著作者

tokuhouse

看護師ライター

tokuhouse

( 看護師 )

地域包括ケア病棟で働く看護師の仕事内容と求めらる能力について

tokuhouse
看護師ライターtokuhouse
地域包括病棟で働く看護師の仕事内容と求めらる能力

「地域包括ケア病棟」まだ、耳慣れない病棟で、実際どのようなことをしているのかイメージしにくい方も多いかと思います。私も派遣看護師として働いていた配属先の病棟がたまたま、急性期病棟から地域包括ケア病棟に再編成される、と聞き、急性期病棟での経験、感覚を取り戻したくて、派遣先に急性期病院を選んでいたので戸惑いました。

しかし、実際に働いてみると、地域包括ケア病棟の独特の面白さもあり、よい経験になりました。ここでは、地域包括ケア病棟の実際について紹介したいと思います。

1.そもそも地域包括ケア病棟とは?

そもそも地域包括病棟とは

地域包括ケア病棟とは、平成26年度の診療報酬改定にて新設された病棟基準で、超急性期と慢性期の間の治療と、退院の準備をする病棟です。急性期病棟での治療は終わっているのだけれど、まだ社会復帰はできない患者さんを、急性期での治療は継続しつつ、退院調整を行って、60日以内で社会復帰を目指します。

 

地域包括ケア病棟で具体的によくあった症例

地域包括ケア病棟でよくあった症例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 骨折の手術後、リハビリを行うために転科。住宅改修の手配、ヘルパーなどの退院調整を行う。
  • 肺炎で入院していたが、入院を機にADLが低下。リハビリと内服管理の練習のため転科。訪問看護、ヘルパーなどの退院調整を行う。ADLの低下に伴い配色サービスを導入。など

このように、急性期病棟と病床の役割分担をすることで、地域の急性期病棟の渋滞も防ぐ役割を果たしています。

 

ポイント!

ポイント

入院施設と外来施設の両方を持っている病院なので、退院後も連携がとりやすく、地域への貢献が期待されていると言われています。

 

2.地域包括ケア病棟看護師の仕事内容

地域包括病棟看護師の仕事内容

これから高齢者の数は増える一方で、地域包括ケア病棟の役割は年々大きくなると考えられます。地域包括ケア病棟では、患者さんのQOL向上をイメージし、看護師、他職種が、お互いの業務、役割を理解し合って、地域でも安心して療養生活が送れるよう、患者さん、家族と共に協働していくことが必要です。

 

看護師の主な仕事は医療処置や退院調整

看護職員の配置は13:1以上と決められていますが、私の勤めていた病棟では、10:1をとっていました。その病院の他の病棟では7:1をとっていたので、その分看護助手の数を増やし、清潔ケアなどは、看護助手に任せて、看護師は医療処置や、退院調整を中心に行っていました。(退院を目指している患者さんなので、他の急性期病棟に比べるとADLが比較的自立している患者さんが多かったです。)

 

患者・家族や他職種間のカンファレンスへの参加

急性期病棟では年々、看護ケアや、記録物の増加で患者さんとの関わりが減っているように感じていましたが、退院調整が大きな役割を持つ地域包括ケア病棟に変わってからは患者さん、家族と話す機会が増えました。また、様々な視点で在宅での生活が可能か、アセスメントと計画が必要なため、他職種間のカンファレンスの量が増えました。

 

 

3.地域包括ケア病棟で働く看護師に求められるスキル

地域包括病棟で働く看護師に求められるスキル

地域包括ケア病棟では、患者やその家族、他職種とコミュニケーションをとる機会が多く、コミュニケーションスキルは必須と言えます。

 

幅広い疾患や社会資源の知識

あまり看護技術は必要としませんが、幅広い疾患の患者さんが来るため、経験年数の短い看護師には難しいかもしれません。積極的な治療をすることもないため、医療処置も多くないので、自分で勉強しない限り疾患については知識をえにくいかもしれません。看護技術のスキルアップもあまり望めません。

 

在宅看護に興味のある看護師にはオススメ

様々な症例と向き合い、他職種とコミュニケーションをとっていく中で、これまでとは違った視線での発見がたくさんあり、自分の経験になったと思います。特に私はもともと在宅に興味があるので、そのような方にはよい経験になるかと思います。

 

患者とその家族とのコミュニケーションスキル

患者さんは、病院ではよそゆきの顔をしていることが多く、家での家族に対する顔とは全然違う方もいます。しかし、退院後は家で生活していくことが必要。本来の姿でどのような支援が必要かを考えていく必要があります

 

事例.糖尿病の女性の場合

例えば、糖尿病の女性、夫と二人暮らし。食事コントロールとインスリンが自己注射できておらず、コントロール不良で入院というケースです。

看護師の前では夫は、「食事は私が内容も考えて作ります。インスリン注射も自己注射できているか、毎回確認します。」と言うことで、夫に食事内容の教育と、本人と夫にインスリン注射の方法を指導して退院しました。しかし、実際退院すると、糖尿病の妻を放ったらかしで、すぐに再入院という事例もありました。

私たちも、夫の態度に大丈夫かなと、気づいていたのですが、訪問看護やヘルパーなどのサービスの導入は断固拒否され、結局2度目の入院後に糖尿病専用の配食サービスや、ヘルパーを週に何度か入れてなんとか説得して導入して退院してもらいました。

ポイント!

ポイント

本人、家族と信頼関係を築き、必要な情報を引き出すという能力が問われるように思います。

 

 他職種とのコミュニケーション・調整スキル

退院支援では、医師、看護師、退院調整看護師、ソーシャルワーカー、栄養士、理学療法士、言語聴覚士など、院内のスタッフ他、在宅医、訪問看護師、ケアマネージャーなど、たくさんの人とコミュニケーションをとりながら、在宅調整を行います

ポイント!

ポイント

患者さん、家族が主体ですが、時には強引に話を進めていかなければいけないこともあります。

 

事例.90歳を超えた一人暮らしの患者

90歳を超えた方で独居。寝たきりで、食事も介助が必要。胃瘻も拒否、訪問看護の介入も拒否。本人は在宅に帰ることを希望。ということで、説得しても聞いてもらえず。一旦本人の希望通り在宅に帰ったものの、すぐに肺炎で帰ってきた、という事例もありました。もう施設に入ってもらうしかないかな、ということで、2回目は話を進めていました。様々な職種や本人、家族の意見を取り入れながら調整をしないといけないため、コミュニケーションスキルが問われます。

ポイント!

ポイント

色々な意見や、退院後の在宅での患者さんの様子を聞けるので、在宅でうまく生活を続けられていることを聞くと、やりがいも感じられました。

 

まとめ:包括病棟は患者や家族とじっくり関われる環境

まとめ:包括病棟は患者や家族とじっくり関われる環境

包括ケア病棟は、患者さんや家族とじっくり関われる、在宅復帰支援で他職種とのコミュニケーションスキルが培われる、など、の良い面もあります。しかし、医療行為は少なく、看護技術のスキルアップには適さないかと思います。

やりがいはあるかと思いますが、自分がどこにやりがいを感じるのか、今後のキャリアや自分の経験年数などからも転職を考えてみるとよいかと思います。



看護師パンダ 看護師転職求人サイト口コミ評価ランキング


この記事を書いた人

楽しく、心地よく、優しく生活していきたい。より自分に合ったライフスタイルを日々探求中です。踊ること、食べることが大好き。
急性期病棟病棟、外来透析、派遣看護師の経験ありです。


カテゴリー:看護師の仕事内容・業務

→ このブログへメッセージを書く


→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:tokuhouse
(公開日:)(編集日::2017年12月13日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。