著作者

kameko

看護師スタッフ

kameko

( 看護師 保健師 )

療養型病院に転職を考える看護師のメリット・デメリット

療養型病院のメリット・デメリット

都内の大手総合病院で3年、その後保育園看護師として1年勤務し、パート看護師・派遣看護師として様々なジャンルを体験。現在は、今までの経験を活かして看護師ライターとして活動中です。現役看護師や潜在看護師の皆さんの転職成功をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。

療養型病院は、ある程度集中的な治療が終了したものの、まだ自宅療養は無理という患者さんが入院している病棟です。比較的長期間の入院が多く、数カ月、数年という長い期間入院している患者さんも多いです。

病状については安定している人が多いので、看護師が行う仕事としては、バイタルチェックなどを通した体調管理と、服薬管理などが多く、それ以外に介護的な業務が多いのも特徴です。体の自由が効かないために入院を続けているケースも多く、そうなると排泄の手伝いや食事の介助など、一般病棟ではあまり行わなかった業務が日々の中心になったりもします。

ナースではたらこ登録
ナースではたらこの口コミもチェック!

1.療養型病院で働く看護師に必要なスキル

療養型病院のメリット

こうした療養型病院で働く看護師に求められるスキルとしてコミュニケーション能力が挙げられます。

長く入院している人が多いからこそ、療養型病院では患者さんと看護師の間のコミュニケーションが一般病棟とは違った雰囲気になることも少なくありません。長期入院患者に新人看護師がからかわれるのは良くあることですし、いつもと違う看護をされるのを嫌がる人もいます。

そんな中で、コミュニケーションを取りながら、患者さんの信頼を得ていかなければならないのですから、急性期病棟よりも難しい点もあるでしょう。楽しくコミュニケーションがとれる場合もありますが、楽しいことばかりではないということは覚悟しておく必要があります。

 

介護スキルも持っていた方がなお良い

介護スキル

そのほか看護だけでなく、介護のスキルがあると非常に役に立つのも療養型病院の特徴です。

 

こうしたスキルを持つ看護師を求めている病院は多いので、転職先を探す場合は、看護師求人サイトに登録してみてはいかがでしょうか。

失敗しない!?看護師求人サイトの看護師口コミランキング

 

2.療養型病院で働く看護師のメリット

療養型病院のメリット

看護師が療養型病院で働くメリットの一つは、まず残業が少ないことが挙げられます。療養型病院に入院している患者さんは、病状が安定している人が大半なので、病状が急変したり、急患が運び込まれたり、ということはほとんどありません。毎日の患者さんのケアが仕事の中心になりますから、そういったケアが終わって時間がくればその日の仕事は終わりという職場が多く、急な残業が少ないのです。そのためデートや習い事などでプライベートを充実させたい、という看護師や、子どもがいて急な残業は困る、という看護師にも人気の職場になります。

さらなるステップアップとして資格取得を目指す人にとっても、勉強時間が確保しやすいという利点があります。

 

看護師としてのコミュニケーションスキルの向上

コミュニケーションスキルが身につく、というのも療養型病院のメリットのひとつ。療養型病院は急性期病棟のように毎日がバタバタしていないので、患者さんひとりひとりとのコミュニケーションをしっかり取ることができます。それが難しいという場合もあるのですが、やはり患者さんとやり取りをしながら看護をしていきたい、という看護師は多く、その点では満足できる職場が多くなります。

 

介護スキルの向上

寝たきりの患者さんや、介助が必要な患者さんも多いことから、介護スキルが身につくというのもメリットといえるでしょう。将来的に訪問看護を目指している人などは、看護だけの知識では不十分な場合もありますから、療養型病院での経験は大変役に立ちます。もちろんそれ以外の診療科に移る場合でも、他で経験できないスキルは身に着けておいて損はありません。

3.療養型病院で働く看護師のデメリット

療養型病院のデメリット

療養型病棟で看護師が働くデメリットは、どうしても医療行為を行うことが少なくなることです。療養型病棟に入院する患者さんは、基本的に病状が安定しているため、看護師が行うのはバイタルチェックや服薬管理などが中心になり、注射や点滴も急性期に比べるとどうしても少なくなってしまいます。

 

医療行為のスキル向上が難しい

医療行為のスキル向上ということは望めませんし、病院によってはほとんど行う機会がないためスキルが落ちてしまうという危機感を感じる看護師もいるほどです。ある程度急性期を経験して、スキルを身につけた看護師が、育児の間残業が少ない療養型病院に、という場合はそれほど問題ありませんが、新卒であまりスキルを磨く間もなく療養型病院で働くようになった場合は、スキルが身につかないまま年を重ね、いざ急性期病棟に転職しようとしても難しいケースもあります

 

マンネリ化した看護師の業務にやりがいを感じなくなる

療養病棟に入院している患者は、一般病棟と比較するとそこまで患者の入れ替わりがありません。また、積極的な治療を行うわけでもない、日々の業務は「マンネリ化」しやすい傾向にあります。実際、これまで慌ただしい急性期病棟などで働いてきた看護師にとっては、業務にやりがいが感じられなくなることもあるようです。

そのため、毎日変化があるような環境の方が「性に合っている」と思う看護師は、療養型病棟への転職はあまりオススメできません。

 


看護師求人サイト口コミ
  ‣ナースではたらこ →「口コミ」をチェック
  ‣看護のお仕事 →「口コミ」をチェック
  ‣マイナビ看護師 →「口コミ」をチェック
口コミランキング
全国で50社以上ある看護師求人サイトをリアルな看護師の口コミで比較ランキングしています。完全に無料で転職サポートしてくれる看護師口コミが良い転職サイトです。口コミには個人差がありますので、自分自身で比較検討することで転職成功への近道となります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事へコメントする


転職理由
人気ランキング
看護師転職サイトの選択

関連記事

この記事は「kameko」さんの執筆でに執筆しています。 (最終更新日:2017年03月25日) By看護師転職ジョブ


当サイトに掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。著作者情報記載の記事に関しては現役看護師、看護師資格を保有している看護師ライター及び現役看護師の方に記事を独自の文章で執筆いただいております。
看護師ライター一覧ページ」はこちらへ。

【インタビュー】看護師転職サイト

ナースではたらこインタビュー 看護のお仕事インタビュー
看護のお仕事インタビュー ナースJJインタビュー
MCナースネットインタビュー 看護プロ インタビュー

SNSで最新情報が簡単に確認できます。

看護師転職ジョブFacebook 看護師転職ジョブTwitter

看護師の転職について色々調べよう

転職は年収アップ 逃げの転職 良い看護師求人

この記事を読んだ看護師さんへのおすすめ記事

3 コメント・感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。