの訴えに対し、緩和ケア医と相談し対応します。

緩和ケア外来に通院していても、必ずしも緩和ケア病棟への入院予約が入っているわけではありません。その場合には、入院をさせるかどうかの相談・調整も緩和ケア外来の看護師が対応する仕事になります。

 

患者への生活支援・症状緩和ケア

緩和ケア外来の患者は、さまざまな身体・精神症状を抱えて生活しています。そのため、緩和ケア外来の看護師は患者や患者家族の生活上の困難について相談にのり、直接アドバイスを行う場合や、より専門知識がある職種にコンサルテーションを行います

 

ポイント!

ポイント

リンパ浮腫へのケアや、スキンケアなどについてもできる範囲で対応し、ケアを行います。緩和ケア外来で患者や患者家族との信頼関係を構築するうえで、症状緩和ケアを行うことも、緩和ケア外来の看護師の大切な仕事になります。

 

2.緩和ケア外来で働く看護師に求められるスキル

緩和ケア外来で働く看護師に求められるスキル
緩和ケア外来で働く看護師に求められるスキルの一つに調整力があります。緩和ケア医をはじめ、主治医、担当診療科の看護師、ソーシャルワーカー、事務、病棟などのスタッフに必要な情報を提供し、患者がスムーズに外来受診や入院できるように調整するスキルが必要です。

 

看護師としてのコミュニケーション力

緩和ケア外来を受診する患者や患者家族は、辛い症状を抱えている場合や、それまでのがん治療の中でたくさんの傷つき体験をしています。そのため、自分の思いをうまく表現できない方や、話し出すと涙が出てしまう方などもいます。

そのため、看護師は患者の思いを否定せずに傾聴し、患者の自己決定を引き出すコミュニケーション力が必要になります。

 

医師とは違った信頼関係を築くためのコミュニケーション力

私の体験を通してですが、「それは、先生と相談してください」「先生に伝えておきます」というだけでは、緩和ケア外来の看護師としては物足りなさがあります。医師だけでなく、チームで患者と患者家族を支援する場が緩和ケア外来です。

看護師自身が、患者の思いを聞き切り、患者と医師とは違った信頼関係を築くためのコミュニケーション力が必要だと思います。

 

看護師としてのアセスメント力

緩和ケアを必要とする患者は、身体的・社会的・精神的・スピリチャルな苦痛を抱えています。そのため、その4側面の苦痛をアセスメントする力が緩和ケア外来の看護師に必要なスキルです。

 

ポイント!

ポイント

「緩和ケア=終末期」というわけではなく、治療中の方もいますし、家族との関係性がうまくいかずに痛みを抱えている方もいます。患者が抱えている問題を、客観的にアセスメントできる力が、緩和ケア外来の看護師には大切です。

 

患者へ最期を語ることができる力

緩和ケア外来を受診する患者や患者家族は、心の中で死を意識していることが多いです。そのため、死について話すことが苦手な看護師にとっては、患者や患者家族とのコミュニケーションが深まりにくくなります。

毎回、あえて死について話すわけではありませんが、患者や患者家族の方から死の話題や最期についての話題が出た時には、話をそらさずに会話ができるスキルは、看護師として培っていく必要があります

 

患者の症状の把握と対処能力

緩和ケアを受診している患者は、様々な症状を抱えています。薬物療法は医師が行いますが、痛みなどの症状の変化などを把握し、患者に指導し対処できる力も必要なスキルです。

 

ポイント!

ポイント

最初は、医師の考えに沿って対応することになると思いますが、知識と経験が増えるとともに、家での過ごし方や症状緩和について自分の言葉で説明できるようになります。

 

3.緩和ケア外来で働く看護師のメリット

緩和ケア外来で働く看護師のメリット
緩和ケア外来で働く看護師のメリットをご紹介します。死に直面しやすい現場ですが、もちろんメリットも存在します。

症状緩和が学べることはメリット

緩和ケア外来で働くうえでのメリットは、医療用麻薬の使い方をはじめ、その他の症状緩和についての知識と技術を学ぶことができることです。

また、外来であっても多職種が介入する外来のため、その職種の専門性を垣間見ることもできます。

 

自分の死生観を感じることができる

緩和ケア外来の患者や患者家族との関わりを通して、自分の死生観を意識するようになります。自分だったら、家族だったらと自問自答しつつ、多くの患者の生きざまを見させていただくことで、自分なりの死生観を感じることができます。

 

ポイント!

ポイント

私にとっては、自分の死生観が出来上がったことで、患者から死の話題を切り出された時にも言葉を濁すことなく対応できるようになり、信頼関係の作られ方が変わりました。

 

在宅ケア・在宅医療を学ぶことができる

できる限り自宅で過ごしたい患者の訪問看護を依頼したり、緩和ケア外来を終了し在宅医療へと移行したりする患者の調整を通して、地域医療の知識を得ることができることもメリットの一つです。

緩和ケアを受ける患者を支援する中で、在宅医療を行っている医師やスタッフとの交流も深めることも可能です。

 

4.緩和ケア外来で働く看護師のデメリット

緩和ケア外来で働く看護師のデメリット
緩和ケア外来で働く看護師のデメリットは私が働いている中では以下の1つのみになります。

死と向き合うストレスがある

緩和ケアの患者の多くが、再発・転移をしている患者です。そのため、関わる患者の多くが、お亡くなりになってしまい死と向き合うストレスを感じる看護師も多いです。

外来通院を始めた当初は、自分で歩いていた患者が、徐々に痩せて歩けなくなる姿を見ることが精神的に辛くなることもあります。死と向き合い続けることは、時には看護師にデメリットになることもあります。

 

5.緩和ケア外来で働いて楽しいこと・辛かったこと

緩和ケア外来で働いて楽しいこと・辛かったこと
緩和ケア外来は、診察は医師が行いますが、ケアは看護が十分に活躍できる部分です。そのため、患者や患者家族が抱えている困難を改善するために、色々な対処法を考え看護師として実施できたことが、緩和ケア外来で一番楽しかったことです。

看護師は、病棟などで不本意な亡くなり方をした患者のことを忘れることができません。私も、その一人でした。ですが、緩和ケア外来での患者や患者家族に対するケアを通じて、過去の後悔を解消していくことができたことも、とても良かったと思っています。

 

医師と患者との衝突は辛かった

緩和ケアを志す医師は、素敵な方も多いのですが、自分なりの死生観なり緩和ケアへのこだわりが強い医師も多くいます。

そのため、そのこだわりに共感できた患者にとっては、とても良い最期を迎えられるのですが、医師のこだわりよりも自分の価値観を優先して欲しい患者にとっては、時に医師のこだわりが邪魔になってしまいます

私は何名かの緩和ケア医の方の外来につかせて頂きましたが、最後には「先生の顔を見ようとしなかった」という患者の事例も経験しました。そんなときには、緩和ケアを提供するはずなのにと、辛い思いをすることがありました。どの診療科でもあることですが、医師も人間のため、患者と合う・合わないがあるのだと思いつつ、最期に出会う医師だからこそ、医師のプライドをもう少しだけ抑えてくれたらと思うことはありました

 

まとめ

緩和ケア外来は、病院によって緩和ケア病棟の窓口なのか、外来部門にあるのかによっても看護業務は少し変わってくると思います。ですが、「緩和ケアを受けたい」、「緩和ケアが必要である」という患者が来られる外来であることは変わりありません。

症状をコントロールしつつ、患者や患者家族が抱える苦痛に寄り添い、生活しやすい方法を一緒に見つけることができる緩和ケア外来の看護師は、やりがいがあります。患者が抱える辛さと、しっかりと向きあいたい方は、ぜひ、希望してほしい診療科です。

 

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

<最新情報をお届けします>

看護師をして20年以上になります。外来・病棟・検査室・クリニックなど、いろいろな場所での業務を経験しました。
ですが、一時は看護師をやめようと思ったほど、心身共に追い詰められた時期もあります。現在は、看護師も続けつつ、ライターやカウンセラーとしても活動しています。
今までの経験を生かして、いろいろな体験談も書いていこうと思っています。よろしくお願いします。


カテゴリー:看護師業務内容の特徴


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:ラビウサ
(公開日:)(編集日::2017年04月28日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。