著作者

パンダ

看護師転職ジョブStaff

パンダ

( 運営スタッフ)

ピンク病院の実態とは・・・噂?本当?転職する看護師必見!

パンダ
看護師転職ジョブStaff パンダ
ピンク病院 定義 実態

看護師の方なら、ブラック病院という言葉を聞いたことはあると思います。しかし、最近ではピンク病院という病院の存在もあるようです。ピンク病院と言われると、ピンと来ない看護師の方もいらっしゃるかもしれません。

ここでは、ピンク病院の定義や、その驚くべき実態についてご紹介したいと思います。

1. ピンク病院の定義

ピンク病院の定義

ピンク病院と聞いて、まずはピンと来ない方も多いかもしれません。実は、ピンク病院とは、医師や看護師などの病院スタッフの多くが院内で肉体関係を持っていることをいいます。

ただの不倫をしているカップルが2〜3いるくらいなら、一般的な企業でもよく見るかもしれません。しかし、ピンク病院では、ほとんどとも言っていいほど多数の医師や看護師が、肉体関係を持っています。

 

ピンク病院=倫理から外れた行動が多く見られる病院

職場恋愛とは何が違うの?と思うかもしれません。確かに、企業や病院によっては、職場恋愛が多いところもありますよね。それならもちろん問題はありません。ピンク病院はそういった純粋なものではなく、肉体関係を持つこと、不倫すること、セクハラをすることなど、倫理からは外れた行動が多く見られる病院を指します。

また、ピンク病院では、病院内でキスをするなどの行動をする医師や看護師も多く、それが風紀を乱し、病院内が荒れるきっかけとなっていることもあるようです。

2. ピンク病院の実態

ピンク病院の実態

ピンク病院の存在を知っただけでも驚きを隠せない方は多いと思います。病院といえば、命に関わる仕事をしている医師や看護師がいますよね。看護師は天使にも称されるように、聖職の象徴のような職業でもあります。

実際にピンク病院では、どんなことが行われているのでしょうか。ここでは、ピンク病院の実態をご紹介したいと思います。

 

不倫愛のライバル・トラブルが多い

ピンク病院では、一人の医師を複数人の看護師が奪い合ったり、ライバルの足を引っ張るために嫌がらせをしたりと、三角関係の状態になっていることが多いようです。三角関係ならいいですが、中には4人、5人と複数人がいがみ合っているというから信じられません。

エスカレートすると、あからさまにケンカをしたり派閥を作ったりと、堂々と仕事に恋愛を持ち込みます。ナースステーション内で不倫が原因の人間関係トラブルが起きることも、しばしばあるようです。

 

仕事中でも気にしないボディタッチ

ピンク病院では、うまくいっている不倫カップル達が堂々と病院の廊下でキスをしたり、ハグしあったりということもよくあるようです。

二人きりでやっているならまだしも、ナースステーションなどの多くの人がいる前でベタベタと甘えたり、男性医師が看護師のお尻を触ったり、かなり乱れているのも珍しくないというから驚きます。壁ドンをした、後ろから抱きついたというシーンを目撃した同僚看護師などもいるようです。

これがまだ、正々堂々と付き合えるカップルならいいですが、ましてや不倫関係でのこと。周りの看護師も呆れて物が言えない状態になることもあるようです。

 

看護師の方が積極的であるケースも多い

ピンク病院として不倫関係があるというと、どうしても上司からのセクハラやパワハラをイメージする人も多いかもしれません。権力を利用して部下に言い迫るといった構造は、想像しやすいですよね。

しかし実際は、部下である看護師が医師に迫ることも少なくないようです。キャリアアップや昇給が目的なのか、ただ権力のある人間を自分のものにしたいのか、その真偽はわかりませんが、看護師の方が積極的なケースは多いようです。

 

研修医を狙う看護師もいる

研修医など、病院に勤めている期間が短いスタッフに対して、勤務年数の長い看護師が強く出ることもあるようです。飲み会に誘い、泥酔させてキスを迫ることや、ホテルなどに連れ込むケースもあるといいます。

 

3. 院内のスタッフが対象になるだけではない

医師や看護師も

ピンク病院と呼ばれる病院では、医師や看護師、事務スタッフなど、院内のスタッフが対象になるだけではないようです。時には、病院に出入りする製薬会社の営業マンと関係をもつ医師や看護師も少なくなくありません。とにかくさまざまな人が倫理的に外れた道へと進んでしまっているのです。

営業マンともなると、売上のために我慢しているのかもしれませんが、これも立派なパワハラになるのではないでしょうか。最も、医師や看護師に取り入っているのは営業マン側かもしれないので一概には言えませんが、ここまで広がりを見せると、劣悪な環境ですね。

 

ポイント!

ポイント

不倫でも恋愛でも、他人のことには口を出したくないという人もいるかもしれませんが、病院は患者さんのためにあるものですから、こうした人間関係の歪みが医療に支障をきたさないのか、本当に心配になります。

 

4.ピンク病院の看護師体験談事例

よしの理子さん【看護暦13年目の現役看護師】

看護師 よしの理子
「ピンク病院」と呼ばれている病院で実際にどんなことが、行われているのか私が知っている看護師たちのリアルな体験談をもとに綴っていきます。

 

事例1:何人も愛人のいる医者がいる

大学病院の教授、院長クラスになると院内に看護師の愛人が何人もいるというのは珍しくはありません。ただ、愛人はあくまでも愛人なので、正妻になれることは滅多にありません。

生活費を援助してもらったり、美味しいものをごちそうしてもらったり、ブランド品を買ってもらったり、他人の旦那にこんなことをしてもらって、こんなに虚しいことはありません。

 

看護師の友人Mさん

愛人でいる間は医者の都合の良い所有物です。看護師の友人Mさんは、とあるピンク病院の院長の愛人を8年やっています。院長に与えられたマンションに住み、院長がたまに来たら相手をし、職場ではとっくに噂になっていて、もう35歳になってしまいました。「もう普通の恋愛の仕方忘れた」そう話していました。

 

事例2:男女の噂がすぐ耳に入ってくるのはピンク病院

例えば休憩室で、「〇先生と〇さんが昨日病院から一緒に車で帰るところ見た!」という話が日常的に入ってくるような職場は完全にピンク病院です。そのような行為を職場で簡単にしてしまうこと、そしてその話を周りのスタッフに聞こえる声で話せることは、ピンク病院であるということです。

 

事例3:新人看護師が医師に狙われ

男性医師は、とにかく若い女性を好む傾向があります。看護師の友人Iさんは自分が働き始めた病院がピンク病院とも知らず、40代の医者に声をかけられ「医者にデートに誘われた」と舞い上がっていました。

 

医師はすでに3名の看護師と交際していた

40代の医師が今まで声をかけたのは、Iさんだけではありません。すでに3名の看護師と交際しています。何も知らないIさんは40代医師とデートを重ね、深い中になり、そして数か月が過ぎた頃、職場でその40代医師の噂を耳にしてしまいます。

「あの先生〇病棟の〇さんと付き合っているらしいよ」「え?私は△病棟の〇さんて聞いたよ」幸せだった新人看護師の心は引き裂かれるくらい傷つきますが、知ったときはすでに遅く、もう取返しがつかない状況になってしました。「私が一生懸命愛したら、先生は私だけを見てくれるかも」。

こうしてIさんは40代医師の愛人のひとりになってしまいました。その後、40代医師が関東の病院に移動になるまで4年間も関係は続きました

 

事例3:美人看護師Sさんが当直室に消えて仕事が倍増

看護師の友人Sさんが勤務する病院は市内でも有名はピンク病院です。Sさんの勤務する病棟にはK先生というひとりの医師を取り合う美人看護師が二人いました。二人ともSさんの先輩で、チームは違うけど、夜勤などでも一緒になることがありました。

その日の当直はK先生で、夜勤者は美人看護師二人とSさんでした。夜勤の合間にその二人の美人看護師が交互に当直室に行ってしまうのでSさんの仕事は普段の夜勤より倍増してしまいました。

とくにナースコールの対応に追われたそうです。「ちょっとこの指示これで本当に合っているのか確認してくる!」などと無理やり理由をつけては当直室へ行き、30分は戻らないことを朝まで繰り返していました。

 

ポイント!

看護師 よしの理子

ピンク病院では働くのは、看護師にとってメリットがありません。もしピンク病院だと気づいたらすぐに転職をお勧めします。

 

5. ピンク病院で働いて困る事

働いていると困る事

さて、不倫や恋愛は確かに人の好き好きで、他人が口を出すことではないのかもしれません。しかし、ピンク病院では、ピンク病院であるために、さまざまな支障が出ていることも事実です。

 

人間関係のトラブルが多い

例えば、恋愛がらみの妬みなどでいじめ、仲間はずれなどの人間関係のトラブルが多いというのがいい例です。人間関係のトラブルは、業務上必要なコミュニケーションまで阻んでしまうこともあるため、患者にとっても深刻です。

他にも、一人の人に仕事を押し付けるなど、業務上の効率を無視した行動に出る医師や看護師もいるようです。肉体関係を迫り、セクハラやパワハラの被害に遭う看護師もいて、ピンク病院=ブラック病院といってもいいほどの悪環境がそこにはあります。

 

患者の安全が守れなくなる可能性もある

入院患者に手を出す看護師もいるようで、業務を怠ることや、看護の質に不平等が生じるなど、安心して患者が入院できる環境ではない状態にまで陥ることもあるようです。

 

看護師が不平等な評価を受けることも

肉体関係を持っていることから昇進や昇給などの審査が正しく行われず、不平等な評価を受ける看護師もいて、被害はひとつにとどまりません。

 

まとめ

ピンク病院と呼ばれる病院でも、自分に被害が及ばずに順調に働ける可能性はあります。しかし、ブラック病院さながらの働きにくさを感じることも多く、真面目な看護師は転職や離職をすることが多いようです。

誰しもがピンク病院のような環境では働きたくないと思いますので、もし、知らずに入職してしまった場合は、ブラック病院のような被害があるのであれば、転職を考えたほうがいいでしょう。

最近ではネットでのコミュニケーションが発達し、実際はピンク病院のような実態はなく、噂だけが独り歩きしていることもあります。もし、転職しようと考えていた病院にピンク病院のような噂があるなら、その噂が本当なのか、きちんと確かめたほうがいいと思います。

記事の内容に関しては、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用をお願いいたします。


<最新情報をお届けします>

看護師転職ジョブを運営しているスタッフです。

1人でも多くの看護師の方に役に立つ情報や転職時の注意点など幅広く執筆しています。記載している情報は、有資格者の看護師のチェックを通しながら執筆中です。

是非たくさん見ていただけたら嬉しいです。

看護師転職サイトの口コミ評価

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

カテゴリー:看護師転職のノウハウ

(公開日:)(編集日::2018年02月15日)

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。