著作者

mako

現役看護師

mako

( 看護師 )

パートの看護師が残業をしないために出来ること

mako
現役看護師 mako
パートの看護師が残業をしないために出来ること

看護師が正職員ではなく、あえてパートとして働く多くの理由とて「定時に帰るため」が挙げられますが、実際に働いてみるとパートであるにも関わらず、残業を頼まれることが多いです。

多くの看護師の職場では「残業するのが当たり前」という考えが未だに根強く残っていますが、職場に自分が合わせるのではなく、自分に合った職場で働くことが大切です。

今回は、パートの看護師が残業をしないためにできることを、考えていきましょう。

1.師長に残業が出来ない事を伝える

師長に残業ができないと伝えるパート看護師

残業をしないためにパートを選んだのに、残業をしているという状況である場合は、まずははっきりと職場のトップである師長に対して「私はパートなので残業はできません」と伝えましょう。

 

師長は時間内で勤務終了を働きかける立場

師長は本来、職員が勤務時間内で仕事が終わるように働きかけを行う立場であるため、残業ができないことは師長に伝えましょう。

 

師長ではなく同僚に「私はパートなので」と言ってしまうと、「同じ職場で働く職員なのに、なぜあなただけ特別扱いしなくちゃいけないの?」と反感を買いやすくなります。

 

2.時間内に終わらない仕事は断る

時間内に終わらなそうな仕事を断るパート看護師

看護師の仕事は、いつ何が起こるか分からないため、残業をしないためにも時間内に終わらないと考えられる仕事は断りましょう。

以下で詳しく説明していきます。

 

はっきりと断る勇気が大切

師長に「残業はできません」と伝えた場合でも、時間内に終わらせることが難しい仕事を同僚から頼まれることがあり、「今回だけ」と引き受けてしまうと、それ以降も頼まれてしまい毎回残業となりかねません。

そのため、明らかに就業時間内に終わらせることが難しい仕事を頼まれそうになった時は、はっきりと「すみません、もうすぐ終業時間なので厳しいです。」と断る勇気が必要です。

 

同僚からの理解を得られるように普段の仕事をしっかりとこなす

仕事を断る際に、同僚から「あの人はあまり仕事をしていないのに時間調度に帰ろうとする」と評価されると、以降仕事をしづらくなる可能性があります。

そのため、「あの人は元々パートとして働いているし、仕事はきっちりしてくれているからしょうがない」と理解してくれるように普段から仕事を頑張ることも大切です。

 

3.パート看護師が残業しない風土を作る

残業しない風土を作るパート看護師

忙しい職場では、「正職員・パート全員が残業をしてなんとか仕事をこなしている」というケースもあり、これではパートで働いている理由が無くなってしまうため、「パート看護師は残業をしない」という風土を作りあげることが大切です。

それでは、以下で詳しく紹介していきます。

 

病棟全体で「パートは残業しない」という意識を持つ

病棟全体で「パート看護師は残業しない」という意識を持ってもらうためにも、

  • パートとして契約しており、残業はできない旨をきちんと説明した上で、採用されていること。
  • 残業ができない代わりに、時間内で仕事がきっちり終われるよう、様々な努力をしていること。

この2つを、病棟で働く職員に説明して理解してもらうことが大切です。

 

4.残業できない状況を周囲に説明する

残業できない状況を周囲に説明するパート看護師

何らかの理由で残業ができない看護師は、残業ができない今の状況を周囲に伝えて理解を得ることが大切です。

以下で詳しく説明していきます。

 

「ずるい」と考えるスタッフには詳しく説明

職場によっては、「パートだから残業できないのはずるい」と考えるスタッフもいるため、「なぜ自分がパートを選んでいるのか」「なぜ残業できないのかと」いう理由を詳しく説明することも、残業しないためには大切です。

 

保育園へお迎えに行けるのが自分しかいない場合の例

「今、小さい子どもがいます。〇時までにお迎えに行かないと行けないのですが、周囲に頼れる人がいないため私しかお迎えに行けません。〇時までは仕事ができるので、少しでも皆さんの仕事が早く終わらせられるよう、私も一生懸命頑張ります」

等、残業ができない理由とともに、自分が帰った後も仕事をする同僚へのねぎらいの言葉を同時にかけることで、印象も良くなるはずです。

 

5.残業しないと居づらいなら転職を検討

転職を検討するパート看護師

どんなに残業ができない旨を周囲に伝え、仕事中は残業ができない分、人1倍頑張って仕事をしているつもりでも、「残業ができない」というだけで職場に居づらいと感じてしまう場合には、状況を理解してくれる職場へ転職する、という方法もあります。

 

職員全員が定時に帰れる職場もある

看護師として働ける職場はたくさんありますし、中にはパート看護師に限らず、職員全員がほぼ定時に帰れるという職場もあります。

「残業できないと言っているのに、毎回残業続き」とストレスを貯め、心身ともに疲れてしまっては意味がありません。

 

パートのメリットが生かせる職場も視野に入れる

様々な事情を抱え、定時に帰るためにあえてパートで働くことを選んだにも関わらず、事情や努力を認めずに一方的に残業を依頼するような職場には、職員も定着しません

そのため、パートとしてのメリットを最大限生かせる職場を選べるよう、新たに準備することも視野に入れてみましょう。

 

まとめ

パートの看護師が残業をしないために出来ることについて紹介してきましたが、いかがでしたか?

残業をしないためにもパート看護師は、是非参考にしてみて下さい。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
3位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

看護師だった祖母の影響で、気が付いたら看護師を志していました。

看護短大にて看護師資格を取得後、大学病院に1年、2か所の総合病院に7年勤務し、看護師として経験を積んだ他、派遣看護師としてツアーナース、介護施設、訪問入浴、イベントナースなど、様々な仕事を経験しています。

専門は糖尿病で、糖尿病療養指導士の資格も所持しています。

看護師の仕事は大好きですが、今は家庭の事情にて、現場での仕事ではなく、看護師ライターとして活動しています。

勤務した診療科や転職時の経験、派遣看護師として行った仕事など、自分の経験を元に、現場で働く看護師さんへより具体的で、役に立つ情報をお届けします!


カテゴリー:看護師パート・非常勤

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:mako
(公開日:)(編集日::2017年10月13日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。