著作者

しゅう

元看護師

しゅう

( 看護師 保健師 )

透析の看護師を辞めたい場合の解決法

しゅう
元看護師 しゅう
透析の看護師を辞めたい理由の解決法

透析室は、独特な雰囲気がある職場であるため働き始めても「思っていた様子と違った」「困難に感じる事があった」等、辞めたいと思う時があるでしょう。

透析の看護師を辞めたいと考えた時、すぐに「自分には合っていない」と決めつけて辞めてしまうのではなく、続けていく方法を探してみることをお勧めします。

それでは、透析の看護師を辞めたい場合、どのような解決法があるのでしょうか。

ここでは、透析の看護師を辞めたい場合の解決法について理由別に紹介していきます。

1.患者対応が大変で辞めたい場合の解決法

患者対応が大変な透析看護師

透析の看護師として働く中で、「状態が変化しやすい患者対応に困った場合の解決法」と「患者に理不尽なことで責められた場合の解決法」それぞれについて紹介していきます。

 

状態が変化しやすい患者対応に困った場合の解決法

透析中の患者は、血圧低下によって意識消失をする等は比較的多く、心疾患を合併しているために状態が急変する場合もあります。

そのため、透析室では緊張感があり看護師は十分に患者対応ができず、ストレスを感じることが続くと辞めたいと思う事があるでしょう。

透析看護師が抱えるストレスへの解決策は、

  • 患者の心機能はどのくらいか
  • 血圧が安定した状態で透析を行う事が出来る除水量はどの程度か
  • 血圧低下は透析開始から何時間程で起こるか

等、患者の情報をきちんと収集して透析データを分析し、今までの透析データから適切な透析の仕方を見つけ出していきます。

透析データを分析することで患者の状態の変化を予測する事ができるため、事前に対処する事ができ、根拠に基づいた方法を知ることができます。

 

透析中の患者の状態変化の原因は様々で、看護師としての援助が不十分で患者に負担を与えてしまう場合もあります。

また、心停止などの急変が起こる事も頻回ではありませんが、遭遇することがあります。

 

患者に理不尽なことで責められた場合の解決法

透析患者は、週に2~3回程何年も透析を行っているため、苦痛である透析が辞められない事にイライラして特に身近で関わっている看護師に対して理不尽に強く当たる場合もあります。

そのため、解決方法としては1人で解決しようとするのではなく、患者の性格やその場の状況を考慮して複数のスタッフで対応していく事が良い方法です。

 

ポイント!

ポイント

自分には対応が大変だと思う患者も、他のスタッフであるとスムーズに進む事があるため、他のスタッフに頼って協力を得る事が大切です。

 

2.重圧感で辞めたい場合の解決法

基礎知識を再度学習する看護師

看護師が行うシャントへの穿刺は、失敗すると患者の血管に苦痛や負担が伴うため、穿刺しづらい血管を持つ患者への穿刺は重圧感を感じ、辞めたいと考える看護師もいるでしょう。

患者によっては、透析室で勤務する看護師を穿刺が上手かどうかでスタッフの良し悪しを決める人がいるのも事実です。

それでは、透析室での重圧感で辞めたいと考える看護師の解決法について紹介していきます。

 

自分の技術に自信をつける

重圧感で辞めたい透析看護師の解決策としては、「自分が関わりやすい患者」「穿刺しやすい血管をもつ患者」等から穿刺をして自信をつけていくことです。

経験年数を積んでもシャントへの負担を考えて、穿刺困難な患者への穿刺に対しての重圧感を感じますが、自分の技術に自信を付ける事で恐怖感が減り、迷いのない穿刺となり、結果として落ち着いた精神状態で穿刺に臨むことができます。

 

注意点!

ポイント

失敗していなくても、穿刺した際の痛みによって患者から「もうお前は刺しにくるな」「へたくそ!」と強く言われる事があります。

 

基礎知識を再度学習する

重圧感によって透析看護師を辞めたい場合の解決策は、シャントや穿刺についての基礎知識を再度学習する事が挙げられます。

自分の中で「正しい知識のもとで穿刺を行っている」という意識があると、罵声を浴びせられても動揺する事が少なくなります。

 

補足説明!

ポイント

失敗してしまった場合でも、その後の対処方法が分かっており患者への負担を最小限に抑える事ができることから、失敗してしまう事への重圧感を軽減することができます。

 

3.やりがいが物足りず辞めたい場合の解決法

知識の習得に力を入れる透析看護師

透析室の看護師は、最初は覚える事がたくさんありますが、慣れてくると同じ業務の繰り返しになり、患者の入れ替わりも少ないため同じ患者と長く関わることになります。

毎日、同じ事を繰り返しているようで仕事内容に物足りなさを感じ、「時間が長く感じる」「刺激がないような感覚」等で辞めたいと思う看護師は、以下の解決法を確認してみましょう。

 

知識の習得に力を入れる

透析看護師として働く中でやりがいが物足りない場合の解決法としては、指導業務や専門性を高めるような知識の習得に力を入れてみることがあります。

患者によって水分・塩分・カリウム等の食事制限は様々で、看護師は個々に合わせた指導方法や持続できるように介入していくことが重要であるため、その点の追究を意識することで日々の業務への視点が変わってくるでしょう。

 

糖尿病のケアにも重点を置く

糖尿病性腎症によって透析を導入する患者も増えているため、フットケアや血糖コントロールなどの糖尿病のケアにも重点を置くとさらに看護を深める事が出来ます。

 

4.人間関係で透析看護師を辞めたい場合の解決法

上司に相談する透析看護師

透析室のスタッフは、病棟の人数に比べると少数であることやワンフロアであることが多く、他のスタッフの動きが全て把握できることから余計に人間関係のトラブルが起こりやすいでしょう。

 

上司に相談して対処してもらう

人間関係が原因で透析看護師を辞めたい場合の解決方法は、とりあえず上司に相談することです。

直接話し合って解決できれば良いですが、非常に困難であるため、いくつかのチームに分かれている場合はチームを別々にしてもらう等の距離を置く対処方法を考慮してもらいます。

 

注意点!

ポイント

前述の通り、透析室はワンフロアであることからスタッフ間でのトラブルは、他のスタッフだけでなく患者にも把握できてしまうこともあるため、「患者も嫌な雰囲気を感じる」「患者に心配される」などのこともあります。

 

転職を考える

透析室での人間関係の修復は本当に難しい事であるため、解決策として転職を考える事も1つです。

精神的なストレスも大きいため、辞める事を決断して働きやすい職場に変わる事も大切です。

 

まとめ

透析室で働く看護師が辞めたい場合の解決法について、理由別に紹介してきましたが、いかがでしたか?

透析室で働く看護師が辞めたいと考えた際は、理由別の解決法を試してみることが大切ですが、それでも辞めたいと思う場合や人間関係のトラブルなど解決が困難であった場合には、自分に合う働き方をきちんと把握して転職を考えていくことが必要です。

透析室で働いているけれど、辞めたいと考えている看護師は、是非参考にしてみて下さい。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

総合病院で3年間勤務した後、企業の健康診断の短期アルバイトを数回体験。その後は総合病院の透析センターで6年間勤務し、2人目の出産を機に退職。
現在はシングルマザーとして、育児をおこないながら看護師ライターとして活動させていただいております。私の体験が、少しでも転職を考えている方々の参考になれば幸いです。


カテゴリー:看護師辞めたい

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:しゅう
(公開日:)(編集日::2017年11月10日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。