著作者

マチルダ

現役看護師

マチルダ

( 看護師 )

都心病院vs地方病院!向いている看護師の特徴とは

マチルダ
現役看護師 マチルダ

看護師が地方と都心でそれぞれ働くことを考えたとき、どのような違いが見えてくるでしょうか。

「どのような働き場所が自分に合っているのだろうか」と悩んだ経験がある看護師も少なくないでしょう。

今回は、地方と都心の病院それぞれの特徴と、それぞれの特性に合った看護師の特徴について説明していきます。

1.地方の病院が向いている看護師の特徴

仕事も生活も大切にする看護師

地方では、山や海、川があり土地全体にゆとりと開放感があるため、自然豊かな環境が好きな看護師であれば地域にも馴染みやすく仕事以外の時間も気持ちよく過ごすことができます。

多少仕事で失敗したとしても、豊かな自然環境がリフレッシュできるでしょう。

 

交通・生活面での不便さが気にならない看護師

地方では、都心に比べてスーパーまでの距離が遠いことや電車・バスの本数は少ない等、交通の便は非常に悪く場所によっては車に頼らざるを得ない環境です。

そのため、

  • 交通の便が悪くても受け入れられる
  • 土地のリズムに合わせて生活できる
  • 土地での生活が楽しめる

等の看護師であれば、地方の病院に勤めることは向いていると言えるでしょう。

 

 地方地域に理解する姿勢・柔軟性がある看護師

地方には、勤続年数が長い看護師の割合が多いため、独特の風習が根付いている病院も多くあります。

場所によっては、独特の習慣が続き風通しの悪い職場環境と感じることもあるため、それらに理解を示して柔軟な対応ができるかが、ポイントになってくるでしょう。

自分の意見を我慢するということではなく、

  • 病院の歴史や風習に理解を示し受容する
  • 必要な場面では意見交換をする

等の柔軟な姿勢をもつことができる看護師は、より馴染みやすいでしょう。

 

地方に勤続年数が長い看護師の割合が多い理由

地方で働く看護師の勤続年数が長い理由は、

  • 都心と比べて離職率が低い
  • 働いている看護師は土地の出身者や定住している人が多い
  • 病院数が限られている

等の背景があります。

 

補足説明!

ポイント

地方の病院でも最新の医療・看護について積極的に学び、業務改善に取り組んでいるところも多くあります。

 

 仕事・生活どちらも大切と考える看護師

地方の病院の場合は、

  • 24時間の院内保育所がある
  • 小学校の長期休暇に合わせて学童保育所が設置される
  • 車通勤が許可されている

等、子育て世代に好条件の病院が多いです。

子育てなどの生活面をサポートする環境が整備されている病院を望む看護師は、地方の病院のほうが向いているでしょう。

 

注意点!

ポイント

都心の病院では、施設を確保する土地的な余裕が確保できない場合も多いです。

 

2.都心の病院が向いている看護師の特徴

最先端の医療環境で働く看護師

都心では、買い物や飲食、遊びに困ることはありません。

夜遅くまで空いているお店も多く娯楽施設もたくさんあるため、

  • 娯楽施設で遊びたい
  • 外食が好き

等、刺激のある飽きない環境が好きな看護師は、都心で楽しんで働くことができストレス発散する場所もすぐに見つかるでしょう。

 

利便性を重視する看護師

都心では、

  • 数多くの電車やバス・地下鉄が整備されている
  • 交通機関の本数が多い
  • スーパーやコンビニが多くある

等、生活に困ることはないため便利な環境重視の看護師は都心での勤務に向いていると言えるでしょう。

 

注意点!

ポイント

都心では、満員電車というストレスは発生する場合もあります。

 

最先端の医療環境で仕事をしたい看護師

都心では、各大学病院の本院や国・公立の病院が多くあり、個人病院の場合でも何かしらの分野に特化して最先端の治療を提供している病院も多々あります

そのため都心の病院は、

  • 最先端の医療に関わりたい
  • 積極的に働きたい

等と考えている看護師には向いているでしょう。

 

 主体的に率先して働きたい看護師

都心の病院は、

  • 患者数・入退院の多さ
  • 治療の多様性

等があり激務であるため、結婚や出産を機に退職する看護師も多く平均年齢は若いです。

若手スタッフが多い中で、主体的に仕事をこなし率先して働いていきたい看護師には向いている環境と言えるでしょう。

 

補足説明!

ポイント

都心の病院で働く看護師は、3年目~4年目あたりからリーダーナースを経験し、5年目になると責任者としての仕事を覚えていかなくてはならないケースもあります。

 

3.地方の病院で働く看護師のメリット・デメリット

子育てをしながら看護師として働く人

地方の場合は、

  • 交通の便が悪い
  • 土地の余裕があって職員の駐車場を確保できる

等があるため、車での通勤を許可している病院が多いです。

そのため、電車の時間や満員電車のストレスに悩むことなく通勤できることは快適でメリットと言えるでしょう。

 

地方の病院で働く看護師のメリット

地方の病院は、

  • 敷地の広いところが多い
  • 植物を植えて公園のように整備してある

等、気持ちの良い環境であることが多いです。

そのため、時に患者と散歩に行くなど余裕のある看護が提供できる機会ができ、患者・看護師共に充実感が得られるでしょう。

 

長期的に働きやすい

地方の病院では、保育所・学童保育の設置をしているところも多く、

  • 結婚
  • 出産
  • 子育て

を経て、長期的に働きやすい環境であると言えます。

地方の病院で正社員として働いている看護師の離職率は低く、看護師の入れ替わりの激しさに疲弊するということは少ないです。

 

休暇の調整ができる

長期間の勤務は、

  • 子育て
  • 加齢に伴う自身の体調の変化
  • 家族の介護

等、仕事以外のライフイベントが変化することが伴います。

そのため、長期的に勤務する看護師が多い病院であるとライフイベントに合わせて、休暇などの調整ができる環境であると言えます。

 

残業が少ない

都心の病院と比べると地方の病院は、子育て世代が多いことから「仕事は時間内に終わらせて帰る」という意識を持っている看護師が多い傾向にあります。

ワークライフバランスを重視する看護師が多いと残業の軽減につながるため、地方の病院では残業が比較的少ないと言えます。

 

地方の病院で働く看護師のデメリット

地方の病院で働く看護師は、日々仕事と家の往復になりがちで刺激のなさを感じる場合もあるでしょう。

さらに、職場が合わずに転職したいと考えたとしても、病院数が少なく自分が希望する条件の病院をすぐに見付けることが難しいということもデメリットとして挙げられます。

 

4.都心の病院で働くメリット・デメリット

都心の教育が充実している病院で働く看護師

都心では、身近な場所で医療関係の会社主催の各種研修が頻繁に開催されます

そのため、自分が興味関心のある分野の研修に参加すれば、スキルアップも出来るでしょう。

 

都心の病院で働くメリット

都心にある、

  • 大病院
  • 各大学病院
  • 国・公立病院

は、教育システムが非常に充実しています。

計画的に研修も組まれ、必須研修には必ず出席しなければならないなど、多少の縛りはあるものの看護師としての基本的な知識・技術を身に付けるには良い環境と言えます。

 

選択肢が多い

都心には、病院・大病院、診療部門が充実している病院が多いため、自分の興味関心のある分野に自分の意思で選択・挑戦していける機会が多いことがメリットとして挙げられます。

プライベートに関しても、

  • 娯楽施設
  • 飲食店
  • スポーツクラブ
  • ショップ

等、選択肢が多くあるため趣味・リフレッシュ方法を見つけてプライベートを充実させることが可能です。

さらに、仕事へのモチベーションを保つことにもつながるでしょう。

 

転職先に困らない

都心には、看護師が転職したいと考えたときに困らないほど多種多様な病院があります。

転職時には、連続勤務年数3年または5年以上と条件を出している病院もあるため、安易な転職はお勧めできませんが、転職先候補が多いことに変わりありません。

 

補足説明!

ポイント

大病院に関しては、転職のハードルはある程度高く設定されています。

 

都心の病院で働くデメリット

都心の病院へ通う場合は、確実に満員電車を利用することになります。

行き帰りの満員電車で、仕事以外のストレス・疲労を感じることが多く都心の病院で働くデメリットと言えるでしょう。

 

業務が多忙であることが多い

都心の病院で働く看護師は、業務が多忙になることが多いです。

都心の病院が多忙な理由は、

  • 複雑な医療を伴う
  • 離職率が高くスタッフの入れ替わりが激しい
  • スタッフの平均年齢が若い

等が影響しているためです。

 

ワークライフバランスがとりにくい

結婚後、家庭を持った看護師にとって仕事と家庭のバランスをとることが困難になるケースが多いです。

ワークライフバランスが取りにくい理由としては、

  • 保育所を設置していない病院が多い
  • 子供を連れて満員電車に乗るのは困難

等が挙げられます。

5.まとめ

病院には地方と都心それぞれ特徴があります。

  • 看護師としてどのように働いていきたいのか
  • 自分の人生にとって大事にしたい部分は何なのか

等を考慮して、自身のライフスタイルに合わせて職場環境を選択できるのは、看護師という職業の強みであると言えます。

病院の特徴を理解することは、無理なく看護師の仕事を続けていくうえで重要な要素となってくるでしょう。

「地方と都心、どちらへ転職をしよう」と考えている看護師は、是非参考にしてみて下さい。


看護師求人サイト口コミ

1位  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
2位   ‣ナースではたらこ
 【全国対応】【担当質高・求人数高】
 →ナースではたらこの口コミへ
3位   ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
4位   ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
5位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

この記事を書いた人

都内の総合病院で7年、その後首都圏応援ナースとして、3年間都内外3ヵ所の病院で看護師として活動。現在は都内の病院で勤務中です。
その間、単発派遣看護師としてデイサービス・訪問入浴・老人ホーム・イベントナースなど、様々な場所での勤務も経験しています。今までの経験を生かして、少しでも皆さまのお力沿いができればと思い、看護師ライターとしての活動を開始しました。皆さまの日頃の悩みの解消や、転職活動をサポートできるような情報を発信していきたいと思います。


カテゴリー:看護師転職に必要な知識

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:マチルダ
(公開日:)(編集日::2017年07月26日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。