助産師の国家試験に受かるために特に行ったこと:アンケート調査

助産師の国家試験に受かるために特に行ったこと:アンケート調査

現在助産師資格を保有している看護師の方に、「助産師の国家試験に受かるために特に行ったことは何ですか?」というアンケートを行いました。

  • 回答数:100名
  • 対象者:助産師資格保有者
  • 実施日:2016年4月19日
  • 調査協力:株式会社クロコ
助産師の国家試験に受かるために特に行ったことは何ですか?アンケート調査
過去問題をひたすらする54%
(ここに書いてあること)全部行う24%
勉強もさることながら体調管理もしっかりする15%
「良い点をとって合格する」という考え方を辞める5%
過去の医療トピックを調べる2%
「過去問題をひたすらする(54%)」が助産師資格を取得するために特に行うことの一番となりました。楽に受かる方法はありませんね。また、「勉強もさることながら体調管理もしっかりする(15%)」も看護師・助産師ならではの回答といえます。

これから助産師の国家試験を受験するために勉強中の方、看護師から助産師へステップアップを考えているかたにとっては興味深い内容ではないでしょうか。助産師の回答を確認していきましょう。

【特集】看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

看護師の3人に1人は転職に不満足で<p>失敗!?成功するために! 転職を検討している看護師の方必見です。転職を成功するためには何が必要でしょうか。「転職が失敗した」「転職後にすぐに退職してしまった」「転職が不満足に終わった」などの回答をいただいた看護師に、失敗のポイントとは?

看護師の3人に1人は転職に不満足で失敗!?

第5位:過去の医療トピックを調べる(2%)

今はインターネットで簡単に過去の医療トピックなどを調べることができますので、電車などの隙間時間を利用してチェックすることがお勧めです。

回答した助産師の意見

体験談【女性/山形県/39歳】
「一番効果的なのは試験対策を経験者に教えてもらうことだと思います」

 

体験【女性/神奈川県/31歳】
「過去の医療関連のトピックスは、インターネットで調べられるので試験までに活用しました。」

 

第4位:「良い点をとって合格する!」という考え方を捨てる(5%)

試験で良い点を取れるにこしたことはありませんが、目標は「合格」することです。

しかし、助産師の回答は、合格することが目標ではなく、その先助産師として働く上で、「勉強は必要」「スキルは必須」と考えている方が多かったです。

そのため、点を取るための勉強ではなく、将来実践で利用することをイメージしながら勉強に取り組んでいる方が大半でした。

回答した助産師の意見

体験談【女性/長野県/37歳】
「過去問は所詮過去問のため、その場しのぎの丸暗記で合格しても現場で使える知識じゃなきゃ意味ないと考えて幅広く勉強しました。」

 

体験【女性/東京都/33歳】
「自分の得意分野をなるべく広げるとともに、試験に落ちないように基準を設けて勉強を行いました。」

 

看護師 体験談【女性/埼玉県/25歳】
「医療現場に携わるということは試験で点を取るということ以上に、命を扱うという意識が大切だと思っているので、出来ることはすべて行いました。」

 

看護師 体験談【女性/埼玉県/25歳】
「資格をとっても助産師としてのスキルがなければ活動はできないので、点を取るための勉強はしないようにしました。」

 

看護師 体験談【女性/神奈川県/36歳】
「勉強も大事ですが、気持ちが付いていかなければ合格しても助産師を続けていけないと感じていました。特に出産経験がない場合、妊産婦さんから頼りがいがないと担当を外されることを聞いていましたので、知識だけでなく、妊婦さんの気持ちがわかるように妊婦さんと積極的に話をすることなど、トータル的に勉強しました。」

 

第3位:勉強もさることながら体調管理もしっかりする(15%)

「試験で体調を崩したら意味がない」という意見が多かったです。

働きながら助産師を目指す看護師の方は、特に体調管理は注意しましょう。

回答した助産師の意見

体験談【女性/33歳/東京都】
「しっかりと1年かけて助産師の勉強をまじめにやっていれば合格できると思います。そのため、体調管理はしっかりして試験に取り組むことを重視しました。」

 

体験【女性/37歳/東京都】
「どんなに頑張っても試験日に体調不良を起こしたら意味が無いと思い、健康管理は特に気を付けていました。」

 

看護師 体験談【女性/25歳/兵庫県】
「体を壊しては意味がないので、深夜に勉強することは避けていました。また、勉強よりも体調管理を気使いました。」

 

体験談【女性/兵庫県/30歳】
「やっぱり試験日に体調が悪いと本領発揮できないです。当日に回答できる問題に全て解答するためにはコンディション作りが不可欠だと思います。」

 

看護師 体験談【女性/兵庫県/28歳】
「勉強だけでなく体調管理も大切だと思います。仕事をしながらの勉強だったので、体調を崩さないように気をつけました。」

 

第2位:(ここに書いてあること)全部行う(24%)

過去問を解くことや、医療分野での時事問題に詳しくなること、自分の健康に気をつけることなどバランス良く勉強に携わった方が多く見られました。

やみくもに勉強するのではなく、助産師の先輩に要点を聞いて効率よく勉強するのも一案です。

回答した助産師の意見

体験談【女性/35歳/宮城県】
「1回で合格したかったので、自分で出来ることは可能な限り頑張りました。」

 

看護師 体験談【女性/26歳/愛知県】
「既に資格を持っている先輩に要点を聞いて全部やっていました。」

 

体験【女性/39歳/奈良県】
「とにかく考えられることは全てやって、後悔の無いように気をつけました。」

 

看護師 体験談【女性/沖縄県/28歳】
「私は要領が悪いという風に昔から言われていたので、何か一つの方法に頼ってしまうというのは不安でした。当時勉強を見てもらっていた先生から、体調管理も勉強の一環だという風に言われたということもあり、早く寝られる時には早く寝ていたというのが印象に残っています。」

 

体験談【女性/茨城県/27歳】
「1回で合格したかったため、ただ受かりたいために、やれることは全部行いました。その中でも体調管理は大事だと思いました。また、助産師の勉強はバランスよくすべてのことを網羅する必要があると思います。

 

体験【女性/愛知県/26歳】
「助産師になるためにはどれも重要だと思いました。でも、私が一番重視したことは、過去の問題を沢山解くことですが、最終的にできることはすべてやって、やり残しがないようにしました。」

 

体験談【女性/北海道/25歳】
「絶対合格すると決めていたので、良かれと思うことは全てやりました。助産師という仕事柄、イレギュラーな事が起こるリスクを負っています。全てを網羅・把握している事で自分に自信と落ち着きが備え付くと思って行いました。」

 

第1位:過去問題をひたすらする(54%)

回答が一番多かったのが「過去問をひたすら解くこと(54%)」でした。

過去問題をひたすらする
出題の傾向を知ることで、本試験の時にどのような設問がなされるか見当をつけることができ、また繰り返し解くこと、分からない問題を何度も解き直すことで力がつきますね。

回答した助産師の意見

体験談【女性/21歳/兵庫県】
「過去問題を解いて、試験問題の出題のされかたに慣れておくようにしました。」

 

看護師 体験談【女性/24歳/広島県】
「国家試験は何の試験にしても出題傾向は決まっていると思い、受かるためであれば徹底的に過去問を使って勉強することに注力しました。」

 

体験【女性/24歳/三重県】
「独学で勉強したので、ひたすら過去問題を復習しました。過去問をマスターしておくのは基本的なことだと考えて、最近の医療トピックスを知ることにも力を入れました。」

 

看護師 体験談【女性/大阪府/25歳】
「次はないという気持ちで黙々と過去問をやっていました。当時は気付いたら朝になっていたなんていう事があるくらい、集中していました。私は記憶力が無いため、常に勉強をすることを意識して、確実に解ける問題を過去問題の中から増やしていきながら勉強しました。」

 

体験談【女性/兵庫県/25歳】
「周りに助産師を目指している看護師がいなかったので、一人で過去問題をひたすら解いていました。一生懸命勉強するしかないと思って過ごしていました。みんな頑張ってください。」

 

看護師 体験談【女性/広島県/24歳】
「ネットで調べた結果、過去問をやるのが一番よさそうだったのでとりあえず毎日行いました。さらに過去問題に習熟してから、新規で出そうなトピックスを調べていました。」

 

体験【女性/東京都/34歳】
「私は、過去5年分の過去問題をひと通り解きました。2周目以降は、正解した問題は飛ばし、間違えた問題だけを参考書を見ながら解くことを繰り返し行いました。過去問はものすごく傾向がわかるいい教材だと思います。」

 

看護師 体験談【女性/群馬県/28歳】
「過去問が一番の王道だと感じます。やっぱり実際の問題を説いて、傾向と時間配分をつかむのが需要だと思って取り組みました。問題集を何度も繰り返し解いて、必死で勉強しました。」

 

体験談【女性/北海道/30歳】
「やっぱり過去の傾向を知り、問題に慣れることが大事だと思い勉強しました。全ての試験に共通することだと思いますが、まずは基本を学び、後は演習問題を解くに限ると思います。」

 

最後に

助産師の国家試験の合格率は平成30年の結果では、91.0%(新卒者は96.3%)と高く、効率よく勉強をすること、体調管理に努めることが重要になります。

また、助産師としてのその先を考えて勉強に取り組んで見てください。

【特集】看護師転職サイトおすすめ5社!

看護師転職サイトのおすすめ5社

「はたらきナース」では、19社の看護師転職サイトを比較し、おすすめの5社を利用した看護師の口コミ・体験から選抜してご紹介しています。看護師が体験された良い口コミも悪い口コミも掲載中です。

看護師転職サイトのおすすめ5社へ