著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

療養型病院に看護師が転職するメリット・デメリット

kameko
看護師スタッフkameko
療養型病院に看護師が転職

療養型病院は、ある程度集中的な治療が終了したものの、まだ自宅療養は無理という患者が入院している病院になります。

比較的長期間の入院が多く、数カ月、数年という長い期間入院している患者も多いことが特徴で、一般病棟ではあまり行わない業務が日々の仕事の中心になります。

療養型病院に転職を考える看護師のために、仕事内容、働く看護師の1日のスケジュールやメリットデメリットを紹介します。

転職前に一度検討してみてください。

1.療養型病院で働く看護師の仕事内容について

療養型病院で働く看護師の仕事内容

病状については安定している患者が多いので、看護師が行う主な仕事内容は、薬の投与・体位交換・移乗行為・褥瘡予防・腹部マッサージ等です。

それ以外に介護的な業務が多いのも特徴です。

体の自由が効かないために入院を続けているケースも多く、そうなると排泄の手伝いや食事の介助なども行ったります。

 

(1)経管栄養の施行や排便コントロールは看護師の仕事

療養型病院は、介護士も一緒に働いているので、おむつ交換や入浴介助は一緒に行いますが、経管栄養の施行や排便コントロールは看護師の仕事となります。

 

補足説明!

ポイント

療養型病院に入院している患者は、浣腸・適便の頻度が高いことが一般病棟と違う特徴です。

 

(2)療養型病院で働く看護師の1日のスケジュール

病院によって多少違いはありますが、療養型病院で働く看護師の1日のスケジュールを日勤帯と夜勤帯に分けて、以下に一例をご紹介いたします。

 

日勤帯での看護師1日のスケジュール

8:30~ ・申し送り
・カンファレンス
9:00~ ・おむつ交換
・清拭
・入浴介助
・褥瘡等の処置
11:00~ ・経管栄養
・食事準備
11:30~ ・食事介助
14:00~ ・カンファレンス
14:30~ ・検温
・記録
15:30~ ・おむつ交換
16:00~ ・経管栄養
16:30~ ・申し送り後、勤務終了

検温は基本的には1回行い、医師へ毎日報告します。必要に応じて夜勤帯も行うこともあります。

 

夜勤帯での看護師1日のスケジュール

16:30~ ・申し送り
17:00~ ・夕食の準備
18:00~ ・夕食
19:00~ ・検温(対象者のみ)
・体位交換
・おむつ交換
21:00~ ・就寝
23:00~ ・体位交換
・おむつ交換
3:00~ ・体位交換
・おむつ交換
5:00~ ・体位交換
・おむつ交換
6:00~ ・起床
・検温(対象者のみ)

基本的に身の回りのことは介護職員が主で行っており、看護師は患者の希望を聞き入れたり、話し相手になったり、趣味など(塗り絵をする、音楽を聴く)を手伝いします

寝たきりの人も多いので褥瘡を作らないケアが大切です。

 

2.療養型病院の看護師に必要なスキルとは

療養型病院の看護師に必要なスキル

療養型病院へ転職を考える場合に、看護師として必要なスキルは多くありません。

そのため、ブランク空けや復職を考える看護師に好まれる理由の1つとえいます。

 

(1)職員間と患者へのコミュニケーションスキルは必須

療養型病院に転職をする看護師は、患者を初め同僚とのコミュニケーションを円滑にとれるスキルが必須です。

なぜなら、療養型病院では様々な背景を持った介護職員・看護師が働いている点、患者への対応は治療より療養が優先されるのでコミュニケーションを行わなければならない場面が多数ある点で、必要となります。

 

補足説明!

ポイント

療養型病院では介護職員とペアになって仕事をすることが多く「看護師の常識が介護士には通用しない」ため、職員間のコミュニケーションは大事となります。また、患者は自分を気にかけてくれる看護師・楽しい看護師・おしゃべりな看護師が大好きです。

 

(2)介護スキルも持っていた方がよい

療養型病院で仕事を行いながら、介護の仕事をこなしていけば問題ありませんが、介護のスキルや経験があると非常に役に立ちます。

また、介護士と一緒に働いた経験があればコミュニケーション面においてもスムーズといえます。

 

ポイント!

ポイント

必ず必要なスキルとはいえませんが、療養型病院への看護師転職をスムーズに行うためにも、介護スキル・経験を持ち合わせている看護師は有利といえます。

 

3.療養型病院に転職する看護師のメリット

療養型病院で働く笑う女性看護師

看護師として療養型病院へ転職するメリットは意外と多いです。

以下、確認していきましょう。

 

(1)療養型病院の場合残業が少ない場合が多い

看護師が療養型病院に転職するメリットは、残業が少ないことです。

なぜなら、療養型病院は基本的に毎日同じことの繰り返しのため、見通しが立ち、1日の計画が立てやすいからです。

 

補足説明!

ポイント

スタッフも慣れているので仕事が早く、体調不良の患者がいる場合でも医療行為はほとんどせずに一般病棟に転科することが多いため、残業が少なくなります。

 

(2)福利厚生・勤務体制など待遇が良い

療養型病院は慢性的な看護師不足のため、福利厚生や待遇が良い病院が多い特徴があり、転職を考える看護師にとっては大きなメリットになります。

働く看護師の生活事情を考慮し、フルタイムパートから早番パートへの切り替えもできる病院も多く、子どもが体調を崩した際の急な休みなど融通を利かせてくれやすいです。

 

ポイント!

ポイント

療養型病院は病床数がある程度はあるため、職員も一定数います。そのため個人病院よりは福利厚生が充実しており中立的なところもメリットと言えるでしょう。高待遇を受けるためには、はじめに自分の希望をしっかり伝えること、きちんと約束しておくことが大事です。また、急に休んだ場合は次の勤務の時に感謝の気持ちを伝えることが大事です。

 

(3)高度な看護技術がいらない

療養型病院では、患者の入退院が少なく大幅な看護計画変更もありません。採血や点滴も少ないので針刺し行為が苦手な看護師にはよいでしょう。

医療技術に自信がない看護師や、ブランク看護師には、転職にお勧めの職場と言えます。

 

(4)コミュニケーションスキルと介護スキルが向上する

「コミュニケーションスキルが身につく」「介護スキルが身につく」というのも療養型病院への転職メリットとなります。

看護師として必要なコミュニケーション能力と介護知識・経験は今後の看護師として働く上でも役立ちます。

 

4.療養型病院に転職する看護師のデメリット

困っている看護師

転職のメリットが多い療養型病院ですが、デメリットも存在します。

一般病棟などと、比べたときの療養型病院のデメリットをご紹介します。

 

(1)腰を痛めたり腰痛になる可能性が高い

看護師が療養型病院に転職するデメリットは、他の病棟や診療科よりは、患者へのおむつ交換や移乗行為がとにかく多く「腰痛になりやすい」ということです。

 

補足説明!

ポイント

病院としても腰痛予防に取り組んでいますが、腰痛がない看護師でもコルセットの着用や腰に負担のないトランスファーを心がけ、体操や腰のケアで腰痛予防することが大切です。

 

(2)職場のスタッフとの連携が難しい

療養型病院には老人ケアに興味を持っている看護師・介護士とそうでない看護師・介護士が混在しているため、意見がまとまらず、連携が難しいことがデメリットとして挙げられます。

看護職員として指導する立場ではありますが、人数的に介護職員が多く、年齢も高いので指導が思うようにいかないことも多です。

また、看護職員間でも、

  • 離床の計画やリハビリの向上などを計画にあげたい看護師
  • 現状維持の考えの看護師

など考え方の違いが深刻です。

さらに年齢層が幅広いので、看護計画立案自体を行わずに現在まで仕事をされている看護師もいます。

温度差があるため看護師同士がなかなか識の統一ができず、ジレンマを感じやすいといえます

 

(3)看護スキルが磨けない可能性が高い

療養型病院では内服管理が1番の看護師の仕事となります。そのため、医師の指示で点滴や採血があるときもありますが、ほとんどありません。

療養型病院は基本的に現状維持で積極的な治療行為をしないため、現代の医療技術から遠のくことは必然的でデメリットといえます。

 

注意点!

ポイント

療養型病院では対処的なケアが主であり、治癒へ向かうのではなく療養して老いを待つ要素が高いため、看護職としての満足感が低く感じることがあります。

 

まとめ

最新の医療現場で働きたい看護師には、療養型病院は不向きといえますが、

  • 医療ではなく福祉の世界に近いことを認識して仕事ができる
  • 療養型病院にメリットを感じる
  • 看護師として復職を考えている
  • ライフワークバランスを樹重視している

などの場合は非常に適しています。

療養型病院で転職を行い、感じたことは、患者にとって最先端の治療が最善とは限りません。

看護師として行えないことも多く、もどかしく感じることもありますが、自分の体が思う様にいかない患者たちに日常を提供することも大切な看護です。

患者とコミュニケーションを取り、色々な話しするのは非常に楽しいです。

人生を頑張ってきた患者にお疲れ様の気持ちをもっている看護師であればきっとよいケアが提供できることでしょう。

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
3位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

<最新情報をお届けします>


カテゴリー:各病院看護師求人の特徴


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:kameko
(公開日:)(編集日::2017年08月09日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

4 コメント・感想

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。