著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

精神科での看護師の仕事内容と平均年収について

kameko
看護師スタッフkameko

精神科で働く看護師に求められるのは、わずかな変化も見逃さない細やかな対応力、看護師としての一般的なスキルです。また、精神科特有の危険手当によってボーナスが高く設定されていることが特徴です。転職の注意点としては、看護スキルが落ちてしまわないように日々スキルを磨きながら、患者さんと向き合うタフな姿勢や何が起きても冷静に対応する力が求められることです。

精神科の看護師へ転職を考える方は、「精神科の看護師求人|転職する前に確認したい4つの事」も確認してみてください。

1. 精神科で働く看護師の仕事

精神科で働く看護師の仕事

看護師は病院で働く際には外科や内科など様々な診療科に配属されますが、他の診療科と大きな違いのある科と言えば精神科です。外科や内科は主に身体的な治療や介助を行っており、誰もが想像する看護師のイメージ通りの仕事と言えます。

精神科でも同様に医師の介助患者さんの経過観察、検査などの医療処置、患者さんや家族への指導や説明等も看護師の重要な仕事ですが、大きな違いと言えるのがうつ病や認知症などに悩んでいる患者さんを心の面から支えてあげるという点です。
 

薬剤の管理や排泄・入浴の介助、バイタルチェックなど

精神科で働く看護師さんの具体的な業務内容としては、薬物療法に使われる薬剤の管理、排泄や入浴といったセルフケアの介助、意識障害を未然に防ぐための定期的なバイタルチェック等が挙げられます。
 

患者の変化や行動の意図を汲み取る

精神疾患を抱えた人はコミュニケーションが上手く取れないこともあり、自らの身体の調子をオーバーリアクションで示す人や、逆に全く伝えない人もいます。そのため、ちょっとした言動の変化にいち早く気付くことや、患者の行動が何を意味しているのかという見極めが大切になるのです。
 

看護師が治療に果たす役割が大きい

患者さんがいきなり大声や奇声を上げたり暴れ出したりすることも確かにあります。しかし、そのような患者さんとじっくり向き合って徐々に信頼関係を築きながら、回復の喜びを一緒に分かち合えるというのは精神科看護の魅力と言えます。つまり、他科に比べて看護師が治療に果たす役割が大きいのでとてもやりがいを感じられる診療科なのです。
 

2. 精神科で働く看護師に必要な資格

精神科で働く看護師に必要な資格

内科や外科で働く看護師は患者さんの身体的な看護が主な仕事ですが、精神科はうつ病や認知症、統合失調症を患った患者さんの心のケアを行うことが、最も重要な仕事になります。
 

わずかな変化も見逃さない細やかな対応力が必要

意思疎通が上手くいかない患者さんも多いため、単純なコミュニケーション能力を磨くだけでは対応は難しく、わずかな変化も見逃さないきめ細やかな対応を心掛ける必要があります。また、コミュニケーションがうまく出来ないからと言って焦りは禁物で、相手のペースに合わせられる心の余裕を持つことが重要です。
 

看護師としての一般的なスキルを磨いておく

一方で、他の診療科と同様に医師の介助や患者さんの観察、検査業務も行いますし、患者指導や家族への説明も大切な仕事ですから、看護師としての一般的なスキルを磨いておくことも重要です。
 

キャリアアップのために資格をとることも一つの方法

また、精神科で働くために必須の資格というものはありませんが、精神科看護師としてさらなるステップアップやキャリアアップを目指すのであれば認定看護師や専門看護師の資格を取得することも一つの方法です。

いずれも日本看護協会が認定する資格であり、認定看護師は21種類の分野が、専門看護師には11種類の分野があります。精神科看護であれば認定看護師資格の分野は老人看護や認知症看護が、専門看護師資格の分野は精神看護がおすすめです。ただし、3年以上精神科で勤務していないと受験資格がありませんのでまずは実務経験を積まなければなりません。

取得できれば知識が深まるだけではなく、給料にも反映されますのでモチベーションは上がります
 

3. 精神科で働く看護師の平均年収・平均給与

精神科で働く看護師の平均年収・

「精神科」という病棟に入院・来院されている方は総合失調症や躁鬱病、アルツハイマーや精神症など心の病をお持ちの方です。一般の病棟は怪我や病気に対して治療を行っていきますが精神科病棟は主に心の治療を行います

ここでは精神科で働く正社員看護師さんの平均年収についてみていきます。(平均年収は厚生労働省調べより)
 

精神科の看護師の平均年収は350~420万円

まず比較として看護師さんの平均的な収入について、平均月収は30万円前後だと言われていますので、平均年収にすると450万円程です。

一方で精神科に勤務されている看護師さんの給料は、基本的には他の診療科の看護師さんと同じくらいだと言われておりますので、月収は25~30万円年収にすると350~420万円が平均的だと言われています。しかしあくまでこれは一例で、地域によって年収でおよそ100万円もの差がでる場合があります。また病院によっても差がありますが特別手当のつく病院もありますので、今述べた金額よりももう少し高額の月給になる場合もあります。
 

危険手当によってボーナスが高めに設定される

そして精神科特有の「危険手当」。これも地域によって差がありますが、東京23区程そういった傾向が強く表れております。どうしてこのような手当が付与されているのかといいますと、精神疾患を持つ患者さんは精神が不安定であり、院内にて暴力行為が見られることが少なくありません。患者さん自身が自己に対して振るう暴力でも、他者に対してふるう暴力でも、どちらも取り押さえなければいけません。患者さんにも看護師自身にも怪我がないようにする抑制力が必要となりますので、そのスキルに対して支払われるお金が危険手当です。

この危険手当も見込まれた上でだいたいの病院では、ボーナス支給が平均80万円程と高めに設定されています。
 

4. 精神科への看護師転職注意点

精神科への看護師転職注意点

精神科の看護師の平均給与は年収450万円前後で極めて高くはないですが、他の科と違って残業が少なく、急性期医療のように臨機応変な看護スキルを必要としないので、主に子育て世代の女性の転職先として近年人気なのです。
 

タフな心身と寛容な姿勢が必要

ただ精神科という特殊な職場なので、アルコール依存症や統合失調症などの重度な精神疾患患者や、認知症や介護業務を必要とする高齢者と根気よく向き合えるタフな心身と寛容な姿勢で常に働く事が求められます
 

冷静な態度で接する柔軟さを要する

精神科の看護師に転職を志望する人が弁えておきたい注意点としては、身体は健康でも心身状態が不安定な患者さんが主な看護対象になるので、思わぬ辛い暴言を吐かれたり粗相をされたりする事は日常茶飯事となります。したがって、どんな事態が起こっても冷静な態度で接する柔軟さを持つ、強いハートが備わっているか転職の時によく確認する必要があります
 

看護スキルと医療知識を磨くことを怠らない

精神科の看護師に転職する時の第二の注意点としては、日々看護スキルと医療知識を磨く事を怠らないという事です。

精神科の病院に勤める場合、どうしても総合病院やクリニックと違い、医師の診療補助作業や点滴、検査などの業務に携わる機会が激減してしまいます。主に患者さんの心身ケアが精神科の看護師の仕事になり、日常業務も1人1人の患者さんに処方されている薬剤投与の介助やおむつ交換、レクリエーション作業などが主体となるので、以前勤めていた病院で鍛錬された医療知識や看護スキルの腕も落としてしまいがちになります。
 

向上心を持って仕事に臨むことが大切

そのため、日頃から接する機会の多い精神疾患の勉強はもちろん、基本の看護技術は高度なレベルを常に維持できるように、毎日向上心を持って仕事に臨む事を前提に転職を検討しましょう。


看護師転職サイトの口コミ評価

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【求人12万件以上】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

【Pick up!注目の記事】



都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

看護師としての経歴

保有資格 ・正看護師 ・保健師 ・養護教諭第二種
出身/年齢 ・東京都/28歳
職務経験 ・総合病院 ・大学保健室 ・保育園 ・デイサービス ・イベントナース ・ツアーナース
診療科経験 ・整形外科 ・小児科

記事の内容に関しては、ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用をお願いいたします。
カテゴリー:精神科病院

(公開日:)(編集日::2017年03月25日)

関連記事

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。