著作者

ラビウサ

専門看護師

ラビウサ

( 看護師 専門看護師)

精神科の経験が活かせる看護師の転職先とは?

ラビウサ
専門看護師ラビウサ
精神科の経験を活かして働く看護師

精神科は、専門性が高く一般病棟の経験がある看護師より、「採血・処置などの手技」や「緊急時の対応」等の経験値は低いですが、精神科を学んだ経験を強みに変えることができます

今回は、看護師として精神科の経験が活かせる転職先についてご紹介します。

1. メンタルクリニックで精神科経験を活かす

メンタルクリニックで精神科経験を活かす看護師

精神科病棟などの経験を強みとして活かせる転職先の1つは、メンタルクリニックです。

メンタルクリニックの看護師募集要項には、未経験可となっていることが殆どですが実際の患者対応は、経験者が重宝されるでしょう。

 

メンタルケアが必要な患者が来る

私が勤務するクリニックは、一部心療内科も対応しているため、うつ病をはじめとしたメンタルケアを必要とする患者が来ます

精神科疾患患者の対応が未経験のスタッフは、「怖い」や「どうしてよいか判らない」等、電話対応さえ苦手と感じてしまうようです。

 

クリニックでは窓口対応が重視される

クリニックでは、患者や家族が注目している窓口対応が何よりも重視されます。

そのため、精神科経験がある看護師が電話対応や受付対応を担当すると、患者・スタッフは心強いでしょう。

 

看護処置の負担は少ない

メンタルクリニックで行う看護処置は、「採血」や「心電図」等の簡単なものが多いです。

そのため、一般的なクリニックと比較するとメンタルクリニックは、看護業務の負担は少なく精神科経験しかない看護師にとっては魅力となるでしょう。

 

メンタルクリニックは焦らずに業務遂行できる

メンタルクリニックは予約制のため、

  • 看護師が自分のペースで業務を進めやすい
  • ミスの少ない処置・検査等の予約業務
  • 余裕を持った説明業務

等ができることもお勧めです。

 

補足説明!

ポイント

一般的なクリニックは、連携している病院なども決まっていることが多く、より専門的な検査・治療のために病院を紹介する手順等も決まっています。

 

デイケアで精神科看護経験が活かすことができる

メンタルクリニックの中には社会復帰のために、「デイケア」や「ショートケア」等を実施している場所もあります。

そのため、デイケアや患者会などを行っているクリニックで働くと精神科看護経験をより活かすことができます

 

患者会を定期開催しているクリニックもある

メンタルクリニックの中には、「アルコール依存症」や「摂食障害」等の患者会を定期開催している場所もあります。

 

補足説明!

ポイント

精神科看護経験が少ない看護師にとって、職場に精神科経験のある看護師がいることで学び・助けとなるでしょう。

 

2. 訪問看護ステーションで精神科経験を活かす

訪問看護ステーションで精神科経験を活かす看護師

精神科看護は、精神疾患患者のケアを精神科経験がない看護師が対応するには難しい面があるため、精神科に特化した訪問看護ステーションは、精神科看護経験を活かすことができる転職先と言えるでしょう。

 

患者のケアはチームで行う

精神科に特化した訪問看護ステーションは看護師だけでなく、

  • 精神保健福祉士
  • 作業療法士

等が在籍していることが多く、チームで患者のケアを考えることができます

 

ポイント!

ポイント

訪問看護ステーションでは、精神科看護の経験に地域看護の領域がプラスできるでしょう。

 

訪問看護ステーションは得意とする患者が異なる

訪問看護ステーションにも得意とする患者がそれぞれ異なり、

  • がん患者に強いところ
  • 神経難病に強いところ
  • 小児に強いところ

等、様々あります。

精神科看護経験があることは、認知症やせん妄が出現している患者のケア知識を患者や家族に提供できるため、大きな強みとなるでしょう。

 

精神科看護経験が多くの場面で活かせる

私は、緩和ケアを中心とした在宅診療クリニックに勤めていますが、メンタルケアが必要な患者の「精神症状の見極めが判りにくい」等の対応困難な症例で訪問看護師が悩んでしまう事例に遭遇することがあります。

しかし、認知症・せん妄・介護疲れにより抑うつ状態になった家族のケア等、精神科看護の経験が活かせる場面は沢山あります。

 

ポイント!

ポイント

転職先を探す時には、訪問看護ステーションが得意とする領域を把握して訪問看護師となり精神科経験を活かすことも、スキルアップにつながる転職になります。

 

3. コールセンターで精神科経験を活かす

コールセンターで精神科経験を活かす看護師

精神科看護師のスキルは、コールセンターの看護師としても十分に活かすことができます。

看護師として一般病院で働いた看護師は、どうしても「指導」や「アドバイス」が先に立ち、患者の訴えの裏にある本当の気持ちを汲み取ることがなかなかできません

 

傾聴・受容スキルを活かす

精神科看護経験があると傾聴・受容のスキルが自然と身に付いているため、

  • 相談者の表面的な言葉だけでなく本当の気持ちを引き出す・受け止める
  • 相談者に必要な情報提供や指導ができる

等の強みを活かすことができます。

コールセンターの仕事について更に詳しく知りたい方は、コールセンターで働く看護師のメリット・デメリットを参照ください。

 

4. 一般病院の内科外来で精神科経験を活かす

一般病棟の内科外来で精神科経験を活かす看護師

治らない病気として、糖尿病、腎不全、神経難病、がん等があります。

治らない病気を抱えて生活を送る患者と家族には、心の問題を抱えつつ相談する人がいないという悩みがあり、一般病院の外来に通院している患者に共通する現象でもあります。

 

慢性期疾患の患者へのメンタルケア

精神科看護の経験しかない看護師は、一般病棟への勤務を躊躇しがちですが、慢性期疾患患者の多い内科外来などの業務であれば、医療処置よりも患者説明や指導に重きが置かれるため精神科看護師経験が活かすことができます。

内科外来の仕事について更に詳しくは、内科外来で働く看護師のメリット・デメリットと特徴・役割についてをチェックしてください。

 

ポイント!

ポイント

一般病棟では、新しい看護技術を覚えることが必要ですが、それ以上に患者の気持ちに添えるケアをするための転職先として内科系外来を考慮するのも良いでしょう。

 

5. まとめ

精神科経験が活かせる転職先には、

  • メンタルクリニック
  • 訪問看護
  • 電話相談員
  • 内科系外来

等があります。

精神科看護の強みは、「患者や家族の声を受け止めて寄り添うことができる」ということです。

看護技術や手技は、回数を重ねることで身に付きますが患者支援に必要不可欠な、「傾聴」「受容」「共感スキル」等を身に付けることは時間がかかります。

「精神科の経験を活かせる転職がしたい」と考えている看護師は、是非参考にしてみて下さい。

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

<最新情報をお届けします>

看護師をして20年以上になります。外来・病棟・検査室・クリニックなど、いろいろな場所での業務を経験しました。
ですが、一時は看護師をやめようと思ったほど、心身共に追い詰められた時期もあります。現在は、看護師も続けつつ、ライターやカウンセラーとしても活動しています。
今までの経験を生かして、いろいろな体験談も書いていこうと思っています。よろしくお願いします。


カテゴリー:精神科病院


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:ラビウサ
(公開日:)(編集日::2017年07月13日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。