著作者

masa

運営Staff

masa

( 運営スタッフ)

看護師として働きながらキャリアアップ資格を取得するための必要条件

masa
運営Staff masa
看護師として働きながら資格取得

看護師として3年、5年と働いている間に、専門看護師や認定看護師、またその他看護師としての仕事をスムーズにするための専門資格を取得しようと考える看護師の方が多いです。

今後の看護師としてのキャリアや専門性を考えたときに、新しい資格取得、ステップアップの資格取得は自分のモチベーションアップなどにもつながりますし、看護師が増えていく中で差別化も行うことができます。

また、専門・認定の看護師資格や看護師と併用して対応ができる認定資格などを持っている場合は給与面も違ってきます。ただ、一番の問題は「看護師という激務の中で働きながらキャリアアップ資格を取得することが出来るのか?」という問題になります。

多くの看護師の方は資格取得を行うと決意はするものの、時間ばかりが立ってしまう傾向があるからです。このページでは看護師として働きながらキャリアアップ資格を取得するための必要条件について説明していきます。

1.資格に必要な実務経験・受験資格を確認する

資格の要項

看護師のキャリアアップ資格の中では有名な認定看護師や専門看護師はもちろんのこと、専門資格を取得するためには実務経験を要するものがあります。そのため、自分がキャリアアップに必要な資格を取得するにあたり、どうしても専門分野の実務経験が1年以上や3年以上など必要になってきます。

どれだけ資格取得の勉強をしていても実務経験が必須の資格の場合は前には進みません。まずは取得したい資格を取得条件をチェックすることから始めていきましょう。

 

資格取得にかかる費用も一緒に確認しよう

資格取得の中には学校に行って履修をしなければならないものや、以外と高い受験料や登録料金がかかったりするものがあります。実際にどれぐらいの費用がかかるのかをチェックする必要があります。

費用や実務経験を確認しながら、資格取得のためのスケジュールを立てることが大事です。

 

2.勤務先での周囲の理解

勤務先での周囲の理解

例えば、認定看護師や専門看護師を取得するためには、看護師を5年以上、専門の科で3年以上の実務経験を積む必要があります。そのため、病院内で理解されていないと移動で転科させられたりしてしまうと、資格取得が遠のきます。

また、勉強する時間も働きながら確保しなければならないため、実際に認定看護師や専門看護師を取得する場合は、その病院に資格取得者がいないと理解を得られにくいでしょう。また、その他の専門資格でも同様のことがいえますので注意が必要です。

  • 勉強できる時間の確保が可能か
  • 資格取得へ向けて周囲の理解・認知度はあるか

上記は取得前に必ず確認しておきましょう。挫折する原因になります。

 

3.資格取得までの資金の捻出

資格取得までの資金の捻出

認定看護師の資格を例に上げてお話します。認定看護師の場合は6ヵ月間、認定看護師教育課程を受講、修了しなければなりません。また、昼間の時間帯に行われることが多く、看護師の仕事と両立させるのは不可能といわれています。

そのため、認定看護師資格を取得する看護師は一旦退職(休職)して、認定看護師資格を取得してから復帰するパターンが多いようです。その際に取得にかかる費用を計算してみましょう。

  • 入試検定料:約5万円
  • 入学金:約5万円
  • 実習費:約10万円
  • 授業料:約80万円
  • 認定審査料等:約10万円

上記で、約110万円の費用がかかってきます。さらに、6ヵ月間は休職するので、その際の生活費がかかります。受講しようと調べてみると、意外に高いと驚く方も多いですね。

資格取得を達成するためには資金の捻出が一番やっかいな条件になります。ただ、資金がなくても資格を取得する方法があります。それは「資格支援を行っている病院へ転職する」ということです。

 

4.資格支援を行っている病院を検討する

病院を検討する

すでに現在勤めている病院が資格取得支援を行っていれば、問題ありませんが、大きな病院でない限りはなかなか支援していない実態があります。上記で説明した、資格取得のための費用負担を軽くするために、支援を行っている病院に転職を検討する看護師の方もいます。

では、どのような支援を行ってくれるのでしょうか?

実例で上げると、ある病院の認定看護師の資格取得支援の内容です。

  • 入学金は病院負担
  • 授業料は全額負担
  • 受験費用や交通費を最大5万円まで補てん
  • 6ヶ月間も有給扱い

いかがでしょうか。110万円の受験費用がかかり、その時の生活費も考えなければならなかった場合に比べて、資金面に余裕をもって資格取得を行うことが可能です。そのため、本気で資格取得を目指し、現在の勤務先に支援制度がない場合は早めに転職するのも1つの方法になります。

 

支援制度ありの求人を探す場合の注意点

  • 支援制度の内容は必ず全部把握しましょう
    (入職3年目からなどの条件がある場合もある)
  • 希望の科に必ず転職できるかチェックしてください
  • 資格取得実績を確認しよう
  • 転職求人サイトを使う場合は複数社登録しよう

この手の求人を探す場合はなるべく多くの求人を確認し、チェックしたほうが無難です。焦らず探しましょう。

 

看護師転職サイトで情報収集をしよう

看護師転職サイトを登録し利用すると、担当者が転職内容についてヒアリングしてくれます。その際に、資格支援制度が整ている病院のピックアップ、希望の科のピックアップなどを行ってもらい、転職可能エリアにどれぐらい支援制度を行っているかチェックしてきましょう。

  • 看護のお仕事
    担当者の質が高く、利用した看護師の中でも人気No.1の評価を得ています。登録して相談してみましょう。
  • マイナビ看護師
    担当者が丁寧です。条件を伝えて資格支援制度がある病院を探してもらいましょう。
  • 看護roo!
    あまり聞きなれない転職サイトですが、資格支援制度の病院求人を全国的に保有しています。こちらも合わせて使ってみましょう。

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

<最新情報をお届けします>

こんにちは、看護師転職ジョブを運営しているスタッフのmasaです。
看護師転職サイトには複数社インタビューに行き、転職を考える看護師の方の調査や、エージェントの実態など幅広く記事を執筆しています。
転職を考えている看護師の方、仕事に悩みを抱えている看護師の方に、看護師にまつわる情報を発信していきます。また、ニックネームがない看護師の記事もこちらに記載していきます。
当サイトの記事を読んでいただき、少しでも看護師の方の生活のプラスになることを、スタッフ一同、考えて執筆・配信しております。これからも多くのお役立ち情報を配信していきますので、是非よろしくお願いいたします。


カテゴリー:看護師の資格取得


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:masa
(公開日:)(編集日::2017年07月06日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。