著作者

よひら

現役看護師

よひら

( 看護師 保健師 )

呼吸器外科の看護師の仕事内容と必要なスキル

よひら
現役看護師 よひら

呼吸器外科は、一見「肺」だけを取り扱っているように見えますが肺癌であったとしても、

  • 乳がんなどリンパ節転移をしやすい他の臓器からの転移
  • 別の部位の手術で感染した膿胸

等と、原因が「肺」だけではないことがあります。

今回は、呼吸器外科で働く看護師の仕事内容や必要なスキル、メリット・デメリットについて説明していきます。

1.呼吸器外科の看護師の仕事内容

呼吸状態を管理する看護師

呼吸器外科に入院をする患者は、主に手術適応となる方がほとんどです。

主な呼吸器外科の役割は、

  • 肺癌(転移性肺腫瘍・胸膜中皮腫・縦隔腫瘍)などの悪性腫瘍の摘出手術
  • 膿胸(敗血症・手術後や事故後・肺炎による細菌による感染)での排膿
  • 気胸の治療

等があります。

 

周手術期の看護・胸腔ドレーンの管理

呼吸器外科で働く看護師の仕事内容は、周手術期の看護・胸腔ドレーンの管理が大きく占めています。

その他の仕事内容としては、

  • 呼吸状態の管理(SPO2・呼吸音の確認)
  • 前の検査の説明
  • 術前後の患者の精神的ケア
  • 開窓術後のケア
  • その他処置の介助

等があります。
 

2.看護師が呼吸器外科で働く際に必要なスキル

呼吸器に関しての知識をつける

膿胸の状態によって選択されるのが開窓術で、術後の部位を見ると穴があり肺が見えている状態です。

呼吸器外科で働く看護師は、

  • 医師の排膿の治療の介助に入る
  • 患者の状態が落ち着いてきたらガーゼ交換を行う

等が役割になるため、患者の観察・清潔を保つことには十分配慮する必要があります。

 

呼吸器の知識・検査データの把握が必要

呼吸器外科で働く看護師は、

  • 呼吸器に関しての解剖生理学
  • 呼吸器に関しての検査内容の把握
  • 検査値データの把握
  • 異常な呼吸音を聞き取る

等の知識やスキルが必要です。

呼吸器外科に配属される予定がある看護師は、上記の知識を増やしておきましょう。

 

補足説明!

ポイント

呼吸器に関しての検査内容には、胸部XP、CT・MRI、肺機能、気管支内視鏡、肺生検などがあります。

 

医師へ報告する条件の把握が必要

肺を切除する際の呼吸器外科の術後の場合は、肺の血管が減少することで血液循環の顕著な変化があり、心機能に負担がかかり心不全を起こすリスクが高まるため、医師への報告が必要な場合もあります。

そのため、必ず医師へ報告する条件を把握しておくことが必要です。

 

胸腔ドレーンの挿入・抜去の介助スキルが必要

呼吸器外科で働く看護師は、術前・術後関係なく病棟内での胸腔ドレーンの挿入・抜去の介助が非常に多いです。

医師の指示によって急な胸腔ドレーンの挿入も呼吸器外科ではよく見られる光景であるため、胸腔ドレーンの介助手順や必要物品などは早い段階で覚える必要のあるスキルです。

 

正常な排液の色の把握をする

胸腔ドレーンから排出される排液と別の臓器などから排出される排液の色は違うため、正常な状態を把握しておくことが必要です。

疾病により、

  • 排液の動き
  • エアーの有無

等も重要な観察ポイントとなります。

 

注意点!

ポイント

胸腔ドレーンは、電源が入り陰圧をかけられ、圧のかからないドレーンとは扱いも違うため最初は操作を覚えなければなりません

 

3.呼吸器外科で働く看護師のメリット

呼吸器外科で働き達成感を得る女性看護師

呼吸器外科の目的は、手術であるため手術後に回復すれば患者は退院していきます。

呼吸器外科の患者は、

  • 手術前
  • 手術後
  • 回復して退院

と変化が目に見えて分かりやすく、短い期間で達成感が得られるためモチベーションは維持しやすいでしょう。

 

どこの科でも役立つ技術・知識が習得できる

胸腔ドレーンは、胸水の治療にも使用され、他の科で見かけることもあるため扱いに慣れておくことでプラスに働きます。

人工呼吸器は、内科・外科問わず必要になることがあるため、呼吸器外科病棟にいる間に操作や管理を覚えておくと、どの科に在籍することになっても役に立つでしょう。

 

4.呼吸器外科で働く看護師のデメリット

忙しく働く呼吸器外科で働く看護師

呼吸器外科で働く看護師は、通常業務に加えて入退院が多く非常に忙しいことがデメリットとして挙げられます。

忙しさの負担を軽減するためには、仕事内容であるルーティン業務に慣れることが必要です。

 

患者の病棟が変わるとその後の状態が分からないこと

呼吸器外科で働く看護師は、検査と手術のみで帰宅となるクリティカルパスが適応するような疾病の場合は入院~退院まで受け持ちます。

しかし、治療方針により呼吸器内科へ病棟が変わると、治療を続ける場合はカルテを見づらくなるため他病棟へ移ると患者のその後の状態が分からないことはデメリットと言えるでしょう。

 

補足説明!

ポイント

クリティカルパスとは、入院~退院まで決まっているスケジュール表のことです。

 

5.まとめ

呼吸器外科で働く看護師の仕事は、変化がありつつもルーティン業務が多いため慣れるとテンポ良く働くことができます。

そのため、外科に勤めていて気分を変えるために内科や別の科に異動しても外科に戻ってくる看護師が多いです。

呼吸器外科の看護師は、内科・外科・在宅医療を問わず、どこに移ったとしても必要不可欠なスキルが身についているため即戦力として活躍できるでしょう。

呼吸器外科への転職を考えている看護師は、是非参考にしてみて下さい。

最後までご確認いただきましてありがとうございました。


看護師求人サイト口コミ

  ‣看護のお仕事
 【全国対応】【お祝い金最大12万円】
 →看護のお仕事口コミへ
  ‣マイナビ看護師
 【全国対応】【担当者質高】
 →マイナビ看護師の口コミへ
  ‣ナース人材バンク
 【全国対応】【求人数高】
 →ナース人材バンク口コミへ
4位   ‣ナースフル
 【全国対応】【コンサル高】
 →ナースフル口コミへ
5位   ‣MCナースネット
 【全国対応】【派遣・単発】
 →MCナースネット口コミへ

現役看護師の口コミを元に、看護師求人サイトをランキングしています。口コミには個人差がありますので、登録しながら比較することが、転職成功への近道となります。

口コミランキング

<最新情報をお届けします>

大学病院にて勤務後、結婚を機に献血ルームや保育園看護師、企業保健師を経験。現在は、看護師ライターという新ジャンルの開拓に心を躍らせています。
転職を考えている看護師は勿論のこと、私は保育園児の息子がいるので、子供がいて働いている看護師や、今は子育てに専念したいけれどいずれは復帰したいと考えている潜在看護師の皆さんに役に立つような情報を提供していきたいと思います。


カテゴリー:看護師業務内容の特徴


関連記事

→ 看護師ブログ一覧へ → 看護師ライター一覧へ


この記事を書いた人:よひら
(公開日:)(編集日::2017年07月11日)

運営:「看護師転職ジョブ」当掲載の記事・写真等の無断複製・転載を禁じます。

応援メッセージまたは記事へのコメント

メールアドレスが公開されることはありません。