著作者

くるみん

現役看護師

くるみん

( 看護師 ケアマネージャー)

看護師が定年後に再就職できる職場と注意点

くるみん
現役看護師くるみん
定年後再就職する看護師

看護師の定年は、基本60歳と言われていますが最近では65歳まで会社は再雇用という形を取り長期に働くことができるようになり、60歳を過ぎても働く看護師が多くなってきています。

詳しくは、看護師の定年退職と年金 | 定年後に働くメリット・デメリットをチェックしてみてください。

現役看護師のように働くことは、体力的にも難しくなってきますが、今までの看護師経験を生かして無理なく働くことができたら良いですよね。

そこで今回は、定年後に再就職できる職場と求人の探し方についてご紹介していきます。

1.看護師が定年後に再就職できる職場とは

受診に来た患者に対応する定年後の看護師

定年後の看護師が再就職可能な職場には、定年退職した病院やクリニック、特別養護老人ホーム等があります。

どの職場であっても業務内容の多くは、簡単な物であるため定年後の看護師でも働きやすい環境と言えるでしょう。

以下に定年後の看護師が再就職可能な職場について詳しく紹介していきます。

 

定年退職した病院

定年後の看護師は、今まで働いていた病院では新しいことを覚える必要がほとんどないため再雇用といった形で再就職することができます。

定年退職した病院で再就職した場合のメリット・デメリットは、以下の通りです。

メリット ・仕事は楽な部署に回してくれる
(外来や日勤だけの楽な部署へ異動が可能)
・毎日働かなくても良い
(パートのように日数を減らして働くことが可能)
(自分の体調・体力・精神面などと相談をして無理なく働くことが可能)
デメリット ・給料が激減する
(働く内容が今までより減るため新卒と同じくらいの給料まで下がることがある)
(定年まで働いていた給料から一気に減るのでショックが大きい)
・いつまでも働けるという保証がない
(基本的に年度更新で継続するか否かを面談する)
(会社側から「今年度で契約解消をお願いします」と言われることもある)
・同じ病院で働けるとは限らない
(嘱託職員の制度を取っていない病院の場合、定年退職後働くことは不可能)
(定年後、新しい職場に採用されたら新しい職場の仕事を覚える必要がある)
(年齢的に負担が大きくなる)

 

クリニック

定年後の看護師がクリニックで再就職する場合は日勤のみで、仕事内容はクリニックに受診に来た患者の対応などです。

定年後の看護師が、クリニックで働く際のメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット ・残業がほとんどない
(医師の都合により早い時間で終了する場合がある)
・休みが多い
(学会・研修・出張など医師の都合で休みになる場合がある)
(医師の都合で休みの場合は給料が出るところも多い)
・定年後でも給料が現役看護師と同額のところが多い
デメリット ・若者対象の美容系のクリニック等は定年後の看護師求人がほぼない
(看護師も若くて綺麗な人が採用されることが多いため)
(年配の看護師を置くことで見た目が悪くなるため)

 

定年後の看護師でも働けるクリニックの診療科

定年後の看護師が働くことができるクリニックで求人数が多い診療科を紹介するとともに、具体的な仕事内容を以下の表で説明します。

皮膚科 ・医師の指示の元、軟膏を塗布する
(定年後の体力に自信のない看護師でもできる)
眼科 ・技師や医師の検査・説明のフォローをする
(視力検査は技師が行い病状的な説明は医師がするため)
(看護師としての仕事・難しい看護業務がない)
精神科 ・患者からの問い合わせに答える
(診療室に入るわけでないため)
内科 (内科クリニックの数が多く、求人数が多いため)
整形外科 ・マッサージなどの案内
・診療の補助
(1日来院人数が多いところが多く、看護師を多く配置したいため)

上記から見ても分かるように、定年後の看護師が働ける診療科の求人は、若い看護師でなくてもこなせる単純な業務が多いことが特徴です。

 

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームに就職する看護師は、定年後も働こうと考えている人が比較的多く選ぶ職場であるため、求人数も多く採用もされやすいのが特徴です。

 

無理なく働く事が出来る

特別養護老人ホームは、施設系の中でも介護職員が中心となって仕事をしている場所であるため、看護師の仕事は処置や採血など簡単な業務で身体介助を行うことはほとんどありません。

そのため、力仕事がなく定年後の看護師でも無理なく働くことができます。

 

気持ちにゆとりを持って働く事が出来る

60歳を過ぎてくると、患者が頻繁に変わることについていけなくなってきますが特別養護老人ホームでは、患者の入りが少ないため気持ち的もゆとりをもって働くことができます。

そのため、患者とゆっくりと関わりたい看護師は、特別養護老人ホームでの勤務に向いていると言えるでしょう。

 

ディサービス

ディサービスは、特別養護老人ホーム同様に定年後再就職する看護師が多いです。

定年後の看護師がディサービス再就職する際のメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット ・ほぼ定時で帰ることができる。
(利用者の送迎後、掃除や次の日の仕事をしてから帰る)
デメリット ・看護業務以外に困惑する。
(掃除や利用者の送迎などがある)
・入浴介助の実施をする。
(病院や施設による)

 

補足説明!

ポイント

定年まで働いていたというプライドが邪魔をして、掃除や利用者の送迎などの看護業務以外の仕事を受け入れられず、長く働くことが難しいでしょう。

 

ディケア

ディケアでは、基本的に通所のリハビリテーションをメインに行っています。

定年後の看護師の再就職求人もあり、日勤のみで利用者と楽しくリハビリをしてゆったりとした時間を過ごしながら働くことができます。

定年後の看護師がディケアで再就職する際のメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット ・看護業務が少ない。
(リハビリがメインで機能訓練指導員が中心の場所が多いため)
デメリット  ・全くリハビリに携わらないわけではない。
(移乗介助・歩行介助などの力仕事を手伝う)
(機能訓練指導員が少ない施設では看護師がリハビリを行う)

 

ポイント!

ポイント

移乗介助・歩行介助などの力仕事の手伝いは、体力的にも結構辛いため定年後の看護師には負担に感じるでしょう。

 

障害者施設

障害者施設では、支援員がメインで利用者の生活を見ているため、看護師としての業務はほとんどなく障害者に携わった病院や施設で仕事をしていた人であれば、再就職も可能です。

定年後の看護師が障害者施設で再就職した際のメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット ・夜勤がない
・家族に信頼されやすい
(利用者だけでなく家族とよく関わるため)
デメリット ・時に体力勝負になる場合もある
(薬でコントロールをしている利用者は、症状が強く出てしまう場合がある)

 

家族へのしっかりとした対応が大事

利用者の家族は、とても熱心な方が多く体調の変化・病状についての経過も知りたがるため、しっかりとした対応を行うことによって、信頼される看護師でいることができます。

 

注意点!

ポイント

自分より若い利用者を落ち着かせる場合は、力も強く体力勝負になることがあり、1歩間違えると怪我をしてしまう可能性もあるため注意が必要です。

 

2.定年後に再就職する際の求人の探し方

求人を探す定年後の看護師

定年後の看護師が再就職するときは、定年後の仕事先の情報も多く、話も聞きながら探すことができるため自分でハローワークに足を運び探す人が多いです。

ハローワークで気に入った職場があれば、担当者に話を詳しく聞くことで履歴書の書き方を詳しく教えてくれたり面接の手配をしてくれたりします。

その他の定年後の看護師が再就職する際の求人の探し方について紹介します。

 

転職サイトに登録する

転職サイトでは、年齢問わず様々な看護師に自分に合った職場を紹介してくれるため定年後に自分で職場を探せない人にお勧めです。

 

ポイント!

ポイント

転職サイトでは、面接から採用、採用後のフォローまで行ってくれるところもあるため再就職する際は安心できます。

 

知り合いに紹介してもらう

長期間看護師をしていると、医師や看護師との仲もよくなってきて、「定年後、うちで働かないか。」と声をかけてもらえることがあります。

知り合いの紹介であるため、少し無理な条件も受けてくれることもあり、知り合いと一緒に働くことが出来るため楽しく働くことができるでしょう。

 

自分で探す

定年後の看護師が再就職の際の求人の見つけ方として、自分で探す方法があります。

インターネットで検索をかけ、病院や施設などを調べてホームページを見たり、実際施設見学の手配をしたりとすべて自分で行います。

 

ポイント!

ポイント

定年後は時間がたくさんあるため、ゆっくりと条件に合った職場を自分で探すことができるでしょう。

 

3.看護師が定年後に再就職する際の注意点

再就職先の仕事内容を調べる定年後の看護師

定年後に再就職したところで5年しか働けないなど、定年後の年齢制限が設けられているところもあるため、必ず何歳まで働くことができるか確認が必要です。

その他の注意点についても詳しく見ていきましょう。

 

仕事の内容を確認する

定年後の再就職の際に、体力的に辛い仕事に就いた場合は長期的に働くことができない可能性があるため、60歳を過ぎても働ける内容かどうか見極めましょう。

 

60歳以上の看護師に配慮ある病院(施設)を狙う

職場によって定年後の看護師は、ある程度仕事内容を減らして対応してもらうところもあります。

定年後の看護師に対して配慮をしてくれる病院(施設)は、職員のことを考えてくれる職場と認識して良いでしょう。

 

職場の待遇を確認する

定年後の看護師の再就職後の給料は、金額が減ってしまうところが多いですが、中には年齢関係なく時給は一緒のところがあるため、しっかり確認しておきましょう。

 

複利厚生の対象か確認する

看護師が定年後の再就職の際は、常勤採用ではなく非常勤採用になることが多く福利厚生も受けられるものと受けられないものが発生するため、確認することが必要です。

 

4.まとめ

看護師が定年後に再就職できる職場は、自分の体力や経験などが影響してくるため、再就職する際はよく考えて決める必要があります。

看護師の定年後の再就職には、働く場所や無理のない環境を選ぶことも大切であるため体力面や精神面を考慮しつつ、条件の良い職場を見つけて、よく自分自身と相談しながら決めていきましょう。

定年後に再就職したい看護師は、是非この記事を参考にしてみてください。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

みなさん、はじめまして。
元々体育の先生を目指して高校まで頑張っていたのですが、ボランティアを通して人を助ける仕事に就きたいと思い、看護師になりました。これまで病院では救命病棟から外来まで、そして今は特別養護老人ホームと障害者施設で働いている(シングル)ママさんナースです。
介護支援専門員の資格も持っています。いろいろなジャンルを見てきたのと、現在管理職として働いていること、そして子供がいても無理なく働けるノウハウをみなさんにも教えていけたらと思います。看護師という仕事はとても幅広く働けます。
自分にあった「看護師としての働きかた」を見つけられるようにアドバイスしていけたらと思っております。どうぞ、よろしくお願い致します。


カテゴリー:年代別看護師転職

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:くるみん
(公開日:)(編集日::2017年07月24日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。