著作者

村上 生(なる)

正看護師

村上 生(なる)

( 看護師 オランダ在中)

形成外科で働く看護師の仕事内容・メリットと転職が向いている人とは

村上 生(なる)
形成外科で働く看護師の仕事内容

このページでは、形成外科で3年間働いた私の経験を元に、形成外科で働く基本的な看護師の仕事内容やメリットなどについてご紹介していきます。

皮膚移植や褥瘡ケアに興味がある看護師の方は、形成外科への転職はおすすめです。

1.形成外科で働く看護師の仕事内容とは

形成外科で働く看護師の主な仕事は以下の3つです。

この仕事内容を見るだけで、形成外科の看護の特殊性がよく分かるのではないでしょうか。

 

(1)周手術期ケア

形成外科の周手術期ケア

形成外科に入院してくる患者は、先天性奇形や疾患による変形、皮膚疾患によって手術を受ける場合がほとんどであるため、看護師は周手術期ケアが主な仕事になります。

看護師は形成外科の手術を受ける患者に手術のオリエンテーションを行うことから始め、手術後の全身管理を行います。

 

形成外科の術後はドレーン管理が基本

形成外科の術後は、ドレーン管理が基本となりますので、ここで働く看護師はドレーン管理を含めた周手術期ケアを行うことになります。

また、形成外科では、最近の医療進歩により最新器具なども開発されていますので、術後ケアだけではなく使用する物品の使用方法や管理についての知識も仕事として必要です。

 

(2)ボディイメージへの配慮などのメンタルケア

形成外科の患者を励ます看護師

形成外科での治療が必要な患者は、患者にもよりますがほとんどの場合、外見を気にする場面が多くみられます。

そのため、形成外科で働く看護師は、そのようなナイーブな問題に対して患者のメンタルケアを行います。

手術後からではなく、手術前からメンタルケアを行なっていくことが重要です。

 

緩和ケアチームと連携することもある

このように形成外科は、外科的なケアができるだけでは務まる診療科ではありません。

また、形成外科には、乳房再建術を受ける乳がん患者などのように、「がん患者」も多く入院しているため、緩和ケアチームと連携しながらメンタルケアを行っていくこともあります。

 

(3)皮膚ケア

形成外科の看護師の皮膚ケア

形成外科では、多くの患者が形成の手術を受けため、看護師は皮膚ケアの仕事が多いです。

そのため、形成外科で働く看護師には、皮膚ケアに関する知識や応用スキルなどが非常に重要となります。

 

患者や家族が退院後に自分で出来るよう指導していく

形成外科で行う皮膚ケアは、看護師だけが行うのではなく患者自身や家族が退院後に自分で出来るように、入院中に指導していきます。

手術を受けて傷の状態が良くなったら終わりというわけではなく、退院後のことも見据えて考えていくことが必要なのです。

 

2.形成外科に転職する看護師のメリット

形成外科へ転職する看護師のメリット

看護師が形成外科へ転職することで、以下のようなメリットが得られます。

 

(1)皮膚ケアに強くなる

先ほども述べたように、看護師が形成外科へ転職すると、日々患者の皮膚ケアに関わることになるため、皮膚ケアスキルがアップします。

例えば、皮膚ケアの基本となる皮膚の状態や手術によってどのように皮膚が治癒されていくのか、薬の影響や副作用はどのようになるのかなどといったような、知識や経験を得ることができます。

また、皮膚ケア用に開発された最新の物品についても学ぶことができますので、皮膚・排泄ケア認定看護師になる道としても形成外科へ転職することは良いメリットです。

皮膚・排泄ケア認定看護師については、「【体験談】皮膚・排泄ケア認定看護師が院内で行う仕事内容や役割をレポート」の記事も参考にしてみてください。

 

(2)褥瘡ケアの知識や経験を得られる

形成外科では、疾患にもよりますが褥瘡を持つ患者も多くいるため、看護師は褥瘡ケアも行うことが多いです。

高齢社会となっている現在、寝たきり患者の褥瘡ケアは、看護師として今後どの職場へ転職しようとも、非常に重要となります。

そのため、形成外科へ転職して褥瘡ケアに強くなることは、長い目で見てもとても有意義なことだと言えます。

 

(3)小児看護が経験できる

形成外科では、先天性奇形を持った小児の患者が入院してくることが少なくありません。

この場合、患児を含めた両親へのケアや小児の周手術期看護を行うため、形成外科へ転職することで、成人だけではなく小児看護も経験できるというメリットがあるのです。

 

3.形成外科への転職が向いている看護師

形成外科に向いている看護師

上記で紹介したような、形成外科の仕事やメリットを考慮すると、以下のような看護師が形成外科に向いていると言えるのではないでしょうか。

参考にしてみてください。

 

(1)皮膚疾患やケアに興味がある看護師

皮膚疾患や皮膚ケアに興味のある人は形成外科が向いています。

皮膚の成り立ちや皮膚の治癒過程について少しでも興味があれば、形成外科へ転職することで、とても楽しい気持ちでやりがいを得られるはずです。

 

(2)一般的な外科ケアを学びたい看護師

形成外科は一般的に毎日のように手術が行われており、また、他の診療科に比べると、高度な医療ケアが必要となってくることはありません。

そのため、一般的な基礎的な外科ケアを学びたい看護師も、形成外科への転職が向いていると言えます。

 

(3)長期間の経過を追ってケアしたい看護師

形成外科では、比較的長期で看護ケアをしていくことが多いです。

皮膚の治癒過程には様々な過程があり、形成外科の看護師は、長期間の経過を追いながら日々皮膚ケアをしていくこととなります。

そのため、長期間のケアを追ってケアしたい看護師も、形成外科への転職が向いています。

 

まとめ

以上、形成外科でのお仕事内容やメリットについてご紹介しました。

形成外科で働く看護師の最大の特徴は、皮膚ケアスキルがアップすることです。

形成外科は毎日のように手術が行われるため、比較的どこの職場も忙しいとは思いますが、「やりがい」も「スキルアップ」も両方得られる職場であるため、個人的にはとてもおすすめの転職先です。

記事の内容に関しては、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用をお願いいたします。


学病院の脳神経外科・脳卒中ケアユニット、民間病院で看護師として5年経験してきました。現在は、オランダに住みながらがんの患者さんのためのカウンセリングをオンラインでしています。今までの経験を活かして、海外情報も含め、ライターとして発信していきたいと思います。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師
出身/年齢 ・京都府・27歳
(現在オランダ在中)
職務経験 ・大学病院
・民間の急性期病院
診療科経験 ・脳神経外科
・脳神経内科
・形成外科
・血液内科
・デイサービス

看護師転職サイトの口コミ評価

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】

カテゴリー:看護師に人気の科

(公開日:)(編集日::2018年05月23日)

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。