著作者

すなふきん

専門看護師

すなふきん

( 看護師 保健師 )

緩和ケアチームで活躍する看護師の役割について

すなふきん
専門看護師すなふきん
緩和ケアチーム 看護師 役割

終末期だけでなく、がん診断の早期からの緩和ケアの必要性が言われる昨今、緩和ケアチームを持つ組織も増えてきています。

緩和ケアチームの役割についての定義は複数ありますが、がん診療の全経過を通して出現する様々な「苦痛」を緩和しサポートするための、多職種メンバーによって構成されたチームです。

今回は、緩和ケアチームの看護師の役割や、メリット・デメリットについてご紹介します。

1.緩和ケアチームの看護師になるには

緩和ケアチームで働くために勉強する女性看護師

緩和ケアチームの看護師になるには、それぞれの組織でどのような目的を持って設置されたチームなのかによって条件が異なります。

例えば、がん診療における拠点となる病院としての役割を果たすためなのか、診療加算などは関係なく院内の緩和ケアの困りごとに対応すべく発足したのかなどです。

それぞれの場合、どのような看護師が緩和ケアチームに参加することができるかご説明します。

 

がん医療、緩和ケアに特化した資格を持つのが望ましい

現在、厚生労働省が指定する「がん診療連携拠点病院」には緩和ケアチームの設置が義務付けられています。

この場合の緩和ケアチームの看護師の要件は、「業務の80%以上をチームに充てる専従であり、専門的知識・技能を持つ」とされています。

そのため、多くの緩和ケアチームの専従看護師は、がん看護専門看護師、緩和ケア認定看護師、がん性疼痛看護認定看護師などが担っていることが多いです。

それ以外に、専従ではなくともチームメンバーとして、精神看護専門看護師や、がん化学療法認定看護師、乳がん看護認定看護師らが参加している場合もあります。

 

加算を取っていない場合:誰が担うかは組織の考え次第

組織の役割や規模によっては、院内にがん看護の資格取得者がいない場合もあります。

チームの立ち上げ初期の場合は、がん領域の専門看護師や認定看護師の教育課程を修了したがまだ資格を取得していない看護師や、緩和ケアに関する研修を受けた看護師長が一時的にメンバーとなっている場合もあります。

 

2.緩和ケアチームにおける看護師の役割

緩和ケアチームの女性看護師と男性医師

緩和ケアチームにおける看護師の仕事内容は、主に二つに分かれます。

それは、患者や家族の持つ様々な苦痛を評価して意思決定支援を行うなどの直接ケアと、緩和ケアが円滑に切れ目なく行われるためのチーム内外に対する調整役です。

ここでは、主にチーム内外に対する調整役割についてご紹介します。

 

患者・家族へのアセスメントと、それが実践されるための調整

緩和ケアチームで働く看護師の役割として、患者と家族に対するアセスメントと共に、治療法が実現可能であるか病棟の看護師もアセスメントし、治療法を提案する緩和ケアチームの医師とすり合わせていく調整が挙げられます。

この過程における、主治医から依頼された困りごとに対し、緩和ケアチームとしての判断を行い、薬剤の処方や対応についての提案をすることを「コンサルテーション」といいます。

このコンサルテーションは緩和ケアチームの主な役割です。

 

提案された治療法を病棟看護師が行えるか判断する

コンサルテーションにおける難しさは、処方などの総合的な提案は緩和ケアチームの医師である一方、患者への薬剤の投与やケアの最終的な実施者は、主に病棟の看護師であることです。

例えば、緩和ケアチームの医師がいくら「この薬剤をこの時間に投与することが良い」と提案しても、その提案を受け入れられるかどうかは、病棟看護師の緩和ケアの習熟度や、場合によっては他の患者へのケア配分や夜勤配置の看護師人数なども影響します。

そこで緩和ケアチームの看護師は、看護師としての患者・家族に対するアセスメントと共に、

  • その部署の緩和ケアの知識や技術に関する習熟度
  • 個々の看護師の習熟度
  • 場合によっては部署の管理者の力量

なども総合的にアセスメントし、どういった方法ならば実施可能かを見立て、緩和ケアチームの医師とすり合わせを行い、最終的に実施されるための調整を行います。

 

ポイント!

ポイント

これらを通して薬剤や症状に関する教育を病棟看護師らに行うことも、緩和ケアチームの看護師の重要な役割です。

 

緩和ケアチームメンバー内への調整

緩和ケアチームの立ち上げ当初は特に重要になる働きです。

一般的に、緩和ケアチーム内には理学療法士や作業療法士、栄養士や薬剤師、臨床心理士など様々な職種が参加しています。

そこで、緩和ケアチームの看護師は、患者・家族に対するアセスメントから必要なケアを検討し、各職種の役割や経験、技量を総合的に判断し、最終的にケアが実施されるようにチームメンバーに働きかけていきます。

その時には、チームメンバーが患者情報を理解しやすいようにかみ砕いて説明をしたり、カンファレンスの場でメンバーに意見を求めたりし、各職種が役割を発揮できるようにしたりします。

 

補足説明!

ポイント

ケアの成果が出た場合は、プラスのフィードバックをメンバーに行うことで、知識の向上やモチベーションの向上につながることもあります。

 

調整しないと他職種の参加が形骸化してしまう恐れがある

一人の患者のケアを検討する時に、病態や治療に関する知識が不足しているために他の職種からは意見を出しにくいということがどうしても発生します。

そうなると、チームの責任者である医師が強いリーダーシップを発揮しすぎてしまい、他職種の参加が形骸化してしまう可能性があるのです。

そこで、看護師による調整を通して、チームメンバーが個々の能力を発揮して役割を果たし、チーム全体として機能するようにしていきます。

 

事務的な役割を含めた様々な調整

チーム内外への人に対する調整以外に、事務的な内容を含めた様々な調整があります。

まずはチームに対する依頼の窓口となることです。組織の人々が依頼しやすいような依頼書の作成や、依頼書の受け取り方法などの取り決めを行います。

その他にも、部署で効果的なカンファレンスを開催するための、場所や時間、メンバーの調整といったことも行います。

 

3.緩和ケアチームの看護師のメリット・デメリット

緩和ケアチームの女性医師

ここでは、緩和ケアチームの看護師として働くうえでのメリット・デメリットをご紹介します。

 

組織全体のケアの質の向上に携わることができる

院内全体を巡回するため、各部署の強みや弱みなどがわかり、組織が抱える緩和ケア上の課題を捉えやすくなります

このことは、自身の活動を広げるきっかけになるでしょう。

チーム活動を通して、自分一人で実践を行うよりも多くの患者・家族のケアに貢献できることは喜びにつながり、更に部署の看護師への教育によって、組織全体のケアの質の向上につなげることができます。

 

高いコミュニケーションスキルが必要で負担となる

様々な調整役割が負担になることもあります。

特に緩和ケアチームを立ち上げて軌道に乗せる時期は、表立ったリーダーは医師ですが、実質的にチーム活動を円滑にする要の役割は看護師が担っています

リーダー医師との関係性を築きながら、看護師としての立場で意見を述べ、更にチームメンバーが力を発揮できるように働きかけるということは、高いコミュニケーションスキルを必要とします。

これらのことは、時には負担を感じさせることもあります。

 

まとめ

緩和ケアチームの看護師は、がん看護に関する知識やケア技術を備えていることを基本とし、様々な人や物事に対する調整を行い、その中でコンサルテーション役割や教育的役割を発揮することで、組織全体の緩和ケアの質の向上を目指します。

高いスキルを求められる仕事ではありますが、より多くの患者・家族へのケアの向上につながるため、そのやりがいは大きなものになります。

記事の内容に関しては、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用をお願いいたします。


看護師歴10数年、総合病院の外科系病棟や外来処置室、化学療法室などでずっとがん患者さんの看護に携わってきました。大学院への進学や管理職も経験しましたが、現在は第3子の出産にむけて久しぶりに主婦業・母親業にひたっています。

看護師という仕事は大変な面もありますが、人との関わりの中で成長ができ、自分のライフスタイルに合わせてある程度働く場所を選択できる素敵な職業だと思います。ライターとしてはかけだしですが、これまでの看護経験や知識、ワークライフバランスに対する考えなどを皆さんと共有し、少しでもお役に立てられたらと思っています。よろしくお願いします。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師・保健師・専門看護師
出身/年齢 ・神奈川県/38歳
職務経験 ・総合病院
診療科経験 ・消化器外科・整形外科・乳腺外科・訪問入浴

看護師転職サイトの口コミ評価

【Pick up!注目の記事】

カテゴリー:看護師仕事内容の転職

(公開日:)(編集日::2018年04月18日)

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。