心理相談員の資格を看護師が取得するメリット

相談者と面談する心理相談員

心理相談員の資格は、中央労働災害防止協会が認定している資格の1つです。

「心と体の健康づくり運動=THP(トータル・ヘルスプロモーション)」を推進するにあたって、特に「職場のメンタルヘルス対策」を行う役割を担っています。

心理相談員は、保健師だけでなく健康に関する面接や相談業務に1年以上携わった経験がある看護師や助産師でも、3日間の研修を受けることによって資格を取得することができます。

今回は、看護師が心理相談員の資格を取得することによって、職場のメンタルヘルス対策の役割を活かすためのポイントについて説明していきます。

【目次】
1.心理相談員の資格取得が役立つ看護師
(1):メンタルヘルスに関わる部署で働く看護師
(2):多くの部下を抱える管理職看護師
2.心理相談員の資格取得後の看護師のメリット
(1):スタッフのメンタルケアができる
(2):知識を活かしてより良い職場を作ることができる
(3):産業看護師や相談員への転職の強みになる
3.まとめ

1. 心理相談員の資格取得が役立つ看護師

指をさして微笑む女性看護師

心理相談員は、患者やクライアント、職場のスタッフがメンタルヘルス不調を抱えるかどうかをチェックするための役割を担います。

そのため、心や体の不調を訴えて相談に来るクライアントや患者・スタッフに直接対面する場所で働く看護師には役立つ資格です。

 

メンタルヘルスに関わる部署で働く看護師

企業内保健室やメンタルヘルスを担当する部署、病院内の健康相談を担当する部署、ストレスチェックを行っている健康管理室などの看護師は、心理相談員の資格が役立ちます。

スクリーニングができることは、「心」だけでなく「体」の不調を見逃さない看護師の視点が活かせます

 

心理相談員では解決できない場合、臨機応変な対応が求められる

心理相談員の資格を取得するための3日間の研修では、メンタルヘルスの一次予防としての啓蒙活動や、不調を訴えるスタッフやクライアントの話を聞いてアセスメントすることしかできません

そのため、メンタルケアが必要と判断した場合には、必要に応じて医師や臨床心理士などを繋ぐといった調整を行いましょう。

 

多くの部下を抱える管理職看護師

部下のメンタルヘルスを見逃してしまうことは、看護管理者として十分な役割を果たせていないということでもあります。管理を担う立場になると、病院の意向や目標に重点を置きがちです。

しかし、心理相談員の勉強をすることによりメンタルに問題を抱えるスタッフの問題を、個人的な原因だけでなくそのチームや病棟・病院のシステムにひずみがあるのではないかという視点で見ることができるようになります。

多くの部下を抱える管理職看護師にとっては、役に立つ資格と言えるでしょう。

 

2.看護師が心理相談員の資格を取得するメリット

バインダーに書き込む女性看護師

心理相談員は、メンタルヘルス不調の一次予防の部分を担う役割です。そのため、ストレスを溜めないための方法についての研修や、ストレスが溜まったときの対処方法などについての研修を行うことができます。

ストレス・コーピングについての説明・簡単なリラクゼーションについての説明・講義を行う場合、看護師としてよりも「心理相談員」としての立場のほうが相手も聞いてくれやすいでしょう。

 

スタッフのメンタルケアができる

心理相談員の資格を取得することは、スタッフやクライアントが不調をきたした原因を、様々な視点で見ることができる等のメリットがあります。

仕事内容・残業時間・人間関係・物品や照明など、本人にとって何がストレスになっているのかが認識でき、1ひとりに合わせたメンタルケアができます
 

知識を活かしてより良い職場を作ることができる

心理相談員の資格を取得すると、ハラスメントを受けたスタッフから相談を受けることやアドバイスをすることが増えます。

例えば、「仕事を辞めたい」と訴えているのに、罵倒され退職を受理されなかったスタッフに対するフォローや対策について相談に乗ることができ、職場では「当たり前」とされてきたハラスメントやストレスを、知識が増えた分だけ問題として声を上げることができるようになります

 

ポイント!

ポイント

心理相談員は、メンタルヘルス不調の一次予防を行う立場のため、現場で起こっている問題を拾い上げる視点を勉強することができます。

 

産業看護師や相談員への転職の強みになる

看護師は保健師と違い、メンタルケアや相談業務に関わりたいと考えていても、産業看護師や相談員として転職することが難しいのが現状です。

しかし、「心理相談員」は資格取得欄に記入することができ、その資格があることで一般企業は受け入れやすくなります

それは、一般企業でメンタルヘルスを担当している人も心理相談員の資格を取得しているためです。

 

ポイント!

ポイント

3日間の研修でとれる資格ではありますが、その名称から得られる印象は、意外に役立つ資格のようです。

 

3. まとめ

看護師が心理相談員の資格を取得しても、すぐに役立つことが少ないのが現状です。しかし、資格を取得することで、以下のメリットもあります。

  • 中央労働災害防止協会などが行う継続研修などが受けやすくなる
  • 認知行動療法や交流分析などの知識を増やすことができる
  • 重いメンタルヘルス不調をきたす前に対処できる
  • 労務の知識・国の政策を知ることで自分の職場に問題があるかどうかを知ることができる
  • スタッフにメンタルヘルスについてのアドバイスをすることができる

心理相談員の資格取得を目指している看護師は、是非参考にしてみて下さい。

看護師転職サイト口コミランキング

1位   ‣看護のお仕事
【全国対応】【求人12万件以上】
2位   ‣ナースではたらこ
【全国対応】【担当質高・求人数高】
3位   ‣マイナビ看護師
【全国対応】【担当者質高】

監修者

亀岡さくみ看護師

この記事は「」さんが執筆しました。

運営会社 ・記事等に関する問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。