著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

患者には言うくせに自分(看護師)で出来てない事は何?100人アンケート

kameko
看護師スタッフkameko
患者には言うくせに自分(看護師)で出来てない事は何

「医者の不養生」という言葉があるとおり、医療従事者だからといって、自分の対象管理が完璧にできているかというとそうではありません。しかし、「仕事だから、時には患者に厳しく指導をしなくてはいけない・・・」そんな看護師さんも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、100名の看護師さんに「患者には言うくせに自分(看護師)で出来てない事は何?」というアンケートを実施。自分のことを棚に挙げて口うるさく言っていることを、こっそり教えてもらいました。

まずは4位から確認していきましょう。

第4位:患者には言うのに「落ち着くこと」が出来ない

女性看護師【女性/東京都/23歳】
緊急時やイレギュラー対応をするとき、結局いちばん落ち着きがないのは自分かも、、、と思うことがあります。

女性看護師【女性/東京都/31歳】
とても忙しいときに作業が入ってしまうと、ソワソワしてしまい落ち着かないです。

女性看護師【女性/埼玉県/28歳】
どうしても普段から動き回っていせいか、イライラしてしまうせいか、落ち着いてとよく言う割に自分が落ち着いていません。

第3位:患者には言うのに「お菓子や身体に悪いものを食べる」こと

女性看護師【女性/鳥取県/38歳】
食べるものが健康に大きく影響するのは分かっていても実際に食生活を変えるのは難しいことだと感じます。食事制限をしている患者さんにはそんなもの食べたらダメだと言っておきながら自分はいつでも食べてしまいます。
女性看護師【女性/兵庫県/29歳】
疲れるとついさりげなくロッカー室にもどりお菓子を食べちゃっています。甘いものを食べるのがストレス解消になるんです。ついつい食べ過ぎてしまうことも。私自身はストレス解消にお菓子を食べるので、自分のことは棚に上げているなーと思います。
女性看護師【女性/和歌山県/30歳】
患者さんには偉そうにバランスのとれた食事指導をするくせに、自分は休憩中にお菓子ばっかり食べてしまいます。患者さんの食事管理に対しては厳しいのに、自分のことになると甘くなってしまいます。
女性看護師【女性/千葉県/38歳】
ファストフードが大好きで、ひとりでフライドポテトのLサイズをガンガン食べていました。そんなところを入院患者のご家族に見られてしまい、とても恥ずかしい思いをしました。他の食べ物はセーブ出来ますが、これだけはやめられません!!
女性看護師【女性/大阪府/27歳】
医者の不養生ではありませんが、仕事とプライベートはやはり別物で食べたいものは食べたいです。人に注意はするものの、自分は食べたいので。また、健康なうちに楽しんでおきたいという意欲からも。

第3位になったのは食べ物に関する注意。ついつい日頃のストレス解消のために、休憩室でお菓子を食べてしまう、という方が多いようです。また、体に悪いことは分かっていても、どうしてもやめられないものがあるのだとか……

 

第2位:患者には言うのに「よく噛んで食べる」ことが出来ない

女性看護師【女性/宮城県/24歳】
私の職場は忙しいことが多く、急いでいるときには飲み込むようにして食べる場合があります。食事の時間を確保するのも難しい職業なので、早く食べるのが癖になってしまいました。
女性看護師【女性/群馬県/29歳】
仕事が次から次とあるので、ついお昼は早食いが習慣になってしまいます。いつ呼び出しが来るかわからないので流し込むようにして飲み込んでいます。職業病でついつい急いで食べる癖がついています。
女性看護師【女性/福岡県/30歳】
とにかく時間がないので、あまり噛まずに、立ったままの食事がほとんどです。休憩という休憩がないので、早食いが習慣になってしまっています。看護師の仕事は時間との闘いですので、よく噛んで食べるなんて悠長なこと、自分では出来ていませんね。
女性看護師【女性/岡山県/39歳】
休憩時間にも呼び出されることがあるので、つい早食いしてしまいます。看護師の仕事は時間との闘いですので、よく噛んで食べるなんて悠長なこと、自分では出来ていませんね。
女性看護師【女性/京都府/34歳】
食事をする時間が人より10分は早いのに、人より多く食べています。周囲の人からご飯を食べるのが早いとよく言われるし。よく噛んでいない証拠ですね~。

こちらの選択肢に寄せられたコメントは、そのすべてが「忙しくてゆっくり食べている時間がない」というものでした。咀嚼は消化の効率を高め、体への負担を軽減する働きがある大切な行為。しかし、常に忙しく、いつ呼び出しがかかるか分からない病院という職場では、それよりもスピードが優先されてしまう模様です。

 

第1位:患者には言うのに「早く寝る」ことが無理!

女性看護師【女性/埼玉県26/歳】
患者さんには早く寝てと言っているのですが、自分自身のことは棚に上げて夜更かしをしてしまうので、説得力がないなと思ってしまいます。
女性看護師【女性/大阪府/26歳】
次の日がどんなに早くても、テレビをみたり、寝る前にスマホをいじったり、ダラダラしたり、早く寝ないといけないのはわかっているのですが、改善できません。自宅に帰ると、くつろいでしまって寝るより遊んでしまいます。
女性看護師【女性/東京都/26歳】
特に夜勤明けの場合、外が明るいし、買い物に行きたいし、洗濯物干したいし、遅くまで飲みに行ったりしちゃいます。

女性看護師【女性/北海道/30歳】
自分自身はどうしても仕事が忙しく、早寝早起きにはなれませんね。夜勤もありますので、睡眠時間は不定期になりがちです。早く寝るのは到底無理ですが、予定のない時でもついつい夜更かししてしまいます。
女性看護師【女性/神奈川県/34歳】
仕事が溜まっているのでどうしても早く寝ることが出来ません。規則的に早く寝ることは、この不規則な勤務の生活では到底無理です。夜勤があるので、しっかり休息がとれないのが現実ですし、正直、体が全然休まりません。早く寝たくても目が覚めてしまって眠れない時も多々あります。
女性看護師【女性/香川県/38歳】
夜勤があるので寝る時間が不規則になってしまうのでなかなか眠れません。体力の温存は何と言っても睡眠からです。これは私の経験から分かりました。
女性看護師【女性/三重県/37歳】
三交替で生活が不規則なのもありますが、一人の時間ができるとゆっくりしてしまいます。次の日が休みだったりすると、帰宅後、パソコンで看護師サイトを見てしまい、いつの間にか夜更かしをしてしまいます。

コメントを見ていくと「実は夜型」「普段から夜更かししている」といった声が多く集まりました。まさに“自分のことは棚にあげて”状態ですね。ただし、好きで夜更かしをしているのではなく「夜勤やシフトの関係で生活のリズムが乱れてしまう」「仕事がとにかく忙しい」などの理由で、就寝が遅くなってしまう方もいらっしゃるようです。

 

看護師アンケート集計結果まとめ

看護師アンケート集計結果まとめ

早く寝ること 39%
良く噛んで食べること 37%
お菓子や身体に悪いものを食べないこと 18%
その他 2%

その他の意見には「口癖のように大丈夫です。というが、自分はかなりの心配性」という意見や「薬を飲みなさいと言って、自分がちゃんと薬が飲めていない」などが意見として挙がりました。

看護師の皆さんは、どのような生活を送るのが健康に良く、どんな行動が体に悪影響を及ぼすか熟知していらっしゃいます。しかし、そのすべてを自分自身で実践できるのかというとなかなかそれは難しいようですね。

実際のコメントを見てみると、いかに看護師という仕事がハードなのかが分かります。そのせいで夜更かしになったり、早食いになったりするのは当然のことかもしれません。また、ストレスもたまるので、つい甘いお菓子やカロリーたっぷりなフライドポテトを食べてしまうのも頷けます。

自分のことを棚に上げた行動ではありますが、置かれている状況を考えると仕方がないのかもしれませんね。



看護師パンダ 看護師転職求人サイト口コミ評価ランキング


この記事を書いた人

都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。


カテゴリー:看護師アンケート調査

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:kameko
(公開日:)(編集日::2017年12月14日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。