著作者

ラビウサ

専門看護師

ラビウサ

( 看護師 専門看護師)

復職を躊躇した看護師が準備してみること

ラビウサ
専門看護師ラビウサ
復職を躊躇した看護師が準備

看護師として復職したいと考えていても「何を準備して良いか判らないし、自分の看護技術に不安がある。」等の悩みから、復職を躊躇していませんか?

もし、自分自身に復職する自分の意欲は高くても、周囲が復職することで日常生活に変化が生じることを理解していなければ、看護師として復職し、長く勤め続けることは難しくなります

また、仕事と家事ができるつもりでいても、心と体が付いていかないことはよくあります。

家族や周囲の協力なしでは、復職の成功はないといっても過言はないでしょう。

そのため、家族の協力や理解をまずは取り付けるところから準備してください。

そして、家族の協力を得ることができたら、まずは悩むよりも「復職先を探し始める」「復職に向けての勉強を始める」等、具体的に行動することで復職の準備を整えていきましょう。

ここでは、看護師が復職する準備に必要なことについてご説明します。

1.まずは復職支援セミナーを受けるてみる

復職支援セミナーを受ける看護師

看護師として復職が不安な方は、まずは復職セミナーを受けてみましょう。

各医療機関では、潜在看護師などを対象に行っている復職支援セミナーに参加することで、よりリアルな医療現場を知ることができます。

机上で学ぶよりも、実際に施設をめぐったり医療器具に触れたりすることは、具体的な就職行動の意欲が高まるでしょう。

 

(1)復職セミナーは日本看護協会が主催している

看護師の復職セミナーは、基本的に日本看護協会が主催しています。

そのため、「看護師復職セミナー」などで検索すると見つけることが可能です。

 

再就業技術講習会について

また地方の看護協会では、再就職支援事業として「再就業技術講習会」などを行っているため参加してみましょう。

名前が違うので注意しましょう。

 

(2)病院が独自に復職セミナーを開催している

病院が単体で看護師の復職セミナーを開催している場合があります。

近くの病院のホームページなどで調べて確認することが可能です。

1点、注意点としては、病院が行う復職セミナーの意図は、セミナーに来た看護師にその病院に入職してもらうのが目的です。もちろん、断ることは可能ですが、断りにくくなるため、働きたい病院でない限りはお勧めいたしません。

 

(3)看護師求人紹介会社で主催している復職セミナー

看護師求人サイト(人材紹介会社)などでも復職セミナーを実施しています。

こちらは、(2)の病院が独自に復職セミナーを行っている目的と同様に、病院側と企画して転職してもらう(復職してもらう)ことが目的になります。

利用するのは問題ありませんが、目的や意図を確認しましょう。

 

2.復職先の看護師求人を探してみる

復職先に譲れない条件を書く看護師

看護師が復職する際は、就職先を探す前に準備が必要です。

どのような準備が必要であるか、以下で見ていきましょう。

 

(1)自分の中で譲れない条件を明確にする

看護師としての復職先を探す時は、「どんな看護をやりかったか」「何を得たかったか」を書き出し、復職することで自分が得たいもの、譲れない条件を明確にすることが大切です。

補足説明!

ポイント

復職に対する希望を書き出し、更に優先順位をつけていくことで選択する際に迷いが少なくなるだけでなく、妥協点も見つけやすくなるでしょう。

 

(2)勤務形態を明確にする

そのため、「復職する勤務形態をどうするのか」「夜勤やオンコールがある場合の家事をどうするのか」等、具体的なイメージが付くように話し合い、家族に協力を求めることが大切です。

仕事をしていなかった時期が長いほど、復職して仕事に馴染むまでに時間がかかります。

 

(3)通勤ルートの確認

職場の通勤ルートで「計算上では、片道30分程度だから通勤も大丈夫だ」と考えるのは危険であるため、まずは働くエリアを大まかに決めることが大切です。

働くエリアが決待った段階で、通勤ルートの確認と実際の通勤時間にシミュレーションすることが大切です。

私は、交通機関を利用して片道20分程度の職場に勤務していましたが、電車の乗り継ぎなどに失敗すると、通勤に1時間程度かかることもありました。

通勤手段によっては、住所上で近い施設よりも交通の便が良ければ、少し離れた職場の方が通いやすい場合もあります。

 

(4)看護師求人サイトで復職の求人は探せる

復職するための希望条件等が決まったら、次は復職先の求人を探す作業になります。

自分自身の条件に合った求人は自分で見つけるのは困難なため、看護師求人サイトを利用して条件面を伝え、求人をピックアップしてもらいましょう。

 

ブランクOKや復職歓迎求人を選ぶこと

ブランクOKや復職歓迎の看護師求人を選ぶことは重要です。

その理由としては、

  • 復職者の教育体制が整っていること
  • 同じ境遇の復職者が多いこと

などが挙げられます。

そのため、求人内容としては復職者を歓迎している先を選びましょう。

 

注意点!

ポイント

また、100%あなたの希望する条件に合った求人が見つかるのは稀です。

そのため、希望条件の優先順位をしっかりとつけておけばスムーズに復職求人が見つかります。

 

3.働くために勉強・準備をしてみる

復習する復職が決まった看護師

看護師としての復職先のイメージが付いた段階で、働くための準備・勉強を行ってみましょう。

以下、復職先別に詳しく勉強方法を記載しています。

 

(1)クリニックに復職する場合の準備

クリニックに復職する際の準備は、「12誘導心電図の位置と色を暗記しなおす」「市民健診などの流れを市役所などのホームページなどに目を通す」等、健診業務に必要な知識を再確認しましょう。

 

補足説明!

ポイント

クリニックが力を入れている診療科で行われている検査などについて、目的や大まかな方法を抑えておくことで、気持ちに余裕が生まれるでしょう。

 

(2)病棟に復職する場合の準備

「病棟に復職」「配属予定の病棟が決まっている」等の場合には、その病棟が担当する診療科が扱う疾患の知識についておさらいをしておくだけでも、イメージしやすくなります。

 

まとめサイトで今の看護技術の流れを知る

SNS上で「看護技術」で検索すると、基本的な看護技術についてまとめてあるサイトがあるため、そのサイトを利用して、今の看護技術の流れを知ることもとても参考になるでしょう。

 

(3)訪問看護に復職する場合の準備

訪問看護へ復職する場合の準備には、日本訪問看護財団の「訪問看護e-ラーニング」を利用して、統一された知識と技術を学ぶことが効果的です。

 

的を絞ったセミナー、出版物を選ぶことも可能

全国訪問看護事業協会や日本看護協会などでも、訪問看護についてのセミナーの開催や訪問看護に関する出版物を出しているため、より的を絞ったセミナーや出版物を選ぶこともできます。

 

(4)介護老人保健施設へ復職する場合の準備

介護老人保健施設に復職する場合には、対象となる患者がどのような疾患で、どの程度の医療処置に対応しなければならないのかによっても、学んでおくべき看護技術が変わってきます。

そのため、抑えておくべき知識としては、日本看護協会の「認知症ケアガイドブック」に目を通しておくことで、認知症患者への理解と必要なケアの知識を身に付けることができます。

医療度が高い、終末期がん患者や神経難病などの患者が入所する介護老人保健施設に復職する場合には、看護スタッフが少なく実践がすぐに求められる可能性が高いため、SNSなどを利用して人工呼吸器や麻薬管理などの知識と技術を抑えておくことが大切です。

 

まとめ

看護師の復職準備に必要なことについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

復職するまでの期間が長くなるほど、色々な不安が湧いてくるため、復職する際には準備が欠かせません

まずは行動に移してみることが何よりも重要です。

自分に合った職場を探して、せっかく努力して取得した看護師免許を、もう1度活用してみましょう。


看護師転職サイトの口コミ評価

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】



看護師をして20年以上になります。外来・病棟・検査室・クリニックなど、いろいろな場所での業務を経験しました。
ですが、一時は看護師をやめようと思ったほど、心身共に追い詰められた時期もあります。現在は、看護師も続けつつ、ライターやカウンセラーとしても活動しています。
今までの経験を生かして、いろいろな体験談も書いていこうと思っています。よろしくお願いします。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師・専門看護師・消化器内視鏡技師・心理相談員
年齢 ・40代後半
職務経験 ・がん専門病院・クリニック・総合病院・訪問診療クリニック
診療科経験 ・消化器内科・腹部外科・透析室・内視鏡室 ・相談室
・放射線治療室・整形外科 ・一般内科・カウンセリング室

記事の内容に関しては、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用をお願いいたします。
カテゴリー:看護師の復職

(公開日:)(編集日::2018年03月20日)

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。