著作者

RAY

看護師ライター

RAY

( 看護師 )

回復期リハビリテーション病院で働く看護師の役割と診療科について

回復期リハビリテーション病院の看護師の役割

食べること、スポーツ観戦が好きな看護師です。社会勉強と称していろいろなところで働いた経験を綴っています。派遣看護師の経験もあり、派遣では回復期の病棟業務、ディサービス、検診センターで仕事の経験があります。

近年、生活習慣の変遷に伴い、脳血管疾患を患う患者は後を絶ちません。患者増加に伴い回復期リハビリテーション病院がどんどん増え、看護師の需要が増えている一方で回復リハビリテーションは体力勝負な面もあり、科目の中では人気の低い部類です。

今回は、回復期リハビリテーションで働く看護師について少しでも興味をもってもらえるよう、回復期リハビリテーション病院リハビリ病棟での看護師の仕事内容・1日のスケジュール・働くメリットデメリットなどを詳しくご紹介します。

ナースではたらこ登録
ナースではたらこの口コミもチェック!

 

1.回復期リハビリテーション病院にある診療科

病院の診療科

回復期リハビリテーション病院と聞くとリハビリ科しか存在しないように思えますが、他の診療科も存在しています。回復期リハビリテーション病院には存在する診療科とその診療科の特徴を以下にご紹介します。

 

リハビリ科病棟

回復期リハビリテーション病院に必要不可欠であるリハビリ科病棟は、入院者数が多くフロアの総面積も大きい作りとなっています。病院によってはこれをさらに細かく分類し、認知症の有無や患者の持っている機能別などでさらに病棟数を細かく分けている病院もあります

リハビリの単位数が一般の病院よりも多くなっています。そのため、ステーションには看護師よりもリハビリスタッフの方が多くいるなんていうこともあります。基本的に医療処置はほとんどなく、稀に経管栄養がある程度です。

基本的に在宅復帰を目標とした方が入る診療科となるため、インスリンなどの手技指導などが看護師の仕事となります。

 

一般病棟

回復期リハビリテーション病院には一般病棟も存在します。ですが、リハビリテーション病院一般病棟には手術室がないということが一般的な病院の一般病棟と大きく違います。そのため、術後の患者がいることはほとんどありません。

一般病棟は、リハビリ目的で入院をしたが体調が思わしくない・まだ疾患が完治していない・転院してくる前の病院で手術をしたばかりでまだ医療的処置が必要である患者が入る病棟となります。

 

ポイント!

ポイント

リハビリ病棟の中で積極的に医療介入するのがこの一般病棟となります。リハビリ病院の一般病棟は、あくまで医療処置を施しながら体調を整えるという場であるため、高度な治療や処置が必要となった場合は総合病院や大学病院へ転院していただくこととなります。

 

2.回復期リハビリテーションで働く看護師の仕事内容

リハビリを手伝う女性看護師

リハビリ科病棟では、主に急性期を脱したものの退院後自宅で元の生活を送ることができない患者が集中的にリハビリを行う病棟になります。

リハビリ科病棟でのリハビリは、一般病棟などで行われるリハビリとは内容が異なり、可能な限り各患者の元々の生活や習慣に沿って集中的にリハビリを行っていく場です。医療行為はほとんどなく、他職種との連携を図りながら、見守りや援助を行っていくことが中心となります。

リハビリ科病棟で働く看護師の主な仕事内容は以下3つです。

 

患者の日常生活の援助・見守り

リハビリ科病棟で働く看護師は、起き上がり動作から食事・排泄など日常生活に関わる全てを見守り・援助を行っていきます。

しかし、起き上がる動作ひとつにしても各患者の身体状況・精神状況・残存機能により対応が異なるため、患者の現在のADLをきちんと把握し、個人に合わせた見守り・援助を行うのが看護師の仕事です。

 

脳血管疾患で急性期から転院してきたばかりの患者の援助方法

脳血管疾患発症して間もない患者は自身の身体の状態や環境を理解できておらず、思いがけない行動を起こすため声掛けに対する反応や起き上がり方など一瞬も目を離せません。患者のひとつひとつの動作を見ながらADL状況や必要な援助を確認していきます。

 

回復リハビリテーション病棟で1カ月過ごしている患者の援助方法

「しているADL」を確認しながら見守ります。柵を握り自己で起き上がり動作まではスムーズであり端座位になることが困難な場合には、起きあがり動作を見守りつつ自己で端座位まで可能になるよう援助計画を練りすすめていくことが必要になります。

 

リハビリスタッフや医師との連携・カンファレンス

リハビリ科病棟では、チーム医療で幅広いサポートを行います。そのため、看護師以外のスタッフや医師とのカンファレンスがほぼ毎日行われています。スタッフの中でも看護師は患者とコミュニケーションを図る時間が特に長いです。

看護師は、担当患者の「しているADL」・「できるADL」・「できないADL」を把握した上で他スタッフと情報提供と情報共有を行い、今後の方針について提案・相談していく立場となります。

そのカンファレンス内容をもとに各リハビリスタッフがリハビリ内容を調整・検討し、医師が内服薬の変更や他検査等の指示を出していきます。

 

バイタルチェックと記録

リハビリ科病棟では、患者のリハビリ時間に合わせてバイタルチェックを行います。患者がリハビリを行っている時間は、記録や他の業務をします。

 

ポイント!

ポイント

リハビリ時間が1日3時間と長くタイミングが合わないと1日患者と顔を合わせないことがあるので、リハビリ時間を事前に確認してタイミングを見計らわなければなりません。

 

3.回復期リハビリテーションでの看護師の役割

足のリハビリをする女性看護師

回復期リハビリテーション病院リハビリ病棟での看護師の役割とはどのようなものとなるのでしょうか。回復期リハビリテーション病院一般病棟では点滴などの医療処置がありますが、リハビリ病棟では、これらの医療処置もほとんどありません

 

患者に課せられたリハビリの援助をする役割

リハビリ病棟では1日中リハビリの予定が組まれており、さらに宿題のようなものが各患者に課せられています。回復期リハビリテーション病院の看護師は、医師から指示が出ている医療処置及び療養上の世話に加え、病棟で課せられているリハビリを行うことも仕事の一環となります。

病棟でのリハビリは患者に直接課せられており、看護師は見守りをするだけのリハビリと、直接看護師が手伝って行うリハビリがあります。患者に課せられている場合は、患者自身が解いたプリントの答え合わせといったことが多いです。

 

患者を見守る役割

看護師が主に介入するリハビリは、口腔ケア・嚥下体操・アイスマッサージ・摂食訓練といった摂食嚥下に関するリハビリや、歩行の介助・車いす乗車時の見守り・トイレ動作の見守りといった大きな運動の見守りが多いです。

また、滅多にありませんがリハビリ病院ならではの検査がある場合は、その介助につきます。一見簡単に聞こえるかもしれませんが、これらの見守りもリハビリ病棟で働く看護師の大きな役割です。

 

4.回復期リハビリテーションで働く看護師に求められるスキル

紹介する女性看護師

回復期リハビリテーション病院リハビリ病棟で働く看護師に求められるスキルは、以下の通りです。

  • バイタルチェック
  • 服薬管理
  • 観察能力
  • 管理能力

看護技術的な面では、このような一般的な看護スキルがあれば良いです。ですが、回復期リハビリテーション病院リハビリ病棟では看護技術以外にも求められるスキルとして、以下が挙げられます。

 

介護技術

回復期リハビリテーション病院リハビリ病棟は、食事・排泄・入浴介助・歩行など日常生活の援助を行う病棟であるため介護技術が求められます。

回復リハビリテーション病院ハビリ病棟では、寝たきりから自己歩行可能な患者までADLのレベルは様々です。

そのため、ボディメカニクスをうまく活かしながら援助・サポートを行えない場合患者看護師ともに負担が大きく、場面によっては患者を危険にさらすことにもつながります。

 

ポイント!

ポイント

介護や援助が多い病棟であるため、体力勝負な面が大きいです。中には体格ががっしりしている患者もおり、そのような患者の日常生活を援助・サポートしていくためには介護技術だけでなく体力が欠かせません。

 

コミュニケーション能力

脳血管疾患を発症した患者は、発症前後の身体のギャップや早く在宅復帰したい気持ちからイライラ・焦燥・不安を感じてしまいます。そのため、各患者に合わせたコミュニケーション方法や精神的ケア能力が必要です。

ひとりの患者と長期的に向き合い、深い信頼関係を築いていくことで患者の様々な面や退院後に必要となるADLも見えてくるため、患者に寄り添いながらケアをしていくスキルが必要です。

 

5.働く看護師の1日のスケジュール

二時をさす時計

回復期リハビリテーション病院リハビリ病棟で働く看護師の1日のスケジュールを日勤と夜勤に分けてご紹介します。

 

回復期リハビリテーションでの日勤看護師の1日のスケジュール

時間 看護師の仕事内容 詳細
8:00~ 情報収集・内服処方切れの確認 ADLの評価状況
リハビリスケジュールなどの把握
8:30~ 全体申し送り・各チーム、個人での申し送り 注意が必要な患者を周知
9:00~ 環境整備  バイタルチェックの合間に環境整備を行う
11:30~ 食堂へ誘導・移動介助  食事環境を整える
12:00~ 昼食・カンファレンス  食前・食後の配薬と内服確認
13:00~ 看護記録・看護計画の見直し

着替えの援助・見守り

各患者のADLに応じて援助・見守りを行う
17:00~ 夜勤者へ申し送り後勤務終了

 

ポイント!

ポイント

日中はトイレ誘導の患者が多いため、長時間トイレから離れられないことやナースコールが止まないことが多々あります。その合間を縫ってバイタルチェックや評価を行わなければならないので、慣れるまでは時間の調整に苦労するかもしれません。

 

回復期リハビリテーションでの夜勤看護師の1日のスケジュール

時間 看護師の仕事内容 詳細
16:30~ ・情報収集
・日勤者からの申し送り
17:00~ 食堂へ誘導・移動介助
17:30~ 配膳・夕食 ・食前・食後の配薬と内服確認
・トイレ誘導
・歯磨き指導
19:30~ ・看護ケア
・バイタルサイン測定
・軟膏塗布
・目薬の援助や見守り
・おむつ交換
21:00~ 消灯 ・看護記録の記入
・看護計画の見直し
6:00~ ・洗面・更衣・
トイレ誘導、介助
必要な患者のみ更衣介助、見守り
7:30~ 食堂へ移動介助・誘導
8:00~ 朝食 食前・食後の配薬と内服確認・歯磨き指導
9:00~ ・日勤者へ申し送り
・勤務終了

 

ポイント!

ポイント

急変もほぼなく緊急入院などもないため、日によっては看護記録をすべて終えても時間が余ることもあり、定時で夜勤を上がることも可能です。しかし、ナースコール対応が多い日や転倒などトラブルが起こった場合はお昼前に勤務を上がることになる日もあります。

 

6.回復期リハビリテーションに向いている看護師

手を握る看護師

回復期リハビリテーション病院リハビリ病棟の特徴から、回復期リハビリテーション病院リハビリ病棟で働くことに向いている看護師は以下のとおりです。

  • 小さい子どもがいる看護師
  • プライベートの時間を多くとりたい看護師
  • 将来リハビリ系医療施設で働きたい看護師
  • コミュニケーションをとるのが得意な看護師

なぜ向いているのか詳しくご説明いたします。

 

小さい子どもがいる看護師

近年、院内に託児所を設けている回復期リハビリテーション病院が増えてきています。託児所を設けている病院は子どもがいる看護師にとって働きやすい制度や環境を作っていることが多いです。

そのため、急な子どもの病気などでもスムーズに休むことができ、いざという時でも休みやすい傾向にあります。

 

空いた時間や時短勤務を歓迎している職場も多い

求人に時短勤務を歓迎している職場も多いため、子どもの幼稚園の時間だけ働きたいなど空いた時間に看護師の資格を生かして病棟で勤務したい看護師にはぴったりです。

 

プライベートの時間を多くとりたい看護師

リハビリ病棟の患者は状態が安定していて、退院のためのリハビリをするために転院してくる患者がほとんどであるため急変が起こることがあまりありません。そのため、残業も少なく定時での帰宅が可能となります。

そのため、仕事後に習い事などやりたいことがある・資格取得のため勉強をしている・プライベートを充実させたいという看護師にお勧めです。

 

将来リハビリ関係で働きたい看護師

リハビリ病棟は一般の診療科と違い、看護師が積極的にリハビリに携わることができます。リハビリの専門的な知識を学べるので、将来デイケアなどリハビリ分野を視野に入れている看護師にはお勧めの病棟となります。

 

コミュニケーション能力の高い看護師

回復期リハビリテーション病院リハビリ病棟で働く看護師は、リハビリスタッフだけでなく様々な人と密にコミュニケーションをとる必要があるため高いコミュニケーション能力が必要です。

看護師は在宅復帰に向けての調整を行うケアマネージャー・ソーシャルワーカーに情報を提供し、在宅で無理なく過ごしていくにはどのような日常生活リハビリをしていくかを伝える必要があります。

患者の情報収集のためには家族の協力も必要なため、仕事上様々な人と深く関わる必要があります。

 

7.看護師が回復期リハビリテーションで働くメリット

微笑む女性看護師

回復期リハビリテーションならではのメリットは以下の通りです。

  • 朝の情報収取が短時間で済む
  • 残業が少なくプライベートが充実できる
  • 患者ひとりひとりとゆっくり向き合える
  • 多方面から幅広い知識が得られる

詳しく説明していきます。

 

朝の情報収取が短時間で済む

回復期リハビリテーションは急性期を脱した患者のリハビリが中心となる病棟のため、患者の状態変化が緩慢で急激に何かが大きく変化するということもありません。

疾患ごとに入院可能日数が定められていますが、基本的に数カ月単位であることから病棟自体の回転率が遅いので情報収集のために早めに出勤する必要がないのです。

 

残業が少なくプライベートが充実できる

一般病棟に比べ、回復リハビリテーション病棟は残業することが少なく定時退社も可能です。時間をとられがちな入院やトランスも事前に予定が決定しているものしかなく、緊急の受け入れなどもありません。

仮に病棟内で容体の急変が起こった場合でもすぐさま他病棟へのトランスが決まります。そのため、定時で帰宅できることが多く、プライベートの時間を多く確保することが可能です。

 

患者ひとりひとりとゆっくり向き合える

他病棟では点滴などの医療行為を始め、検査出し・医師の介助・ムンテラの同席など様々な業務で慌ただしいですが、回復リハビリテーション病棟では同じ患者をチーム医療にて長期的にサポートしていきます。

そのため、ゆっくりですが日々できることが増えていく患者の変化をより身近で感じられ、やりがいを感じる場面が多くあります。

 

多方面から幅広い知識が得られる

回復リハビリテーション病棟はチーム医療が展開されており、PT・ST・OTなどの他職種を交えてのカンファレンスや勉強会を行う機会がたくさんあります。

そのため、様々な視点からの考え方や患者へのアピール方法・切り口などを学ぶことが可能です。幅広い知識を得ることで看護の幅も広がり、患者とより深い信頼関係を持つことにもつながります。

 

8.看護師が回復期リハビリテーションで働くデメリット

悩む女性看護師

回復期リハビリテーションならではのデメリットは以下の通りです。

  • 体力勝負な場面が多々ある
  • 医療行為が少ない
  • 他職種とのトラブルが起きやすい

詳しく説明していきます。

 

体力勝負な場面が多々ある

回復リハビリテーションでの看護師の業務は基本的に見守り・援助になりますが、入院している患者のADLは幅広く、移乗動作・トイレ介助・入浴介助など体力を使う場面が頻繁にあります

小柄な患者ならいいですが、体格がよく高身長な方もたくさんいるので腰痛を発症したりするなど身体を壊したり痛める看護師も少なくありません。

 

医療行為が少ない

回復リハビリテーション内での看護師の医療行為は主に点眼や軟膏処置であり、それ以外の医療行為はほとんどありません。

稀に褥瘡処置や膀胱留置カテーテルの交換・点滴などがありますが、呼吸器管理などを行うことはなく医療技術の経験をつむには難しい病棟になります。医療技術のスキルがないと、転職が厳しくなってしまうのでデメリットと言えます。

 

他職種とのトラブルが起きやすい

回復リハビリテーションはチーム医療にて患者を24時間サポートする病棟ですので、必然的に他職種と関わる機会も多くなります。職種ごとに視点が異なることがあり、意見がぶつかり合ってしまうこともあります。

 

ポイント!

ポイント

様々な視点で患者を捉えることのできるチーム医療であるからこそ、お互いの意見をしっかり聞いた上で尊重し、協力していくことが重要となります。

 

9.看護師として働いて嬉しかったこと・辛かったこと

車椅子が並ぶ病院

回復期リハビリテーション病院リハビリ病棟で働く看護師の嬉しかったこと・辛かったことをご紹介します。

 

リハビリ病棟で働く看護師の嬉しかったこと

嬉しかったことは、患者の回復を傍で見ることができ、無事患者が退院したときです。リハビリが必要になった患者は、症状や「できるADL」が日々一進一退を繰り返します。

その度に見守り・評価・アプローチ方法を模索していった結果、患者の頑張りの積み重ねの上に得た健康な身体を見ることができるのは何度経験しても感慨深いものです。

 

リハビリ病棟で働く看護師の辛かったこと

辛かったことは、患者との関わりを通し、やりがいを感じられるようになるまでの期間です。

病棟での回転が早く忙しさにやりがいを感じていた看護師からすると、医療行為も少なく観察項目も患者の日常生活に着目した点が多いというギャップに物足りなさを感じ躓いていました

 

まとめ

回復リハビリテーション病院リハビリ病棟の特徴を以下にまとめました。

  • チーム医療で患者のリハビリ・サポートを行う
  • 患者の退院後の在宅での生活を視野に入れた見守り・援助を行う
  • 他職種と連携することで多方面からの知識や切り口を得ることができる
  • プライベートの時間もしっかり確保可能
  • 介護技術も学ぶことができる
  • 医療行為から少し離れがちになる
  • スキルアップしたい看護師には向かない

看護師が回復期リハビリテーション病院リハビリ病棟で働こうと考えた際は、リハビリについての知識をある程度つけておくと働きやすくなります

今後、回復期リハビリテーションは需要が高く、新規に開院する病院が多いことから看護師側の要望を受け入れてくれ、働きやすい環境を整えてくれる病院が多いです

将来的にリハビリの分野を極めていきたい方や、看護師としての働き方を考えている方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。


看護師求人サイト口コミ
  ‣ナースではたらこ →「口コミ」をチェック
  ‣看護のお仕事 →「口コミ」をチェック
  ‣マイナビ看護師 →「口コミ」をチェック
口コミランキング
全国で50社以上ある看護師求人サイトをリアルな看護師の口コミで比較ランキングしています。完全に無料で転職サポートしてくれる看護師口コミが良い転職サイトです。口コミには個人差がありますので、自分自身で比較検討することで転職成功への近道となります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします

この記事へコメントする


転職理由
人気ランキング
看護師転職サイトの選択

関連記事

この記事は「RAY」さんの執筆でに執筆しています。 (最終更新日:2017年03月25日) By看護師転職ジョブ


当サイトに掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。著作者情報記載の記事に関しては現役看護師、看護師資格を保有している看護師ライター及び現役看護師の方に記事を独自の文章で執筆いただいております。
看護師ライター一覧ページ」はこちらへ。

【インタビュー】看護師転職サイト

ナースではたらこインタビュー 看護のお仕事インタビュー
看護のお仕事インタビュー ナースJJインタビュー
MCナースネットインタビュー 看護プロ インタビュー

SNSで最新情報が簡単に確認できます。

看護師転職ジョブFacebook 看護師転職ジョブTwitter

看護師の転職について色々調べよう

転職は年収アップ 逃げの転職 良い看護師求人

この記事を読んだ看護師さんへのおすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。