著作者

つきみです

看護師ライター

つきみです

( 看護師 )

地域で活躍できる看護師の職場とは?

つきみです
看護師ライターつきみです
地域で活躍する女性看護師

看護師が地域活躍する際に関わるのは病気の人だけではなく、

  • 健康増進のために地域の体操教室に通う人
  • 公民館や社会福祉協議会を利用する介護保険に該当していない人
  • 高齢者宅配弁当を利用する人

等もいます。

今回は、地域で活躍する看護師の職場と必要なスキル、メリット・デメリット等について説明していきます。

1.地域で活躍できる看護師の職場

血圧を測る看護師

看護師が地域で日常生活を支援するサポートする場所には、

  • 地域包括支援センター
  • 保健所・保健センター
  • 健康保険組合が委託している事業所

があります。

健康保険組合が委託している事業所は、健康保険組合などの被保険者・被扶養者を対象に健康指導をしています。

 

地域包括支援センター

地域包括支援センターは、保健師・社会福祉士・主任介護支援専門員が配置され、

  • 総合相談
  • 支援
  • 権利擁護
  • 虐待の早期発見・防止
  • ケアマネージャーの支援

が行われています。

地域包括支援センターの詳細については、地域包括支援センターの看護師業務内容・役割についてをご覧ください。

 

地域包括支援センターの実際の活動

現在、私が居住する自治体では市役所の地域包括支援センターが終了し、各地域に相談窓口が数カ所設置されており地域型地域包括支援センターとして活動しています。

担当地域で介護保険に該当しない高齢者に対して、見守り訪問も行っています。

 

補足説明!

ポイント

地域包括支援センターで働く看護師は、自治体によって異なりますが介護支援専門員・看護師がプランナーとして配属され、介護予防ケアマネジメントなどを行う場合もあります。

 

保健所・保健センター

保健所や保健センターでの看護師の仕事は、健康相談や保健指導などがあります。

集団検診や定期的な健康診断では、

  • 予防接種
  • 採血
  • 血圧測定
  • 問診

等を行います。

保健所や保健センターでは、保健師が中心となって業務を進めていくため看護師は保健師と相談しながら働く事が可能でしょう。

詳しくは、保健所と保健センターにおける保健師の役割となるための方法をご覧ください。

 

補足説明!

ポイント

保健所や保健センターでは、主に健康な人を対象としているため予防医学、健康増進についての知識が必要です。

 

健康保険組合が委託している事業所

地域で活躍する看護師は、健康保険組合などの被保険者・被扶養者を対象に健康維持のために保険指導を行っています

さらに、検診データ問診票を参考に特定保健指導も行っています。

保健指導については、看護師が行う保健指導とは?仕事内容とメリット・デメリットについてをご覧ください。

 

委託事業での実際の活動

私が担当したケースでは、被扶養者の高齢者の自宅を訪問し健康相談や健康状態の確認、通院している対象者には病状が安定しているかを確認しました。

例えば、肥満傾向・食生活が乱れている等の問題点がある対象者には、週3日のウォーキングの開始や食生活の見直し等を提案し、計画書を作成します。

その後は、経過を把握する為に電話で確認することや自宅訪問し目標が実行しているか確認し評価をします。

 

2.地域で活躍する看護師が必要なスキル

コミュニケーションをとる女性看護師

看護師は、対象者との会話の中でアセスメントをすることが必要なスキルです。

例えば、質問としてバスなどの利用を1人で外出できるか聞くことで、

  • バスを利用する際の運動能力
  • バスを利用する際の移動能力
  • 対象者の自立度

等が把握できます。

 

コミュニケーションスキル

対象者とのコミュニケーションスキルが地域で活躍する看護師には必要です。

看護師は、対象者や対象者家族の話に傾聴することを優先しますが、自身の事も少しずつ話していきます

例えば、対象者に孫がいる場合は自分にも子供がいるという話をすると「育児しながら仕事しているのね」と、親しみを持ってもらえる事が多いです。

 

ポイント!

ポイント

食生活では、私も肉ばかりだけではなく魚を積極的に食べるようにしているなど、対象者との共通点を見つけながら会話をすることで、生活のアドバイスを行うことができます。

 

3.看護師が地域で働くメリット

生きがいを持って生活する老人と関わる女性看護師

育児や介護などが忙しい看護師が地域で働く場合は、突発に休む事があっても他のスタッフも同じような立場が多いため、仕事を代わってくれやすい環境です。

そして、夜勤がなく土日が休みで家族と一緒に過ごせることが多いのがメリットと言えるでしょう。

 

生きがいを持って生活している人と関わることができる

病院では、病気の患者を治療して看護する必要がありますが、在宅で過ごす人は日常生活を自立している元気な方が多いです。

そのため、園芸や公民館などで趣味を楽しむことや、生きがい持って生活している対象者をみることができます。

 

やりがいを感じることができる

要支援が必要な対象者が在宅で過ごしている場合、看護師は介護が必要にならないために介護予防計画をしていきます。

要支援が必要な対象者が、デイサービスを利用して生き生きとした笑顔で「楽しい」等の話を聞いた時に看護師としてのやりがいを感じるでしょう。

さたに、デイサービスなどの各専門職との情報交換で「対象者の利用しているサービスが適していて良かった」とお互いに話すことができ、やりがいを感じる事ができます。

 

4.看護師が地域で働くデメリット

人間関係に悩む看護師

地域で働く看護師は、病院で行っているような注射や薬に関わるなどの医療技術が少ないため、新しい技術に関しては出遅れることがデメリットと言えるでしょう。

 

人間関係に悩みやすい

地域で働く看護師は、地域包括支援センターだけではなくデイサービスや社会福祉協議会など、幅広く活動する事が多いため苦手なタイプの専門職がいると苦手意識が出てくることもあるでしょう。

 

ポイント!

ポイント

病院と違い地域で働く看護師は、1人出かけて各専門職と関わる事があるため、それぞれに丁寧な対応が必要です。

 

プライベートと仕事を分けづらい

居住している地域で働くと、身近に関わっている人が多いため健康指導している立場上ファーストフード店のような場所に行きづらくなるといった場合もあるでしょう。

 

5.まとめ

地域で働く看護師は、多岐にわたり活躍し行動範囲が広くなるため各専門職との連携が重要です。

そして、対象者には日常生活に密接した支援が必要となり、様々な困難もありますが看護師の専門的な知識を活かし、アドバイスすることで多くは解決するでしょう。

地域で活躍したい看護師は、是非参考にしてみて下さい。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

総合病院内科病棟で4年半勤務し、クリニックの内科外来、小児科外来、内視鏡検査で2年勤務しました。育児もあり、仕事と両立できる職場を考え、介護支援専門員、福祉住環境コーディネーター2級の資格を取得しました。
看護師はストレスの多い職業でもあり心身共にリラックスルする為にアロマセラピー認定資格を取得し、仕事を継続してきました。現在は今までの職歴を活かして看護師ライターとして活動しています。子供の受験も控えており子供と一緒に学ぶ日々です。私の経験を話す事で皆様に少しでもお役に立てればと思います。


カテゴリー:看護師の仕事内容・業務

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:つきみです
(公開日:)(編集日::2017年06月26日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。