著作者

RAY

現役看護師

RAY

( 看護師 )

看護師人気のクリニック4つの診療科と転職注意点

RAY
現役看護師RAY
看護師 人気 クリニック

転職を考える際、総合病院か小規模なクリニックか、どちらかに絞って転職活動を行う人も多いと思います。では、なぜクリニックは看護師の転職先として人気なのでしょうか。

クリニックが看護師に人気な理由と、クリニックで看護師に人気の4つの診療科について説明させていただきます。また、転職時の注意点もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

1. 看護師の転職先にクリニックが人気の理由とメリット

クリニックが人気の理由とメリット
看護師に人気の転職先であるクリニックですが、人気の理由とともにメリットもご紹介していきましょう。

 

夜勤がないクリニックが大半

クリニックは外来が中心であることから、入院をする患者はいません。外来患者を夜間まで受け入れるために時間を日勤と夜勤で区切るケースはあるものの、最終電車には間に合う時間帯になります。

病院勤めで夜勤が体力的に辛くなってしまった看護師や、平日の日勤だけを行いたい看護師などは、クリニックでの勤務を求めて、求人を探す人も多いです。

 

精神的な負担を感じるケースが減る

診療科にもよりますが、入院病棟のある職場では、患者の死に直面するケースも多くあります。患者の死に対して敏感になってしまう看護師の方は、病棟看護の仕事がつらく、看護師の仕事に嫌気がさすことも多々あります。

そのためクリニック勤務の看護師は、精神的な負担を感じるケースも減ります。ある程度、患者との距離を保って働ける職場を求めている場合は、クリニックでの看護師の仕事は最適と感じます。

 

ポイント!

ポイント

総合病院などに勤めていれば、自分の希望が通らず、働きたくない診療科への異動もありえます。そのような境遇に不安を感じている看護師の場合は、小規模なクリニックでの外来業務のほうが、気楽に働けていいのかもしれません。

 

2.看護師に人気!クリニックの診療科4つとは?

人気のクリニックの診療科
まずは看護師に人気のあるクリニックの診療科は以下の通りです。

  • 眼科クリニック
  • 美容外科・美容皮膚科クリニック
  • 皮膚科クリニック
  • 婦人科クリニック

上記4つを実際に自分が求人に行った際の経験や、周囲の看護師の意見を人気がある理由をご紹介します。

 

(1)眼科クリニックが人気の理由

眼科の人気が高めの理由は、何といっても生命に直結するリスクが少ないという所です。また、心身は元気でありあくまで眼だけに不調を来している場合が多いためコミュニケーションも取りやすいです。

また、診療の介助についたとしてもほとんど医師が1人で行うため看護師側は手伝い不要であることが多いです。

 

手術を行っている眼科クリニックは注意してください

手術も行っているクリニックでは手術解除につかなければならない場合もあるため転職時には確認しておく必要があります。

眼科クリニックは他の診療科と比べてそもそも母体が少ないことや仕事内容的にも看護師の定着率が良いことから求人が出回るのが少なめとされています。

 

(2)美容外科・美容皮膚科クリニック

自費診療を積極的に行っているためクリニック業界の中でもお給料が良い、自分も綺麗になれるなどの理由で人気が高いのが美容外科・美容皮膚科クリニックです。

また、接客が美容外科のかなめともいわれるだけあって医療技術よりも接客態度をしっかりとしていれば容易に働き続けられる分野です。

さらに、クリニックによっては低額で自分も施術を受けることができるため働きながらにしてきれいになれるのも美容外科の嬉しいところです。実際に自分の周囲でも美容外科で働いた看護師は目を二重にしたり、鼻を整形したり豊胸をしたりといろいろと施術をしてもらっている人が多かったです。

 

看護師の募集要項をしっかりと確認すること

外科とつくだけあって看護師が手術に一緒に入らなければならない場合もあります。外科看護を経験したことない看護師の場合、「手術に看護師がつかなければならないか」「手術看護師を別枠で募集しているところかどうか」転職前に確認しておくと良いでしょう。

 

(3)皮膚科クリニック

眼科同様に命に直結する疾患がほとんどない皮膚科は、精神的な負担が無く働くことができるのが人気の理由です。

皮膚の一部に異常があってくる人が多いため心身ともに安定している患者が多く、コミュニケーションも容易です。また、皮膚について学ぶことができるため自分のために生かすこともできます。

皮膚科にいたころには皮膚科が勧めるお高めの肌ケア用品を社割で安く購入できたり、自分の皮膚にかゆみなどのトラブルが起きてもすぐに対処してもらえていました。

 

老若男女問わずに来院する診療科

皮膚科は老若男女問わずに来院する診療科でもあるため子どもが嫌いでも子どもと接しなければならないということがあります。また、医師は診察のみを行い、処置は看護師任せなクリニックも多いため意外に医療的な処置を行うことが多いです。

アレルギー検査などを行っている診療科では時期によっては内科よりも採血量が多いなんていうこともありますので注意しましょう。

皮膚科に関しては

を確認してください。

 

(4)婦人科クリック

意外と穴場な診療科が婦人科です。近年不妊治療が進むなどして婦人科も積極的に自費診療を取り入れているところが多いため給料が高いということも魅力的です。看護師としての医療行為も採血と説明が主で、他の診療科よりも看護師が行う医療行為が少ないのも人気の理由です。

患者のほとんどは女性、しかも20歳代から50歳代となるため子どもが苦手、高齢者が苦手という看護師にとっては働きやすい場所となるでしょう。

 

患者からのクレームも多いので注意

女性が多いが故に些細なことでクレームに繋がりやすいこと、内診の介助で気分を悪くする看護師もいるというデメリットがあります。

詳しくは

を確認してください。

 

3.クリニックへ転職する際に押さえておきたい注意点

探してみれば看護師にとって働きやすい診療科がたくさんあるクリニックですが、クリニックに転職する際にはどんなことに注意していけば良いのでしょうか。

ここでは転職活動をする際に注意しておきたいことをご紹介します。

 

(1)子どもが嫌い=小児科を避ければいいは近年通用しない

小児科を避ければ子どもと関わらなくてよいだろうと考えている看護師が多いですが、実は近年その理論は通用しなくなっています。

近年クリニックがたくさんでき、患者も選び放題な時代となっています。

そのため、クリニック側も少しでも患者を入れようとあえて年齢を制限せずに診るという姿勢をとっているところが多いです。

また、患者の方も例えば、

  • 「アトピーが見られたら小児科」
  • 「鼻が悪そうだったら耳鼻科」

と症状に応じてクリニックを使い分けている人が多いです。

 

子供が実際に来るクリニックの看護師体験談

私の勤務していたクリニックはクリニックビルの中にあったため色々な診療科の看護師と交流がありました。

明らかに小児科で見るような疾患でも小児科は混んでいるからという理由で耳鼻科に連れてきたり、自分も風邪症状があるから一緒に診てほしいと子どもなのに普通の内科に連れてくるという患者もいました。

そのため、小児科でないから子どもは来ないという考え方は通用しなくなっており、本当に子どもを診る診療科を避けたいと考えている場合は循環器や美容系といった明らかに子どもは来ないであろう診療科を選択することが無難となります。

 

(2)福利厚生、特に社会保険が整っているかは確認する

クリニックの看護師として働くにあたり絶対に確認して起きたのは社会保険関係の福利厚生が完備されているかどうかです。

【社会保険の内容】

  • 健康保険
  • 厚生年金など

母体が大きな病院などであればまだしも明らかな個人経営である場合、入社後半年間は社保制度がないことや、場合によっては全くない(外注・個人事業主扱い)ということもあります。

 

特に病棟で働いてきた看護師は病院の事務が全て管理して来てくれていたということもあり自身での社会保険関連の管理は難しいところです。また、この数か月分の社保系のお金はかなりかかり、経済的にも大きな負担となります。

最初から社保が完備されているクリニックを選ぶことをお勧めします。

 

(3)看護師が何人体制かをチェックする

クリニックは看護師が気持ちよく働けるか、またはずっと働くことができるかはクリニック内の人間関係が仕事を大きく左右します。そのため、看護師が何人体制であるのか、どのような年代の看護師が働いているのかはチェックしておくと良いでしょう。

 

看護師1人体制のクリニックの場合

まず、看護師1人体制のクリニックである場合は自分が全てやらなければならないため人間関係で苦労することは少ないものの業務で苦労することはあるでしょう。

 

人数が多いと苦労するので個人的に2、3名程度がおすすめ

逆に人数が多いとそれはそれで苦労することもあります。個人的には2~3人体制くらいですと人間関係にも悩まされず、かつ、何かあった時には助けてもらえるため働きやすい人数でした。

 

(4)働いている看護師の年代も注意すること

働いている看護師の年代も、クリニックでの職場選びでのポイントになります。

20~30歳代の看護師の場合、子供が小さいため、行事や子供の体調不良によって勤務交代または欠勤するということが結構多いくなります。

そのため、急遽1人で働かなければならない、休みだったのに出勤しなければならなくなったということも出てきます。

 

40代~50歳代の看護師が多いと仕事は楽です

逆に40代~50歳代の看護師が多いと家庭の事情での欠勤は少なく、逆に自分が小さい子どもがいる場合は子育てについての理解がある人が多いため快く勤務を変わってもらえる場合があります。

このことから働いている年代に目を向けておくのも必要となります。

 

(5)クリニックが予約制かどうかで残業度合が違う

クリニックでの勤務経験がある看護師が、転職時に重視することは、実は「予約制であるかどうか」になります。

予約制でない場合は、閉院時間を過ぎても患者が来たら受け入れるという体制をとっているところもあります。確かに患者からしたらありがたいのかもしれませんが、働いている看護師は定時で上がることができず、残業となるためかなり迷惑です。

 

予約制の場合、定時より早く帰れる場合もある

それに引き換え、予約制であれば閉院間近に来た患者は受け入れませんし、予約時間分の診療が終われば閉院するため定時より早めに上がれるなんていうラッキーなこともあります。

残業はどうしても避けたいという場合は予約制かどうかをチェックしておくのもポイントです。

 

まとめ

クリニックと一口に言っても診療科によってその実態は様々です。メリットもあればもちろんデメリットもありますので、自分の希望する働き方をしたいのなら、早合点せず、落ち着いて良いクリニックを見つけるように粘ってみることも大切になります。

看護師自身も働く場所を選び放題である分、そのクリニックについてよく調べてから転職することをお勧めします。転職会社を介せば、一度見学に行かせてくれるクリニックが多いです。どのような働き方で、どの世代が働いているのか、患者はどんな人が多く来るのかなどをしっかりと観察してから就職を検討してみてはいかがでしょうか。

クリニック求人を探すのは難しい

看護師求人はたくさんありますが、クリニックや医院を探そうとなると、意外と手間取るものです。便利なのが看護師求人サイトなり、クリニック求人を多く扱っているサイトを探すことも大切になります。

詳細は「クリニック看護師求人|転職前の7つの注意点!」も合わせて確認してください。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
3位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

食べること、スポーツ観戦が好きな看護師です。社会勉強と称していろいろなところで働いた経験を綴っています。派遣看護師の経験もあり、派遣では回復期の病棟業務、ディサービス、検診センターで仕事の経験があります。


カテゴリー:看護師に人気の病院

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:RAY
(公開日:)(編集日::2017年04月28日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

1件の返信

  1. […] 「看護師に人気のクリニック人気の4つの科と転職注意点」 […]

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。